• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

化学平衡に関する問題

A⇒B (速度定数K1) A←B  (速度定数K-1) A+B⇒C (速度定数K2) の時、 (1)Aの濃度の時間変化を表す式は d[A]/dt=-K1[A]+(k-1)[B]-K2[A][B]となる。この時のB,Cに関する濃度の時間との関係を示せ (解答)d[B]/dt=K1[A]-(k-1)[B]-K2[A][B] d[C]/dt=K2[A][B] あってますか?? (2)Bがごく微量、一定濃度で存在する時、Bの濃度をAの濃度の関数として表せ。 (解答) [B]=k1[A] でしょうか?全く分りません (3)(2)の時Aが減少する速度とCが生成する速度をそれぞれAの濃度の関数として示せ。 また、Cの生成反応が1次になるのはどのような場合か。 全く分りません。Cの生成反応が1次になるのはどのような場合か=Sn1かE1反応でCができる時というのは答えになりませんよね? (4)AがCH3CHOのときBとCを構造式で表せ Bは CH3=CH(OH) CはAとBが脱水縮合したものですか?? お願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数139
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#160321

なあんだ、積分しなくて良いのか。なら分かります。 Bの増加はAの減少のみ、 Bの減少はAの増加(K-1)[B]とCの生成K2[B][A]だから d[B]/dt=K1[A]-(K-1)[B]-K2[B][A] だから正解。 Cの増加はもう出してある。…d[C]/dt=K2[B][A] これも正解。 (2)これは[初期平衡」という奴で、d[B]/dtの第三項目を無視するので、 d[B]/dt=K1[A]-(K-1)[B]、さらにBに変化が無いとすると、 d[B]/dt=0 K1[A]=(K-1)[B]あるいは、 [A]/[B]=(K-1)/K1 (3) Cの生成速度は (2)の仮定からBの濃度が、 [B]=K1[A]/(K-1)になるので d[C]/dt=K2[B][A]を使って d[C]/dt=K1K2[A]^2/(K-1) Aの減少速度も[B]=K1[A]/(K-1)を代入するだけ。 うーん一次になるのは…忘れた(恥; (4)はそれで良いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 化学平衡の基礎

    A+B⇔2C という可逆反応が成立しているとき ・正反応の速度が  V=k[A][B]で表される ・逆反応の速度が  V=k[C]^2で表される                とする    正反応においてCの生成速度が、9,0×10^(-2)    ABの初期濃度は3,0 であるとき 物質Aに着目して 正反応において、係数比より Aの減少速度はCの生成速度の二分の一倍なので 4,5×10^(-2)になり 速度定数は5,0×10^(-3)になると思うのですが 答えが違い、どうにも理解できません。 正しい速度定数は1,0×10^(-2)でした どこが間違っているのか分かりません。 よろしくお願い致します。

  • アセトアルデヒドの分解反応の速度定数

    試験の問題でアセトアルデヒドの分解反応の問題があるのですが解き方がわかりません。 解き方を教えてください。 問い アセトアルデヒドの分解反応はメチルラジカル(CH3・)によって進行する。 以下の素反応から定常状態近似を使って、メタン生成の速度式をアセトアルデヒドの濃度[CH3CHO]および各速度定数を用いて求めなさい。(ラジカルは ・ で表示しています。) 素反応 1 CH3CHO→CH3・+CHO・      速度定数k1  2 CH3・+CH3CHO→CH4+CH3CO・ 速度定数k2 3 CH3CO→CO+CH3・         速度定数k3 4 2CH3・→C2H6             速度定数k4 この問題に対して私は以下のように考えました。 定常状態近似を使うので中間体のCHO・、CH3・、CH3CO・の 濃度の時間変化がゼロであると考え、 d[CHO・]/dt=k1[CH3CHO]=0 d[CH3・]/dt=k1[CH3CHO]+k3[CH3CO・]     -k2[CH3・][CH3CO・]-k4[CH3・][CH3・]=0 d[CHCO・]/dt=k2][CH3・][CH3CHO]            -k3[CH3CO・]=0 になると考えました。 でも上記式から -d/[CH3CHO]dt=k1[CH3CHO]             +k2[CH3・][CH3CO・] を解こうとしたら解けませんでした。 この問いはどの様にしたらよいのでしょうか? 解き方、どこが間違っているかを教えて欲しいです。 よろしくお願いします。                          

  • 生化学-酵素反応速度論の問題について

    生化学-酵素反応速度論の問題について 以下の問題がわかりません。 〈問1〉 全反応(総括反応) X+Y→2Pにおいて、反応機構は中間体 I を含む下記の三つ素反応で示されるものとする。物質X、Y、I、Pの濃度をそれぞれ[X]、[Y]、[I]、[P]として、下記の(1)~(3)に答えよ。 X→k1→I I→k-1→X I+Y→k2→2P (1)生成物Pの微分型速度式(d[P]/dt)を示せ。 (2)中間体Iの微分型速度式(d[I]/dt)を示せ。 (3)上記の中間体Iの濃度は時間変化しないものと仮定してPの微分型速度式(d[P]/dt)を示せ。 〈問2〉 以下の式(1)に従う酵素反応がある。その反応の定常状態において、ES'の濃度は一定である。 E+S←Ks→ES→k1→ES'→k2→E+P …(1) 律速段階はES'から反応産物Pが生成する段階であり、Xは基質から遊離される部分、ES'は基質の残りの部分が 酵素に結合した複合体を表している。なお、基質Sは大過剰であり、酵素反応中において一定であるものとする。 以下の(1)~(4)に答えよ。 (1)d[ES']/dtを記述し、定常状態におけるES'複合体の濃度を、速度定数と[ES]で表せ。 (2)全酵素濃度Etは、Et=[E]+[ES]+[ES']で表される。Etを[ES]、速度定数、解離定数Ks、基質濃度[S]で表せ。 (3)式(1)の反応速度は、v=k1[ES]で表される。反応速度vを、Et、[S]、Ksと速度定数で表せ。また、実験的に求められるKmを速度定数とKsで、Vmaxを速度定数とEtで表せ。 (4)キモトリプシンの加水分解反応は式(1)に従う。エステルであるp-nitrophenyl acetateをキモトリプシンの基質にしたとき、式(1)のXに該当する物質の構造式を示せ。また、ES'に相当する複合体では基質の残りの部分がどのように酵素に結合しているのかを述べよ。 上記2問がわかりません。 解に導く順序やヒントを示していただければ幸いです。全解答を示していただけたらさらに幸いです。 ちなみに、問1のk1、k-1、k2は右辺から左辺に反応が移項する際の速度定数です。 また、問2の式(1)のKsは可逆反応における解離定数を表しています。 よろしく御願いします。

  • 化学平衡の問題

    この問題を解いて、解説していただけないでしょうか? 【問】 酢酸2molとエタノール3molを反応させると酢酸エチルと水が生成された。 溶液の全量を1.5L、この温度での濃度並行定数をKc=3として、平衡状態での酢酸エチルの物質量を求めよ。 【自分なりに・・・】 Kc=[CH3COOC2H5][H2O]/[CH3COOH][C2H5OH] 3=(X^2/1.5)/(2-X/1.5)(3-X/1.5) ここまで例題を見ながらやりました しかし、ここまでもあっているかわからず最後まで求める方法がわかりません。

  • 反応速度論

    反応速度論について聞きたいんですが。 『A+B⇔C→D という化学反応でk1 , k1' , k2 をそれぞれA+B⇔Cの正反応の速度定数、A+B⇄Cの逆反応の速度定数、C→Dの速度定数とします。 このとき各A、C、D、について濃度が時間とともにどのように変化するかしきで表しなさい。A、Bの最初の濃度は0でなく、C、Dの最初の濃度は0とする。またA+B⇄Cは平衡であると仮定してよい。』 1. d[A]/dt = -k1[A][B] + k1'[C] 2. d[C]/dt = k1[A][B] - k1'[C] - k2[C] 3. d[D/dt] = k2[C] 4. [C]/([A][B]) = k1/k1' (平衡であると仮定したため) この4個の式が成り立ちますよね。 で、平衡状態の元ではC→Dは一次の反応なので [C] = [C]o e^(-k2t) となります。それで4の式より [C] = k1/k1' [A]o[B]o e^(-k2t) となりますよね。 Cの濃度変化は求められたのですがA、Dについてがよくわかりません。 1の式はどのように解いたらいいのでしょうか? Aの濃度変化がわかれば質量保存から [D] = [A]o - ([A]+[C]) で出せますよね? どなたかわかる方ヒントなどください。よろしくお願いします。

  • 速度式について以下の問題を教えていただきたいです。

    他に相談できる人がおらず困り果ててしまっています。 どうかご教授よろしくお願いします。 化合物XHは水溶液中で反応 XH → Y + H2O 速度定数 Kobs に従って分解する。Kobsは見かけ上の速度定数である。 この反応について実測された反応像度式は、 d[Y]/dt = Kobs * [XH]/[H+] である。この反応について以下の反応機構が提案されている。 (1) XH → X- + H+  速度定数 K1 X- + H+ → XH  速度定数 K-1 (2) X- → Y + OH-  速度定数 K2 (3) H+ + OH- → H2O 速度定数 K3  本反応機構について、次の1または2の仮定のもとに反応速度式を考える。 1.反応(1)は速やかに平衡が成立し、反応ステップ(2)が律速であると仮定する。  (a)ステップ(1)の平衡定数KをK1とK-1を用いて表せ。 (b)反応速度式をK1、K-1、K2、[XH]、および[H+]を用いて表せ。    またKobsをK1、K-1およびK2を用いて表せ。 2.反応中間体X-の濃度に定常状態の近似が成り立つと仮定する。  反応速度式をK1、K-1、K2、[XH]、および[H+]を用いて表せ。

  • 化学平衡について

    酢酸CH3COOH 2molとエタノールC2H5OH 3mol を下式のように反応させて、 CH3COOH+C2H5OH ⇔ CH3COOC2H5+H2O 溶液の全量を1.5l、この温度での濃度平衡定数を3として平衡状態での酢酸エチルCH3COOC2H5の物質量はいくらですか?

  • 平衡について教えてください。お願いします。

    水素とヨウ素各2モルを10リットルの容器で457℃で平衡定数49の正反応、逆反応の速度定数がk1、k2で与えられたとき、ヨウ化水素が生成する最初の反応速度の求め方、さらに、この反応で457℃で反応容器を5リットルにした時の生反応速度は圧縮前の何倍かという問題なのですが、どこから考えればいいのか全く分りません。よろしくお願いたします。

  • 化学平衡続き

    前回質問しそびれた分があったので再び。 問題文:化合物Aを加えたところ、分解反応が起こり、化合物B及びCが生成し始めた。10秒経過したところで反応は、 A⇄B+2C で表される平衡状態に達した。 初期反応(0秒後)の反応初期の化合物Aの濃度は10mol/L、化合物B及びCも濃度は0であったとする。また、反応開始10秒後の化合物Cの濃度は16mol/Lであったとする。 ※温度は常に一定 10秒後の化合物Aの濃度→2mol/L 〃 化合物Bの濃度→8mol/L Q1.右向きの反応速度が最も大きいと考えられるのは、反応開始0秒後、5秒後、10秒後のうちいずれか。 Q2.反応系の体積が350mlである場合、反応開始10秒後の化合物A、B、Cの物質量はそれぞれ何molか。 Q3.反応開始5秒後における右向きの反応速度と左向きの反応速度の関係を等号または不等号で表わせ。 以上です。宜しくお願いします。

  • 化学平衡の問題です。

    化学平衡の問題です。 酢酸120gとメタノール64gをエステル反応させた (1)濃度平衡定数を4.0とすると平衡時に何gのエステルが生成するか。 (2)(1)の状態にある反応系に水54g加えたとき、平衡時に存在するエステルは何gか。 という問題です。 (1)の方は自信はないですが解いてみたところ98.7gになりました。 (2)に関してはどうやって解けばいいのかさっぱり分かりません。 答えだけでなく解法も教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。