• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

(299) On your head……この英文はどのように訳せばよいでしょうか

  • 質問No.5659032
  • 閲覧数209
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0
(1)On your head above wear a shaped cap of felt to keep your ears from getting wet, for the dawn is chill when Boreas has once made his onslaught, and at dawn a fruitful mist is spread over the earth from starry heaven upon the fields of blessed men: (2)it is drawn from the ever flowing rivers and is raised high above the earth by windstorm, and sometimes it turns to rain towards evening, and sometimes to wind when Thracian Boreas huddles the thick clouds.

次の文章は“Works and Days” by Evelyn Whiteの一節です。
(1)(2)は連続した文章です。
試し訳と語彙について質問します。
よろしくお願いします。
(1)On your head above wear a shaped cap of felt to keep your ears from getting wet, for the dawn is chill when Boreas has once made his onslaught, and at dawn a fruitful mist is spread over the earth from starry heaven upon the fields of blessed men:
(お前の)頭(の上)に、前述の、フェルトで型取った帽子を被れ、(お前の)耳を濡らさないようにするためだ。 一度、北風が激しく吹くと、Boreas has once made his onslaught 夜明け(朝方)は冷えるからな。そして、暁には、神の祝福を受けた人間の野に、星を散りばめた天からfrom starry heaven 収穫をもたらす霧が地上一面に広がる。
<質問>
(a) when Boreas has once made his onslaughtについて
   has madeで現在完了です。従って、「一度、吹いた時」となり、降り止んだ
   後のことを述べている。実際、北風は止んで、星空の話になっている。
     「いったん、吹きだすと」の意味ではないと考えました。
     正しいと思うのですが、念のため質問します。
(b) On your head above wear a shaped cap of feltのaboveについて
   このaboveが紛らわしいのですが、前置詞ではなく副詞のようです。
     「前述の(内側にフェルトを張った靴のこと)」/ 正しいでしょうか。

(2)it is drawn from the ever flowing rivers and is raised high above the earth by windstorm, and sometimes it turns to rain towards evening, and sometimes to wind when Thracian Boreas huddles the thick clouds.
それ(霧)は、絶えず流れる河から生じ、暴風によって地上高く舞い上げられるis raised high above the earth そして、時には、(それは)夕方に雨になることもあれば、時には、トラキア人の北風が厚い雲を立ち込めて、暴風に変わることもある。
<質問>
(c) and sometimes it turns to rain towards evening, and sometimes to wind when Thracian Boreas huddles the thick cloudsについて
   この文はand sometimesが二度ある。
andは、前者と後者の意味が異なる。
   また、it turns to rain……、(it turns )to windと考えられる。 
   when文はand sometimes to windだけの副詞で、
「また、ある時はトラキア人の北風が……の時、暴風になる」と考えた。
   全体的に「雨のこともあれば、暴風windのこともある」と述べているようだ。
     これは正しいでしょうか。
*Thracian Boreas;何か謂れがあるのであろう。
(QA295)ではThrace、馬の産地として紹介された; A region and ancient country of the southeast Balkan Peninsula north
of the Aegean Sea

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 26% (1499/5698)

▼(a) when Boreas has once made his onslaughtについて、has madeで現在完了です。従って、「一度、吹いた時」となり、降り止んだ   後のことを述べている。実際、北風は止んで、星空の話になっている。「いったん、吹きだすと」の意味ではないと考えました。

▽正しいです。先行する事象を表す現在完了ですから、「吹いていたら・・・」または「いったん、吹きだすと」、その結果朝は冷えるということです。

▼(b) On your head above wear a shaped cap of feltのaboveについて。このaboveが紛らわしいのですが、前置詞ではなく副詞のようです。「前述の(内側にフェルトを張った靴のこと)」/ 正しいでしょうか。

▽文法的には副詞でしょうか、above は状況をより鮮明に説明するために、よくこのような形の慣用句として見受けられます。On your head above とか、The stars high aboveだとか。

▼(c) and sometimes it turns to rain towards evening, and sometimes to wind when Thracian Boreas huddles the thick cloudsについて、この文はand sometimesが二度ある。andは、前者と後者の意味が異なる。また、it turns to rain……、(it turns )to windと考えられる。
全体的に「雨のこともあれば、暴風windのこともある」と述べているようだ。これは正しいでしょうか。

▽正しいと思います、and sometimes it turns to rain、 and sometimes it turns to wind. と考えていいのでは。時には雨になり、そして時には風になる・・・と。

▼when文はand sometimes to windだけの副詞で、「また、ある時はトラキア人の北風が……の時、暴風になる」と考えた。

▽それでいいと思います。
and sometimes to wind when Thracian Boreas huddles the thick clouds.
時には(トラキアの北風の神が厚い雲を追い払う時)風ともなる・・・

▼Thracian Boreas;何か謂れがあるのであろう。
(QA295)ではThrace、馬の産地として紹介された; A region and ancient country of the southeast Balkan Peninsula north

▽Thracian Boreasで検索してみました。
He was also the god of winter, who swept down from the cold northern mountains of Thrake, chilling the air with his icy breath.ということのようです。(後略)
http://www.theoi.com/Titan/AnemosBoreas.html

お前の頭にはお前の耳を濡らさぬようにフェルトで形作った帽子をかぶりなさい。一旦北風(の神:hisがあるので・・・)が激しく吹き募ると、夜明け頃は冷えるからな。そして夜明けには実りを育む霧が星空から降りてきて地上に広がり祝福された者たちの畑を覆い尽くす。その霧は常に穏やかに流れる川から立ち昇り、そして嵐によって地表から高く持ち上げられるのだ。そしてそれは、時には夕暮れが迫る頃には雨と変り、そして、時には、トラキアの北風(の神)が厚い雲を追い払う時には風にも変るものだ。
お礼コメント
noname#171580
回答を読んで
(1)riseについて
(a)and is raised high above the earth by windstorm
ここにraisedがある。 
(b) QA301では、rises brilliant at duskというのがある。
at dustです。
この(霜柱が)「立つ」、(星が)「現れる」というのは、raiseとrise
の意味の違いを示すものと考え、強い印象を受けました。
天と地という対照的な異なる場の出来ごとであるからかもしれない。  
  (どうでもいいことを書いたかもしれない)
(2) on N above について
   above On your head above とか、The stars high above
   の用例は参考に成りました。
ありがとうございました。

   
投稿日時:2010/02/09 04:42

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
a、はい、「吹いてしまったので」
b、on your head above の above は(頭の)上部という意味ではないでしょうか。
c、はい。sometimes .. and sometimes は「時には~時には~」という意味だと思います。
お礼コメント
noname#171580
回答を読んで。
on your head aboveについて
  onとaboveが二重になるようで、この意味が分からなかったのですが、
  まだ、少し、変だなと思います。
その他は良くわかりました。
ありがとうございました。
投稿日時:2010/02/08 16:53
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ