• 締切
  • すぐに回答を!

英国の開発学系の大学院に進学するには??

  • 質問No.4932500
  • 閲覧数1797
  • ありがとう数2
  • 回答数3

お礼率 33% (2/6)

現在、早稲田大学法学部三年生の者です。

海外の大学院で開発学を学び、将来的にはUNDPやUNICEFでの勤務を希望しています。特に、イギリスではロンドン大学やサセックス大学など、開発学を深く学べる院が多く、国連職員もそこからの出身が多いようで、ぜひ学んでみたいと思っています。

しかし、イギリスの院は専門性が高く、いきなり入るのは困難であると聞きました。
特に、私のような法学部生は、学部課程で経済学系の教科を多く取っておらず、早稲田から目指すのは難しいと考えています。

また、残念ながらGPAも低く、2.8ほどしか見込めません。

そこで、三つの選択肢を考えました。

(1) 日本の開発学を学べる大学院で修士号を取得し、海外大学院の修士に挑戦。

(2) 早稲田大学卒業後に、専攻を法から経済に変更し、国内の大学で学士号をとり、その後海外の院へ。

(3) 早稲田大学卒業後に、専攻を法から経済に変更し、アメリカの大学で学士号をとり、その後海外の院へ。

今の自分にはこれぐらいしか思いつきませんでしたが、実際、どの道を選ぶべきかよくわかりません。。。アドバイスよろしくお願いします。

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 33% (1/3)

東京大学公共政策大学院(GraSPP)経済政策コース出身の者です。

英国でなく、米国ではダメでしょうか?米国であれば
・SIPA(コロンビア大学)
・SAIS(ジョンズホプキンス大学)
・Fletcher(タフツ大学)
などがあります。

また、東京大学公共政策大学院(GraSPP)はSIPAなどとも交換留学制度の協定を結んでいて、成績が優秀であれば推薦してもらえます。

とりあえず、経済学を学ぶのであれば、東京大学公共政策大学院(GraSPP)に入学されることをお薦めします。教授陣も充実してますし、カリキュラムもよく練られています。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 0% (0/0)

10年ほど前に英国の開発系大学院で修士を取得した者です。

現在のことは分からないので、参考まで(ご存知かもしれませんが)。

私が留学した頃は、英国の修士には、MAとMphilがありました。
MAは講義中心で1年、MPhilは論文を書いて1年で修了になります。

大学から専攻替えで修士に進む場合、Diplomaコースというのがあり、
英語力が足りない場合も、Diplomaから、となるようでした。
GPAが足りない場合も、Diplomaコースになるのかどうか、
分からないのですが・・・。Diplomaコースを修了すると、その大学院の
MAに進む人もいれば、他の大学院のMAに進む人もいました。
私が行っていた大学院は、Diplomaコースでは選択できる科目の幅が
MAよりちょっと狭まるだけで、あまり差はないように感じました。
(もしかすると、点の付け方とかがちょっと違うのかもしれませんが)

開発学は、とても幅が広くて、経済と関係のない分野も多くあります。
社会学、政治学、文化人類学などなど。
shuplinterさんが開発経済に興味があるようでしたら、経済の基礎を
しっかり押さえるためにも、大学の学士号からとった方が良いのかも
しれません。そうでなければ、(1)か英国のDiplomaコースに進むのも
いいのかな、と思いました。

3年生の今からなら時間もあるので、じっくり考えて、
自分に一番あった道を見つけてくださいね。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 41% (44/106)

日本の大学院で、英語で開発学が学べて、修士号の取れる大学院があります。それは、国際大学(大学院大学)です。詳細は以下をご覧下さい。
http://www.iuj.ac.jp/index.cfm?Language=J

留学生比率8割以上、50カ国以上から来ており、授業も生活もすべて英語です。
関連するQ&A
ページ先頭へ