• 締切済み
  • すぐに回答を!

Rb-Sr法について、イスア地域の岩石について

Rb-Sr法という放射年代測定法の原理について、どなたか教えていただけないでしょうか? また、イスア地域の岩石が約38億年の放射年代を示す事について,その地球史上の意味(意義)について教えていただけないでしょうか? いくつか調べたのですが、的確な情報が得られなかったので質問しました。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数631
  • ありがとう数10

みんなの回答

  • 回答No.1

なんか、すごい質問ですね。 Rb-Srに関しては、まず『放射年代測定法』でいろいろなサイトを調べるのが良いと思います。岩石の年代測定には、Rb-Sr以外にもK-Arなどいろいろな手法がありますが、測定法の原理は皆同じです。求めたい岩石のおよその年代によって、手法は変わってきますので、その辺りを調べてみてはいかがでしょうか。 イスアの片麻岩の地球史上の意味は、その人の主観じゃないでしょうか。調べられる範囲で、気がついたこと思ったことを書けばいいんじゃないですか。 新書の類いで、『地球の歴史~~~』『惑星がどうだとか』とかいう本を読んでみると参考になると思います。 頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 恐竜の時代を推定する仕組み

    放射性年代測定の原理は分かっているのですが、詳しいことが分からなくて質問します。 1 どの方法を使っているのでしょうか? 2 化石、まわりの岩石など資料はいろいろありますが、どの資料を調べているのでしょうか? 詳しく教えてください。

  • この岩石は何でしょうか?

    この岩石は何でしょうか? 初めまして 私の祖父は昔、台湾で店を開いてたらしいのです 先日なくなりました その台湾時代のものだそうですが 物置に祖父の遺品が有りまして 整理してましたら 大量の岩石がありました そして金庫の中に4年前に成分分析を依頼した結果報告書がありました しかし、学の無い私が見てもなんの石かさっぱりわかりません 詳しい方はこれで解かるのでしょうか? 1.ICP質量分析法で U,Thの定量分析を行った。(単位μg/g) 1回目:U 1.6 Th4.8 2回目:U 1.6 Th4.8 平均値:U 1.6 Th4.8 2.蛍光X線分析法により試料中に含まれる無機元素測定(質量%) Al:9% As:0.002% Ba:0.04% Ca:9% Cl:0.05% Co:0.002% Cr:0.01% Cu:0.02% Fe:5% Ga:0.002% K:2% Mg:2% Mn:0.1% Na:2% P:0.1% Rb:0.01% S:0.006% Si:25% Sr:0.06% Ti:0.4% V:0.04% Zn:0.007% Zr:0.02% O:残分 物置にはタイル状に切った石とその斬り屑のような岩石が山のように積んであり 処分に困っています。 ただ、非常に頭のいい祖父だったので ただの石とは思えません。 そこで、この情報からみると 一般的には何と呼ばれる石になるのか 教えて頂けると有りがたいです。 よろしくお願いします。

  • アイソクロン年代測定法

     Rr-Sr法による年代測定法で考えます。で、4つの資料A,B,C,Dを採集し、質量分析計で87Sr,86Sr,87Rbの量比を測定したところ最後の表1のようになりました。これによりアイソクロン年代を決定を決定したいんですが・・・ それと87Rbから87Srへの壊変定数λは1.39*10の-11乗/年(わかりにくい表現の仕方ですいません) よろしくお願いします。                 87Sr/86Sr A 0.717 B 0.726 C 0.742 D 0.761 87Rb/86Sr A 1.20 B 3.30 C 7.08 D11.25

  • 年代法

    地球・惑星の進化を明らかにするための年代法として、放射年代法と相対年代法があります。 放射年代法と相対年代法のそれぞれが必要とされている意義を、教えてください。

  • 年代測定法(アイソクロン)

     Rr-Sr法による年代測定法で考えます。そして、4つの資料A,B,C,Dを採集し、質量分析計で87Sr,86Sr,87Rbの量比を測定したところ最後の表1のようになりました。これによりアイソクロン年代を決定を決定し、87Sr/86Sr比の初期値も求めたいんですがいまいちよくわかりません。 あと87Rbから87Srへの壊変定数λは1.39*10の-11乗/年です。(わかりにくい表現の仕方ですいません) 計算のアウトラインだけでもいいんで力を貸してください。よろしくお願いします。                表  87Sr/86Sr   A 0.717 B 0.726 C 0.742 D 0.761 87Rb/86Sr   A 1.20 B 3.30 C 7.08 D11.25

  • 放射年代測定

    ある岩石の放射年代測定において、壊変する元素の量の初期値が岩石内のどの鉱物でも同じであるという仮定を置きます。 この仮定が成り立たないとき、どのようなことになるのかを教えていただけますか? 地学を学び始めたばかりです。よろしくお願いいたします。

  • 珪藻化石による年代層序についての質問です

    珪藻化石による年代層序についての質問です 論文を読んでいると、珪藻化石による年代層序では、0.1Maの値まで細かく年代が特定されていました。 フィッショントラック年代がカリウムアルゴン年代では、20Maのものでも0.5Ma程度の誤差がでますよね? 放射年代測定などで年代の分かっている岩石から珪藻が出る⇒その珪藻がほかの岩石から出るので、その岩石の年代が決定できる という流れだと思ってたんですが、これだとこんなに細かくわかりませんよね? なぜだろう・・・どなたか教えてください

  • 岩石が見られる地域

    地学のレポートを製作するために、花こう岩および玄武岩が見られる地域を探しています。 近畿地方にそういった場所はありますか? また、どういった地域にこれらの岩石が見られるのですか?

  • 年代測定の方法、精度について

    何でもwikipediaで調べるぐらいしかないほど、考古学などについての知識は皆無なのですが、素朴に疑問に思ったことがあり投稿させていただきます。 例えば先史時代について調べていると、旧石器時代は約250万年前頃から、中石器時代は2万年前ごろから、猿人は600万年前ごろに登場し、130万年前ごろまで存在していた。などの目もくらむほど大昔のことが詳細に書かれているのを見ることがあります。一方で年代測定によく使われる放射性炭素年代測定は1万年程度前までしか計測できない上に地域環境によってかなり誤差が出るというのも見たことがあります。 何十万年前や何百万年前といった年代の計算はいったいどのようになされているのでしょうか?また、その精度はどの程度のものなんでしょうか? あまりに無知なため、子供のような質問で申し訳ありませんが、分かりやすく教えていただければと思います。よろしくお願いいたします。

  • 過去からの「放射線量」の推移を教えてください

    「環境における人工放射能の研究2009」 気象研究所 地球科学研究部に放射性降下物の推移データがあります。 これに相当する放射線量の推移データ(単位:Rad/h,Gy/h、Sv/hどれでも可)をご存知の方が折られましたら教えてください。 年代は1985年以降(1960年代以降であれば最高です。)が有難いです。測定場所は北半球であれば国内でなくとも結構です。