• ベストアンサー

金持ちけんかせずと言う言い方(いやらしい…)

金持ち喧嘩せず、という言い方、非常に嫌いなんです。 金持ちだろうと貧乏人だろうと、喧嘩したい(本当はいけないけど)時は、どういう相手とでも喧嘩すればいいんであって、金持ちだのそうでないだの関係ないはずなんです。この言い方は、打算的で損得勘定だけで動くのが人間として当たり前なんだ、というような、純粋さとか素直さとかとかけ離れたことを言っているし、また、少なからず(というか一般的にはということになっていますが)そのような現実があるわけです。 で、それは、日本で特に多いのかなという気もします。 以前、フランス大統領サルコジが選出された当時に、デモ隊か何かの反政府的アジテーションを行っているやからに対して、大統領自ら「この無職野郎(とかなんとか)!ちゃんと働け!」とか罵声を浴びせていたのがテレビ画面で流れていたのですが、大変印象に残っています。これなど、「金持ち喧嘩せず」の反例としてみごとですし、こういう心意気と言うのは、人間の階層を越えて健康的なことだと思うんですよ。 大変まとまりのない質問になりましたけども、こういう「金持ち喧嘩せず」みたいな打算的な思考法が一般的な風潮って言うのはどうなんでしょうか?あまりに、人間のエネルギーと言うか粋な所が枯渇しているんじゃないでしょうか?

noname#105097
noname#105097

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • eroero1919
  • ベストアンサー率27% (3007/11114)
回答No.8

自動車保険の事故対応の仕事をしたことがありますが、「金持ちケンカせず」というのは本当です。 相手の車がベンツとかBMWなどの外車の場合、値段の高い車に傷をつけられたのだからさぞ所有者は激怒しているかと思いきや、大抵「まあ元に直ればいいですよ」といわれます。相手がヤクザのような場合は話は別ですがそうでもなければ外車オーナーにゴネられた経験というのがほとんど思い出せないくらいです。 同じようにバイクでもハーレーやドゥカティなどのオーナーもほとんど怒りませんね。お互いに過失があるような場合、「自分に過失はない(つまりお金は払わない)」と主張する人も外車オーナーでは稀です。たいてい「保険屋さん同士で話をして。その通りにするから」といわれます。 一方、無理難題をふっかけてゴネるのはやっぱり残念ながら貧乏人が多いですね。愛車に傷をつけられた精神的損害を補償しろ(つまりは金よこせってことですが)と主張する人に軽自動車のオーナーは意外に多いです。私が知る範囲では、3年落ちのローレルで事故に遭い、新車を持って来いとゴネて暴力沙汰を起こした人がいましたよ。 質問者さんも千円を失った程度であればあまりカリカリしませんよね。しかし、一日の稼ぎが200円みたいな国のそういう労働者から見れば千円を失うのは何万円も失うようなショックです。一方、金持ちからすれば百万円も庶民の一万円みたいな感覚になります。そういう「余裕」なんですよね。 またあくまで個人的な印象ですが、おそらく低所得者層と思われるデモ隊に対し大統領ともある人物が口汚い言葉で応じるのは私はみっともないと思います。金持ちというのは当然高い教育も受けているのでそれにふさわしい知的な対応をするべきであって、それはとても「紳士」とは呼べないですね。 ま、くだんの大統領が大変な日本嫌いで相撲を「知的なスポーツではない(西洋人の「知的ではない」という言い回しは「未開の部族の野蛮な」という意味合いが含まれます)」という人物なのでワタクシ自身が彼が嫌いというのがありますが・笑。

noname#105097
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 これは貴重な実例ですね。 しかし、経済的打撃とか、それによって自分の小さなプライドが傷ついて躍起になっているとか、そんなところで、もっと人間的な根源的な怒りと言うものにどう対峙するのかと思いますね。 私は、サルコジはほとんど知りませんが、すました上流階級自分のいやらしかさがない、非常に率直な面があると思って、貴重な人物だと評価しました。これは、自身の生まれが低いからと言うのもあるでしょうね。低所得者層から、自身のオリジンへの苛立ちとか悪夢的な記憶がよみがえるから憎しみを募らせるのかもしれません。日本嫌いというのも、こういういやらしく心底を明かさない国民性というものを評価しない、という気持ちからだとしたら、説得性があります。

その他の回答 (14)

  • cliomaxi
  • ベストアンサー率33% (2921/8736)
回答No.15

>>暴動とか、はけ口とか、本能丸出しとしか取れないのですが。 >・・・人間として結構大事じゃないでしょうか。 個人としてならアリでしょう。 しかし社会全体でのプラスと考えた場合本当に「良い」ことでしょうか? >「平和ボケ」は人間を腐らせませんかね?この国が一番いい実例では? では逆に「将軍さまマンセー」と洗脳されている民族とか、日本を敵国のようにアジる一党独裁の大国(既にそう言っていいと思う)の国民とか、小学生くらいの子供が「聖戦」の名の下に敵対する民族や人を殺害する部族や民族、はたまた「テロ許すまじ」の美旗の下学校や病院でも爆弾を落としまくる民族ってそんなに輝いて優れていますか? 私の思う「平和ボケ」の「ボケ」とは芸人のボケ担当のようなものです。 平和で、無駄な争いが無いからこそ「漫才のボケ」が成立すると思っています。(世間一般的に言われる平和ボケとは違う事は解った上での話)

noname#105097
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 そういういみでの「反平和ボケ」ならばよくわかります。日本は行き過ぎでしょうね。人間自体が激しくないくせに、いやに下衆根性を下地にした利己主義がしたり顔ではびこっている、すごく不健康な面があると思いますね。もっとも、穏やかで優しい面も同調してます。

  • staratras
  • ベストアンサー率40% (1434/3503)
回答No.14

辞書を引くと「金持ちは喧嘩をすると損になることを知っていて他人と争わない」とありました。このことわざの本質は「金持ちは喧嘩をしない」ということではなく「自分が損になる争い事はしない」ということだと思います。打算的といえば打算的ですが、極めて合理的な判断であることも確かでしょう。 以前テレビで、熱帯の数十メートルもの高い樹木の上で暮らすサルを扱ったドキュメンタリー番組を放送していました。木の上では小型のサルは取っ組み合いの喧嘩をすることがあるのに、大型のサルはそんな喧嘩はしません。その理由について番組では、力が強く体重が重い大型のサル同士が取っ組み合いの喧嘩をすれば、勝ち負けにかかわらず両方とも数十メートルの高さから地上に落下するおそれがあり、生命の危険があることを知っているからではないかと言っていました。(小型のサルは万一落下しても体重が軽い分衝撃が小さく、また途中の小枝をつかんで地上まで落ちずにすむ可能性が高い)「金持ち喧嘩せず」のルーツにはこの「大型サルの知恵」があるように思います。

noname#105097
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 大変よろしいたとえですね。 金持ちが本気の喧嘩すると、一気にひどいことになりかねない。逆に言うと日常的にどうでもいい喧嘩をしないということで、これは人間的にかなりできてしまっていると言うこと、逆に言うと、人間が曇ってきてしまっているともいえます。打算じゃなく、感情表出を大事にすると言うこともあるべきだと思いますけどね。健康的な発露で。

  • Baltic
  • ベストアンサー率15% (61/405)
回答No.13

 感情に流されて喧嘩するよりも、ぐっと こらえるほうが人間的、という風潮は日本に あると思います。健康的だとは思いませんが。  ヨーロッパ出身の研究者同士だと、 議論が白熱してくると「お前の考えは間違ってる!」、 「間違ってるのはそっちだ!」と、喧嘩してるんじゃ ないかと見てるほうがハラハラしますが、 「オー、ランチの時間だ。飯行こう」なんて言いながら、 議論が終わるとお互い楽しく飯食ってます。  そういう意味では日本人同士の健康的な喧嘩って、 ちょっとイメージできないです。仮にお互い激しく やりあったとしても、翌日から凹んで不健康 状態が当分続きそうです。  もし、お金持ちが本気で喧嘩したら勝てる気がしないので、 勘弁して欲しいなぁという庶民の願望もあるかと思います。

noname#105097
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 とてもよく日本人と西欧人の特徴を捉えていますね。 ほんとうにそう!私はこの「グッとこらえる」とか「喧嘩したらお互い凹む」とかいう日本人性に、大変不健康なものを感じる1人です。 ヨーロッパ人の感情処理の大きさに感服します。 こういうところも、喧嘩が日常じゃない=金持ち喧嘩せずなどという風潮につながっているんじゃないですか。

回答No.12

 金持ち喧嘩せずの反対はヤクザの抗争でしょうね。 経済界でも同じだと思いますがエルメスとビトンは絶対に喧嘩なんかしません。金持ちと言うよりも自分自身の価値がよく分かっているからです。  一方コンビニやファミレスの戦争は醜い限りだと思います。  もし金持ちが本当に喧嘩をするなら最高の弁護士を雇って貴方を訴えてくる事になります。もしかするとヤクザを利用することも考えられます。金持ち喧嘩せず出なくて金持ちは喧嘩なんかする必要はないのです。

noname#105097
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 お話の例でよくわかってきました。 力がある=金があると言うことは、喧嘩のパワーも必然的についているんです。決して寛大なわけじゃないんですね。 安全な喧嘩ができるなら、どうしてそれを利用しない手があるでしょうね。

noname#101110
noname#101110
回答No.11

>大統領自ら「この無職野郎(とかなんとか)!ちゃんと働け!」とか罵声を浴びせていた これは喧嘩ではなく野次でしょう。最近は比較的静かですが、国会である種の議員が大声で叫ぶ不規則発言のたぐいです。さるこじは金持ちではありません。フランスでは結構政治的権力が無視できないというだけです。その男があんな暴言を吐くのは良くないと思いますが。 「金持ち喧嘩せず」は日本の金持ちだけの特異な現象だと思います。 日本以外の先進国では、どんな金持ちでも不都合が起こったら必ず訴訟を起こして決着をつけます。それが常識です。 貧乏人は訴訟費用がないのでむしろ合法的には喧嘩が出来ないのです。 それで不規則な違法的訴訟や暴力を振るって、更に貧乏になります。 そういう意味では金持ちは喧嘩せずといえそうです。 >「金持ち喧嘩せず」みたいな打算的な思考法が つまり、金持ちは打算的な喧嘩をする人種なのです。 人間のエネルギーは枯渇などせず、世界標準で金カネへ向かっています。 確かにこれはいやらしいですね。

noname#105097
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 すごく本質的な観点からですね。とても勉強になります。 「打算的な喧嘩をする」 ということほどすさんだことはない。そんなことをするくらいなら、仙人面して寛大さを売りにしたほうがどんなに信望を集めるだろうと感じます。もちろん、主張するところはしなくてはなりませんが、強欲から安全な喧嘩をするのは、最大の下衆根性でしょうね。

  • kametaru
  • ベストアンサー率14% (339/2313)
回答No.10

金持ちが全て喧嘩しないわけではありませんし、貧乏だから全て喧嘩するわけでもありません。 でも貧乏は心がすさんでしまう事は否めません。 貧乏でも心豊かな人はみえますが貧乏はイヤです。 金持ちがイヤと言う人は少ないが貧乏がイヤという人は多いです。 イヤという部分がどうしても卑屈になっちゃいます。 >金持ち喧嘩せず、という言い方、非常に嫌いなんです。 わたしも貧乏の時はそうでしたが、貧乏から脱したらそりゃそうだと納得します。 金持ちじゃないけど貧乏とはとりあえず脱出した者の感想です。 典型的なビンボー人のひがみ根性でしたね。

noname#105097
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 経済的余裕と言うところに、人間的慰めをも代償してしまうのでしょうね。無理のないことだと思う一方で、それは本当じゃないんじゃないか?純粋な怒りと言うのがやはり大事なのではないか、という理想郷的な感覚がありますね。心がすさんでいる=貧乏人というのが確かに喧嘩の土壌なのですが、人間もっと純粋になれないものでしょうかね。

回答No.9

本当の金持ちの人が持っている、「金持ち」、「喧嘩」の定義が貧乏な人とは違うのです。 貧乏な人同士なら喧嘩になるケースでも金持ちの人から見れば、「そんなの喧嘩するほどのことじゃない。」となります。 私は「貧乏人、喧嘩好き。」なほうがいやですね。 でも、金持ちだって喧嘩する場合があります。それは同じ格の相手とです。金持ちの喧嘩は貧乏人の喧嘩のように殴りあったり、罵声を浴びせたりなどはしません。知恵と知恵との喧嘩です。 金持ちは格の違う相手と喧嘩することなどありません。 貧乏人と喧嘩するということは自分の格を相手のレベルまで下げることになります。金持ちはそのことをよく理解しています。

noname#105097
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 金持ちは、人間に膜がかかってしまうんでしょうね。 だから、ストレートな原始的な感情を封じてしまう。

noname#105097
質問者

補足

それが、クールなようでいて、人間的にやばいことになっている、という考え方もあることも確かです。

  • dandyman
  • ベストアンサー率17% (107/614)
回答No.7

くだらない事ですぐ喧嘩するのは大抵貧乏人です。 「金持ち怒らず」ではありません「喧嘩せず」なのです。 怒るか怒らないかではありません。 この理屈が分からないのはたいてい貧乏人です。 貴方もお金を持てば分かりますよ。

noname#105097
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 「怒る怒らない」をなおざりにしないほうがいいと思うんですね。金持ちって言うのは、どうも世間に対して裸で向き合わない(合えない)というか、なにかクッションを置きます。人間に膜がかかっていると言うか。

  • jamiru
  • ベストアンサー率5% (170/3044)
回答No.6

織田信長:四方に喧嘩を売りまくった挙句に味方に喧嘩を売られて合掌。 豊臣秀吉:人たらしと呼ばれたように、四方を敵にせずに必ず一つ一つつぶしていく。

noname#105097
質問者

お礼

これは教訓にはなりますね。 ご回答ありがとうございます。

  • goodman2
  • ベストアンサー率23% (53/229)
回答No.5

金持ち喧嘩せず・・の発想は一般的に金持ちではない者から感じるのです 金持ちは思慮深いし他人より優位な立場にあるので、喧嘩は少ないというだけで、これは自由なのです 他人がとやかくいうことではないですね 金持ちが穏やか過ぎると思うのは世間が狭いですよ たとえば会社の上司、権力のある金持ちは一番喧嘩が強いのです 一般人の処遇なぞ気に食わなければ、ひどい目にあわすこともよくあります 犬のようにほえるだけが喧嘩ではないのです 人と人、企業間 国際間 みんな節度を持った喧嘩をしているのです

noname#105097
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 確かにお話しのようなことは本当にありえます。ただ、金持ちが寛大なのは、経済的余裕と言う条件付けがあるだけで、本質的に人間として怒るかどうか、と言う問題が棚上げされている気がしますね。 もちろん、金持ちにはその喧嘩スタイルがあって、もっと高度で根が深いもののようですが、そこに行く前になんかあると言う気がしますけどね。

関連するQ&A

  • 金持ちケンカせず

    「金持ちケンカせず」と言うことわざがありますが お金があっても喧嘩しますよね? それに、お金が有るからこその争いもありますよね? 「金持ちケンカせず」は 金を渡せば喧嘩が収まる場合だけに使われる言葉なのでしょうか?

  • 金持ち喧嘩せず

    と言う言葉がありますが私は当たっていると思います なぜなら金に余裕があれば世の中のほとんどの出来事、嫌な出来事は「まあ、どうでもいいか」と思えるからです 皆さんはどのように思いますか。

  • 金持ち喧嘩せず?

    『金持ち喧嘩せず』の意味ですが、いろいろありますが、一例に、 『富の豊かな人は、ささいな金銭上の利害関係ではあくせくすることはないから、自然に対立を生じることも少なく、また経済的にめぐまれていれば日常生活にも余裕が出来るので、気持ちもおおらかとなりやたらといがみ合って争うこともない・・・ということに使うたとえ』 とありました。しかし、ブータン国民は金持ちではなくても、幸せいっぱいで、おおらかで争わないように思います。ということは、喧嘩しないのは金持ちだからではないと思ったのですが・・・。 『金持ち喧嘩せず』は、ちょっと間違っていないでしょうか??

  • 金持ち喧嘩せず?????違いますよね???

    「金持ち喧嘩せず」ということわざがあります。 でも実際の裁判を起こせるのは、弁護士費用、鑑定代金、証人へのお礼、などを払えるお金持ち、ではないでしょうか?

  • 金持ちけんかせずを英語では

    「金持ちけんかせず」という言葉は英語ではどのようになるのでしょうか?どうぞ宜しくお願いします。

  • 孤独感の感じ方

    孤独感は人それぞれ感じ方が違うので、当人が「私は孤独だ!」と言った場合、それを比較しようとして、「世の中にはもっと恵まれない子がいるよ」と言ったところで、ナンセンスですよね。 ですが、親や家族も健在で、親友や恋人、配偶者、子供達に恵まれ、経済的にユトリがある人が孤独感によって、辛いという事も多々あると思いますし、実際聞きます。 お金持ちが幸せか?と問われれば、その状況になれば、時に周りの人間も打算的に見えて、本当の人間関係が築けず、孤独に陥ってしまう事もあるかも知れません。 自分が疑問に思うのは、あくまで、ごく平凡な(失礼かも知れませんが)、一般人がそこまで、満たされているのに、孤独感に悩んでしまう事です。 ひとつの一因として、友達や恋人を選ぶ際に、寂しさを紛らわす為に付き合って、妥協して結婚したり、家庭を作り、そこで、ふと気がついたら、腹を割って話も出来ないし、何かの自分を演じているが故に孤独にぶつかってしまうのかな?という事です。 ある程度満たされてる人が孤独を感じては駄目だと思ってる訳ではなく、(それは個人の自由ですから) どんな点や、どんな時に孤独を感じるかを知りたいので、質問させて頂きました。

  • 金持ち喧嘩せずの実例をご存知ですか

    実際のご経験でも歴史的事実でも結構です。

  • お金持ちは、お金持ち?

    お金持ちは、不景気でもお金持ち? 貧乏人は、いつまでも貧乏人? 派遣社員は、200万以下の年収です。 これで、日本人は、お金持ちと言えるのでしょうか?

  • 腕に自信のあるあなたに質問です

    多少アンケート的な質問で申し訳ありませんが、皆さんのご意見を拝聴し、自らにも改めて言い聞かせたいと思うので質問します。 格闘技や各種運動の経験のある方、もしくはケンカ慣れして腕に自信のある方などに、あなたの哲学・お考えをご披露いただきたいです。 普段街を歩いていたり、電車に乗っていたり、もしくは社会生活を営んでいたりすれば、時に「こいつ、いてこましたろうか!」と思ってしまうような輩に会ったり、不愉快な思いをすることがあると思います。 戦闘力がある方でも、見た目に普通の方ならそういう目に会うことも一般人とさほど違いも無いでしょうし、また見た目がいかにも巨漢で、恐そうな面相をしている人ならなかなか「なめられる」なんてこともないのでしょうが、それでも時に相手も見ずに人をおちょくった態度をとったり、挑発的な言動に出る人間に会うこともあるかもしれません。 しかしヤクザでもあるまいし、そういう時にいちいち腕に覚えがあるからとその挑発に乗って暴力沙汰を起こすわけにもいきませんよね。 皆さんはそういう時にはどういうことで解決を図ったり、自分を納得させたりしていますか?

  • 反日、反中、得する業界、損する業界

    ネットを中心に、反韓、反中のネガティブコメントが花盛りと言う印象を受けますが、聞く所によると、どうやら、韓国、中国でも、ネットを中心に反日として、同じ現象が起きているようです。 ともかく、人間、好き嫌いを我慢して、食べて行くために、仕事をしなければ、生きていけません。 そこで、質問です! 世論が、反日、反中、反韓で、盛り上がれば、盛り上がるほど、儲かる業界、損する業界、どのようなものがありますか? 一応、自分なりに、考えたのですが、他にもあるはずなので、教えていただけますか? 得する業界 軍需産業 日本が中国本土に侵略する、あるいは、中国が日本に侵略すると、国民を必要以上に煽れば煽るほど、必要以上に武器が必要になり、結果として武器が売れる。 損する業界 観光産業 やはり、遊びに行って、お金を落とすからには、歓迎されたほうが気持ちが良い訳で、敵視されていると、感じて遊びに行っても面白くないので、行きたくないですね・・・・。 さて、それぞれの損得は、日本、中国、韓国、事情が違うと思いますので、詳しく教えていただければ、幸いです。 ちなみに、嫁は中国人、毎日、仲良く、生活していますし、近所の人達も、嫁に親切で、嫁も地域のイベントに積極的に手伝っていますが、特に、中国人だからと言って、いじめられることも、罵声を浴びる事もないです。 日本人と中国人は、仲良くなる事は出来ないと言う発言をネット上で、良く見かけますが、少なくとも、私らの日常生活において、逆に、日本人だから、中国人だからと言う事で、もめる事が、日常生活とかけ離れているだけに、実感が湧きません。 仮説として、もしかすると、ケンカすればケンカするほど、儲かる人達が、中国にも、韓国にも、日本にも、かなり居るかも?と、意地悪く疑ってみたので、こんな質問をしてみました。 、