• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ハイチの地震の時

日本時間で13日の午前6時53分に起きた、ハイチの地震の時、日本でも揺れはありましたか? 検索しても分からなかったので、質問しました。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数26
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • gungnir7
  • ベストアンサー率43% (1112/2551)

揺れ?はさすがに有りませんね。 人体に有感な地震波のエネルギーを伝達するのは距離的に無理です。 地震波というレベルでなら計測されていると思いますが、 日本の解析は主に米国の速報値を参照しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 あることで研究しており、体で感じる揺れがあったか無かったか、 確認が必要でした。 感謝します。

関連するQ&A

  • ハイチへの救援隊の派遣は、何故こんなに遅くなったのですか?

    ハイチへの救援隊の派遣は、何故こんなに遅くなったのですか? 今海外にいて、日本のニュースなどをほとんど見ていないため、よく状況がわからないのですが、こちらで連日トップニュースでハイチの大地震の報道を見ていて、各国の救援隊が続々と到着していました。 ニュースで日本の名前は上がっていないだけで、既に派遣しているのだと思っていました。 でも先ほどインターネットでニュースを見ていたら14日(?)15日(?)にようやく派遣が発表されたようだったので驚きました。 今まで色んな国で大地震があった時には、やはり地震大国の日本の知識や技術を活かし、率先して救助活動に向かっていたイメージがあったのですが。日本人なら一般人でも72時間で生存率がグッと下がるというのは、過去の地震で度々報道されていることなので広く知られていますよね?でもこの時間内に日本の救援隊は間に合いませんよね? もしかして私が日本の情報が不足しているため、認識が誤っているところがあるかもしれませんが、あったら教えてください。 今回は何かあったのですか?何か理由があるのでしょうか?これが普通ですか?

  • 地震を感じたのでしょうか

    先日東北地方で揺れの大きな地震がありました。 私は普段寝付きが良く、深夜に睡眠が中断されることもあまりありません。自慢の快眠体質です。 ところが昨夜は眠りが浅く、断続的に目覚めては暫く寝付けない状態を繰り返しました。お陰で今日は寝不足…。日中余計な睡眠など取っていないし、体調が悪いようなこともないというのに。 目覚めた時は、しばし悪夢を見た後のような動悸と、何か良く解からない不安感に襲われました。深夜だから当然なのでしょうが、音、特に遠くから聴こえてくるぼんやりとした音というか、空気の振動がとても気になりました。 目覚めの度に時刻は確認しませんでしたが、「ドドド…」という地響きのような音に起こされた時間が4時台だったのは覚えています。 その後も寝たり覚めたりを繰り返しつつ渋々起床。 食事を摂りながら7時台のニュースを見ると、やはり昨日起きた東北地方の地震がクローズアップされていました。 気になったのは余震です。 震度2以下の小さな揺れは、一晩中あったようでした。 そして、東北以外の場所でも地震があったことが報道されました。 場所はインドネシアですが、時刻が日本時間の午前4時半頃。 ん? 私の居所は東京なので、当然揺れ自体は感じる筈ありません。 しかし東北の揺れが気になったり、遠くインドネシアの地震まで感知してしまう、そんなことってあるのでしょうか。 気のせいとか偶然と取ってもいいようなことかもしれませんが、似たような感覚のあった方いらっしゃいませんか?

  • 地震

    地震の揺れは当然、震源地から広がっていきますよね。 そこで質問なんですが、 地震の揺れは震源地から同じ距離の場所なら、 方角は違っても、同じタイミングで揺れるものなのですか? それとも、方向によって、遅い速いがありますか? 地盤の関係で変化したりしますか? 今回は伝わる揺れの大きさではなく、 速度について、どなたか教えてください。

  • 地震の伝わりやすさ、伝わりにくさ について

    お世話になります。 私は九州と、北海道とのちょうど中間位置に住んでいます。 東北地方や北海道で大地震が発生すると、震度は小さくなりますが、ちゃんと地震のゆれが私の住んでいる地域まで伝わってきます。 しかし、関西地方や九州で大地震が発生しても不思議なことに、ゆれが全く伝わってこないような気がします。 この私が鈍感なのか?、本当に私の住んでいる地域まで地震のゆれが伝わってこないのか?、が気になって仕方がありません。 どうでもいいような、アホみたいな質問ですが、お解りの方がいらっしゃいましたら教えてください。

  • 地震について。

    東北関東大震災、3月11日におきました。 私は関東で、震度5弱でした。 このことがあってから、揺れを感じた意外にも、頻繁に 地震情報サイトをみています。 とても頻繁にいつも、どこかの地域の発表が掲載されています。 一番は東北がおおいようですが、 この3月11日以前も、 このように、いつも頻繁に地震は起きていたのでしょうか? 3月11日以前は、地震をまったく意識していませんでした。 日本国内で、3月11日以前も、今回のように頻繁に地震は起きていたのでしょうか?

  • 地震の揺れ方について

    まずは本日の地震で被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。 さて、今回の地震を体験して、地震の揺れ方について疑問を持ったので、 よろしければ、ご回答願います。 【1】 まず、みなさまの地域での揺れ方はどんな感じだったでしょうか? 当方は愛知県ですが、はじめ目まいを起こしてると思ってしまうほど、ゆっくりした揺れで、 周期も1秒以上の長いものと感じました。 また、揺れている時間も、メールを打つことができるほどだったので1分ほど継続していたと思います。 【2】 ここからは、専門的な質問かと思いますが、 このような長い周期の揺れになる原因はなんでしょうか? 地震自体が長周期で揺れているのか、それとも地震波が伝わる課程でそうなったのでしょうか? というのも、地震発生時、安全なところに移動してから揺れが続いており、 冷静になって考える時間が多かったためか、 素人考えで、この揺れ方は遠いから、これ以上強くはならないと思ってました。 (半分、祈るような気持ちです) 実際、強くならなかったのですが、この考えはあっているのでしょか? 今後の避難時の心構えのため、間違った知識は訂正したいのでお伺いします。 【3】 東京都で火事やけが人がでていましたが、 震度(確か震度5)をみたとき、不謹慎かもしれませんが、こんな震度で?と思ってしまいました。 震度5って、そんなに強い揺れなのでしょうか? 【4】 地震情報をみていたときに、三陸沖で数日前から震度1,2の地震がいくつか発生していました。 今回の地震の前震?なのではと感じました。 やはり、弱い地震が連続して起きているときは警戒をすべきでしょうか? 以上、よろしくお願いします。

  • 地震の夢

    30代女性です。長野県北部の地震のとき、就寝中に強い揺れで飛び起きました。 昨夜、就寝中に、この間の地震のとき以上に揺れて、あまりの揺れの激しさに、飛び起きるどころか、起き上がることさえできませんでした。「これは強い。だめだ」と思いました。動けなくて、まるで金縛り状態でした。「東北の地震の被災者は、こんなにひどい揺れを経験したのか」と思いました。心拍数もドキドキすごく上がりました。 揺れがおさまってから、起き上がりました。同じ部屋に、家族が寝ているので、安否を確かめました。家族はみな眠っていました。普通なら、「地震だ!」とお互いに声を掛け合うのに、家族は眠っているので、おかしいな?と思いました。電気のひもを見ても、何も揺れていませんでした。 そのとき、「夢だったんだ」と分かりました。 でも、心臓はドキドキしているし、未だかつてこんなリアルな地震の夢は見たことがありません。時間帯は、以前の地震のときと同じ時間帯でした。 地震以降、地震疲れ?で、毎日昼間でもすごく眠いです。被害はなかったですが、関東の兄弟が心配で、ここ数日は毎日連絡を取り合っています。日本の半分をガツーン!と失って自分の頭もガツーン!と半分打ち砕かれたような感覚と、戦後の焼け野原の様子を現実に見ているようなショックと、ガソリン不足や放射能恐怖に追われる中、平常な暮らしに努めていて、自分でもおかしくなっているような気がします。歩いてもふらふらしています。 メンタル面が本当におかしくなっているのでしょうか?

  • 地震に関する理科の問題です

    地震について質問があります。図は同じ地点で観測した2つの大きな地震の揺れの記録です。地震A、Bとも観測地点での揺れの大きさはほとんど同じでした。このことから正しい記述は以下のどれですか? (1)地震A、Bによる観測地点での震度はほぼ同じである (2)地震A、Bの震源までの距離はほぼ同じである (3)地震A、Bのマグニチュードはほぼ同じである (4)地震A、Bの初期微動継続時間の違いはマグニチュードの違いが原因である

  • 硬い地盤と軟らかい地盤での地震の違い

    日本はほぼ都市部は堆積地に発達していて、地盤はとても軟らかいはずです。 それに対して、アメリカの地盤はかなりの部分が火成岩でとても固いようです。 もし地震が同じマグニチュード、同じ震源深さであった場合、どんな違いが日本とアメリカではあるのでしょうか。日本とアメリカというよりも地盤が軟らかい場合と硬い場合の違いはどうかということです。 もっとも、日本の場合も、たとえば関東地方はある程度固い岩盤がおわんのようにあり、そのおわんの中に軟らかい堆積層が入っているようですから、そういった地盤と、アメリカのような基本的にすべてが硬い火成岩からなる地盤での地震波の影響の違いを知りたいと思います。 自分としては、日本のように軟らかい地盤では、地震波は基本的に減衰しやすく、固い岩盤にぶつかって反射し、軟らかい地盤の中でよりひどい揺れを集中的に起こしやすい。アメリカのように固い岩盤では、質の異なる地質が隣り合うことが余りないので地震波の反射はあまりなく、しかし、減衰はしにくいので、基の地震の強さが広い範囲へ直接影響を与えることになる。 揺れの続く時間は反射がある日本のほうが長くなりがちであり、アメリカの場合は震源から放射された地震波が通り過ぎればそれで揺れ自体は収まる、と思うのですが、こういった考えでいいのでしょうか。

  • 地震計の構造について

     今日は、地震計の構造について質問致します、宜しくお願いします。  地震があると地震計も同じように揺れると思いますが、どのようにして絶対的な 揺れを計測出来るのでしょうか。  地震計自身の固有周期を地震の固有周期と大きく違えて設計しているのでしょうか。