• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

おとぎ話のような…

先日、外出している時に雨が降ってきたので 長男4才に「この雨が食べるアメだったら、傘がなくても食べながら帰れるのにね」と言うと、 「じゃあ雪はソフトクリームだったらいいな~」 「食べれなくても雪がいろんな色だったらいいのにね♪」 と楽しい話がだんだん広がってきました。 今はまだ4才なのでそれ程話も広がらないのですが これからもっとこんな話ができるようになってくると、楽しいだろうな~と思います。 「三日月の上で寝てみたい」 「たくさんの風船で空を飛びたい」 「虹のすべり台を滑ってみたい」 こんなおとぎ話のようなメルヘンチックな想像… 皆さんの心にはどんなメルヘンがありますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数138
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • unma
  • ベストアンサー率19% (63/320)

現実主義の私がたったひとつだけ思い浮かぶメルヘン、それは・・・・・・! 赤ちゃんの肩甲骨あたりにくぼみができるのは、目には見えない天使の羽が、あそこから生えているからだ! と、かたく信じて疑わない私は、三十路直前です・・・・・・お粗末でした。 そして、普段冷めてる私にここまで言わせる我が子の存在は、す、すごい・・・・・・です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

unmaさん、ありがとうございます(^▽^) お礼が遅くなってしまいました。申し訳ありません(>_<) >赤ちゃんの肩甲骨あたりにくぼみができるのは、目には見えない天使の羽が、あそこから生えているからだ! > うわ~~~(*’○’*)!!これは本当に素敵な発想だと思いました。 大げさではなく、感動してしまいましたよ~(*^o^*) 本当にそうだと思えるほど、子供って天使ですよね(*∩_∩) 子供の匂いって石鹸の匂いとはまた違った、い~匂いがして… どんな嫌なことがあっても、子供の胸に顔をうずめると嘘のようにすぅ~っと消えていっちゃいます。 「あの匂い、人工的に作りだせないのかな…そしたら子供達が大きくなってからもずっとかいでいられるのに」 と、うちの夫がよく言っております(^_^) ほんとにそんなことが出来るんだったら絶対買っちゃう!と思うのですが、 あの匂いばっかりは作れないでしょうね~。 それならせめてなんとか保存できないものか…と思ってしまいますが、 たとえ作れても保存できても、実際に子供を通した匂いじゃないから、きっと全然違ってしまうのでしょうね。 あの匂いは、きっと天界の花々の香りなんだわ… な~んて。…メルヘンにもほどがある~~(* ̄∇ ̄*)かあぁ とっても素敵なご回答、ありがとうございました(^^*) 赤ちゃんを見るたびに、きっとこのお話を思い出すんだろうな♪

質問者からの補足

みなさんのご回答…本当に素敵なものばかりで メルヘンの世界を満喫させていただきました(*∩_∩) ストレスが溜まった時、嫌なことがあった時、 見れば心がほのぼのと和らぐ… 私の中でとても大切な質問になりました。 これからも、子ども達とこんなかわいくて楽しい話、 たくさんしていけたらな…と思います。 ポイントですが…いつも迷いますが 今回は本当にみなさんに差し上げたい気持ちでいっぱいです! ですが選ばなければ…(>_<、) と、涙を飲んで、メルヘンチックな気持ちになれた順にさせていただきましたm(__)m みなさん、ありがとうございました(^^*)

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

子供の世界観って本当に素敵!楽しそう。 ありますあります「星の金平糖、振ってこないかな~」とか思ってましたよ~。 私はとくにアイドルでした。 壊れた昔のお父さんのギター(弦が2本しかない)と白いフワフワワンピ着て、畑の路肩で「みんなのうた」を歌って世界作ってました。気分はヒッピー。でもギターひけてない(笑)。 歌い終ると「みんなーどうもありがとう~」って観客が野菜(笑)。 なんであんなに楽しかったんだろう、今やっても虚しいだけだなー。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

sakula25さん、ありがとうございます(^▽^) >「星の金平糖、振ってこないかな~」 > うわ~~♪メルヘンですっ(*^o^*) 星の金平糖…いいなぁ。きれいでかわいくって…(* v▽v) 何より、飴よりも降ってきても痛そうじゃないので、実用的(?)です! (笑) 積もっても綺麗だろうなぁ~♪ 関係ない話なのですが、「こんぺいとう」を変換したら 「コンペ伊藤」と出てくるうちのパソコンは本当に“使えない”と思いました。 すみません。どうしても誰かに言いたくて… そして >壊れた昔のお父さんのギター(弦が2本しかない)と白いフワフワワンピ着て、畑の路肩で「みんなのうた」を歌って > …な~んて可愛い女の子なんでしょうか(>▽<) >歌い終ると「みんなーどうもありがとう~」って観客が野菜(笑)。 > かっ…かわいすぎるぅ~~~(ノ▽<*)くーっ! その姿…想像しただけでもうメルヘンです! 野菜達もきっと拍手喝采だったに違いありません(^.^) 子供の頃って本当に、色んなことに楽しさとか喜びを見出してましたよね。 道端に落ちていた石ころは宝石だったし、破れた金網はニンジャの抜け道で… ゲームやおもちゃなんかなくったって、棒っきれや拾い集めた落ち葉を遊び道具に…日暮れまでずっと遊んでいられました。 目に映るもの、全てがきらきらしていた… そんな気持ち、いつまでも忘れたくないですね(^-^) ありがとうございました(^^*)

  • 回答No.3
noname#10814
noname#10814

今は、現実にどっぷりハマっちゃってますが ちいさい頃は相当に妄想入ってました(^_^;) ※小学生時代・その1・・・ 『白馬に乗った王子様が、いつか私を迎えに来てくれるんだわ』 と「信じて疑わなかった」。 ※その2・・・ 母に怒られて泣きながら寝てた時・・ きっと素敵な王子様が「白雪姫」のように、キスして起こしてくれるんだ~♪ と「思っていた」。 (母親がママハハに見えた・爆) ※学生時代・・・ 「エースをねらえ!」に影響され、テニス部に入った私。 「藤堂さん」のような男子の先輩が・・・ 『○○君、頑張るキミが素敵だよ』とフェンス越しに 私にボールを渡してくれると「思っていた」。 (少女マンガの読み過ぎ・1) ※思春期・・・ プロポーズの言葉は『キミがボクの運命の人。一生キミを愛するよ。』 と勝手に「思っていた」。 (少女マンガの読み過ぎ・2) へ?実際のケッカですか? ・・・聞かないでぇぇー(突っ伏す) ですが。 今でも思うことはありますよ。 「海のトリトン」(古い~)のように、 海中で自由にイルカや魚と一緒に過ごせたらなぁ・・・ とはマジで思います。 「ハイジ」のように、雲の上のベッドで寝てみたい、ってのも。 但し、重みに耐えられなくて雲が落下するか(爆) イヤイヤ、オハズカシイ・・・(うぎゃ)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

fairysnowさん、ありがとうございます(^ー^*) 夢見る少女だったんですね♪かわいいのばっかりだな~(*^^*) 白馬に乗った王子様…私も思ってました(^.^) 小さい頃ですからね…。“素敵な男性”の比喩なんかじゃあもちろんなく、 本当にちくちくの襟みたいなのをつけて、ふくらんだ半ズボン(?)に白タイツ、の王子様が来るもんだと…。 今そういう格好した人が来たら、どんなにかっこよくてもひきますね…(笑) どんなにかっこいい人をも台無しにしてしまうあの格好…恐るべし… (完全に話ずれてる) >素敵な王子様が「白雪姫」のように、キス… > おお!小学生でなんてロマンチックなことを…(^^*) でもお母さまがママハハだなんて(笑) そういえば私、子供の頃「私って本当にお父さんとお母さんの子供…?」なんて、 何の根拠もなく悲劇のヒロインぶってましたね~。(漫画の見すぎ) 間違いなく親子だっつーの。ものすごく両方に似てるっつーの。 >「藤堂さん」のような男子の先輩が・・・ >『○○君、頑張るキミが素敵だよ』 > 「エースをねらえ!」ですかー(^.^)あははは!…○○君…(笑) ○○君…一度は言われてみたいですよね(笑) 少女マンガは影響されますよね~!うんうん♪ >プロポーズの言葉は『キミがボクの運命の人。一生キミを愛するよ。』 > ええ、ええ、そりゃあロマンチックな言葉を…私も思い描いていましたよっ!!! でも…現実は…ううっ…(突っ伏す) fairysnowさんは…どんな現実だったんでしょうか。 負けない自信ありますよ~!こっちの方がひどい、ってことで(笑) >「海のトリトン」(古い~)のように、 >海中で自由にイルカや魚と一緒に過ごせたらなぁ・・・> 人魚族の最後の生き残りである少年トリトンが、海の支配者ポセイドン一族と闘う海洋冒険SFマンガ… ですか(^.^) 人魚…この響きだけで、も~ウットリです。 >海中で自由にイルカや魚と一緒に過ごせたらなぁ・・・ > いいですね~(* v v)うっとり。そして、ごぼがぼっ…とかならずに普通に水中で話がしたい! >「ハイジ」のように、雲の上のベッドで寝てみたい > お~!雲のベッド(>▽<) それでキント雲みたいにどこでも自在に行けたらな~… 夢の中でさえも空を飛んだことがないんですよね…私。うう(ノ_<。) せめて夢の中だけでもメルヘンしたいです。 ありがとうございました(^^*)

  • 回答No.2
  • okomama
  • ベストアンサー率26% (18/69)

こんにちわ! 毎日仕事と育児に追われ、殺伐とした中、ほのぼのとさせていただきました。 うちのメルヘンチックな・・といえば 娘3才の野望 ・8階に住んでいるので大きくなったら雲の上に乗って空をお散歩できると思っています。 ・大きくなったらママに大きなおうちを買ってあげるから、いっぱいおもちゃで遊ぼうね(涙・・) ・太陽さんは雲さんとおにごっこしていっぱい遊んだから、お月様と交代するの。お月様はお星さまとかくれんんぼするんだよ。 だから食べられれちゃったお月様のお顔をなおしてあげなきゃ!(満月じゃない時) ・ママぁ お花さんがお水ちょうだいって言ってるよ!!(聞こえるのか?) 母(私)の野望 ・今はシンデレラのように朝から晩まで働いて、子育てして頑張っているから、いつかはきっと王子様が現れて「働かなくていいよ。子供のそばにいてあげなさい」と言ってくれる・・・いるかな・・いるわきゃないよねぇ~。 ・魔法使いになりたい!!! そしたら、みんなが幸せになれるおまじないをかけるのに・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

okomamaさん、ありがとうございます(^▽^) 毎日お疲れさまです!少しでもほのぼのしていただければ嬉しいです(^-^) 娘さんの野望… (笑) >雲の上に乗って空をお散歩 > いいですね~。私も小さい頃、雲はマシュマロみたいにふわふわで触ったり歩けたりすると信じてました! それができない…と知った時はどうしても信じられなくて…。 実際山に登って霧状になった雲を触った(手を泳がせた?)時はショックでしたね~。 でも飛行機から一面の雲のじゅうたんを見た時は「歩いてみたいな~…」といまだに思ってしまう私です。 >ママに大きなおうちを買ってあげる… > わ~これは嬉しいでしょうね~(*∩_∩) それで「いっぱいおもちゃで遊ぼうね」なんて…かわいいなぁ~(ノ_<。)く~っ >太陽さんは雲さんとおにごっこ… > これもかわいい♪3才でこんなこと言うなんてすごいですね~! 太陽は流れる雲と鬼ごっこ…お月様は雲間を渡ってお星さまとかくれんぼ…詩人の域ですね。 満月の時は安心して娘さんのお顔もにっこりまんまるなんでしょうか(^-^) お花の声もきっと聞こえるんですよ~(^^*) 子供って本当にそういう声が聞こえているんじゃ…と思う時がありますよね。 残念ながら聞こえなくなった身としては、教えてもらえると自分まで聞こえているような気持ちになれて嬉しいです(^-^) >いつかはきっと王子様が現れて… > 頑張ってるシンデレラにはきっと王子様が現れると、私も信じています(*∩_∩) >魔法使いになりたい!!! > みんなが幸せになれるおまじない…ほんとにそうですね。 でも娘さんにとってはもうとっくに、okomamaさんは幸せのおまじないをかけてくれる魔法使いなんでしょう。 愛が溢れるokomamaさんのご回答に、私もほんわか幸せになれるおまじないをかけてもらったようです(^.^) ありがとうございました♪

  • 回答No.1

お久しぶりです。 出かける直前に、ご質問を発見しましたので、 幼い頃の記憶をたどる時間がなく、 ここ最近に思った『メルヘンチックな想像』ですが。。 身体が、ミクロ、いや、電子単位にまで縮小し、 パソコンの線をたどって、 チャットしている相手の所までたどり着き、 涙している相手の肩を、 後ろからそっと抱いてやりたい。。。 う~ん、かなり、『大人バージョン』ですね。  笑 ・・・・・感電しないか?  と言う突っ込みはなしということで。 汗; (^^)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

kyouichi-7さん、お久しぶりです(^▽^) 一番乗り!ありがとうございます~♪ 最近のメルヘンチックな想像ですか。もちろん、もちろんOKですよ~(^^) 幼い頃に考えたこと、大人になってから想像したこと、はたまた今思いついたこと…なんでも大歓迎です♪ >身体が、ミクロ、いや、電子単位にまで縮小し、  パソコンの線をたどって… > これ、いいですね~(^.^) 普通小さくなる想像をする時って、みんなを驚かせたいとか、いたずらしたいとか、自分の願望を思い描くじゃないですか。 (私だけ?) それを人の為に小さくなりたいだなんて… 素敵です!メルヘンチックでなおかつロマンチックです(*^.^*) 誰がkyouichi-7さんにそこまで思わせるのか…気になるところですね~(*^O^*) 突っ込みは、もちろんナシですよ~。 それを言ったら「空から降る飴」なんて痛くてたまったもんじゃないし、 「空から降るソフトクリーム」や「色のついた雪」も、実際降ったらかなり大変なことになるでしょうから…(笑;) つっこみ禁止がメルヘンの鉄則、ってことで(^.^) ありがとうございました♪

関連するQ&A

  • まんが日本むかしばなしでかさこじそうの雨バージョンのタイトル

    何年か前に、まんが日本むかしばなしでかさこじぞうの雨バージョンを見ました。 普通かさこじぞうって雪のしんしん降る中で、じぞうさんがじっと立っているのをかわいそうに思って、傘をかぶせてあげる話ですが、それの雨バージョンがあるんだと、驚いたのでした。 どんなタイトルだったのか、また、どんな話だったか詳しく覚えておられるかたがいたら、教えてください。 よろしくお願いします。 たしか、最後おじぞうさんは、棺おけのおけにお宝たくさんつめてきたような気がします。

  • しょせんすべてはおとぎ話。。。

    ここ2年近く、恋がうまくいきません。というよりしばらくしたら失望させられる男性ばかり近寄ってきます。私はずっと恋愛体質ではなく、恋が人生の優先順位ではありませんでした。自分の夢ややりたいことが一番でした。 ただ2年ほど前に大きな別れをしてから(自分が決めたこととはいえ心の傷はまだ完全に癒えてはいません)自分につけ込まれる何かがあったのでしょうか、上記に書いたような男性ばかりと出会ってしまいます。 20代の頃は自分は全くそんなつもりがなかったけれど「近寄るとひっぱたかれそう」とか「男性に対して厳しい」と言われてきて「君は俺なんか必要ないよ。自分の夢に向かってひとりで歩いていける人だ」と言われることがしょっちゅうでした。 なのにここ2年ぐらいは 君とは友達になりたい、といいつつしばらくすると身体の関係を求めてくる男や口が浮くような綺麗ごとや優しい言葉をいい、でもおいしいところどりしかしたくない男性、今大きな恋愛が終わって恋をする余裕がないんだ、といいながら恋愛ごっこのように身体を求めてくる男性、この手の男性ばっかりです。もちろん私は断ってきました。 でも最初はいい人ぶって近寄ってきただけに「友達ならいいかも」と信じてしばらく会い続けた自分に腹が立つし、そんなふうな男性ばかり寄ってくるのは私に落ち度や隙があるのだと自己嫌悪になりました。 昔の自分とは大違いです。 自分としては男性への接し方を特に変えたわけでもありませんし、今でも恋愛体質ではありません。ただ30代も後半になってある程度男性に対して丸くなったのは確かですがそれがいけないのかどうか。。 幸い最高の女友達に恵まれているので、彼がいなくても充分楽しいです。 それだけに一瞬でも相手に期待したり初期の段階でもしかしたらこのままいってお互いいいと思えたら恋人同士になるならそれも悪くないななんて思った自分が大バカものに思えます。 誠実で思いやりがあって正直な男性なんてそうそういるもんじゃないし、そんな相手が自分の前にあらわれるとも限らない。 あーもういい、一生男なんてものはいらない、なんてドアを完全に閉めようとしている自分がいます。 友達はそれでも「男運や男の縁が悪いようには見えない。ちゃんと初期に見抜いて自分というものを守ってるよ」「かしこくすりぬけてるよ」とか言われます。また数少ない信頼できる男性からは「恋愛体質じゃないせいかもしれないけれど、自分が思ってる以上に男性は君に好意を持つ可能性が高いと思う。それをわかっておいたほうがいい」と言われます。 でも私の心は男性や恋への果てしない失望でいっぱいです。 最初から信頼できないのはあたりまえだとわかるのですが、信頼を積み上げていこうとしてもがたがたと崩れるだけです。 もうどんな男性も信じられそうもありません。 こんな私にはやっぱり女友達とわいわいやって生きて行くのが似合っているのでしょうか。 ここ2年、4人もの不誠実な男性が近づくというのはやはり私に落ち度がありますよね。 こんなふうな思いをされた事がある方、またその他の方にも何かアドバイスをいただけたらと思います。

  • おとぎ話を作ってみました。

    感想を聞かせてください。 「サルと大きな果樹の物語。」 昔々、ある所にサルの群れが暮らしていました。 サルたちは、大樹にぶら下がり果実をたべ、寒い日には、果樹の枝を薪にしました。 やがて、数が増えたサルは、全ての果実を取った上、たくさんの枝を切り薪にしてしまいました。 次の年には、果樹は、少ししか果実を実りませんでした。 サルの群れは、一匹当たりの分け前が減り、食べ物に困ってしまいました。 ある日、群れの中で、最も頭の悪いサルが言い出しました。 「高等な、我らが空腹なのは、我らのために、果実を実らせない果樹のせいでだ!」 「高等な、我らが寒いのは、我らのために、枝を伸ばさない果樹のせいだ!」 そして、サルたちは、群れで果樹に不満をぶつけ、殴りました。 「我らに、もっと与えろ!」 問題を、他人のせいにし始めました。 社会主義の始まりです。 しかし、枝を切り取られ、弱ったその果樹は、下を向いたまま何も言いませんでした。 そのサルが続けて言いました。 「高等な我らの、命令が聞けないのなら、我らはお前を殺すぞ!」 それでも果樹は、ただ下を向いたままでした。 「そうか。」 「それがお前の返事か。」 そう言うとサルたちは、果樹の首を切り落としました。 そしてサルは言いました。 「高等な我らに、逆らったお前が悪いのだ。悪いのは我々ではない。」 さらに、サルは続けました。 「果実の心配をする必要はない。なぜなら、隣のサルの群れを殺し、彼らの果樹を奪えばよいだけだ。」 「後は、我らを、脅かす優秀なサルを殺す、社会システムを作り上げれ、我らは安泰だ。」 独裁政治の始まりです。 下等なサルほど、自己評価が高く、より下等なサルをリーダーにし、より大きな群れを作ろうとします。 そして、より優秀な生物に対し、本能的に攻撃します。 つまり、非難し、命令し、侵害し、攻撃し、殺し、奪おうとします。 下等なサルの群れは、隣のサルの群れを虐殺し、果実を手に入れました。 となりの群れは、ユダヤ人達と呼ばれていました。 ナチズムの始まりです。 下等なサルの群れは、次々に隣の群れを襲い、果実を略奪し、果樹を薪にし続けました。 そして、地球を一周した、下等なサルの群れは、元いた場所にたどり着きました。 この時、どこにも果樹は無く、サルの群れは飢えました。 最も頭の悪いサルが、群れの中の弱いサルに言いました。 「高等な、俺が空腹なのは、お前が自身の腕や腿の肉を、差し出さないせいだ!」 サルは群れで、弱いサルを襲い、その肉を食べました。 侮辱の言葉が生まれました。 「俺の歯には、お前の母親の肉が詰まっている!」 イースター島の滅び再現の、始まりです。 そして、サル達は気づきました。 「こんな事になったのは、あの最も頭の悪いサルのせいだ!」 そして、群れのサルは、最も頭の悪いサルと、その近親者を襲い、食べてしまいました。 その近親者を食い尽くした群れは、近親者の近親者を襲い始めました。 もう誰にも止める事はできません。 気づくのが、遅すぎました。 愚かなサルの群れは、どこの国に住んでいるのでしょうか。 めでたしめでたし。

  • おとぎ話が好きです。

    私は日本のおとぎ話が好きです。何とも意味深な感じが好きです。 みなさんは、おとぎ話をどう捉えられますか?

  • おとぎ話

    僕の家の庭には、昔から離れがあった。 今はその離れには誰も住んでいないけど、僕のおじいさんのおじいさんの、そのまたおじいさんくらいの、ずっと昔の頃は僕の家の庭とお隣の家の庭を隔てる垣根もなくて、お隣の家の人たちも、その離れにやってきたりしていたことがあったみたいだ。 いつしか家の庭に垣根ができて、その離れは僕の家のものということになったみたいだけど、最近、お隣の家の人が頻繁に我が家の庭にやってきては、「その離れはもともとウチのものだったんだ」と言うようになった。 僕のお父さんは、「あそこは、もともと我が家のもので、お隣の家のものだったなんてことはない」と、取り合わない。 でも、お隣の家の人は毎日のように我が家の庭に入ってこようとして、離れが一体どっちのものか、をはっきりさせようとしているみたいだ。 それだけじゃなく、お隣の家の人は、ご近所の人たちにまで、「あそこの離れは、もともとウチのものだったんですよ。それを今はお隣の家のものということにされてしまっているので、私はただ、本来あるべき所有者に返してもらいたいと言ってるだけです」と言い回っている。 ご近所の人の一部は、「ちゃんと話し合って解決したらどうですか」という人もいるみたいだけど、僕のお父さんは「もともと我が家のものなのに、何を話し合うというんだね?」と一向に取り合わない。 たぶん話し合いになったら、お父さんも、お隣の家のおじさんも、お互いに自分の家のものだと言い張るだけで解決しないんじゃないかと思う。それで、どんどんエスカレートしていって、最悪の場合、我が家とお隣の関係が険悪になるだけじゃなく、我が家がこの街に住んでいることすら迷惑がかかることにもなっちゃうんじゃないか?なんて僕は心配している。 だって、お隣の家はとっても大きなお屋敷なんだけど、昔は貧乏で経済的に困っていたらしいのだけど、今はものすごく儲かっていて羽振りがよくなっているんだ。だから、最近じゃ、ご近所に対する影響力も大きくなっている。昔は僕のお父さんもご近所の中では、有名な名士だったらしいけど、今はちょっと景気が悪くて、ご近所も昔ほどお父さんのことを尊敬していないみたいだ。その代り、お隣のおじさんがご近所に対して発言力が増してきたってわけ。 ご近所さんも、お隣のおじさんのことを心から信用したり、尊敬したりしているようには見えないけれども、今はとにかくおじさんなくしては、この街の景気が成り立たなくなっちゃってるもんだから、みんな面と向かっておじさんに文句を言おうとする人がいないんだ。 でも、ここだけの話し、おじさんが貧乏だった時、我が家にやってきてお父さんにいろいろと教えを受けたり、お父さんから仕事を回してもらったりしていたことがあったんだ。そういうことを始めてから、おじさんの家が裕福になり始めたんだけどね。 その頃から、ちょっとしたいさかいやイザコザは、お父さんとおじさんの間にはあったけど、そのときはおじさんの方も自分の家の経済を立て直すことの方が優先で、当面の懸案はとりあえず棚上げしておきましょう、ということだったらしい。 それが、おじさんの家が復興して、むしろ僕の家よりも豊かになってきたものだから、おじさんもいろいろと言い出すようになったんじゃないかな? 少なくとも僕にはそう見えるけど。 さっき、話し合いをしても全く解決しないんじゃないかということを言ったけど、ご近所の人の中には、「離れ全部じゃなくて半分ずつにするとか、離れはお宅のものでいいから、土地はお隣のものにしてあげるとか、お互いに譲り合うことだってできるんじゃないの?」という人もいる。 でも、お父さんは「そんなことをしたら、そもそも離れがお隣の家のものだったのかもしれないということを、お父さんが認めていたことになっちゃうだろ?」うーん。言われてみると、そんな気がしないでもないけど…。 「それに、お父さんも昔は知らなかったんだけど、あの離れのある土地の周りは、とっても貴重な宝が埋まっているかもしれないという話しが、最近になってわかってきたんだ」、「だから、あの離れそのものだけじゃなくて、その周りの土地、正確に言うと地面の下も、お隣の家から見れば『自分のもの』と言いたいんだよ。いや、本心はあの離れが欲しいんじゃなくて、離れを所有することで、その周囲の土地が自分のものになる、そのことの方が、お隣の家にとっては価値があると考えているんじゃないかな」 「お父さんも、お宝の話が出た当初は、お隣の家と共同で発掘しようという相談をしていた時期もあったんだ。でも、いつしかお宝が思いのほかたくさんあるかもしれないということが話題になってきてから、お隣の様子がおかしくなっちゃったんだよね」 「お隣にしてみれば、そうやって離れがもともとは自分のものだったということが、ご近所全体の問題になってくれれば、その半分だけでも譲歩してやる、という態度を示すことで、自分は我慢して相手の言い分も認めてあげたという名誉も勝ち取れる上に、お宝の半分以上が自分のものになるんだとしたら、こんなボロ儲けはないだろう?」 そうか、それでこの間、お隣の家のお兄ちゃんが酔っ払って我が家の庭に入って、離れに近づこうとした時に、ウチのお兄ちゃんとイザコザになったことをきっかけに、お父さんが離れを法務局に登記したことがあって、それをお隣のおじさんがものすごく怒ったことがあったっけ。 その後、おじさんの怒りはまだ収まっていないらしく、去年もおじさんの家の中にあった、お父さんが出張の帰りにおじさんのために買ってきたお土産の置物なんかを壊していたという話を聞いたこともあるし、お母さんが作った夕食のおかずのおすそ分けなんかも、昔は喜んで受け取ってくれたのに、今では受け取ってくれようとしないんだ。まぁ、我が家でも、一昨年に台所が壊れる事故があって、おじさんが言うには「そんな危ない台所で作ったおかずなんか、何が混ざってしまっているか知れたもんじゃない」って言ってるんだけど。 たしかに、事故の直後はそうだったかもしれないけど、いまは台所もそれなりにきれいになってるんだけどなぁ。 それからも、お隣の人たちが我が家の庭に入ろうとする動きは止むことがなかったのだけど、つい最近、大変なことが起きた。 それは、隣のお兄ちゃんが、ウチのお兄ちゃんに対してナイフをちらつかせたんだ。 いままでは、そんな凶器が絡むような出来事はなかったのだけれど、今回は「いつでもお前らのことを刺そうと思えば刺せるんだぞ」ということを見せ付けられたような気がして、とっても不安になった。 お父さんは、すぐに隣のおじさんに「お宅のお子さんが、私の息子に向かってナイフをちらつかせましたよ。そんな行為は何の得にもならないからすぐに止めて下さい」と抗議したんだけど、今のところおじさんは「本当かどうか、キチンと調べてからご返事します」と言ったまま、まだ何も返事がない。 これまでの件については、いろいろと心配してくれている人もいて、とくに向こう横丁のご隠居さんはお父さんのことをよく面倒見てくれていることもあって、隣のおじさんにも何回か注意をしてくれたこともあるんだ。 「もし、お宅がお隣の離れの問題で、理不尽なトラブルを起こすようなら、あたしも黙っちゃいないよ」と何回か、お隣のおじさんに警告してくれたんだけど、今のところおじさんの方は、聞く耳を持っていないように見える。 まぁ、ご隠居さん自身も、隣のおじさんの機嫌を本当に損ねてしまったら、この街の景気にすごく影響力を持っているおじさんのことだから、街がどうなるかわからないという心配を持っていて、あまり強気に出られないということもあるんだろうけど。 これから僕の家、どうなっちゃうんだろう。

  • おとぎ話の“おとぎ”って何?

    質問は正にタイトルのままなのですが、辞書を見ても何かしっくり来ません。辞書では、“おとぎ”とは (1)(貴人の)話し相手をすること(人) (2)看護すること(人) (3)おとぎ話 (4)夜の慰みの相手 となっており、“おとぎ話”の説明にある「子供に聞かせる童話や昔話」というイメージと重なるものがありません。 ラジオを聞いていて何となく浮かんだ疑問なので、暇な時にでも回答をいただければ幸いです。

  • おとぎ話

    こんにちは。 日本では「桃太郎」や「浦島太郎」「かちかち山」などが有名なおとぎ話ですが、 アメリカでは何が有名なのでしょうか?クリスマス・キャロルぐらいしか 思いつかないのですが、今度図書館に行って是非 何か読んでみたいので、いくつか教えてもらえないでしょうか? お願いします。 *この質問はもしかすると違うカテゴリーかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 歯にまつわるおとぎ話

    知り合いが、世界の歯にまつわるおとぎ話を集めているのですが、日本でそういったおとぎ話があったかどうか思い出せず、皆様に伺いたく投稿します。 西洋のおとぎ話では、抜けた乳歯を枕の下に置いておくと、妖精がそれをお金に換えてくれる、というのがあるそうです。 日本にはそのような歯にまつわるおとぎ話があったでしょうか? ご存知でしたらどうぞお教えください。 よろしくお願いします。

  • おとぎ話の話

    2世代、若しくは三世代にわたって 浪人無、高学歴、高収入、早婚、早産、イジメにもあった事が無い家族いますか?

  • おとぎ話のSE

    おとぎ話(バンド)のSEに使用されている曲名を教えてください><!