• 締切済み
  • 困ってます

隣地境界確定と、はみ出した汚水升

借地に建っていた隣家が引っ越しをし、その土地を購入予定です。地主が家を解体し現在は更地です。古い土地なので、40年ほど前の測量図はありますが境界確認ができていません。また、その測量事務所ももうありません。間に立っている不動産屋はお金がかかるから現状での購入を勧めますが、筆界確認をしないと不安です。確認をしなくて後からトラブルが起こらないものでしょうか?土地解体後に見ると、隣家がその隣の家と共同で使っていたらしい1メートル四方ほどの「汚水升」が出て来ました。その汚水升が、半分(1メートル×50センチほど)購入予定の土地にはみ出しています。地主にお願いして、移設をして欲しいのですが(費用は私も半分出しても良いのですが)、これも不動産屋は「古くから使っている物だから、その家に断られたらもう仕方がない」と言います。購入後は芝生を張り、塀を建てようと考えますが、その庭や塀の下に他家の汚水升が侵害するのを諦めねばならないのでしょうか?また、将来家を建てる時、基礎工事に引っかかりそうな気もします。どうすればいいでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数239
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1

>どうすればいいでしょうか?  あなたの要望が通らなければその土地の購入はやめるべきです。  どうしても欲しいのであればあれこれ言うのはやめ、諦めてそのまま 購入してください。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 土地測量 隣地境界 隣家より印鑑証明を貰えず

    私の実家を数年前に土地調査測量をして貰い、1軒を除いて印鑑証明を貰いました。1軒だけ認め印でした。 その認め印しかくれなかった隣家が測量をし、測量士が筆界確認書とその隣家の印鑑証明を持ってきました。測量士の方にも其の隣家より認印しか貰っていない事を伝えましたが、返事はなく上記書類を置いて帰られました。 どうすればよいのでしょうか。40年近く前にその隣家を建てられた時も、無断で私宅の板塀を破壊し、庭に足場を組み、その後塀や荒らされた庭木の弁償も何もありませんでした。今回はしっかりと対応したいと思います。必要な手続きをご教示ください。

  • 境界線について

    この度古家付きの土地を購入することとなりました。境界線の状況としては下記の通りです。 ・かなり古い測量図のみ(表示は間) ・境界線を指す指標は前面にはなし(不動産業者の話では後面に1か所存在。現状での確認は不可) ・隣地の地主はブロック塀の端が境界線と認めている(これも不動産者から口頭の説明) ・古家は隣地ブロック塀のぎりぎりまで建っております(建物が建っていれば境界に問題はないと不動産業者が説明) ・古家は契約後解体 ・新たに測量するのがベストですが測量費の予算がなし 以上の内容で土地購入後、隣地地主と境界についてトラブルはおこらないでしょうか?もしくは境界確認書のようなものを売主と隣地地主にて確約してもらうのが良いのでしょうか?どなたか知恵をお貸しください。

  • 境界確定するための費用は?

    家を新築中なのですが、 あることをきっかけに、西側隣家との間の境界が当家も西側隣家も根拠がわからないことが判明しました。土地家屋調査士に正式に頼もうとすると大体、どのくらいの費用、期間、手間がかかるのでしょうか?大凡で結構ですからご教示下さい。以下、状況を列挙します。 ・場所はある政令指定都市の住宅街です。 ・当家は南側に道路(市道)を接しており、東側隣家は角地です。 ・不動産は、公簿売買で購入しました。 ・複数の不動産屋に聞いてみましたが、街中の住宅地では公簿売買が普通とのことでした。 ・購入した際、不動産屋からは、西側隣家との境界は塀の中心線と口頭でいわれました。 ・ところが、西側隣家は、塀は隣家の所有で境界線は、当家からみると塀の内側のラインになるといわれました。 ・根拠を尋ねると、ハウスメーカーの図面がそうなっているとのことでしたが、公的な書類としては何も持っていないので正直わからないと答えられました。 ・東側隣家は、塀の中心線が境界と不動産屋からいわれ、東側隣家も過去、塀の費用を折半したことからそのように認識しているそうです。 北側は、がけになっており(当家側が高い)、境界は擁壁の根元だと不動産屋からいわれました。 ・しかしながら、いずれも境界杭等の標識は存在せず、口頭での言い伝えのみです。 ・認識が食い違っているのが、西側隣家との境界だけです。 ・複数の不動産屋からは、(もし隣家との境界の認識が食い違う場合)実害、および所有欲さえなければ、先住の隣家の言い分を聞いておき、先で自分が売る際もそのようにすればいといわれました。 ・土地家屋調査士に頼むと費用、期間、手間が大変だといわれましたが、具体的なことはあいまいな返事でしたのでよくわからないままでした。 以上です。

  • 土地の境界線問題で悩んでます。

    土地の境界線問題で悩んでます。 以前隣人が当方が思う境界線より外側に塀を作ったため揉めていたのですが、 隣人が3年ほど前に引っ越し、 最近になり土地の売却に伴い測量するので境界線の確定を申し出てきました。 どうなっているのか確認のため地積測量図で調べてみたら登記されておらず、 実地でも特に印はありません。 ただ公図を測ってみると塀の造られている部分はどうも筆界を越えておりましたが、 塀は造られて20年以上経っているため、 おそらく時効取得になると思っております。 現状では隣人は立ち会いは民民での境界線確認を求めてきており、 当方としては後でまた揉めると困るので、 官民での境界線確認をお願いしようと思っておるところです。 ここで質問なのですが、 ・隣人宅は二方が密接した家屋に囲まれており、そういった場合でも土地家屋調査士は筆界と一致する調査は可能なのでしょうか? ・官民の場合の依頼の場合は土地家屋調査士に測量する費用を当方が負担しなければならないのでしょうか? (ちなみに当方は自分の土地を測量する気はないです) ・もしその塀の部分が時効取得されていた場合は先方に登記のやり直しを依頼できるのでしょうか? ちなみに隣人は税理士なので法知識には長けていそうで大変困っております…。 以上三点ですが、足りないところがあれば後で加えます。 宜しくお願い致します。 ・ 私としては第三者

  • 土地の境界線より50cm隣地を購入する場合について

    はじめまして。 相談させてください。 今回土地を購入したのですが、西側と北の建物が50cm境界線より下がって塀をつくられています。 (1)家を建てるにあたって北側は基礎をつくり50cm土盛りをしなければならないので、お隣の塀から我が家の塀の間に50cmの隙間ができます。 (2)西側も50cm下がって塀をつくり家を建てられています。高低差があり西側は1m高いです。 昨日西側の家の方と話す機会があり、昔測量した際に境界線ぎりぎりに塀をたてたつもりだったが、昨年我が家が購入した土地を売る際に測量し直した際に、実際は50cm塀より土地があった、ということでした。 そして、西側の家の方の南西にあたるところに別の方が土地を購入され、土地ぎりぎりに塀をつくられたため西側の家の塀から50cmあけて、塀をつくられており、その隙間の50cmが影になっており活用されることなく、持ち主の西側の家の方は南西の方とその境界線についてトラブルがあって嫌な思いをした、といわれていました。 西側の家の方は、「こんな余分な土地はいらないんだけどね」と話されていました。 当方としては話をしていただけだったんですが、なぜか西側宅の塀から50cm余っている土地を購入しないかという話がでてきました。 当方は子供が2人おり(2歳、10か月)、外で遊ぶ際に隣の敷地に入らないよう、また、境界線は代が変わっても見た目でもしっかりわかるようにブロックなどで仕切りたいため、悪い話ではないのですが、はじめは50cmあいているため、土地の西側は境界線ぎりぎりに植栽をしてすませようかとの提案が不動産の方からありました。 今回悩んでいるのは上記(1)、(2)の条件から、境界線より50cm相手側の土地を購入した方がよいのか、今現在の境界線部分に植栽などでブロック代わりにして済ませるか、についてです。 また登記上の手続きにかかる費用、第3者がみてもわかるような手続き(売りに出した場合や代変わりした場合)など、どのようにしたよいのか教えてください。 乱文で読みづらいかと思いますが、アドバイスよろしくお願い致します。

  • 土地の境界線問題について

    実は、両親の家屋の件でご相談です。 約20年前に自宅を増築しているのですが、最近、隣地の地主さんが、その隣地(空地)に家を建てるとの事で、測量を実施したところ増築した際の塀が隣地にはみ出しているとの事をいわれています。当然、当時塀を設置時には隣地の地主さん・設計士立会いの元、設置しているのですが・・(書面では残ってないが、当時を知っている人は証人として間違いないと言っている) 隣地の言い分は登記簿を確認の上、申し立てをしているとの事です。 この場合、はみ出している土地の購入もしくは賃貸契約をしなければならないのでしょうか?

  • 隣地境界線と通路のない奥の家

    公道に面する我が家と隣家、その隣家の奥には当家との通路を利用して公道に出入りするもう1軒の家があります。先代が不動産屋に騙されて購入した土地に家を建てて現在2代目が住んでいるのですが、その通路の登記は当家と隣家なので税金も2軒で払っています。奥の家は実際公道に出る通路がない家なのですが、先代の存命中は通路として使っていただいていいという話し合いをしましたが、その先代の他界後、現在の2代目も以前のように通路を使っていて税金の負担もしていません。実は隣家と当方が折り合いが悪いので境界線に塀を建てたいと思うのですが、奥の家の問題があり悩みます。何か良い方法はないものでしょうか?

  • 土地の境界線

    平成16年に建物つきで土地を購入したのですが、元の地主が測量し、私どもの建物が地主の土地に出ていることで土地家屋調査士の立会いで境界線を確認し、そのとき境界線から出ている説明を受け、借りていることで確認書に印鑑を押しましたが出ている部分を壊して境界線から内側に戻さないといけないのですか? 元の地主から平成1年にMさんが買って平成16年に私どもが購入しました。もともと出ている状態で購入しました。どのような条件になっているのか今ではMさんと地主は現在は亡くなっていません。 知合いに相談したところ20年間、請求などが無かった場合は権利が建物を持っているほうが有利と聞きましたが不動産ごとは素人なのでどのようにしたらいいのか分かりません。詳しい方教えてください。よろしくお願いします。

  • 隣地境界の塀について

    質問お願いいたします。 この度、土地を購入して新築工事中です。 棟上もおわり、順調に進んでいます。 この段階で、実際に中から見てみると、隣家とからの視線がとても気になりました。 状況としては当方の南東に元々家が建っています。 こちらの土地の方が約80cmほど低くなっています。 隣家は境界から1m前後に家が建っています。 当方に向かう面(隣家にしてもれば家の北西の面)に一階、二階の窓があります。 その窓に対面する形で当方のダイニング(大き目のガラス窓)があります。 この窓から隣地までは当方の庭を挟んで6.5mくらいあります。 隣家の2階の窓からは、覗こうとすればこちらの庭、ダイニングが丸見えです。 隣家の1階の窓からは、覗こうとしなくても、お互いが丸見えの状態です。 上記のような状況で、隣地境界に目隠しための塀を考えています。 こちらが後から立てたのですから、当方の敷地内に、こちらの費用でと考えております。 そこで質問なのですが、この場合塀の高さはどのくらいまで許容されるのでしょうか? ブロック+フェンスでこちらの敷地から2.2m、もしくは、コンクリートで1.95mを考えています。 しかし、隣地の方が高いため、それでも覗けてしまう状況です。 隣家は窓の半分くらいの高さまで、竹垣はしているのですが、、、。。 ある程度目隠しの役割を果たすためにはもう少し高くしないとダメな感じです。 そうすると、その窓が完全に隠れてしまう高さが必要となってきます。 隣家にすれば北西側の窓なので、日照の問題はないとはおもうのですが、窓を完全に覆うような塀もしくはフェンスをつくるのは、法律上問題があるのでしょうか? まだお隣とは相談していないのですが、一般できな見解をまずは知りたいと思い質問させて頂きました。 長文となってしまいましたが、よろしくお願いします。

  • 隣地との境界線

    今回、隣地の地主から土地の測量の申し入れがあり土地家屋調査士が測量に来ています。 登記簿に記載されている土地の面積より、実際の土地の面積のほうが大きいのです。 土地の2方向は道路で境界杭(コンクリート製)があります。 しかし公図と当方が購入した土地と形が違っています。 購入した当時は昭和20年台で図面などはなく、地番と面積(実測より小さい登記されている面積)だけが記された契約書だけ残っております。 公図では隣地境界線が2点を結ぶ直線になっていますが、昭和20年台に土地の造成をする際に作成した図面ではもう1点ポイントがあり公図より大きい土地になっております。 そのポイントには杭などはありません。(上記の造成図面でしか証明できません) 土地家屋調査士は「公図が直線なのでそのとおりにする」と言っておりますが、納得いきません。 今のところ穏便にしておりますが、登記面積より実測した面積のほうが大きいことが弱みになりそうで、どうしたら良いのかわかりません。 土地地積更正登記はしなくてはいけないのでしょうか? 隣地境界をどのように主張すれば良いのでしょうか? 皆様の意見をお聞かせ下さい。