• ベストアンサー
  • 困ってます

恐竜の時代を推定する仕組み

放射性年代測定の原理は分かっているのですが、詳しいことが分からなくて質問します。 1 どの方法を使っているのでしょうか? 2 化石、まわりの岩石など資料はいろいろありますが、どの資料を調べているのでしょうか? 詳しく教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数60
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • 5sam
  • ベストアンサー率53% (8/15)

恐竜の権威ある、小畠 郁生、長谷川善和先生の 見解、本、恐竜学、で参考にして下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 放射性年代測定

    あるアニメで謎の石碑があり放射性年代測定をしていました。 そこで疑問なのですが、生物の化石なら炭素、溶岩でその岩ができたときならアルゴン等あるでしょうが、石が加工された時期というのは測定法があるのでしょうか? どうやって測定するのでしょうか?

  • 珪藻化石による年代層序についての質問です

    珪藻化石による年代層序についての質問です 論文を読んでいると、珪藻化石による年代層序では、0.1Maの値まで細かく年代が特定されていました。 フィッショントラック年代がカリウムアルゴン年代では、20Maのものでも0.5Ma程度の誤差がでますよね? 放射年代測定などで年代の分かっている岩石から珪藻が出る⇒その珪藻がほかの岩石から出るので、その岩石の年代が決定できる という流れだと思ってたんですが、これだとこんなに細かくわかりませんよね? なぜだろう・・・どなたか教えてください

  • Rb-Sr法について、イスア地域の岩石について

    Rb-Sr法という放射年代測定法の原理について、どなたか教えていただけないでしょうか? また、イスア地域の岩石が約38億年の放射年代を示す事について,その地球史上の意味(意義)について教えていただけないでしょうか? いくつか調べたのですが、的確な情報が得られなかったので質問しました。 よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • 5sam
  • ベストアンサー率53% (8/15)

当然です。 放射性同位元素を利用して絶対年代を求めることができるので それが絶対年代です。 そんなに、むずかしい、恐竜は日本では少ない。 まわりの岩石などは調べません。 日本の地層は分かっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

日本の地層は絶対年代がわかっている、ということでしょうか。

  • 回答No.2
  • 5sam
  • ベストアンサー率53% (8/15)

発掘された、恐竜の地層の他の化石から示準化石がでれば、 それから、同じ年代と同定する。 まわりの岩石は調べません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

それは相対年代だけです。 絶対年代はどうもとめるのですか?

  • 回答No.1
  • debukuro
  • ベストアンサー率19% (3635/18948)

いろいろな方法で調べます 単一の方法で決めているのではありません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

具体的に例を出して教えてください。

関連するQ&A

  • 年代測定法

    年代測定法のレポート問題で、いくつかわからないものがあるので教えていただきたいです。 -dN/dt=λN…(1) 1、(1)を時間t=0のときにN=N₀の条件で解きなさい。 2、放射性同位体の半減期をT₁/₂として、λとT₁/₂の関係を示しなさい。 単位時間当たりの生成率がpであれば、放射性同位問の個数変化は(2)式であらわされる。  -dN/dt=λN-p…(2) 3、(2)を時間t=0のときにN=0の条件で解きなさい。 4、時間tが無限大になった時のNの値を示しなさい。 5、ある試料の放射性炭素の現存量を測ると、N(t)=0.33と得られた。この資料が作られてからの年数tを算出しなさい。

  • 遺跡の年代測定

    遺跡などの年代は放射能を測定すると分かると、人から聞いたことがあります。その人が言うには、炭素の中に放射性同位元素があるから、それが微量の放射線を出しているということなのです。しかし、その遺跡(建物など)が作られた時にどれくらいその炭素の放射性同位元素が含まれているかも分からないのに、どうやったら年代が測定できるのだろうと不思議です。その測定に放射性同位元素の半減期を使うことは知っています。教えて下さい。

  • 炭素同位体の年代測定について

    放射性同位体年代測定について興味をもち、それについて調べています。 なんとなく年代測定の原理を理解しました。 ウィキペディア(炭素14法)を見ると、 推定可能な年代は「β線測定法では3~4万年程度」とありました。 これの理由が分かりません。 炭素14の半減期は5730年ほどだそうですが、 長く時間がたちすぎると、炭素14が減りすぎてしまい、 測定できないということでしょうか。 でも、なぜ3~4万年ほどなんですか? 解説をお願いします。 また、参考になるサイトがありましたら、あわせてお願いします。

  • 年代測定の問題

    以下の問題がわからなくて困ってます。  ある放射性核種について、最初に存在した元素をN0,t時間後の原子の数をNとしたとき、下式の関係がある。N/N0=0.5であるとき、tは次のうちどれか。 N=N0e^(-λt) 1.時定数 2.壊変率 3.平均寿命 4.壊変定数 5.半減期  年代測定の逐次壊変のことをいっていると思う(そもそも逐次壊変のこと自体、よくわからない)のですが、この問題をわかりやすく説明していただけないでしょうか。

  • 地層が~億年前のものだとわかるのはなぜか

    C14による年代測定法については知っているのですが、それよりも古い年代の地層が~億年前のものだとわかるのは、どのような年代測定法をつかっているからなのでしょうか。 ご存知のかた、詳しく教えてください。

  • 紙の年代

    紙の年代について質問したいんですが、どやったら数年前の年代測定できますか?どんな方法があるのか教えてください。機械でもかまいません

  • 「放射性炭素年代測定法」と「年輪年代法」

    箸墓古墳の周濠から見つかった「布留0式」土器を「放射性炭素年代測定法」で調査したところ、西暦200~300年代との測定結果が出た。 そうですが、 「放射性炭素年代測定法」と「年輪年代法」を統合した結果、 箸墓古墳の築造年を3世紀半ばとはじき出されたようです。 なぜ「年輪年代法」と「放射性炭素年代測定法」を重ねるのかが よくわかりませんでした。 友人に聞いてみたらこう言ってました。 放射性炭素年代測定法は誤差が大きい。 年輪年代法のほうが正確。 しかし、箸墓から木材は発掘されていない。 そこで 【A.箸墓から発見された土器に付着していた煤を放射性炭素年代測定法で計測したもの】 【B.年輪年代法のもととなった木材を放射性炭素年代測定法で計測したもの】 をつきあわせた。 その結果、Aで得られたパターンが Bのパターンの3世紀半ばのものと一致した。 ということではないかと。 友人の言っていることは正しいのでしょうか?

  • 放射年代測定

    ある岩石の放射年代測定において、壊変する元素の量の初期値が岩石内のどの鉱物でも同じであるという仮定を置きます。 この仮定が成り立たないとき、どのようなことになるのかを教えていただけますか? 地学を学び始めたばかりです。よろしくお願いいたします。

  • 考古学に化学はどのように関わっているか

    ・・・何度も立て続けに投稿して申し訳ありません・・。 今度は「考古学に化学はどのように関わっているか」という質問です。たとえば放射性元素などからみた年代測定、DNA解析からみた現在の日本の食物の起源など・・ 何かありましたら解答お願いします。

  • 地層同定の法則

    (地層同定の法則は)化石に依存するために堆積岩の、それも一部にしか適用できず、また、絶対年代(数値年代)の確定もできない。これについては放射性同位体による年代決定法(放射年代測定)の出現を待たねばならなかった。(ウィキペディアより抜粋)。 放射年代測定法が出現したことで、地層同定の法則はどのように改善されたのでしょうか? 放射年代測定法、地層同定の法則の特徴(長所・短所)などを明記し、両者を比較して回答していただきたいです。