• ベストアンサー
  • 困ってます

規格直交化されていない状態|i>について

規格化も直交化もされていない独立な状態|i>(i=1,2,…,n)について<i|j>=g_{ij}とすると、 |i>(g~{-1})_{ij}<j|=1 となることを示せという問題なのですが、こたえをみたら添付画像のようにかいてありました。 規格化も直交化もされていないので<i|j>=δ_{ij}(i,j=1,2,…,n)も Σ_{i=1}^n |i><i|=1(恒等演算子) も使えないのですが、添付画像の第1式と第2式の等号はどう考えたら成り立つのか、 教えていただければ幸いです。 第2等号があたかも当たり前のように書かれているのですが、これは問題の主張そのものなので、 もうちょっと自分なりに考えないといけないんだろうと思っています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>問題と解答には書いてなかったんですが、これって >Σ(i,j,m,n)が省略されて書かれていた、と考えていいのでしょうか? |i>G<j|が行列の形をなすには、Σがないといけませんね。 ただ、|i>G<j|を行列の成分 G_{ij}と見ることもできます。 実際、(2)の計算でクロネッカのδが出てくるところでも 積:g{jm}G{mn}が単位行列となれば、その成分は δ{jn}で表されます。 対角成分(j=n)ならば1、非対角成分(j≠n)ならば0ということです。 行列そのものの演算というよりも、行列の成分で演算を示していると 見た方がわかりやすいかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。Σがない前提でやっちゃっていたものですから。 それに添付の第2式のlはjの間違いのようで、ミスプリみたいですね。 ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

定義にしたがえば、導けると思います。 表記が複雑になるので、以下のように置くことにします。 g_{ij}= g{ij}、g^{-1}_{ij}= G{ij} すると、添付の第1式は以下のように書けます。(k,lの代わりに、m,nとします。) |i> G{ij} <j|m> G{mn} <n| (1)真ん中の <j|m>を g{ij}の定義から書き換えます。 = |i> G{ij} g{jm} G{mn} <n| (2)Gと gは逆行列の関係になるので(g^(-1)とgの関係)、 Gg または gGは単位行列になります。 よって = |i> G{ij} δ{jn} <n| (3)クロネッカのδが出てくるので、 = |i> G{ij} <j| 元の式は |i>G<j|と|m>G<n|の形の積であり、結果が |i>G<j|の形になるので、 零行列でなければ単位行列になるということです。 ※最後に、ブラケットの演算は物理カテの方が反応がいいかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

問題と解答には書いてなかったんですが、これって Σ(i,j,m,n)が省略されて書かれていた、と考えていいのでしょうか? そうでないとnaniwacchi様のご回答は成り立たないですよね。 元の式は |i>G<j|と|m>G<n|の形の積であり、結果が |i>G<j|の形になるので、 零行列でなければ単位行列になるということです。 →ここに気づくのがポイントですね。 m,nだけではなく、i,jに関してもΣが入っていないといけない、 とnaniwacchi様はお考えでしょうか? お考えをお聞かせいただければ幸いです。

関連するQ&A

  • 固有関数 規格直交

    ある演算子Aの固有値λが二重に縮退していて、その異なる固有関数u1、u2がわかっているとする。 (1)u1、u2の線形結合を作ればそれも演算子Aの固有関数でその固有値はλであることを示せ。 (2)u1、u2は規格化されているが互いに直交していないとする。u1、u2の線形結合を作って規格直交された固有関数を求めよ。 (1)はわかったのですが(2)がどうやって解くのかがわかりません… ご教示お願いしますm(_ _)m

  • 規格化って?

    今大学2年なんですが物理数学という講義の内容が全然分かりませんどうかご教授ください Φ1=A1cos(πx/n) Φ2=A2sin(πx/m)とする (1)Φ1,Φ2を規格化してA1,A2を求めよ (2)Φ1,Φ2が直交していることを示せ (3)H=-h^2/2m*d^2/dx^2,HΦn=EnΦn HをΦ1,Φ2を作用させ、E1,E2を求めよ (4)P=h/i*d/dxがエルミート演算子であることを示せ 以上の問題です。どうぞよろしくお願いします。

  • 昇降演算子のブラケットの問題

    昇降演算子のブラケットの問題 以下の問題を解いたら、 ψ=D*exp(-cx^2/2)(c、Dは定数)となり、 下記画像の(5)式を使いませんでした。 どうやったら(5)式を使うのでしょうか。 どなたか教えていただけるとうれしいです。 -- 質量m、角振動数ωの1次元調和振動子の ハミルトニアンは(1)式で与えられる。 ここでp(^は省略します)は運動量演算子、 xは位置演算子であり、交換関係[x,p]=xp-px=ih/2πを満たす。 また、(2)、(3)で定義される2つの演算子を考える。 演算子N=a†aの固有値をnとし、 その規格化された固有状態を|n>とする。 すなわちN|n>=n|n>,<n|n>=1である。 次の2つの関係式が成り立つ。 a†|n>=√(n+1)|n+1>, a|n>=√n|n-1> 上記で定義された固有状態|n>の規格化された波動関数を ψ_n(x)=<x|n>とする。 ここで、|x>は演算子x(^は省略します)の固有状態である。 基底状態|0>の満たす条件a|0>=0を用いて、 ψ_0(x)=<x|0>を求めよ。なお、(4)、(5)の関係式を用いてもよい。

  • 分かる限りで構わないのでお願いします。

    分かる限りで構わないのでお願いします。 ハミルトニアン H=(p^2/2m)+{(m・ω^2・x^2)/2} で記述される1次元調和振動子を考える。ここで、座標x^,運動量p^は正準交換関係[x^,p^]=ihを満たすエルミート演算子であるとする。 a^={√(mω/2h)}・{x^+(ip^/mω)}とおくと [a^,a^’]=1, H^=hω(N^+(1/2)), (N^=a^’a^), [N^,a^]=-a^, [N^,a^’]=a^’, が成立する。これらの公式を用いて以下の問に回答して下さい。 (a^,x^,p^はそれぞれの文字の上に^があるイメージで。a^’はa^の右上に+があるイメージで。) (1)任意の状態ベクトル |Ψ〉に対し、〈Ψ|Ψ〉≧0である事実を用いて、エルミート演算子N^の固有値が、非負の整数値となることを示して下さい。また、状態 |0〉を、 a^|0〉=0, 〈0|0〉=1 を満たすものと定義するとき、Nの固有値nの固有状態が |n〉:=N_n(a^’)^n|0〉と表されることを示して下さい。さらにエネルギー固有値も求めて下さい。 (2)(1)の固有状態 |n〉を 〈n|n〉=1と規格化するとき、規格化因子N_nを決定して下さい。 (3)公式〈x|x^|Ψ〉=x〈x|Ψ〉, 〈x|p^|Ψ〉=-ih・∂/∂x〈x|Ψ〉、などを用いて波動関数φ_n(x)≡〈x|n〉を求めて下さい。 (ヒント:exp(ε^2/2)・exp(-ε/2)=d/dε-εを利用) (4)規格化された固有状態|n〉に対する演算子x,pの行列要素 〈m|x^|n〉, 〈m|p^|n〉を計算して下さい。 (ヒント:まずa^,a^’の行列要素を求め、次にx^,p^がa^,a^’を用いてどのよに書けるか考える。)

  • 分かる限りで構わないのでお願いします。

    分かる限りで構わないのでお願いします。 x^,p^を座標および運動量演算子とし、次のユニタリー演算子を定義する。 (x^はxの上に^があるイメージで) τ(a)=exp(-iap^/h) (aは実定数) 次の問いに答えて下さい。 (1)|x〉をx^の固有値xに属する規格化された固有状態とする; x^|x〉= x|x〉, 〈x|x’〉=δ(x-x’). 正準交換関数[x^,p^]=ihを用いて、τ(a)|x〉もまたx^の規格化された固有状態であることを示し、この固有値求めて下さい。 (2)前問の結果を用い、任意の状態|Ψ〉に対し、 〈x|p^|Ψ〉=-ih(∂/∂x)〈x|Ψ〉 が成り立つことを示して下さい。さらにこの結果を用いて、 p^|p〉=p|p〉、〈p|p’〉=δ(p-p’) で定義される規格化された運動量の固有状態|p〉に対し、その波動関数 Ψp(x)=〈x|p〉を求めて下さい。 (3)系が並進対称であるとき、ハミルトニアン演算子H^は空間並進演算子τ(a)によるユニタリー変換のもとで不変である τ(a)H^τ(a)^-1=H^ このとき「量子力学における運動量保存則」;(d/dt)〈p^〉=0,が成立することを示して下さい。ただし、〈p^〉=〈Ψ|p^|Ψ〉は状態|Ψ〉におけるp^の期待値である。

  • 【院試 線形代数】線形写像、正射影がわかりません。

    線形代数のベクトルを像の作る平面への正射影の考え方がわかりません。問題文に関しましては、画像を添付させて頂いています。(1),(2),(3)の回答の作成の方をお願いします。確認としまして(1)で、ImA=(1,3,1)t,(2,6,1)の2つのベクトルで正しいでしょうか?ImAが互いに直交するのはシュミットの正規直交化でよろしいですか?(2)からは本格的にわかりません。よろしくお願いします。

  • 四則演算を指定して計算したい

    こんにちは、いつも本当にお世話になっております。 添付した画像のH4に、E4に書かれている演算子を使って計算した答えを表示させたいのです。 E4の演算子はD4の数字を元にVLOOKUP関数を使って右下の対応表を参照しています。 演算子を指定する方法を教えてほしいです。 宜しくお願いします。 追伸:IF関数を使って1なら足し算2なら引き算とすればこの問題は解決できてしまいました。ですが、演算子を指定する方法も知りたいので、回答をお願いします。

  • 水素原子の波動関数の規格化

    水素原子の基底状態の波動関数はN*exp(-r/a)である。(a:ボーア半径)規格化定数Nを決定しろ、という問題があります。 自分はψ=N*exp(-r/a)として∫r^2ψ^2dr*∫sinθdθ*∫dφ=1となるNを求めました。しかし答えとは違い、答えは R=N*exp(-r/a)として∫r^2R^2dr=1となるNを求めていました。(Rとはおそらく動径波動関数のことだと思います。)当然自分のやりかたで求めた答えとは違いました。 ここで疑問なのですが、なぜ自分のやり方ではだめなのでしょうか。規格化とは(うまい言い方が見つからないのですが)波動関数の2乗を全範囲で積分して1になるようにする作業。だから動径部分だけでなくθ、φも考えて1にしなければならないと思うのですが・・・。 どなたかお分かりになる方、教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • 以下の問題が与えられたのですが、

    以下の問題が与えられたのですが、 (4)という定義なしに答える方法はあるのでしょうか? 本問では(4)という定義はありません。 どなたか教えていただけると助かります。 質量m、角振動数ωの1次元調和振動子の ハミルトニアンは(1)式で与えられる。 ここでp(^は省略します)は運動量演算子、 xは位置演算子であり、交換関係[x,p]=xp-px=ih/2πを満たす。 また、(2)、(3)で定義される2つの演算子を考える。 演算子N=a†aの固有値をnとし、 その規格化された固有状態を|n>とする。 すなわちN|n>=n|n>,<n|n>=1である。 次の2つの関係式が成り立つことを示し、 係数A,Bを求めよ。 a†|n>=A|n+1>, a|n>=B|n-1> ただしA,Bは正の実数とする。

  • コヒーレンスとは何でしょうか?

    物理を独学をしている者です。よろしくお願いします。 1)コヒーレントな励起、インコヒーレントな励起という表現が分かりません。この2つの違いは何でしょうか? 準位間に共鳴的・非共鳴的な励起というのとは違うようですし、 励起源がレーザー光であるからといって必ずしもコヒーレントな励起とは限らないようです。 2)コヒーレント状態の定義が分かりません 数式で導入されるコヒーレント状態の物理的な意味が分かりません。 コヒーレント状態|α>は光子の消滅演算子aの固有状態として、        a|α>=α|α> と定義される。 と導入されているのですが、これの物理的な意味は何でしょうか? 何故消滅演算子で定義されるのか?そもそも非エルミートな消滅演算子の固有値は実数とは限らないので古典的対応物は無いのかも知れませんが、それでも何かしらイメージの取っ掛かりが欲しいです。 同様に、光子の真空状態に変位演算子を作用させるという定義        |α>=D(α)|0> も、何を変位させる操作なのかよく分からないのでご教示お願いします。 なお、コヒーレント光が不確定性が最小で古典的輻射場に最も近い状態だということは耳学問ですが知っていますが、そこで止まってしまっている状態です。 3)直交位相成分の物理的なイメージを教えてください。 スクイーズド状態の単元を勉強していた際に、電場の式から直交位相振幅演算子 q=i/2(a-a†)、 p=1/2(a+a†) を定義したのですが、このイメージも同じく分かりません。 これは光子の左回り円偏光成分と右回り円偏光成分を表すのでしょうか? この演算子を状態ベクトルに作用させることでどのような物理量が得られるのでしょうか? 以上、3つのまとまりのない質問ですが、どうかよろしくお願い致します。