• ベストアンサー
  • 困ってます

不飽和二重結合って・・・

生体膜について勉強中です.で,リン脂質の炭化水素鎖に不飽和二重結合が存在すると,液体(不規則な配列)になる温度が著しく低下するのですが,これの物理的な理由は何なのでしょうか? それと,この現象を,生物がどのように利用しているのかも,お願いします.

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数271
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • Euxine
  • ベストアンサー率58% (7/12)

生化学の時間に、寒冷地に生息する魚類が、極寒の水の中でも十分に活動できるように、不飽和二重結合をたくさん持っているという話を聞いた事があります。つまり、寒さに強いわけですね。 これに対し熱帯の魚は寒冷地の魚に比べ、不飽和二重結合をあまり持っていません。熱帯魚の水槽に冬場ヒーターを入れてやらないと、魚が凍えてしまうというのは、どうも不飽和二重結合の多い少ないに関与しているとも聞きました。植物の例に加えて捕捉例で。原理は同じですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • meineko
  • ベストアンサー率40% (22/54)

では、後半だけ。 暖かい地方の植物種と寒い地方の植物種で、細胞膜の脂肪酸(リン脂質の炭化水素鎖)の不飽和度が違うことが知られています。 温度に対する適応だと考えられています。 また、1つの植物でも夏と冬とで、不飽和度が変わっているという観察も有る様です。 参考URLの耐凍性の項目。 なお、これを作物の品種改良に活かそうという研究もされています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#21649
noname#21649

前半だけ 2重結合があるとその部分が平面になるので.分子がシス型に曲がるのです(トランス型の油脂は生物は利用していない)。その結果.きれいな配列ができず.結晶かが阻害され.融点がさがります。 後半は.臓器によってリン資質の成分構成が異なりますので.なんだかの機能に利用しているとは思いますが.さてなににつかっているのやら.私にはわかりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 炭化水素について、飽和でも不飽和でもない結合の名前

    炭化水素について、炭素間に一重結合があれば「飽和炭化水素」 二重結合、三重結合があれば「不飽和炭化水素」と呼ぶと知りました。 それでは、炭素同士で結合していない炭化水素は、何と呼ぶのでしょうか。 また、頭の2行は私の理解で書いています。 指摘などあれば教えてください。

  • 炭化水素の二重結合の数を求める

    ある液状炭化水素の分子式はC10H16である。この物質は不飽和結合を持っている。この物質0.45gをとり、不飽和結合の数を知るために、白金触媒の存在下で水素の吸収量を測定したら、標準状態で約150mlであった。この不飽和結合が二重結合であるとすれば、この炭化水素1分子中には二重結合何個が存在することになるか。 この問題なのですが、答えは2個となるようです。 学校では炭化水素はCnH2n-2のアルケンまでしか習ってないのですが、これはCnH2n-4となるのでしょうか? また水素は何個付加するのでしょうか? 回答宜しくお願いいたします。

  • 炭化水素の単結合、二重結合について

    以下の問題が分かりません。 問題 炭化水素の単結合、二重結合について、電子軌道の結合から説明せよ。 分かりやすく説明してもらえると嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 不飽和度=1の炭化水素はどんな構造が考えられるんで

    不飽和度=1の炭化水素はどのような構造が考えられるか、と言う設問で 答えが、C=Cがひとつか、環が一つとなっていました。 二重結合のほうは分かるんですが、環が一つのときにどうして不飽和度=1なのでしょうか? それとC=Cの=や、三重結合の結合を表す記号 三←こんなのは、なんて読むのでしょうか? また、化学の質問サイトがあれば教えてください。

  • 炭素数について

    炭素数が同じ脂肪酸の融点は飽和脂肪酸>トランス二重結合をもつモノエン酸>シス二重結合体をもつモノエン酸の順に低下する。この理由と、生体膜の流動性との関係をわかりやすく教えてください。

  • アルケンの付加反応

    ある炭化水素CmH2nのm=3であると分かっており、そこに 標準状態で3Lの水素を付加させると その炭化水素に二重結合があると分かるのは何故ですか?

  • 細胞膜透過性の構造的条件

    水溶性化合物、飽和炭化水素、不飽和系の炭化水素、さらには芳香族系化合物部はどの順番で細胞膜浸透性がいいでしょうか?

  • 有機反応の量的関係について

    問題なんですが、 炭素数が6の鎖式不飽和炭化水素Aがある。Aは1分子中にn個の二重結合を持ち、三重結合はもたない。40gのAに水素を付加させたところ、標準状態に換算して33,6L(リットル)の水素が反応してアルカンになった。nの値はいくらか。 そしてこの問題の回答に、 炭素数6の鎖式不飽和炭化水素Aがn個の二重結合を持つとすれば、その分子式はC6H14-2nと表される。1molのAはn(mol)の水素と付加反応を起こすので次式が成り立つ。 40/86-2n×n=33,6/22,4 とあります。 ここで自分の見解だと、鎖式不飽和炭化水素というのはアルケンの事だから、一般式はCnH2nと表されるはずだから、解答の説明がまったくつかめません。一番理解できないのは「n個の二重結合を持つとすれば」の部分です。二重結合の数によって分子式はどのように変化するのでしょうか? 同じような問題で、あるカルボン酸と炭酸水素ナトリウムの反応で、「カルボン酸の質量をM、1分子内のカルボキシル基をn個とすると...」とあり、これもまたnがよくわかりません。 このような問題で分子量の分からない有機化合物はどうやって考えればよいのでしょうか?

  • 不飽和脂肪酸について…

    不飽和脂肪酸の役割を教えてくださいm(__)m あと、生体膜(脂質二重膜)って不飽和脂肪酸でできてるんですか? お願いします(>_<)ノ

  • シクロアルカンについての疑問

    受験生です。 高校でシクロアルカンを習いました。 シクロアルカンはCnH2nで表される環式飽和炭化水素ですよね。 教科書にはCが環状に単結合してる図がありました。 そこで疑問なのですが n=1の場合、つまりC1H2の場合も環式飽和炭化水素ですか?