• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

災害救援援助

ハイチの地震の被害の救援援助を多くの人で出来ないのかと思っています。日本政府に早く対応してもらいたいという要望は個人的に出せますか? また、個人的に参加可能な、公的あるいは私的な援助団体がありましたら教えてください。よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数68
  • ありがとう数17

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

日本の国際緊急援助隊の派遣は相手国政府からの要請がないと派遣できない 法律になっています。日本国民が言っても派遣されません。中国、台湾、 フランスなどの援助隊は相手の要請が無くても乗り込んで行きますが。 「国際緊急援助隊」という「隊」が存在するのではなく、自衛隊、警察、 消防、海上保安庁から集めて派遣するものです。医師や看護士なども 緊急援助隊として派遣されますが、これらは登録制だったと思います。 一般の人でも支援要員として参加できますが、平時からボランティア登録 しておく必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見を頂戴しありがとうございました。 平時から登録しておくことは参考になりました。 ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#107565
noname#107565

被災地での人的支援というのは、簡単なことではないです。 マスコミなどでは、一刻も早く派遣を!などといいますが、派遣された人の食料や宿泊などの生活にいても考えないとなりません。 被災地では、被災者がいて、その人たちの食料なども事欠いているのですから…。 ハイチの場合、テレビニュースなどでみると、日本以外の他国の救助隊も、空港で足止めになっているようです。もちろん、今そこにある危機についても援助をしたいと思う気持ちは私にもありますが、何でもかんでもスグにそこに行けばいい!と言うのは正解ではないです。 これは、国内での災害においての援助でも同じ様なことが言えます。被災地に駆けつけてお手伝いしたい!と言う気持ちはわかりますが、被災者にとってボランティアの受け入れが負担になることもあるのです。 また、物資の提供なども必要なことですが、家庭の不用品や古着の押し付けなどは「あんたが要らないもの、なんで私に押し付けるの?」となりかねません。 早く対応するのも大切ですが、有効な援助を適切に行うと言うのは難しいのです。国と国であれば、なおさらです。 たった二十人~三十人程度の医療チームの派遣であっても、その援助チームを受け入れる現地の負担を考えれば、それが精一杯であることも理解する必要があります。 (日本では海外に簡単に自衛隊の艦艇を派遣して、そこを拠点に援助活動が出来ないので、災害発生時に即応した人的派遣の規模は小さくなってしまうのです。時間がたてば、相手政府と調整して拠点を確保できるので規模は大きく出来ますが、相手政府が機能している場合に限ります。) 歯がゆい思いはあると思いますが、誰にでも出来ると言うのであれば、たとえば日本赤十字やセブンイレブンなどのコンビニで「ハイチのための募金」に募金する事からではないかとおもいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見を頂戴しありがとうございました。 個人的な募金はさせていただいております。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 国際緊急援助隊の受け入れ

    阪神淡路大震災の時もそうだったと思いますが、海外からの救援隊の受け入れが 遅いと思います。 このときは、確か、援助を断ったケースもあるとかニュースであったような 記憶があります。 一刻を争う地震などの大災害で政府の海外からの救援隊の受け入れが今回も 時期を失って遅くなってしまうのではないかと思えてなりません。 日本が要請しなければ、相手国は日本へ救援に行けないみたいですが、 日本はアメリカや一部の国を除き、救援隊を申し出ている国(50カ国以上)にもっと 積極的に迅速に受け入れるべきではないでしょうか? 遅いと思うのは自分だけなのかもしれませんが、政府は見栄とか、 単に危機管理ができない無能なのか。 被害状況が把握出来ていないとかで。 海外の援助隊を受け入れるのは、そんなに難しいことなのでしょうか?

  • ハイチへの救援隊の派遣は、何故こんなに遅くなったのですか?

    ハイチへの救援隊の派遣は、何故こんなに遅くなったのですか? 今海外にいて、日本のニュースなどをほとんど見ていないため、よく状況がわからないのですが、こちらで連日トップニュースでハイチの大地震の報道を見ていて、各国の救援隊が続々と到着していました。 ニュースで日本の名前は上がっていないだけで、既に派遣しているのだと思っていました。 でも先ほどインターネットでニュースを見ていたら14日(?)15日(?)にようやく派遣が発表されたようだったので驚きました。 今まで色んな国で大地震があった時には、やはり地震大国の日本の知識や技術を活かし、率先して救助活動に向かっていたイメージがあったのですが。日本人なら一般人でも72時間で生存率がグッと下がるというのは、過去の地震で度々報道されていることなので広く知られていますよね?でもこの時間内に日本の救援隊は間に合いませんよね? もしかして私が日本の情報が不足しているため、認識が誤っているところがあるかもしれませんが、あったら教えてください。 今回は何かあったのですか?何か理由があるのでしょうか?これが普通ですか?

  • 救援物資の毛布はどこから拠出?

    またインドネシアで地震がおき、津波で 多数の被災者が出ました。 日本政府は救援物資として毛布を 送ったそうですがこれは 備蓄していた新品を送っているのですか? 政府管理の倉庫に保管しておいてるものでしょうか? もしろん日本の災害時にも支給されますが。 別に送るのが悪いというのでは毛頭なくて 知識として知っておきたいのです。 民間、NPOでも支援の参考にしたいです。 ご存知の方いましたら教えてください。

  • 救援物資の配達にオスプレイを使った理由は?

    熊本の大震災の救援物資搬入に際して、日本政府は在留米軍に依頼して、オスプレイを使って救援物資の搬入をしてもらっと報道でしりました。 日本政府は、大震災直後から熊本空港を24時間運用に切り替え、緊急物資は自衛隊のC-1やC-130Hで、全国から熊本空港までは搬入可能でありました。 そして、熊本空港から避難所までのLast One Mileは、実際にはすべて100km以内であり、CH47Jのピストン輸送で充分可能ですし、地震発生後、2日目以降ならひゅうが型護衛艦やいずも型護衛艦を被災地沿岸にデプロイし、そこからヘリのピストン輸送が可能なわけです。 日本政府、および航空自衛隊は、自らが持つ装備を最大限活用する以前に、米軍のオスプレイによる支援を要請した理由は何でしょうか? 航空自衛隊隊の災害救援能力や、日本政府の在日米軍への依存度など内部事情に詳しい方より、理由を解説いただければ有り難いです。

  • 被災地への資金援助

    阪神淡路大震災や新潟県中越沖地震では 日本政府は被災者にたいして金銭的援助は行ったのでしょうか? 行ったのならそれはいくらだったのでしょうか? 検索しても見つけられなかったので、教えていただきたいと思います。 よろしくお願いします。 PS. スマトラ島沖地震では31億円の資金援助を行ったという情報を見つけたのですが、それは自衛隊や医療チームのほかに、31億円、ってことですよね?

  • 中国へのODA援助はまだ続いているのですか?

    中国へのODA援助は、今でも、まだ続いているのですか? 続いているとしたら、GDPも世界第二位になり、軍事力も拡大し、尖閣諸島その他でわが国に対し強硬な無理難題を吹っかけ、アフリカ諸国などへ援助している中国に、なぜ、いつまでも日本政府は援助を続けるのでしょうか?  ODA援助を続ける理由は何ですか? それと、なぜ、援助を打ち切れないのでしょうか? 日本政府の不甲斐なさにあきれます。 法令、条約等に基づく、明確な解説を戴けるとありがたいです。

  • なぜ援助を

    最近の報道によれば、また北方領土4島に対して経済援助を再開するようです。日本政府はいったいどういう目的があって援助をするのか、単なる人道上の目的なのか、または遠い将来の返還を期待しているのか、または経済的、政治的に国益を考えてやることなのかよくわかりません。この面で詳しい方よろしく御回答ください。

  • 政府の再生可能エネルギー開発への援助

    実際、日本政府は、国内の再生可能エネルギーにたいしてどんな、またどれくらいの援助をしているのですか? いろいろと法律が作られたりはしているみたいですが・・・ ご意見等も頂けたら、有難いです。

  • 悠長に救援している場合ではない。

    今回の大地震による甚大な被害については、お悔やみとお見舞いの意を表したいと思います。 この緊急時、自衛隊は何をやっているのでしょうか? 人出が足りないのであれば、米軍やロシア軍、人民解放軍(中国)に応援を頼むべきではないでしょうか?こうしている間にも、どこかで助けを待っている人がいるはずです。 特に港湾や離島においては、津波被害が相当懸念されます。被害を拡大させない為にも、場合によっては急激な交通量を抑制し、海上・空港等を封鎖したりなどして、ロシア軍には北海道・東北方面、人民解放軍には九州・沖縄方面、米軍には本州方面に進軍・駐留し援助してもらえるよう、各国に頭を下げてもっと積極的に働きかけをすべきではないのでしょうか? 政府は何をやっているのでしょうか?

  • 被災地の救援

    東北地方太平洋沖地震で被災された皆様、そのご家族やご友人の皆様、大変辛い日々が続いていることを思うと胸が痛みます。一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。 質問は今回の地震の救援についてです。 私は秋田県に住んでおります。 秋田は停電や断水などありましたが被害も少なく、地震から一週間で少しずつ普通の生活を取り戻しつつあります。 私は1月末から体調を崩し、仕事を辞めたので治療や入院、通院のため現在無職です。 今回の地震で何か出来ることはないかと、少額ですが募金をしましたが献血はダメでした。 金銭的に余裕はないものの、時間は有り余っているので被災地に入って救援活動をしたいと思うのですが20代半ばの女性が被災地に入っても出来ることは少ないでしょうか? かえって皆さんの迷惑になったり足を引っ張ってしまうでしょうか? ニュースを見て本当に心苦しく、被災者の方々の力になりたいです。 節電など極力心掛けていますが、ずっと家にいて何もしないのは辛いです。 どなたか救援について詳しく教えていただけませんでしょうか。 パソコンがないため携帯で調べてみたのですが募金の情報が多くて… 多額の募金が出来る程金銭的に余裕はありませんが、時間はある。体も徐々に回復に向かっているので、無理もできます。 そんな私に出来ることってなんでしょうか? 一般の人が被災地に救援に向かうにはどこに問い合わせたらいいのでしょうか? 無知でなにもわからないのですが、情報ください。 よろしくお願いいたします。