• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

「古家付土地」購入の注意点

「古家付土地」購入の注意点 はじめまして。 近所で「古家付土地」が売りに出ました。 立地・価格が条件に合うのですが、買いなのか止めるべきか迷っています。 ・築35年  ・売り主は現在も居住中。今月中に売却したいとのことで売却した資金で引っ越し予定。 ・価格は12月の販売当初より500万円引き。当方で更に300万円の交渉中。 (1)一棟リフォーム案 ・仲介業者が見積もり依頼したリフォーム業者によると基礎・スジカイ・柱はしっかりしているが、   屋根(天井に雨漏り)・1階部分床は要リフォーム。 ・リフォームは開けてみないと分からないと思うので構造上が心配。 ・新築以上にコストがかかるようではリフォームの意味がない。 (2)解体・新築案 ・解体は買い主負担 ・土地購入してから解体すると登記・ローン申請が複雑なのでは? ・設計施工は知人に依頼予定だが具体的な設計まで進んでいないので今月中に土地+建物で  ローンを組む時間的余裕がない。  (つなぎローンもあるが夫は高くつくので意味ないと思っている) 現在住んでいる場所は全国住みたいランキングでも登場するエリアなので、 条件が悪い土地だったとしても短期間で売買されてしまいます。 購入までの検討時間オーバーで何度か涙をのんできました。 売り主が今月中に売却したいこともあり、あまり時間はかけられないと思います。 購入してもよい物件なのかアドバイスいただけますでしょうか。 宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数6356
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

一つ注意なのですが、古家付きと表示された物件の場合、既存不適格建築物の場合がありますが、その点の説明は受けていますか? 問題なければいいのですが、既存不適格建築物であるとフルリフォーム自体が出来ません。建築確認申請が降りないからです。 もちろん、適法になるようにリフォームするという事も可能ですが、その場合、ほとんどの例で構造部に手を入れますので、新築の価格と変わらなくなります。 古家付きでも利用できる建物と判断すれば、不動産屋は古家付きとは書きません。そう書いた瞬間に土地だけの値段になるからです。 使える建物であれば、最低でも200万円は上乗せしてきます。 つまり古家付きという時点で、一般的にはその家は使えないと思った方が無難です。無理やり住む人も当然いますが。 となると選択肢は(2)しかありません。つまり通常の土地価格よりも解体費用分安く買うというのが正しい選択肢です。 解体費は接道状況、隣接の建物、工法、床面積で変わりますが、150万円~200万円はかかると思っておいた方が無難なので、更地よりもそのくらい安く出ているのであれば購入してもいいと思います。 (もちろん、他の条件は加味していませんので、ご自身で判断ください) 資金繰りに関しては、早急に仮図面と仮見積書と解体費用見積もりを取る事です。その程度なら1週間~2週間あれば出来るはずです。 (見積もりは少し多めに取る事が重要です) それがあれば、銀行にも仮審査が行えます。全てが仮という事です。 仮審査中~本審査までは時間がありますので、急いで実際の設計に入ればいいかと思います。 但し、一般的な話をすると、土地を購入した後に知り合いの工務店などで注文住宅を建てる場合は、つなぎ融資無しで行う事はあまりありません。 なぜなら、土地の売主は、買主の家が建つまで決済を待つはずがないからです。 分割融資という事もできますので、銀行と相談してみてもいいとは思いますが、分割融資は抵当権の登記も分割で行う事になるので、銀行としても心地よく了承してくれるかどうかは分かりませんし、登記費用も結構かかります。つなぎ融資とどちらが得かよく考える必要があります。 一括融資でしか借りれない場合は、つなぎ融資を利用するしか選択肢はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 「既存不適格建築物」の説明は受けていませんでした。 私自身初めて聞く言葉でした。ご指摘ありがとうございます。 フルリフォームで申請が下りなければ意味がないので、新築案で検討したいと思います。 資金繰りの件もご説明ありがとうございました。 購入の意向はあるので早急に見積もりとローンの審査を受けたいと思います。

関連するQ&A

  • 古家付きの土地の購入

    この度古家付の土地を購入しました。当初の土地の販売価格から、解体業者に解体費用を見積もってもらった上で、その見積もり額+αを差引いた金額で、土地を購入しました(古家の評価価格はゼロ)。つまり解体費用を差引くことを条件に購入しました。当初から、築30年以上経過しているので、古家は解体し新しい家を建てるつもりでして、土地購入後、早速、古家の解体作業をスタートしました。 ある程度、解体を進めたところ、コンクリートを引いてある駐車スペースの下にレンガが敷き詰められており、産廃のため相当の追加費用が発生する可能性があると、解体業者に言われました。レンガの上からコンクリを流し込んだようです。当方としても5-10万円程度なら、しょうがないとあきらめようと思っているのですが、50万円くらいかかりそうなので、見積もりの時点では分からなかったのはやむ得ませんが(掘ってみないとわからないとも考えられるので)、当初の想定と話が違うので、売主か不動産業者に請求しようと思っておりますが、そのようなことは可能でしょうか? アドバイス頂きたくよろしくお願いいたします。

  • 住宅用土地購入で、古家付き物件を買う時の注意点

    注文住宅用の土地を探しているのですが、 更地は少なく、古家付きの物件なら割と多くあります。 古家付き物件を購入する事は、もちろん解体費用はかかるのはわかりますが、それ以外に何か注意しなければならない問題点はあるでしょうか?何か余計な費用が発生したりややこしい事になるのでしょうか? 土地(古家付き)も、建てる注文住宅そのものもローンで買う事になるのですが、権利の問題?や登記関係の問題?なども、どうなるのか知識が乏しく不安です。 ハウスメーカーからは「できるだけ更地渡しにしてもらってください」と言われていますが、現実、難しいと思うので、古家付き土地を買う時の注意点を教えてください。

  • 古家の解体

    土地売却で木造2階建ての古家を解体して更地渡しする場合、不動産会社の依頼した業者で解体するべきなのでしょうか?解体費が高額な場合、こちらで割安の業者を探して頼む事は可能ですか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#116562

古家付ということは、売主側では建物に関して一切の担保責任を負わないということですね。リフォームする案はリスキーな感じがします。 買うなら、急ぎローンの申し込みして、つなぎローンを組むしかないでしょう。つなぎローンの金利は、1,5%くらいだと思います。 例えば、5,000万円を半年つなげば約37万円の金利です。しかし、建物が建って、返済が始まっても金利負担が続くことにかわりはありません。「つなぎローンもあるが夫は高くつくので意味ないと思っている」という部分の意味がちょっとわかりません。 立地が良い・・・ということで買いたい気持が強いなら、売主側、建築会社側、銀行側に対して、それぞれ速やかに動けば可能でしょう。 特に、売主側に(ローン特約を付けて)手付金を渡してしまえば、他との売買交渉はストップさせることができます。ただ、ローン否決以外の理由でキャンセルした場合は手付を流さなくてはなりませんが。 いずれにせよ、土地や建築の取引に慣れた人のアドバイスが必要ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 今後50年以上住み、子供達に受け渡すことも考えるとリスクを背負ってまで リフォームすることに疑問を感じてきました。 新築で購入することを考えて週明けを目処にジャッジしたいと思います。

  • 回答No.1

築35年だと土地代だけの評価として購入して下さい

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 建物には評価がついていない点踏まえて進めていこうと思います。

関連するQ&A

  • 古家付き土地の売却にかかる税金

    住んでいる土地の売却を新築分の購入費に当てると3000万まで控除があると聞きましたが住んでいない古家付きの土地を一緒に売った場合は3000万以内でも税金はつきますか。 古家付きの土地を売却してそれを新築費用にせずにリフォームに使っても売った分の税金は同じようにかかりますか。 また、住んでいない方の土地は名義が複雑で亡くなった人がいる家の場合、一家で代表して一人が税金を払うのでしょうか。それぞれ細かく分けて税金を払うのでしょうか。

  • 土地購入後の固定資産税について

    固定資産税に疎いので教えてください。 今現在、土地の購入と新築の計画をしています。 現状は築50年位の古家付の70坪土地です。 売り主は、現在土地の固定資産税 約80000円/年と家屋の固定資産税 約10000円/年を払っているみたいです。 当方、土地購入後、古家を解体して新築したいと考えています。 そこで質問なのですが、新築した家には新たに固定資産税が掛かる(当初は高額で年々下がっていくと聞いています)事は把握しています。 土地に関しては、今の古家付の状態の固定資産税額と新築した後の固定資産税額は変わるのでしょうか? つまり、土地の固定資産税は 新築したら今現在の年間約80000円から増額になるのか、古家付でも新築の家でも年間約80000円なのでしょうか? 素人質問ですみませんが、宜しくお願いします。

  • 古家付土地を購入してリフォームする場合の資金調達について

    現在、築45年の古家付の土地を購入して、 その古家をリフォームして住むことを考えています。 (知り合いの建築士さんに見てもらったところ、  構造上は問題ないので、屋根の葺き替えと水周りを  中心にリフォームすれば問題なく住めるとのことでした) 土地価格は3000万円(路線価と同等の単価)で、 リフォーム価格は1000万円を予定しています。 自己資金は1500万円で、残りはローンを借りたいのですが、 どのようなローンの組み方がよいのでしょうか。 いろいろ情報を探しているのですが、 こういったケースについてのものがあまりなく、 (京都の町屋の事例を見ているとなかなかローンが組めないようですが) 銀行に行く前に基礎知識を身につけたいと考えています。 よろしくお願いいたします。

  • 空き家になってる古家付き土地を売りたい

    2年間空き家になってる家を売却しようと思っています。 相続した家なのですが、空き家のままにしているので、だいぶ建物が傷んでいます。雨漏りをしているせいか、2階の和室の部分がやられています。 建物自体も築40年の古家なのですが、更地にしてから売却したほうが良いでしょうか? 2階建てなのですが、リフォームしてまだ使用することもできると思います。更地にするとなると、20坪ほどの家なのですが解体費用を見込まなければいけないので、けっこうな負担で困っています。 都心に割と近い場所にあるので、数社に相談していて、ある不動産仲介会社からは古家付き土地として売却しましょうと提案されていますが、まだ決めかねてる状態です。

  • 土地を購入して家を建てる時の注意点

    先日、友人夫婦から「マイホームのために土地を買う事にした。」と連絡がありました。話しを聞いてみると、今週末に土地の購入契約をするとのこと。幾つかアドバイスをしましたがそれでよかったかご助言、補足をお願いします。また、友人からの質問で答えられなかったものもありますので、教えてください。 友人について、40歳サラリーマン 年収650万 世帯は夫婦のみ。奥様は主婦。生涯夫婦のみのライフスタイル。居住予定(現在も)神奈川県西部。住宅購入のための頭金1000万。健康に不安なし。 土地について、新規分譲地。土地購入代金1500万円。建築条件なし。 新築住宅について(参考)リビングを広く取った吹き抜けのある2階屋で延べ28坪くらい。というイメージ。 友人にしたアドバイス (1)建売や建築条件付でないのだから、建築士を選び、設計してもらうメリットを活かしたほうが良い。 (2)土地の購入で先にローンを組むと、家を建てる時にローンが組めなくなる可能性がある。今回の不動産屋や銀行に確認をしてから土地の購入契約をしないと、家が建てられなくなる場合がある。そのために土地の契約を解除する時は手付金を放棄しなければならなくなる可能性がある。 (3)貯めている頭金は土地の購入代金に当て、住宅部分はローンのほうが、金利、住宅取得控除でメリットがある。 (4)建築士に依頼する時は、建築士のポリシーなどを聞き、全て任せられると判断できる建築士と出会えたら設計契約をするほうが良い。 質問 (5)良い建築士、良い工務店の探し方 (6)上記家のイメージで高気密高断熱住宅の標準的な坪単価 (7)設計施工の工務店の建築士に頼むのと、設計・施工を分けて頼むのでどう違うか 以上、よろしくお願いします。

  • 古家の所有権移転登記、滅失について

    滅失登記、移転登記について。 今回、古家付の土地を購入する事になりました買い主です。 古家は引き渡し後、すぐに解体して、新築家屋を建てる予定です。 流れとしては (1)引き渡し (2)古家の解体 (3)古家滅失登記 (4)新築家屋を建築 となるみたいです。 そこで質問があります。古家は売り主名義になっています。今回のような場合、普通土地の引き渡しと同時に古家も引き渡されることになりますので、古家の所有権は一旦買い主に移転登記しなければならないのでしょうか。 どうせすぐ解体するので、引き渡し後に売り主名義のまま、解体・滅失登記ができますか? それとも、一度古家の所有権を買い主に移転登記してからしか無理なのでしょうか? 古家の所有権移転登記ってお金かかりますよね? どうせすぐ解体するためお金をかけずに行いたいです。 ちなみに現状渡しが必須であり、現在売買契約書作成段階です。 また、土地建物共に融資を受けますで、土地建物共に銀行の抵当権がつきます。 もし、売買契約書の特約事項に記載するのであればどのような文面で記載しておけばよいのでしょうか。売主は知っている人で協力をお願いすればしてくれる可能性は高いです。

  • 古家付きの土地の購入を考えています。

    古家付きの土地の購入を考えています。(所有者は破産、管財人付です) 古家はすぐに取壊しをする予定なので、建物の所有権移転登記はせず解体する予定ですが、滅失登記以前に仮登記などつけられる可能性はないですか?最善の策を教えてください。

  • 瑕疵のある古家を売る場合の注意点は?

    瑕疵のある中古住宅を購入ましたが、都合により売る場合。 格安で中古住宅を購入して、リフォーム」しました。 しかし、金銭的理由から売却を考えています。 仮に売れたとして 、 ですが、瑕疵については今後何が出るかはわかりません。 それに、古いだけでも言いがかりを付けられると困ります。 土地代として売るには土地の価値を超えています。 瑕疵担保免責条項を付けてうることは可能ですか? それとも、土地代として売れますか?

  • かみそり土地を市道に含む市道に面した古家付きの土地を購入し新築を建てる

    かみそり土地を市道に含む市道に面した古家付きの土地を購入し新築を建てる予定です。 かみそり土地の所有者は7人。 仲介業者の説明では、7人は、かみそり土地を市に寄贈予定です。 市への寄贈が済む前に土地を購入し古家を壊し新築を建てることは可能でしょうか?

  • 古家付き土地購入に対する住宅ローンについて

    古家付き土地を購入(一部住宅ローン)し、その古家にそのまま住みたいという希望があります。 古家は築42年。幾つか銀行をあたりましたが、売主との売買契約が『土地』だけでは、融資対象にならないとのことでした。 下記事項について、皆様のお知恵をお借りしたく質問させて頂きました。 (1)ネット上でも、古家をリノベーションして住まわれている事例が引っかかりましたが、どのようにローンを組まれたのでしょうか。 (2)『古家付き土地』という契約形態のまま住宅ローン融資を受けるための方法はないでしょうか。(購入前に耐震基準適合証明を受ける等) (3)売主・仲介業者にとって、古家に金額を乗せることで発生するリスクはどのようなものでしょうか。築年数が古い建物は瑕疵責任を負わない契約にできると聞いた事があります。 以上、長文で申し訳ありませんが、どうぞ宜しくお願い致します。