• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

民事裁判における「攻撃又は防御の方法」とは何かについて質問です

民事裁判における「攻撃又は防御の方法」とは何かについて質問です 私は民事裁判の被告です。 裁判所が送付した進行予定表では、以下のようになっておりました。 (1)      裁判所が指定した期日までに原告準備書面提出 (2)約一ヵ月後 裁判所が指定した期日までに被告準備書面提出 (3)約一ヵ月後 裁判所が指定した期日に第一回口頭弁論期日 そしてこの裁判は原則として第一回口頭弁論期日で終わり、第二回口頭弁論期日は 設けられない予定のものでした。 (1)(2)までは原告被告とも期日を満たし、問題なく進行しました。 ところが第一回口頭弁論期日の1週間弱前に原告が原告第二準備書面を裁判所と当方に送ってきました。 これに対して質問です。 原告の第二準備書面の却下を求める申立は可能でしょうか? 条文を調べると (審理の計画が定められている場合の攻撃防御方法の却下) 第157条の2 第147条の3第3項又は第156条の2(第170条第5項において準用する場合を含む。)の規定により特定の事項についての攻撃又は防御の方法を提出すべき期間が定められている場合において、当事者がその期間の経過後に提出した攻撃又は防御の方法については、これにより審理の計画に従った訴訟手続の進行に著しい支障を生ずるおそれがあると認めたときは、裁判所は、申立てにより又は職権で、却下の決定をすることができる。ただし、その当事者がその期間内に当該攻撃又は防御の方法を提出することができなかったことについて相当の理由があることを疎明したときは、この限りでない。 となっており、定められた期間の経過後に提出した「攻撃又は防御の方法」の却下を求めることが可能となっております。 「攻撃又は防御の方法」とは何かについて、条文を調べると (準備書面) 第161条  口頭弁論は、書面で準備しなければならない。 2 準備書面には、次に掲げる事項を記載する。 1.攻撃又は防御の方法 2.相手方の請求及び攻撃又は防御の方法に対する陳述 となっております。 Q1. 原告第二準備書面に記載された内容が、被告第二準備書面に対する反論のみであると「相手方の請求及び攻撃又は防御の方法に対する陳述」となり、原告第二準備書面は「攻撃又は防御の方法」には当らないのでしょうか? そうであれば、原告第二準備書面の却下を求めることは無理ということでしょうか? Q.2 そもそも「攻撃又は防御の方法」とは何かについても教えてくれると嬉しいです。 かなり調べたのですが、分からないので教えてくれると嬉しいです。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数5226
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

A1 まず、民事訴訟の基本原理である口頭主義を理解しないと準備書面の位置付けが分からないと思います。口頭主義というのは、おおざっぱに言えば、弁論や証拠調べは口頭にて行うと言うことです。   いくら準備書面に主張を記載したとしても、口頭弁論において、口頭で陳述しなければ、その主張は訴訟資料(判決の基礎とすることができる事実や証拠)になり得ません。(もっとも、いちいち準備書面の内容を読み上げると時間がかかりますので、例えば「答弁書記載通りに陳述します。」と言うのが通例です。)  逆に言えば、準備書面に記載されていない主張だとしても、相手方が在廷していれば、主張することができますから、準備書面を提出しないからと言って直ちに不利益を被るわけではありません。(準備書面を提出しないことにより、不必要に口頭弁論期日を重なることになった結果、勝訴したとしても、訴訟費用の負担を命じられる可能性はあります。)  ですから、準備書面の提出自体の時機ではなく、どの段階の口頭弁論で主張や証拠の申し出が行われたのかが重要です。本件では第一回口頭弁論がまだ開かれていませんので、時機に後れた攻撃防御方法の却下は問題になりません。  もし、ご相談者が認否等をするのに時間がかかるということでしたら、第一回口頭弁論において、第二準備書面に対する認否を留保して(認否は追って準備書面で明らかにする旨を主張する。)、次回の口頭弁論期日を指定するように裁判所に求めることになります。 A2 とりあえず、主張(相手方の主張に対する認否も含む)や証拠の申し出をすること(原告がするのが攻撃、被告がするのが防御)と理解すればよいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>本件では第一回口頭弁論がまだ開かれていませんので、時機に後れた攻撃防御方法の却下は問題になりません。 そうなんですが。 大変参考になります。 口頭主義はある程度理解していましたが、理解が不足していたのかもしれません。 なお、 第157条の2「審理の計画が定められている場合の攻撃防御方法の却下」で 「審理の計画」に準備書面は入らないのでしょうか? (裁判所からは準備書面についての進行予定表が送られてきています) 口頭弁論のみが「審理の計画」ということなのでしょうか? > もし、ご相談者が認否等をするのに時間がかかるということでしたら、第一回口頭弁論において、第二準備書面に対する認否を留保して(認否は追って準備書面で明らかにする旨を主張する。)、次回の口頭弁論期日を指定するように裁判所に求めることになります。 アドバイスありがとうございます。 そうさせて頂きます。

関連するQ&A

  • 裁判の流れと、時機に遅れた攻撃又は防御の方法について質問です

    民事事件について訴状が提出され、裁判所から進行予定表が送付されました。 私は被告です。 進行予定表では、以下のようになっておりました。 (1)      裁判所が指定した期日までに原告準備書面提出 (2)約一ヵ月後 裁判所が指定した期日までに被告準備書面提出 (3)約一ヵ月後 裁判所が指定した期日に第一回口頭弁論期日 (1)(2)までは原告被告とも期日を満たし、問題なく進行しました。 ところが第一回口頭弁論期日の1週間弱前に原告が原告第二準備書面を裁判所と当方に送ってきました。 これに対して質問です。 Q.1 民事訴訟法第178条では、時機に遅れた攻撃又は防御の方法を提出した当事者は、相手方の求めがあるときは、相手方に対し、その陳述又は確認前にこれを提出することができなかった理由を説明しなければならない。 となっていますが、原告に対して(1)の期日を過ぎて原告第二準備書面を提出した理由の説明を求めることは可能ですか? (1)の期日を過ぎた事を理由とするのが無理な場合は、民事訴訟法第178条に基づき、口頭弁論期日直前の1週間弱前に原告第二準備書面を提出した理由の説明を求めることは可能ですか? 民事訴訟法第178条  書面による準備手続を終結した事件について、口頭弁論の期日において、第176条第4項において準用する第165条第2項の書面に記載した事項の陳述がされ、又は前条の規定による確認がされた後に攻撃又は防御の方法を提出した当事者は、相手方の求めがあるときは、相手方に対し、その陳述又は確認前にこれを提出することができなかった理由を説明しなければならない。 Q.2 被告第二準備書面を提出したいですが、口頭弁論期日の1週間弱前に原告第二準備書面が届いたので、被告第二準備書面を作成している時間がありません。 第一回口頭弁論期日に裁判官に、被告第二準備書面を提出するために、第二回口頭弁論期日を設けてもらいたいことをお願いする予定ですが、それは認められますか? また、第一回口頭弁論期日を過ぎて被告第二準備書面を提出した場合、時機に遅れた防御の方法(民事訴訟法第178条)として原告の求めがあるときは、原告に対し、第一回口頭弁論期日前に被告第二準備書面を提出することができなかった理由を説明しなければならないのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 民事裁判の流れについて

    私が原告で民事訴訟を起こしております。素人ですが、勝訴の可能性が高いため自分で裁判を行っております。通常の裁判の流れは、原告が訴状を提出し、期日が決められ、被告側から答弁書が届き、それに基づいて第一回口頭弁論が行われ、次回の期日が決められて次に原告である私が被告側からの答弁書に対し反論のための原告準備書面を提出するという流れだと思っていたのですが、本日第一回口頭弁論に行きましたら裁判所の書記官から被告側からの被告第一準備書面を渡されました。被告側は司法書士にアドバイスと書類の作成を依頼しています。質問したいのは、裁判所から本日反論のための準備書面の提出を2週間くらいで求められたのですが、先に出された答弁書に対する反論の準備書面なのか?あるいは本日受け取った被告第一準備書面に対する反論の準備書面になるのか?という事です。どなたか教えて下さい。お願いいたします。

  • 民事裁判の流れについて

    民事裁判で本人訴訟する場合(立場は原告・被告側それぞれの場合) 下記について教えてください。 1...裁判の流れ・知っておきたい専門用語 を、一通り、教えていただけますか? できればセリフとか、裁判官がはじめにこう言ったら、誰がどうする、 反論する際は、どうやって発言する、など、細かく教えていただける と嬉しいです。 2...書類について 訴状→答弁書→原告準備書面 書類のこの後の流れはどうなりますか? 陳述書という書類は、本人が用意して答弁するための書類で、提出は不要のものですか? 例えば、口頭弁論が週明けで、ぎりぎり原告の準備書面が休日前に届く 場合など、準備期間が短いので、被告の準備書面はまだ用意できなくてもいいのでしょうか?  対する準備書面は提出できなくとも、当日、その答弁に対し口頭で反論しなければなりませんか? よろしくご指導、お願いいたします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

>第157条の2「審理の計画が定められている場合の攻撃防御方法の却下」で「審理の計画」に準備書面は入らないのでしょうか? 民事訴訟法第147条の3第3項で「・・その他の訴訟手続の計画的な進行上必要な事項を定めることができる。」とされていますから、準備書面の提出についても審理の計画で定めることはできます。もともと、裁判長は準備書面の提出の時期について定めをすることができます。(第162条)  しかし、既に述べましたが、民事訴訟法は口頭主義を採用していますから、相手方が在廷しているかぎり、あらかじめ準備書面を提出しなくても口頭弁論において主張ができるのはもちろんのこと、あらかじめ準備書面を提出したとしても、それと矛盾する主張をすることもできます。(第161条第3項の反対解釈)ですから、準備書面の却下というのは無意味なのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速回答して下さりありがとうございます。 大変勉強になり、とても助かりました。 非常に感謝します。

  • 回答No.2
  • x_box64
  • ベストアンサー率54% (65/120)

あまり詳しいほうではありませんが、民事訴訟の経験はあります。 Q1 「原告第二準備書面に記載された内容」に「被告第二準備書面に対する反論」が記されているならば、民事訴訟法(以下「法」)でいう防御の方法に対する陳述にあたり、法161条に違反するものではないと考えます。 ←Q1前段への回答 そして、法157条の2の解釈としては、 (1)攻撃又は防御の方法を提出すべき期間が定められている場合において当事者がその期間の経過後に提出した攻撃又は防御の方法については、 (2)これにより審理の計画に従った訴訟手続の進行に著しい支障を生ずるおそれがあると認めたとき つまり、(1)&(2)の場合に、申立てにより又は職権で却下できるのであって、却下するしないは裁判所の裁量ということになります。 ご質問の場合、原告として被告の主張事実に対して争うのは当然のことで、「被告第二準備書面に対する反論」が書かれているなら却下を求めるのは難しいと思います。 もっとも、被告第二準備書面が十分前に提出されていて、その後の機会で(つまり原告第一準備書面)で反論することが十分可能であった場合にそれをしなかった場合には、申し立てで却下される余地はありうるでしょう。 (なお法159条をご参照ください) 常識的に考えると、訴状→答弁書→原告第一準備書面→被告第一準備書面 と進むものと考えられ、ご質問の経過には違和感があります。 誤記があるのでしたら、直されたほうが、よりよい回答が得られると思います。 ←Q1後段への回答 Q2 リンク先の 2.2.裁判所による指揮 →(5) 時機に後れた攻撃防御方法の却下(第157条) をご参照ください。 『原告の申立てを基礎付ける一切の裁判資料を攻撃方法と呼び、逆に、被告の申立てを基礎付ける一切の裁判資料を防御方法と言う。』 とされています。 この説明で問題ないと思います。

参考URL:
http://eu-info.jp/CPL/e2.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

分かりにくくて失礼いたしました。 (原告)訴状→原告第一準備書面→(被告)答弁書→被告第一準備書面 と進みました。 >(なお法159条をご参照ください) 法159条「自白の擬制」で宜しいですね。 原告が争わなかった場合は(時機に遅れて反論しても)自白が擬制されるという意味のアドバイスで宜しいでしょうか? 「参考URL」読ませて頂きました。 とても参考になりました。 ありがとうございます。

  • 回答No.1
noname#106175

Q2からお答えします。 「攻撃防御方法」とは、民事裁判における「主張」と「証拠」のことです。 民事裁判においては、いかなる攻撃防御方法でも提出できます。 (ちなみに、刑事裁判では、提出できる証拠にはいろいろと制限があります。) Q1について 当事者には、時期に後れた攻撃防御方法の却下申立権(157条の2)があります。 すなわち、故意・重過失(=わざとor重大な不注意で)主張や証拠をより早く提出できたのに提出せず、そのため訴訟の完結が遅延する場合には、その主張や証拠は却下されます。 ですから、却下を申し立てることは可能だと思います。 すみませんが、私は未だ勉強中の身で、実務家ではないので、はっきりとは申し上げられません。あくまで、参考にしていただければ幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 「故意・重過失」が必要なんですね。 相手方に故意・重過失が無いか検討してみます。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 【民事】第1回口頭弁論について

    民事事件の被告側です。(地方裁判所) 弁護士にお願いするお金もなく、何とかやりくりしています。 ※原告は弁護士付きです。 まもなく第1回口頭弁論が開かれます。 口頭弁論の2.3日前に原告側から準備書面が送られてきました。 [質問内容]  第1回口頭弁論は「原告の訴状」「被告の答弁書」の陳情だけで終わると思っていたのですが、2.3日前に送られてきた「原告の準備書面」関係で何かあるのでしょうか? 口頭弁論では「原告の準備書面」に対して第2回口頭弁論までに「被告の準備書面」を提出する旨を伝える(争う姿勢を見せる)つもりです。 素人考えからして、口頭弁論直前に「原告の準備書面」を提出されても すぐには「反論書面」を書くことはできないので「第2回口頭弁論までに...」と考えているのですが... 素人質問ですみませんm(_ _)m

  • 民事裁判で結審後に被告が反論した場合どうなりますか

    民事裁判をしています。私の方が原告になります。 先日の口頭弁論で裁判長から結審が宣言され、原告被告ともに了解しました。 にもかかわらず、その後になって、被告側から原告(私)の主張に対する反論が準備書面として送付されてきました。 まだ判決までには一ヶ月ほど時間はあります。 この様な場合、どうなるのでしょうか。また、どうしたらいいでしょうか。再反論は出来るのでしょうか。

  • 民事裁判の控訴手続きの方法について

    弁護士に依頼せず原告自身で裁判を起こしています。 このため、いろいろわからないことがあり、すみませんが教えていただきたい点があります。 先日、一審(地裁)の判決がありました。 この判決に対して(原告から)控訴する場合の手続きについて教えて下さい。 いろいろ自分なりに調べて、 ・控訴は一審裁判所(今回は地裁)に提出する ・期限は14日以内(厳密な日付は問い合わせるようにと地裁担当の方に言われています)で、  控訴状は上記期間内に一審裁判所に提出する ・さらに50日以内に控訴の理由を準備書面で出す ということがわかりました。 (間違っていたら指摘して下さい) これを踏まえて、以下の点について教えて下さい。 ・控訴に当たり必要な費用がいくらになるか、わかりやすいサイトがあれば教えて下さい ・控訴状の提出は、(一審時同様)裁判所に直接提出しなければならないでしょうか。  郵送ですますことは出来ますでしょうか。 ・控訴状の提出が期限ぎりぎりになったとき、期限日までにFAXで送付し、  後日原紙を送付という形は取れますでしょうか。  (準備書面提出のイメージです) ・控訴の理由を記載した準備書面の書き方は、一審時の準備書面と同じ書き方(体裁)で  良いのでしょうか。 ・一審の判決内容(裁判官の決定)に誤りがあると思っている場合には、準備書面にて  そのような主張をすれば良いのでしょうか。 ・控訴審で新たに証拠を提出するとき、甲番号は、新たに1からふり直していいのでしょうか。 ・そうだとして、控訴審の準備書面において、一審の証拠を呼び出すときの書き方に  決まりがあれば、教えて下さい。 ・この準備書面は、期日まで(控訴状提出後50日以内)に郵送で提出で良いのでしょうか。 ・準備書面は、裁判所と被告に送付だと思います。この時の提出先裁判所は二審裁判所(高裁)に  なると思います。この提出先については、控訴状提出後に、高裁から、  (一審の訴状提出後に地裁から連絡があったように)なんらかの連絡が  あると思っていて良いのでしょうか。 ・控訴審は、一審時のように何度も口頭弁論が開かれることは少なく、  裁判所が間に入った原告と被告の話し合いの形態をとることが多いと聞きましたが  だいたいそうだと思っていて良いでしょうか。もちろんケースバイケースなので、  参考的な一般論でいいです。 ・原告としては、裁判書から和解案を提示していただき、被告と話し合いで決着することを  希望しています。このことは、準備書面で述べれば良いのでしょうか。

  • 【民事】準備書面の提出について

    民事事件の被告側です。(地方裁判所) 弁護士にお願いするお金もなく、何とかやりくりしています。 ※原告は弁護士付きです。 [質問内容] 月末に第3回目の口頭弁論が開かれようとしています。 それまでの書面のやりとりは下記のようになっています。 [原告]訴状    ↓ [被告]答弁書    ↓ [原告]準備書面(1)    ↓※第1回口頭弁論 [被告]準備書面(1)    ↓ [原告]準備書面(2)     ※第2回口頭弁論 第2回目の口頭弁論の際、裁判官から「次回は証人尋問、その次には本人尋問を行う」ことを告げられました。 そこで質問なのですが、書面としては原告側の準備書面(2)でストップしているのですが、この場合 さらに被告側から準備書面(2)を提出しておいた方が良いのでしょうか? 素人質問ですみませんm(_ _)m

  • 被告が第2回口頭弁論の期日に欠席した場合は

    ある民事訴訟の被告になって、先日、訴状に対する答弁書と証拠を提出し、第1回口頭弁論で陳述し、証拠調べも行われました。 これに対し、裁判所は、第2回口頭弁論の期日を指定して、原告に反論の準備書面を出すように言いました。 被告である私としては、この第1回口頭弁論での答弁書の陳述と証拠調べにより、勝訴を確信しています。 これ以上、主張も証拠もありません。 また、私の家は、交通が不便な場所で、裁判所まで行くのに3時間くらいかかります。 それで、次の第2回口頭弁論の期日では、私は欠席にして、原告は準備書面を陳述する(原告が新たに提出した証拠の証拠調べも行う)だけで、結審して判決を出してほしいと思います。 このような場合に、実際に、被告である私が第2回口頭弁論の期日に欠席すると、どうなるでしょうか? すなわち、被告である私が第2回口頭弁論の期日に欠席したら、上記の私が望む結果(結審して判決を出してほしい)になってくれるでしょうか?

  • 口頭弁論での会話や手続き、必要書類、流れについて質問です

    口頭弁論での会話や手続き、必要書類、流れについて質問です 口頭弁論について質問です。 原告準備書面や被告準備書面が提出されて、間もなく第一回口頭弁論期日を迎えます。 自分でかなり調べましたが、口頭弁論での会話や手続き、必要書類、流れに確信が持てません。 口頭弁論は数分程度で終了するそうですが、以下のような内容で宜しいでしょうか? 1) (1)まず、法廷に着いたら、事務官に事件番号と免許証等提示、出頭簿(正式な名称は忘れましたが)にサインして、傍聴席で待つ。 (2)番号を言われたら原告席または被告席に着席 (3)裁判官が入廷したら起立して一礼。 2) (1)書記官より「平成○○年(○)○○○○号 ○○○○事件」と宣言があります。 (2)裁判官から訴状・答弁書の確認、不備の指摘。 3) ・原告の陳述 ・被告の陳述 裁判官から、「準備書面を陳述しますか?」と聞かれ、「平成○年○月○日付け準備書面を陳述します。」と原告・被告が述べることで陳述する。 4) 次回期日の決定 第一回口頭弁論期日で終了する予定の場合にもかかわらず、 相手方の準備書面が第一回口頭弁論期日1週間前を切ってぎりぎりで出されて、 それに反論する準備書面を提出するために第二回期日を設けて欲しいときは 「相手方準備書面の提出が口頭弁論期日ぎりぎりで提出され 反論するための準備書面作成の時間がなかったので第2回期日を設けて欲しい」 と裁判官に伝えると、約一ヵ月後程度の日程を提案されるので、原告被告の都合の良い日程で決定。 A)流れや会話、手続きは以上で宜しいでしょうか? 他に何か聞かれたりする可能性や、答える必要はありますでしょうか? B)証拠は写しを準備書面に添付して提出した場合であっても、相手方や裁判官が 調べる可能性があるので原本を持って行くことになるということで宜しいでしょうか? C)他に持っていくべき書類は特に無いでしょうか? よろしくお願いします。

  • 損害賠償請求訴訟で口頭弁論には一度も出ていない被告です。

    損害賠償請求訴訟で口頭弁論には一度も出ていない被告です。 遠方で経済的余裕もないので弁護士を付けずに対応し、続行期日についても準備書面の提出で済ませてきました。 今回の口頭弁論期日の指定通知は前回欠席時に直ぐに裁判所から特別送達で送られてきましたが、原告側の準備書面が、口頭弁論期日の1週間前を切る消印で速達郵便で直送されてきて、受領書の返信も求めています。 前回のこちらの準備書面に対する陳述書と書証が添えられていますが、受領書を出さないで再び欠席するつもりです。 今回も欠席すると、例えば原告側の陳述内容や書証が裁判所に一方的に認められてしまう等など、被告にとって不利なことがあるのでしょうか。よろしくお願いします。

  • 過払い金返還請求訴訟についてのご質問になります。

    アイフルに対して訴訟を起こしてます。 現在は第一回口頭弁論が終わった所です。 第一回口頭弁論の直前にアイフルから3枚の用紙で答弁書が送られてきました。 概要は、原告の請求を棄却する。  原被告間の取引内容について→追って認否する。 不当利益について→過払い金については、争う。 悪意の受益者について→被告が悪意の受益者であるとの主張は争う。   被告(アイフル)の主張→主張は追って準備書面にて提出する。 上記の答弁書に対してこちらは準備書面を作成するのでしょうか?それともアイフルが追って提出するという準備書面がこちらに届いてからそれに対して準備書面を作成すれば良いのでしょうか? また、アイフルの準備書面が第2回口頭弁論の直前に届くみたいですが準備書面が間に合わない場合は口頭弁論の延期等は出来ますか?

  • 民事訴訟法 却下について

    先日、訴訟を提起して相手方から答弁書が届きました。 答弁書が届いてから約1ヶ月後に第一回口頭弁論が開かれるのですが、 それまでに準備書面と証拠を出さないといけないのでしょうか。 裁判所からは、書類の不備等の連絡は来ていません。 その場合でも、第一回口頭弁論前に、事前に準備書面と証拠を 提出しておかないと第一回口頭弁論時にて、 ・民事訴訟法第140条による却下 ・民事訴訟法第157条による却下 などで訴訟そのものが却下になる場合があるのでしょうか。 現在の状態では、原告訴状・被告答弁書ともに陳述されていない状態だと 思われるのですが、答弁書到着後 直ぐに準備書面にて反論や 証拠を出さないと却下になり負けてしまう場合があるのでしょうか。 ご教授頂けますと幸いです。

  • 民事訴訟の準備書面の提出が間に合いませんどうすれば

    東京地裁で訴額100万程度の 民事訴訟中で当方原告です。 前回 第2回口頭弁論が10月3日で被告側が調査嘱託申立を裁判所にして 裁判所がOKを出して嘱託の結果が出て、その結果を裁判所で謄写して受け取ったのが 10月21日でした。 次回 第3回口頭弁論が11月24日です。 準備書面提出は当然間に合いません。 風邪をこじらせて2週間寝込んだり、歯痛で1週間台無しにしたり(共に大学病院に入院はしませんが通いました) また、被告からもらっている準備書面では求釈明項目が25個あり、調査するのに時間がいります、準備書面を作成していますが調査することが多く、まだしばらく準備書面が完成せず まだ1ヶ月くらい時間が欲しいです。 前回の第2回口頭弁論時には裁判官から特に次回期日までに提出するよう指示は受けていません、被告の求釈明に対する準備書面を出してください、との一言だけでした。 この場合の対処としては (1)「調査が多く準備書面作成にまだ時間を要するので提出は今しばらく時間を頂きたい」との答弁を口頭弁論時に裁判長に言えば大丈夫でしょうか?  その場合どのような内容を発言すれば宜しいでしょうか?  上記のような ・病気だった ・求釈明項目が25個あるから時間がかかる ・嘱託調査結果を受け取ったのが10月21日だった との内容で宜しいでしょうか?   その他、よく使う手法はありますでしょうか? 宜しくお願い致します。