締切済み

もう自分では忘れてしまったサラ金をどこの会社から借りていたか調べることはできますか?

  • 困ってます
  • 質問No.5251332
  • 閲覧数130
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/2)

非常に恥ずかしいお話ではありますが、私は7年前に家族に頼まれ、大手サラ金数社から計200万円程度の借金をしてしまいました。
さらに家族からの暴力に耐えかね、身を隠すように私が子供を連れて夜逃げをしてしまい、過去に一度の返済もないまま現在に到ります。

その過去の清算をしたいと思い、知り合いに相談したところ、「過去5年以上の借金は法人相手であれば時効により無効だがその時効が延長されている可能性もある」と言われ、私のほうで調べたところ、どうやらその通りのようです。

こうして身を隠しながら生活していた身ではありますが、子供がそろそろ小学校に入学することもあり、住民票を現在住んでいる実家に移し、身を安定させようと思ったのですがひとつだけ心懸かりがあります。
それは、子供が過去私が借金をし、夜逃げ同然で家を出た際に自律神経失調症となってしまったことです。
私が住民票を移したとたんに、過去のような督促状の嵐や取り立てが実家に来ないかどうか不安です。
それで子供が昔の症状を再発しないか不安で仕方ありません。
実家には借金を持ったままということは知られていますが、子供には一切知らせていません。

できれば過去の借金は清算したいとは思っておりますが私の生活水準では200万円の借金を払い続けながらまっとうな生活は困難だと思い、督促が来た場合、汚い手段ではあると思いますが、「時効の援用」を適用しようとも考えています。
ですが7年も前の話であり、私自身がどの会社から借り入れをしたのかすら忘れている状態で、このまま住民表を実家に移した際どのような事になるのか不安で仕方ないのです。
ですから、事前にどの会社から借り入れをしたのか調べることができましたら、少なくとも子供に知られずにその債務に対応できると思いました。

どなたか知恵をお貸しくだされば幸いです。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 0% (0/0)

以前、借り入れをしたときの個人情報(住所・姓)を覚えていらっしゃるとすれば
その情報を元に、自分の信用情報(借り入れ状況・どこでいくらまでわかります)をしらべることができます。
ただし、本人確認書類が必要になるので、それをお持ちであることが前提です。
7年間住民票を移していないということは、難しいですかね?
大手サラ金ならば、日本信用情報機構でよいのではないでしょうか?
郵送なら1000円くらいの手数料でできます。

住民票の異動については、軽率なことはいえないですね。
10年くらい前の消費者金融での話しですが、社員が会社の代理として
逃亡の可能性があり、債権回収の為ということで、債務者の住民票を取っていました。
現在の話ではありませんので、参考までとしてください。

自分で調べることが困難な場合は、やはり弁護士に相談するのが一番だとおもいます。
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに
  • 回答No.1

借入れをした住所地をそのままにしてあるわけですね。
時効の援用は権利として可能ですが、それ以前に時効になってるか否かが問題になると私は思いました。

夜逃げ前の住所地に、それなりに時効中断措置である請求がされてる可能性が高いです。

しかしそれを確認する方法が困難かなと存じます。

今ここに住んでるんだけど、まだ残金がありますか?
などと言い出せばここぞとばかりに「払ってくれ」と言い出すでしょうし。
時効になってませんかと言い出せば、中断措置はしてますと来るでしょう。

弁護士などの専門家に頼んで確認をしてもらうという手があるでしょうが、費用がかかります。

住民票の異動は債権者に一般的には知られるところではありませんが、債権者が弁護士を使って調べることは否定できませんから、御懸念も最もです。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ