• 締切済み
  • 困ってます

構造用合板だけでもつのか心配

弟の家が今建築中でこのシルバーウィークに覗きに行って来たのですが、木造2階建ての在来工法で建築しており外周がすべて構造用合板を貼っていて、私も3年前新築を建てたのですがその時は片筋違いとタスキ掛けで建てました。 素人考えですが見ていて何だか構造用合板だけだと物足りなく見えてしまい筋違いを入れた方が良いのではと思ってます。 内部は筋違いが多少ありましたが外部構造用合板だけで良いのかと不思議です。法改正もされて厳しくなっているとも聞いていますし、弟に聞くと設計事務所の方が計算されて特類という材質で確認も出して検査も受けたから大丈夫だと強く言いますが、2×4でもないのに体力壁が構造用合板のみでも安全なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数13
  • 閲覧数1081
  • ありがとう数25

みんなの回答

  • 回答No.13

補足です。 片スジカイは圧縮と引張で実際は壁倍率が異なりますが、 基準法上では圧縮と引張の区別はしていません。 これは、壁配置を行うときの基本が、 圧縮と引張を一対にして配置すると言う原則があるからです。 つまり、圧縮スジカイと引張スジカイは同じ数だけ 配置しなければいけません。 N値計算のときは圧縮と引張で壁倍率は違っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。

関連するQ&A

  • 構造用合板

    在来工法で外壁下地に構造用合板が使われるようになったのは いつ頃かわかる方お教え下さい。 新耐震後も木づりが使われていたと思うのですが。 最近の在来工法ではほとんど構造用合板かラスカット等のボード納まり となっていると思います。

  • 構造用合板の効果について

    木造軸組工法で7年前に家を新築しました。 最近、木造軸組工法の現場で構造用合板を外周に止め付けているのをよく目にします。 そこで質問です。 構造用合板を使用した木造軸組住宅と使用しない住宅では耐震性、遮音性、断熱性などにはどの位の差があるのでしょうか? また、構造用合板を外周に止め付けるリフォームは可能なのでしょうか? もし可能なら述べ床37坪ほどでは費用はどの位かかりますでしょうか?

  • 構造用合板の耐力壁の縦横比について

    在来工法での構造用合板の耐力壁の縦横比についてお聞きします。 筋交いでは縦横比が1:3の割合とか基準があったと思うのですが、 構造用合板の耐力壁の縦横比の基準はあるのでしょうか?

  • 回答No.12

構造用合板がキッチリと施工されていれば問題ないでしょう。 現在の木造住宅(四号建築物)の全てが、 壁量計算、四分割法、接合金物選定により 構造の安全を確認します。 よって、四分割法が危険な計算法ではありません。 恐らく、一般の方が回答されていましたので、 何かの勘違いだと思いますので、 あなたの住宅が四分割法で構造の安全を検討していても、 心配は無用です。 接合金物選定はN値計算によらずに、 告示による方法もありますので、 N値計算を行ってない場合もあるかもしれません。 あと、重要なのが仕様規定ですね。 木造に関する仕様規定は8項目あります。 このあたりがキッチリとされていることが重要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 とりあえず四分割法は危険ではないと言うことなんですね。 木造に関する仕様規定の8項目とはまた難しい内容なんでしょうね。 素人の私には多分理解はできないような気もしますが柱一つにしても規定があることに驚いています。

  • 回答No.11
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3793)

他の方のお礼の件なので本来は書き込み禁止なのかもしれませんが、があえて削除承知で書き込みます。四号特例の廃止案はありますが、四分割計算の廃止案は私の知る限りありません。(危険?????)従ってN値計算と、四分割法で検討され、しっかりした施工がなされていれば、貴方の住宅に不安を感じる必要はありません。 規準法に決められた構造耐力の何倍ぐらいの耐力があれば安全なのかについては、参考サイトを読めば、ある程度分かると思います。 (2X4ですが在来木造に読み替えてください)

参考URL:
http://www.ads-network.co.jp/seinou/se-5/2x4/2x4-04.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 私の家は4分割法で計算されていて工務店に確認しても大丈夫ですとしかいわれなく少し不安に思っていました。

  • 回答No.10

回答番号:No.8です。 現行の計算方法で在来工法の木造2階建てを基準法すれすれの壁量で計算するとほぼ耐力不足になります。 又、地盤とか、構造種別(木造、鉄骨、鉄筋コンクリート)により建物の被害が変わってきます。新潟とか神戸の地震でも被害が大きかった地域が偏っています(被害が集中しています)。 NO.7さんが言うように、方向により筋かいの耐力が変わるのは事実です。しかし、法律では同じ耐力となっています。こののことをわかっているひとが設計していればまず大きな心配はないと思います。 どの程度の安全率なら問題ないかは私には解りません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。

  • 回答No.9
  • mr19m
  • ベストアンサー率39% (217/556)

回答番号:No.7です。 45mm×30mm以上の木材  圧縮 2.5倍 引張 1.5倍 済みません、45mm×90mmの書き間違いでした。 尚、この筋交いでタスキ掛けの場合、2.5倍+1.5倍=4.0倍になります。 >建てていただいた工務店に確認してみます そうですね、片筋交いの壁倍率が、圧縮時と引張時で違う事ぐらい 知ってる建築士さんに聞いた方が良いと思いますネ。 (知らない建築士さんもいるようですので) たとえば、木材の基準強度を見てもらって下さい。 赤松、黒松、米松系で、圧縮 22.2 引張 17.7 曲げ 28.2 剪断 2.4 当然、部材強度は、圧縮側の方が強く、BP金物等の影響はありません。 揺れ戻り時の壁倍率(引張側壁倍率)を壁量計算に考慮されていれば、OKと思いますが? 【木造の壁量は余裕をもった設計】

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

使用する木材によっても強度が違っていたのですね。 圧縮と引張と計算を考慮していないとこわい結果になる可能性も高いのですね。 回答有難うございます。

  • 回答No.8

賛否いろいろ出ているようですが、 木造のことを解っている人が設計し、きちんと施工すれば、片筋かいでも構造用合板でも大きな違いはないです。 それより、基準法すれすれの壁量だと、たいてい耐力不足になります。木造の壁量は余裕をもった設計をしてもらうのがいいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 基準法をどの位上回れば大丈夫なのでしょうか? この筋違いの量の差はどの位多い方がいいのか解りません。 私の家の壁量をみると3067.5>2803(cm)で入れる筋違いの方が多くギリギリではないようです。

  • 回答No.7
  • mr19m
  • ベストアンサー率39% (217/556)

【片筋交いの壁は、一方方向にしか効果はありません】一部、修正します。 【令46条及び昭56建告1100号に定められている軸組の種類と壁倍率】と言うのがあります。 片筋交いの場合 丸鋼9mm以上      圧縮 0.0倍 引張 2.0倍  15mm×90mm以上の木材  圧縮 1.0倍 引張 1.0倍 30mm×90mm以上の木材  圧縮 2.0倍 引張 1.0倍 45mm×30mm以上の木材  圧縮 2.5倍 引張 1.5倍 90mm×90mm以上の木材  圧縮 5.0倍 引張 1.0倍 面材 構造用合板 内壁5mm以上  釘N50@150以下       外壁7.5mm以上 釘N50@150以下       圧縮も引張も無く、2.5倍       (内壁+外壁=5.0倍) 片筋交いの場合、しっかり許容応力度計算されていないと、圧縮・引張で 壁倍率が違う為、間違った配置をすれば、危険と言う場合があります。 構造耐力上良くないと言う事で、4分割法は廃止になるようですが 4分割法でしか検討されていない木造建築物の片筋交いは、 あえて【危険】と言っても良いと思います。 国土交通省も危険と知りつつ4分割法廃止に至ってないのは業界の圧力?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 確認書には片筋違い45×90を使用してるみたいです。 タスキ掛けが多く配置されてるみたいですが4分割法とは建物の外周を分割している計算のことなのでしょか?。 私の家はたぶんその4分割法とN値計算をして建ててるみたいです。 4分割法は危ない計算なのですか? 少し不安になってきました。 建てていただいた工務店に確認してみます。

  • 回答No.6
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3793)

構造的に検討してあって、規準に沿って釘打ちなどがしてあれば問題ありません。ご安心下さい。 問題は施工の問題です。それは筋交いでも、合板でも同じ事です。 尚、筋交いは一方向にしか耐力がないというのは間違いです、今の筋交いは足下を金物で留め付けるので、引っ張りにも、圧縮にも両方に耐力があります。昔は釘打ちでしたので1階の筋交いと2階の筋交いは互い違いに入れなさいと言うことになっていましたが、金物を使うようになって、同方向でも問題なくなりました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございました。 施工の仕方が一番大事なんですね。 中間検査以外にも弟はJIOに入っているからそこでも検査はある為手抜きはないだろうと言っていました。 不安なことばかり考えず温かく見守ろうと思います。

  • 回答No.5

私も合板自体の長期的な耐久性は不安に思っています。 しかし短期的な強度では構造用合板の方がバランスがよく、地震でも被害が少ないという意見もありますから大丈夫だと思います。 工務店の設計者も筋交いがあるとそこに力が集中してしまうので構造用合板の方が良いですと言っていました。 (筋交いは倒れないという意味で耐震性は上がるが、柱が浮いたり壁が壊れやすい?金具も千切れてしまうらしいですからある意味筋交いは危険と考えるようです) 私は予算の関係で構造用合板を選択しましたが、予算が沢山あれば合板を厚くして筋交いも増やしてもらったと思います。 低価格で強度を上げるためには構造用合板が一番効果的ということだと思います。 公的にも認められていますのでちゃんと施工されていれば大丈夫でしょう。 プラスアルファの強度等を求められるかどうかは施主の選択です。 筋交いが良いとも限りませんから余計な心配されないほうが良いでしょう。 弟さんの新居を気持ちよく祝ってあげてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございました。 構造用合板は9mmを使っているみたいです。 やっぱり厚い方が体力壁は強くなるものなんでしょうか。 考えていたら私の家も構造用合板で建ててもらったら良かったなと思いはじめましたがその時は選択肢が無かったのでその時に解っていたらなと思いました。 弟には心配する事を言ったので調べてから発言したほうが良かったと反省しております。

  • 回答No.4

こんばんは。 構造用合板は建材メーカー何社からいろんな商品名で出荷されています。 弊社の場合大建工業の「ダイライト」と言う製品を使っています。 在来工法を見慣れている人間には少し違和感を感じるのは事実です。 私もちょっと違和感を感じましたが、筋交いよりも丈夫だと言うことが構造計算で証明されています。 表だけ張るのか、裏表2重に遙かでも計算の仕方が違うそうです。どっちにしても問題ないです。 理屈だけで言うなら、柱と筋交いより合板で壁式にした方が丈夫にしやすいというのが基本ですので、開口部の計算さえ間違ってなければ何も気にする必要がありません。 質問者さんの筋交いも、ちゃんと構造計算された上での位置・本数が出されていれば特に問題ないですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございました。 ちゃんと計算されて建ててるならそこまで心配しなくても大丈夫な事が 理解してきました。 開口部の計算は窓の事ですか? 確認書を見ているのですが、どう見ていいのか解らないのですが計算はしてるみたいなので大丈夫なのかなと思います。 計算をしないで建てる事も可能なら考えただけで怖いですね。

関連するQ&A

  • 構造用合板について

    現在、在来木軸工法で家を建てています。  ・柱は120角,  ・間柱は90×45の455mmピッチ 壁に構造用合板をたて張りにした状態で打ち付けている状態です。  ・寸法:910mm×3030mm,厚9mm  ・接着:特類  ・等級:2級  ・品質:C-D 先日、大雨(台風)があったのですが、建築作業をしている工務店は特に養生をしていなかったため 構造用合板がずぶぬれになっていました。(4日連続で雨風にさらされました) 建物内からも構造用合板が湿っているのが分かり、板が波打っていました。(20mm程反っていた) 釘ピッチは基準法の規定どおりのピッチで打っています。 翌日再度確認しに行ったところ、構造用合板に一部ひび割れがありました。 まだ湿っている状態で、相変わらず板は波打っていました。 機能的、耐力的に問題がないか教えて頂けないでしょうか。 交換すべきかの判断ができなくて困っています。 よろしくお願いします。

  • 外張断熱の構造用合板について

    外張断熱の構造用合板について 現在、木造在来工法で外張断熱を考えてますが、断熱の内側に「構造用合板」を貼るべきか迷ってます。地元工務店では貼る必要ないとのことですが、もし貼るなら9mmの合板がオプションになるそうです。地域は青森県、構造用合板を壁面に貼るべきでしょうか?また、床下、屋根下にも構造用合板を貼るべきでしょうか?それから、輻射熱シートは貼るべきでしょうか?断熱材のあとに防湿シートのみのようなのですが・・

  • ラワン合板は構造用合板として認められますか

    ラワン合板は構造用合板として認められるのでしょうか。 木造住宅の構造強度上有効な壁に使用する構造用合板について、ラワン合板を使う場合は建築基準法上は認めらるのですか。 教えてください。

  • 構造用合板の3尺×8尺が売っていない

    2バイ4工法で部屋を作っているのですが、近くのホームセンターにサブロクの構造用合板しか置いてありません。 もし取り寄せに時間がかかると言われた場合、サブロクを切り貼りして壁を作っても強度に問題はないでしょうか。

  • 床の構造用合板がびしょ濡れです。

    在来工法で木造住宅を建築中です。(近畿地方です) 一昨日、棟上をし、昨日は筋交いを取り付けていました。 (外壁等はまだできていません) 3階のベランダに当たる部分には屋根がないため、ブルーシートで 養生がしてありましたが、不十分だったのか雪がかなり入り込んで、 1,2,3階すべての床の構造用合板に大きな水溜りができていました。 3階から2階、2階から1階へと雨漏りしている状態です。 この時期、すぐに乾くとは思えないのですが、半乾きのまま工事を 進めるのはまずいでしょうか?(床が腐るなど) 雨が吹き込むことはあると考えると、たいした問題ではないのかな とも思っていますが、不安です。 ちなみに根太無しタイプで、「ネダノン」という構造用合板を直接、 土台、大引きに固定するようになっています。 どなたか、ご回答をよろしくお願いします。

  • 構造用合板仕上げ

    新築の部屋の一部がコスト削減で「構造用合板仕上げ(12.5mm)」 です。 今建築中なんですが、天井の「構造用合板現し」よりかなり「雑」な感じがするのです。表面が毛羽立っているし、木目模様もベニヤ感があってバラバラというか・・・。 一般的に「構造用合板仕上げ」という場合は、特に何の仕上げもしないのでしょうか?それともまだ作業の途中で、これから変わってくるのでしょうか?教えてください。

  • 構造用合板を使った在来工法の壁量の算定について

    構造用合板を使った在来工法の壁量の算定についてなんですが、 例えば、1365のスパンの壁に柱が3本あったとします。 柱のピッチは910の所に1本、それから455行った所に1本。 この場合、構造用合板を柱の外側に打ちつけた場合、 耐力壁は1365になるのか、柱の間隔が455の所があるから 910の所しか耐力壁とみなさないのかどうか 教えてください。 壁は以下のような感じです。   1365  910 455 ______ ■  ■ ■

  • 構造用面材について

    現在、木造在来工法で建築予定ですが、大壁工法で外側に 12mmの構造用合板を貼るそうです。 そこで教えて頂きたいのですが、構造用合板には1級と2級 があるようですが、同じ厚さの場合強度的に 違いがあるのでしょうか?施主からその指定をした方が いいのでしょうか? また、他にもMDFやダイライトなどの構造用面材があります が同じ厚さで比較して強度などはどうなのでしょうか? コスト的にもいかがでしょうか? それから、上記以外でも良い構造用面材があればご教示 下さい。宜しくお願いします。

  • 構造用合板のはがれについて

    現在、2x4で家を建築中で、もうすぐ屋根が付くといった状態です。 この間、現場を見に行ったところ、壁の構造用合板(厚さ9mm)の一部に、第一層部分のはがれがあることに気付きました。 合板は厚さ3mmくらいの板が3枚貼り合わさっているようなので、はがれがある部分の合板の厚さは6mmくらいです。 はがれの大きさは、最大の部分で幅50mmくらい、長さ200mmくらいです。 業者の方に確認したところ、第一層のはがれについては、JASの規格で幅、高さとも全体の1/3まではOKであり問題ないとのことでした。 規格上問題ないとしても、このようなはがれのある合板は普通に使用されるものなのでしょうか? はがれのない合板への張替を強く希望したほうがよいものでしょうか? こういったことに詳しい方がいらっしゃいましたら、意見を伺いたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

  • 建築中の壁パネル(構造用合板)の雨濡れについて教えてください

    木造在来軸組工法で、耐力壁として外周に構造用合板9ミリを貼っています。 現在その外周の合板を貼って、サッシ&ガラスは入った状態です。 透湿防水シートはまだです。(建て方の第3者機関のチェックがあるので) そこに結構な雨が降り、外周の合板がかなり濡れてしまいました。 1日あれば乾くと大工さんは言われるのですが、中まできちんと乾くのか心配です。強度的には問題はないのでしょうか? 一般的には養生はしないものですか? お話を聞かせてください。