• 締切済み
  • 暇なときにでも

地球環境を守る?

 以前から気になっていたのですが、守るべきは地球の環境ではなく、人類が生存できる環境だと思います。現在の環境は地球が誕生した時からあったわけではなく、幾多の環境の変化の中でたまたまこの1万年ほどが、人類の生存に適しているだけだろう、だから人類もここまでなんとか発展してきたんだろうと思います。これが絶対的な地球の環境なんだというものはありません。人類がいようがいまいが地球の環境は絶えず変化しています。だから、守るべきは地球の環境ではなく、人類の生存できる環境であると思うのですが、なぜ、マスコミは地球を守ろうと言うのでしょうか。人類が生存できる環境を守ろうと言ったほうが、真剣になる様な気もしますが。もっとも地球上で暮らす以上、気候の変動は甘んじて受け入れるしかないとも思いますが、もともとそういう星なのだろうから。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数331
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.6

こんばんは。 マスコミの発信する内容を正しいと言うつもりはありませんが、生かされている事実を認識できないと貴方の様な発想も生まれてくるのでしょうね。 プロセスの中ではその考えも良いのでしょうが、本質を見ようとするならば今は時すでに遅しの感は否めません・・・。 現状の地球環境が全てを物語っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 地球環境と生物

    地球環境と生物について質問させてください. Q1.地球環境における森林・海洋の役割について Q2.地球環境を維持しつつ、人類が発展するための技術について

  • 地球に生存可能な期間は ?

    資源の枯渇や温暖化、地球環境の変化など予測は難しいと思いますが人類が生存可能な期間はどのくらいだと思われますか ? 最低でも1万年以上生存可能でしょうか ?

  • 地球→火星

    ・現在、火星には微小の水と空気があるそうですが、火星に人類が生存出来るまたは新たな生物が誕生するのは約何年後(何百千年後)になりますでしょうか? ・ビートたけし等の話によると、「段々と月が地球から遠阪っているため、やがて離れてしまうと、地球は冷え切って氷河期となり、人類は愚か何も生存出来なくなってしまう時が来るそうだ。」と言うのを聞いた事があります。友人からのまた聞きになりますが。 ・ではここで、やがてこの地球と言う惑星が終末を迎えた後には、お次は火星が、まるで地球の生まれ変わりのような星に変わって、そこで同じように新たな人類が誕生したりと言うところでしょうか? 地球が火星という惑星へと特化と言う感じでしょうか? ・ですが火星は地球よりも太陽から遠い分、寒くなってますよね? 標準温度は低くなる分、温暖化の心配は減りますでしょうが、海はどのような感じに出来るでしょうか? またそこではどのような発明がなされるのか。地球とはまた別の形の科学でって有り得ます? オマケの質問 海王星、冥王星は、太陽系の中では最も太陽から離れてますが、後者とかは、「全てが凍りついた死の星」に当たりますか? 温度はどれぐらいだったでしょうか? 私達そのものには縁が無い話になりますが、詳しい方はどうか教えて下さい。

  • 回答No.5
noname#104043
noname#104043

ある意味正論とは思います。 しかし人類の利便性を優先すると犠牲になる動植物が出てきます。 絶滅危惧種といわれる種の中には環境変化に対応出来ない為に絶滅しようとしている物もいます。 では、例として絶滅危惧種であるイリオモテヤマネコが、絶滅しても人類にはあま影響がありません。 人によっては、ネコより生活の中での冷暖房を優先したいと思う人もいるでしょう。 しかしCCD(蜂群崩壊症候群)問題の一因は、地球環境変化ではないかといわれています。 アインシュタインが言ったとされる言葉に If the bee disappears from the surface of the earth, man would have no more than four years to live. No more bees, no more pollination, no more plants, no more man. があります。 もしこの言葉が正しければ、人類は滅んでしまします。 つまり、人類を優先し環境の一部を犠牲にすることで思わぬ部分からの影響で最終的に人類が滅びてしまう事も考えられます。 今のマスコミ報道は、根拠もなく偏りすぎいると思いますが、かと云って極端な人類優先も正しくはない気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • ytrewq
  • ベストアンサー率28% (103/357)

対策が不可能ならば、おっしゃるように甘んじて受け入れるしかありません。しかし、原因が人為的なものなので、対策が可能であることがあると考えられる問題が存在します。 たとえば、温暖化問題は気候変動を対象としていますが、化石燃料の消費による二酸化炭素の影響の可能性があるので、二酸化炭素排出を削減すれば、対策できるかもしれないと考えられています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • hokyu
  • ベストアンサー率24% (257/1030)

>なぜ、マスコミは地球を守ろうと言うのでしょうか。 そのほうが耳ざわりが良いからでしょう。 「人類の 人類による 人類の為の 環境操作」なんて言った日にゃあエゴイスティック過ぎるイメージに反感を覚えるヒトタチも少なくないだろうと思われ。ま、人類が末永く生き延びようと思ったらそうするしか無いんだけどね。あるいは自らを環境に合わせて変えるとか。 「テラフォーミング」も言ってしまえば「惑星規模の環境大破壊」あるいは「地球型生命による他惑星侵略」でしか無いしね。 >人類が生存できる環境を守ろうと言ったほうが、真剣になる様な気もしますが。 何をどう言ったところで、既に手にしている利便性を手放せるほど人間は賢く無いと思いますよ。 >もっとも地球上で暮らす以上、気候の変動は甘んじて受け入れるしかないとも思いますが、もともとそういう星なのだろうから。 もともとがどうあれ、自分に都合の悪いことは受け入れたくないのが人間です。 足掻いて、足掻いて、足掻いた挙句に滅ぶ。これは避けられない未来でしょう。…場合によっちゃあ足掻く暇も無く滅ぶこともあるかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#143204
noname#143204

>守るべきは地球の環境ではなく、人類の生存できる環境であると思うのですが、なぜ、マスコミは地球を守ろうと言うのでしょうか。 核戦争でも起こさない限り、人間が全く生存できないというほどの環境変動はなかなか起こせるものではないと思います。たとえば温暖化とは言えいきなり10度も変化するわけではありませんし。 とはいえ、気温が自然上昇を超えて上昇すれば、世界的に大きく影響を与えます。それは生存云々という問題だけでなく、食料の供給など、経済的にも大きな影響を与えます。 要するに、温暖化などが進んでも即人類が滅亡するような問題が発生するわけではないけれども、全世界的にとても困ったことになるので環境の変化に人がかかわる要因を少しでも少なくしましょう、「環境を守りましょう」ということになるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • nemosan
  • ベストアンサー率22% (582/2598)

>気候の変動は甘んじて受け入れる これを突き詰めれば、他国への侵攻・侵略の理由になっちゃうと思う。 なので「地球の環境」でなく「地球規模で環境」を守ろうとしてるのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 環境問題を訴える言葉として「地球に優しく」という言葉の使用は適切ではないのではないでしょうか?

    私はこの地球上に温暖化をはじめとする環境問題など一切存在しないと考えている者なので、最近の猫も杓子も「エコ」「エコ」と言っている状況には正直うんざりしています。 それも変わり者が私的にのたまわっている分にはいいのですが、近時では政府いや国際会議などの場でも議論されるようになり、二酸化炭素の排出権が取引されるようになったり将来的には環境税の導入なども真実味を帯びてきており、私には全く理解不能かつ不愉快な事態です。 そこで教えて頂きたいのですが、 (1)本当に温暖化などという現象は起きているのですか?起きているとするのならばその根拠は何ですか? 地球46億年の歴史の中では今よりも二酸化炭素の量が多く、地球全体が熱帯雨林気候のような時代もあり(恐竜が栄えていた時代にはCO2の量は現在の6~7倍あり、気温もずっと高かった。そうでなければあれほど巨大な生物が生きていけるだけの植物が賄えない)、また逆に全世界が氷に覆われた氷河期の時代もあり、地球の気候は1億年とかもっと長いスパンで変動しており、人類の活動の影響で気温が上がったと言うのには正確なデータが地球の歴史から考えるとあまりにも短く説得力に欠ける(地球の誕生から今日までを1年とすると人類の生産活動が本格化した産業革命から今日まではたったの2秒に過ぎない。そんな一瞬のデータだけで地球の長い歴史の気候変動を無視し、人類の活動の影響で温暖化が進んでいるとするのには無理があるのではないか)。 (2)また、仮に温暖化が進んでいるとしても温暖化して我々人類にとって何か不利益があるのですか?あるいは地球が滅亡するというような事態が起こるのですか? 温暖化で全地球の平均気温が3~5℃上がり北極や南極の氷が融け、海水面が上昇し南太平洋のツバルとかいう国やイタリアのベニス等が沈んだとしても大したことではないのではないか。また、気温の上昇により世界各地の水が蒸発し砂漠化が進行することにより地球上の人類全体を養っていくだけの食糧が取れなくなると言う話もあるが、そんなことは先進国で経済力がある我が国にはあまり関係のないことなのでないか。 それに先程も述べたとおり仮に温暖化が進んで気温が現在より3~5℃上がったとしても地球の長い歴史ではもっと過酷な環境であった時代もあり、温暖化により地球が滅亡するということは考えにくいのではないか。 (3)温暖化が進むと我々人類にとって何か不利益があるとしてもそれは我々人類が生活を営んでいく上で環境が悪化し住みにくくなるというだけで、地球は別に何も困らない訳であり、環境問題を語る上で「地球に優しく」と言う言葉の使用は適切ではないのではないか。「エコ」ではなくむしろ人間の「エゴ」なのではないか。 本当に地球を守りたいということであれば、人類がこの地球上から居なくなることが一番の環境保護につながるのではないか。地球も人間以外の生物にとってもそれが最も喜ぶことなのではないか。 本当に地球を守りたいと声高に叫んでいる連中はそのことを理解した上で、環境保護を訴えているのか?自分の命を投げ出す覚悟があって環境問題を語っているのか、私はおおいに疑問を感じます。 以上の通り私には現在の環境問題を巡る議論の意味が全く理解できません。大変愚か者で申し訳ありませんが、どなたかこのような愚か者の私にも分かるようにこの問題についてご教授頂けますでしょうか。

  • 環境についての真実・ソイインク・とうもろこしの燃料・地球温暖化

    環境についての真実ってなんでしょうか? ・ソイインクが環境に優しいということで使われているようですが、そもそも世界が食糧危機に瀕している中で、ソイインクが環境に優しいものなのでしょうか? ・とうもろこしの燃料についても同じです。食料を燃料に使うということは食べられない人が存在しても環境に優しいということなのでしょうか? ・地球温暖化は太陽熱や太陽の変化ではなく、本当に人間のせいなのでしょうか?  地球が温暖な気候になったのはつい1万年くらい前からだと聞いています。  それ以前の人間が地球に及ぼすことができなかったころも、氷河期と温暖化を繰り返していたと思うのですが、  地球温暖化は本当に人間のせいなのですか?  地球温暖化という言葉に踊らされ、エコ商売に流されている現代だと思ったので質問しました。

  • 地球外生命体の発見に至らないのは…

    人類はいまだかつて地球外生命体に遭遇していません 宇宙に向けて飛ばしている電波にも返信は無し… 太陽系の向こうに飛ばした人工衛星も未だ宇宙人に回収されず飛んで居ます… どこかの星に生命が誕生し文明を持つまでには長い年月が掛かります そしてそれは地球と同じタイミングで起きているとは限りませんよね? つまり 地球に文明が誕生する前にどこかの超高度文明が滅びてしまってる可能性もあるという事です。 火星は当初は地球と似た環境だったそうです もしかすると地球に生命が誕生した頃 既に火星に文明が栄えていたかもしれないですよね? で 人類が文明を持つ前に滅びてしまった… そう つまり地球人が地球外生命体に会えないのは 文明のタイミングが合わないからだと思うのですが どうでしょうか?

  • 地球温暖化がいけない理由

    地球温暖化が叫ばれて久しいですが、そもそもなんで地球温暖化はいけないことなのですか? 地球温暖化が進めば、気温上昇,海水温上昇,海水面の上昇,異常気象,気候変化,生態系の変化・・・など様々な影響があるのは分かります。ですが、だからといって、その何が悪いのでしょうか。 生物は環境の変化に適応してきた種が生き残ってきているのであり、人類が絶滅の危機に瀕する程度ならば、地球温暖化は阻止すべきでしょうが、地球の平均気温が少し上がったぐらいで人類が絶滅するとは思えません。 もちろん、一部の地域では住みにくくなると思いますが、そんなのは移住すれば済む話です。 もし、人類が滅亡する程度のことなら、その防止に取り組むのはわかるのですが。 地球温暖化が進めば、絶滅する種もでてくるでしょう。他の種を保護するのは自由ですが、そんなのはそういうのが好きな人が勝手にやってもらえばいいわけで、国家レベルで地球温暖化防止に向けて取り組むのはおかしいと思います。 人間だけが栄えれば良いというわけじゃないという人もいるかもしれませんが、ほかの動物は他の種のことを考えて生きていないと思いますし。 私は、地球温暖化防止に取り組むなといっているのではありません。これほどまでに国家レベルで二酸化炭素の増加の抑止を叫ぶ必要はないと思うのです。 欧米では、日本ほど地球温暖化に対して考えてないというのも(特にクライメートゲート事件がおこってからは)聞いたことがあります。 なんで、地球温暖化がいけないのでしょうか。

  • エコロジーは何のため?

    エコロジーは何のために行うのでしょうか? 人間の活動によって、 地球の環境が変化し、多くの生物の生存が脅かされています。 地球を、環境を守るためと言われれば 確かにエコロジーは当然なことのように感じます。 しかし、地球が誕生してから多くの生物が誕生し、 環境に合わせて進化しています。絶滅した種も多いでしょう。 現在環境問題と言われている事柄によって地球の環境が変化しても、 また新しい種が生まれ、進化し、適応していくのでしょう。 人類が絶滅した後も、地球は変化し続けるでしょう。 そう考えると、地球環境を守る必要性に疑問を持ってしまいます。 現在地球上にいる種を長く生き残らせるため、 という考え方が妥当なのでしょうか。 一般的な意見、もしくは専門的な意見等あれば ご回答よろしくお願いします。

  • 地球が温暖化しているのはCO2が増えたせい?

    今まで、地球が温暖化しているのは、マスコミ等の報道でCO2が増えたせいとばかり思っていましたが、その考えは間違いで、単に地球の温度変化周期変動のトレンドで、現在は温暖化に向かっているだけだという考えもあると聞きました。どちらが科学的に本当なんでしょうか。詳しい方教えてください。

  • 過去の環境変動について

    過去の地球の気候・環境変動を推定する方法なにかしりませんか?? それの特徴とかあったらうれしいです☆

  • 地球が超巨大惑星だったら人類の歴史はどうなった

    漠然とした質問ですが、仮に地球が超巨大惑星だったら人類の歴史はどうなっていたと思いますか。 そこは、一応生存には問題ない環境であるとします(天文学的に荒唐無稽だと言われるかもしれませんが)。

  • 天体を観測すると超新星爆発した星やこれらの塵が集まってこれから新たな星

    天体を観測すると超新星爆発した星やこれらの塵が集まってこれから新たな星が誕生しようとする等様々は星があります。これらの出来事は億年単位で起こっているらしいです。そうだとすれば生命の誕生、滅亡も億年単位の可能性が十分にあると思います。地球人の進化の時間は宇宙の時間で見ればほんの一瞬のように思えます。他の星の生命体の生存期間がどの程度かは知るすべはないですが、星の誕生、滅亡が億年単位で起きていることを思えば、地球人と異星人の生存期間が重なることのほうが稀ではないでしょうか。現在行われている宇宙探査も人類が生存している間に異星人が見つかる可能性は宝くじで3億円当せんよりもはるかに低いのではないでしょうか。

  • 未来における、世界人口のピーク

    現在から、遥か未来地球の環境が変化し人類が地球に生存できなくなるまで、世界の人口のピークはどれくらいになると推定・推測できますか?