• 締切済み
  • すぐに回答を!

炭素同位体の年代測定について

放射性同位体年代測定について興味をもち、それについて調べています。 なんとなく年代測定の原理を理解しました。 ウィキペディア(炭素14法)を見ると、 推定可能な年代は「β線測定法では3~4万年程度」とありました。 これの理由が分かりません。 炭素14の半減期は5730年ほどだそうですが、 長く時間がたちすぎると、炭素14が減りすぎてしまい、 測定できないということでしょうか。 でも、なぜ3~4万年ほどなんですか? 解説をお願いします。 また、参考になるサイトがありましたら、あわせてお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数420
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.2
  • BookerL
  • ベストアンサー率52% (599/1132)

>遺体内に残る炭素14が >3~4万年ほどでほぼなくなるということになりますが、 なくなってしまうわけではないと思います。 >単純に計算すると3~4万年で1/64ほどになりますが… ですから、そのくらい少なくなると、測定がきわめて難しくなる、ということでしょう。  参考にあげたページを見てもらえればそのへんのことがわかると思います。ごらんになられたでしょうか。 「現代の炭素1gが1分間に出すベータ線はたった14個です」 「私たちの回りには、宇宙線だけでなく、放射線を出すものがたくさんあります。普通に測ったのでは、この何倍もの自然放射線に埋もれて資料のベータ線を測ることは出来ません」 「宇宙線や周囲の放射線を数えないように、測定気体を入れた容器の周りを厚さ25cmの鉄で囲みます」 「それでも、強い宇宙線などは突き抜けてしまうので、さらに……」 という説明があって 「このような方法で、約4万年前の資料まで測定することができます」 と述べられています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ついでに言うと、「ほぼなくなる」と「なくなる」は違います。 0.00000000000000000000000001はほぼ0ですが、0ではありません。 次のリンクが参考になると思います。 http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%BB%E3%81%BC&dtype=5&dname=5ss&stype=0&pagenum=1&index=013418

質問者からの補足

>参考にあげたページを見てもらえればそのへんのことがわかると思います。ごらんになられたでしょうか 見ました。 BookerLさんは見たんでしょうか? >そのくらい少なくなると、測定がきわめて難しくなる、ということでしょう。 だから、どうして「きわめて難しくなる」というのが、 4万年なんですか? 4万年だと1/64なので、おおよそ1.5%ほどになるわけですが、 なぜ1/32のときは計測可能で、1/64のときに無理になるんですか? 私的には「もっと精密に測れ可能だろ!」とつっこみたくなるのですが、 なぜ1/64だと物理的に不可能になるのかが知りたいんです。 私が聞いているのは「測定方法」ではありません。 「なぜ3~4万年ほどなんですか?」です。 質問内容を理解した上で威張って欲しいところですね。

関連するQ&A

  • 年代測定法

    年代測定法のレポート問題で、いくつかわからないものがあるので教えていただきたいです。 -dN/dt=λN…(1) 1、(1)を時間t=0のときにN=N₀の条件で解きなさい。 2、放射性同位体の半減期をT₁/₂として、λとT₁/₂の関係を示しなさい。 単位時間当たりの生成率がpであれば、放射性同位問の個数変化は(2)式であらわされる。  -dN/dt=λN-p…(2) 3、(2)を時間t=0のときにN=0の条件で解きなさい。 4、時間tが無限大になった時のNの値を示しなさい。 5、ある試料の放射性炭素の現存量を測ると、N(t)=0.33と得られた。この資料が作られてからの年数tを算出しなさい。

  • 年代測定の問題

    以下の問題がわからなくて困ってます。  ある放射性核種について、最初に存在した元素をN0,t時間後の原子の数をNとしたとき、下式の関係がある。N/N0=0.5であるとき、tは次のうちどれか。 N=N0e^(-λt) 1.時定数 2.壊変率 3.平均寿命 4.壊変定数 5.半減期  年代測定の逐次壊変のことをいっていると思う(そもそも逐次壊変のこと自体、よくわからない)のですが、この問題をわかりやすく説明していただけないでしょうか。

  • 炭素14の半減期の年代測定についての質問です

    大学の講義で出た課題なのですが、全くわからないので回答お願いします。 「炭素14は半減期5730年で、β崩壊して窒素に変わる。ある遺跡から発掘された木材の炭素14の量は初期値の1/3に減少していることが分かった。この木材は何年前に伐採されたと考えられるか。」です。 ヒント「伐採された木材の炭素14の量は5730年経つと半分に減少する。11460年経つと4分の1になる。炭素14の量の時間的変化を式で表現すると n=m(1/2)^(t/T) となる。 ここで、nは現在の炭素14の量、mは初期値、tは経過時間、Tは半減期」 ヒントを教えてもらったのですが、全く手付かずです。私なりに考えたのですが、nは(m-2/3)とおき、t/Tは(11460/5730)=2とおき, (m-2/3)=m(1/2)^2 m=8/9と考えたのですがこれからどうやって年代に直せば良いかわかりません。 この問題について回答をお願いします。 文だけでは見づらいと思いますので画像を添付しておきます。 よろしくお願いします。

  • 回答No.1
  • BookerL
  • ベストアンサー率52% (599/1132)

>長く時間がたちすぎると、炭素14が減りすぎてしまい、 >測定できないということでしょうか。 その理解で正しいと思います。もともと炭素14そのものの含有量がごく微量なのです。

参考URL:
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/museum/ouroboros/01_02/nendai.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 では、遺体内に残る炭素14が 3~4万年ほどでほぼなくなるということになりますが、 これはどんなデータによるものなんですか? 単純に計算すると3~4万年で1/64ほどになりますが…

関連するQ&A

  • 14C年代測定法について

     女鳥羽川でクルミらしき材の化石が入っていました。その一部を取り出し、タンデトロン加速器質量分析計を使用し14Cの含有量を測定したところ現在量の2/3でした。この化石材の年代はいくらと計算されるのでしょうか? 14Cの半減期は5730年で計算の基準(現在)は西暦1950年でお願いします。

  • 年代測定法

    年代測定法について基本的なことだけでも学ぼうと思い色々調べたのですがネットだと本の名前と概要くらいしかのっていないのでどれを読もうか迷っています。 これはおすすめ!とか、これはわかりやすかった、などがありましたらお願いします。

  • 遺跡の年代測定

    遺跡などの年代は放射能を測定すると分かると、人から聞いたことがあります。その人が言うには、炭素の中に放射性同位元素があるから、それが微量の放射線を出しているということなのです。しかし、その遺跡(建物など)が作られた時にどれくらいその炭素の放射性同位元素が含まれているかも分からないのに、どうやったら年代が測定できるのだろうと不思議です。その測定に放射性同位元素の半減期を使うことは知っています。教えて下さい。

  • 岩石の年代測定

    以下の問題の解き方を教えて頂けないでしょうか。 カリウムの同位体K40は2種類の安定な娘元素Ca40とAr40になり、CaとArの量は同じではない。K40とAr40の割合が1/3であるとき、この岩石の年代を求めよ(K40の半減期は1.28×10^9年とする。) どうぞよろしくお願いいたします。

  • 年代測定の解法

    木片A、Bがある。Aに含まれる質量数14の炭素の量はBの1/3だと分かっている。木片A、Bのうち片方は今から100年前のものだ。 質量数14の炭素の半減期を5730年、log2=0.301、log3=0.477、log=0.699を用いて求めよ。 なのですが解答を読んでみてもチンプンカンプンです。立式もしてみたのですが何だかダメです。 解説宜しくお願いします。

  • 年代測定の方法、精度について

    何でもwikipediaで調べるぐらいしかないほど、考古学などについての知識は皆無なのですが、素朴に疑問に思ったことがあり投稿させていただきます。 例えば先史時代について調べていると、旧石器時代は約250万年前頃から、中石器時代は2万年前ごろから、猿人は600万年前ごろに登場し、130万年前ごろまで存在していた。などの目もくらむほど大昔のことが詳細に書かれているのを見ることがあります。一方で年代測定によく使われる放射性炭素年代測定は1万年程度前までしか計測できない上に地域環境によってかなり誤差が出るというのも見たことがあります。 何十万年前や何百万年前といった年代の計算はいったいどのようになされているのでしょうか?また、その精度はどの程度のものなんでしょうか? あまりに無知なため、子供のような質問で申し訳ありませんが、分かりやすく教えていただければと思います。よろしくお願いいたします。

  • 熱ルミネッセンス年代測定法

    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/060900217/?P=2 こちらの記事で ”ユブラン氏は2007年の研究でもジェベル・イルード遺跡の年代を推定しているが、今回は前回の結果より2倍も古い数字になった。この不一致は、前回の研究であまり厳密でない放射能モデルを用いたことによって生じたものだ。前回のデータも新たなモデルで評価すると、年代は約28万6000年前となり、今回の研究と矛盾しない数字になった。 ” こういった内容が書かれています。 あまり納得いかないのですが、熱ルミネッセンス年代測定法というのはここ十数年でそんなに劇的に精度があがったのでしょうか?

  • 放射性同位元素の半減期について

    同じ元素でも中性子の数にバリエーションがあって、放射性同位元素の場合それぞれ半減期が異なりますよね。 wikipediaでセシウムについて調べてみるとセシウム137は約30年、134は2年、135は230万年だそうですね。 さまざまな元素の放射性同位体について半減期がわかっていますが、 半減期が特定の時間に決まる原因はわかっているのでしょうか。 つまり、セシウム137はなぜ30年なのか、134はなぜ2年なのか、135はなぜ230万年なのかということです。 その法則みたいなものがあればぜひ知りたいです。

  • 炭素同位体(C14)による年代測定

      炭素(C14)の含有量で遺跡や古生物の年代測定ができるのは、「生命活動(代謝作用)の停止後はC14の増減がない」ことが前提だと思いますが、宇宙線等の影響で、この前提条件が覆されることはないのでしょうか? (地中深くにある遺跡なら、宇宙線の影響は無視できそうですが、今度は、地下核物質が放出する天然放射能の影響が気になります・・・)

  • 非常に短い半減期の測定法

    半減期の測定法に関する質問です。 半減期がμs単位のように、半減期が非常に短い元素はどのようにして半減期を測定しているのでしょうか?? 測定法や計算方法がありましたら教えていただ&#160;きたいです。 また参考になりそうな本やページがありましたらそちらも載せていただけると助かります。 よろしくお願いします(>_<)