• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

屋根の雪止めについて

北東北在住です。 屋根からの落雪防止のために雪止めをつけようと検討しています。 雪止め金具をつけると落雪せずに屋根の上に雪が積もるのはわかるのですが、その後日光などで自然に溶けるのでしょうか? それとも屋根に上って人力で雪下ろしをしないといけないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数18907
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

雪止めは、雪が積もるたびに屋根から雪が滑り落ちてくることはなくなりますが、降雪が続くと屋根に雪が融けずに残るような日が続くと、雪止め金具に雪が凍り付いて絡み付いて巨大化していきます。そしてますます雪が屋根から落ちずに残って氷の塊が発達して行きます。それが少しずつ屋根にまわり込んで雨樋まで氷がまとわりつくと雨どいが壊れてしまいます。 降雪の下の強大化した氷の塊やツララは、温かい日が続くと屋根の表面に融けた水が少しずつ流れて、大きな氷が、雪止め金具にくっついておれずに、ひび割れて一気に落下してきます。 僕の隣の家の屋根には雪止めが3段にわたって設置されていますが、氷の塊が屋根の雪が融けだすと、30cmx40cmx1m位の大きさの大きな氷塊が5~6個、屋根を滑って土地の境界を越えて僕の敷地や外壁にものすごい勢いで滑り落ちてきます。両家とも土地の境には1.5m位の高さのブロック塀を作って、家もその境界から1mほど離して立てています。 それでもすごい勢いで塀の上を飛び越えて僕の敷地に落下してきます。 その犬走りをかねた通路を歩いていれば間違いなく重症ですね。 年により降雪量が違いますが、雪が何日も降り続き屋根の上の氷が巨大化した年は危ないですね。 雪止めは、雪が降るだび、その都度少量づつ、屋根から落雪させた方が危なくないかも知れません。隣の家は、雪止めをしてあるから大丈夫といって、屋根の雪下ろしは一切していません。そのため降雪が続くと、雪止め金具に巨大な氷の塊が発達するのだと思います。屋根にも大きな重量がかかると思います。 適当な降雪に達したら、雪下ろしするのが一番いいかも知れませんね。 雪止めもあまり雪止め効果があるものは巨大な氷の塊ができやすいかも知れませんね。 > 少量の雪や氷なら日当たりがよい屋根だと自然に融けるでしょう。 しかし北側の屋根、日照が少ない屋根だと雪止め金具に巨大な氷ができ、雪止め金具で支えられなくなった時一気に滑り落ちてきますね。 >それとも屋根に上って人力で雪下ろしをしないといけないのでしょうか? 雪の積もり具合や、積雪の下の氷の塊の大きさ(厚さ)次第で、一気に落下する危険や雪の重みで屋根が傷んだり、氷で雨樋や雪解け金具が痛んだりする恐れがあると思ったら、雪下ろしをした方がいいでしょうね。 降雪量や雪止めで支えている氷が突然一気に落ちてきても危なくない程度なら雪下ろしは不用でしょう。 日照の悪い屋根の場合で積雪が積みあがる屋根では、巨大な氷塊は雪止めのところや雨樋に発達する前に、人力で落とすようにすますね。屋根に上って雪下ろしや雪解けショベルで落としたり、竹箒を使って落としたり、日照が多い時に放水して落とすなど、その家の状況にあわせた方法を使います。家によっては屋根に上りにくい傾斜だったり屋根に上れなかったりします。融雪散水などができるようになっているなら積雪が多くならない内に熔かしたり流して落としてしまえるかも知れません。その家々の作りによって方法も臨機応変に対策することですね。 僕の家は、屋根もほとんど平坦な作りなので屋根からの落雪は起こりませんが、ベランダ=屋根の上が洗濯干し場や布団干し場になっている関係上、積雪のたびに雪を雪かきショベルで地上に雪を落して雪下ろしをしています。 参考になりましたらいいですが。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 屋根上の積雪と雪止め:天窓に優しい方法

    積雪量60cm程度の寒冷地に住んでおります。2.5/10の水勾配の片流れ屋根にどのように雪止めを付けようかと考えております。西向きに落雪する方向に勾配が付いているのですが、屋根の北寄りに天窓があります。天窓への積雪を避けるよう、北寄りには雪止めを設置しないのが良いものでしょうか。ご意見やご経験をお聞かせください。

  • 急勾配の無落雪屋根について

    北東北の豪雪地帯に住む者です。 今、不安でいっぱいです。 先日、自宅を新築しました。正面は北向きですが南面は採光のことや自宅の裏庭として来春に植栽等を考え、隣地から5メートル以上離して広めにとってあります。 最近、その南側の隣地に住宅の建築が始まりました。先日屋根が付いたのですが、なんと南北に急こう配の切り妻屋根であることが分かりました。 落雪防止のツバがついた無落雪屋根となっているようですが、隣家の基礎は我が家との境界から最低限(法定)の1.5メートル距離を取っただけで、北側の屋根はそこから突き出しているので先端は1メートルちょっとしか離れていません。 ただでさえ南西の強風が吹き、家の北東には怖いくらいの雪庇ができるこの地域では、無落雪屋根でも耐え切れず落雪したという話を何度か聞いたことがあります。 この地域では隣家との雪のトラブルを避けるためにほとんどがフラットの無落雪屋根で、三角屋根の家もありますが、落雪のスペースを確保した上で立てているようです。 来春には大事な樹木を移植する予定ですが、そこに落雪があればいくら雪囲いしても被害が出るのではと落雪への不安でいっぱいです。 快適な暮らしの為に高いお金を出して買った土地で、隣家の雪捨て場にするために買った訳じゃない、と思ったりもします。 ちなみに隣家と同じ建築会社が建てたお宅で、大丈夫だと言われたにも関わらず落雪が隣家になだれ込んで大変だったという話も聞いたので(詳しくは言えませんが事実です)、人を通してその建築会社の方に落雪は大丈夫なのか聞いてもらいましたが、「落雪はしません」「雪庇はこまめに落とすように施主に言います。」との回答でした。 しかし施工の状況を見ていると、敷地にフェンスもしていないのに新品のサッシを外に立てかけたままブルーシートもせず翌日まで野ざらしにしたり、ちょっと「?」と思うことも多く、信用できません。 急こう配(5寸勾配)の無落雪屋根とは本当に落雪がないものなのでしょうか? また、1.5メートルしか距離をとっていない現状では、落雪すると我が家の庭に落ちてくるのではないでしょうか? もう一度、直接その建築会社の方に話を聞いてみたいとも思いますが、無駄でしょうか? 無落雪屋根に詳しい方、同じような経験をお持ちの方がいらっしゃいましたらアドバイスをよろしくお願いします。

  • 北海道です。屋根からの落雪、雪止めについて教えて下さい

    5年前の新築以来、 一部の屋根から歩道に雪が落雪してしまい悩んでいました。 屋根は三角屋根の落雪タイプです。 北側は隣家があるためにスノーストッパールーフになっていますが、 南側は庭に雪が落ちるようになっています。 ところが、南側と東側が道路なのですが、土地が角地で角の部分が欠けているため 南東のちょうど家の角の部分からの落雪が歩道に落ちてしまうのです。 角地なので歩道から1メートルの距離しかとってないようです。 図面では庭に落ちるように見えたのですが、 屋根の形と土地の形のせいもあって歩道に落ちてしまうようです。 施工業者に相談したところ、施工業者の設計ミスなのかどうかは不明ですが、 雪止めを取り付けてもらえる話にはなりました。 ただ、雪止めをとりつけることにとても不安があります。 当初スノーストッパールーフを取り付ける際に、 雪止めは錆びるし屋根によくないと聞いていたからです。 その点について聞いてみると、今はプラスチックタイプのものがあるので、 その心配はないと言われ、スノーストッパールーフだとつららができる 可能性があるので、雪止めのほうがいいと言われました。 雪止めをつけることは本当に大丈夫なものなのか・・・ 雪が多い時で50センチくらいは屋根につもることもあるので心配しています。 アドバイスをいただけるとありがたいです。よろしくおねがいいたします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

同じく北東北在住で、2年ほど前に新築した者です。 一口に北東北と言っても、地域によって積雪量がかなり違い ますが、私の住んでいるところはあまり雪が多い地域では ありません。 それでも、積雪量が20~30センチになる場合があります ので、屋根には雪止めと雪かごを付けています。 5~10センチ程度の積雪であれば雪止めだけでも滑落は 防げますが、それ以上となるとやはり雪かごが必要ですね。 (隣家との距離にもよりますが) 人力で雪下ろしする必要はなくて、晴れの日に融けて流れる 仕組みです。 積雪量が50センチ以上になる地域では、雪かごも役には 立たなくて、滑落は防げません。 豪雪地域で滑落を防ぐには無落雪屋根にした方が良いでしょうね。 雪かごの画像をのせておきますのでご参考まで http://ameblo.jp/house-holder/entry-10198519550.html

参考URL:
http://ameblo.jp/house-holder/entry-10198519550.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

雪下ろしを必要とされている最深積雪は、一応100cmが目安です。 雪下ろしの習慣のある地域では、70cmくらい積もると、屋根に上がって雪下ろしをしているようです。 >その後日光などで自然に溶けるのでしょうか? 自然に溶けますので、多少の積雪は心配いりません。 敷地に余裕があり、隣家に影響が無い場合には、雪止めは付ける必要ありません。 ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • isf
  • ベストアンサー率20% (254/1220)

雪止めというのは雪を溶かすためにあるのではなく 屋根から落ちる雪による事故を防ぐためにあります。 雪国の住宅は雪の荷重も考えて構造計算してありますので よほどの大雪にならない限り雪おろしは必要ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 屋根からの落雪問題

    屋根からの落雪問題 我が家の前は袋小路の私道です。 両側の家が土地を出し合って、車一台分がやっと通れる程度のものです。 片方の家の屋根の雪が落ち、私道をふさいで困るので、除雪をお願いすると「私道はみんなが使うものだから、みんなで除雪すべきだ」と言って譲りません。 大雪の日は除雪車が入れないので、私も除雪をしますが、特定の家からの落雪はその家の持ち主がするのが常識だと思うのですが、どうでしょうか? また落ちる前の雪やつららが、屋根からせり出してとても危険です。 子供には屋根の下を歩かないように言い聞かせていますが、道幅が狭いため勢いよく雪が落ちると避けられません。 危ないので屋根から雪が大きくせり出したら、雪下ろしをするようにお願いしたのですが「雪下ろしをすると、自分が危ない」と言って、やってくれません。 法的には、どうなるのでしょうか?

  • 屋根の雪

    豪雪地帯に住んでいます。 持ち家に50年程住んでいます。 隣は何十年間も空き地だったのですが、 我家の屋根から雪が落ちる事をしっているのですが、 現在駐車場になっています。 駐車している車に、屋根の雪が落ちたら大変なので、 雪止め、屋根の雪下ろしなどをしていますが、 それでも多少は落ちます。 「落雪注意」と張り紙もしていますが、 雪が落ちて車を傷つけた場合は、 やはり100%我家が悪いことになるのでしょうか? 雪が落ちることを知っていて、駐車場にしたお隣の責任は、 ゼロ%なのでしょうか?

  • 屋根からの落雪による被害

    自宅屋根からの落雪による対物および対人被害を与えた場合の法的責任と賠償についてお聞きします。まだ被害を与えたわけではありませんが、自宅の北側の私道路に2階から直接落雪が1シーズン3回ほど(積雪量は5~10Cm)あり万一通行中の人、車等に当たり被害を与えないかと心配しており質問します 尚今回屋根の雪止め金具によるたいさくはしようと現在見積もり中です。が完全に落雪が無くなら無いとも思いますので、よろしくお願いします。

  • 雪止め1階屋根に必要?

    愛知県に住んでいます。家(2階建て・瓦屋根)を新築するときに、雪はそんなに降らないだろうと雪止めをつけませんでした。 でも、今年の冬にものすごい雪が降り、これからも異常気象などでまたドカ雪が降るかもしれないので、雪止めをつけることを検討しています。 北側だけ1階部分がはりだしているので小さい屋根がついています。2階からの雪がドサドサと1階屋根の端の方に落ち、さらにはみ出たものが地面に落ちます。(北側以外の屋根の雪はそのまま地面に落ちます) ご近所の雪止めを見ると、瓦の一番下から3列ぐらい上の場所についています。うちの1階屋根に雪がたまるのは下から3列部分で、ちょうど雪止めより下に雪がたまってしまうので、雪止めの意味がないのでは?と思うのですが、こういう場合、1階の屋根にも雪止めをつけたほうがいいのでしょうか? ちなみにハウスメーカーのお客様相談係の方は、1階屋根にも必要です、とおっしゃるのですが、営業トークなのか、本当のことなのかが分かりません。 あと、取り付け代として1メートル当たり3000円とのことも言われましたが、妥当な金額なのでしょうか? 情報よろしくお願いします。

  • 教えて!矩勾配ガルバ屋根 雪止め金具の是非

    大きな矩勾配(10寸)が特徴的な中古一戸建てを購入し、S洋瓦屋根をガルバ横葺きに葺き替えようしたところ、売主から過去に屋根に積もった雪が隣地に落ち、ガレージ屋根などを壊してしまったことがあるので、雪止めには十分気をつけるよう助言を受けました。(そもそも軒が敷地境界ぎりぎりで、新築時の設計者が責任を感じて?足場パイプ流用らしき強力な雪止めが施工されていた) そこで、識者の皆様に質問なのですが、瓦から金属にすることで雪が滑り易くなる(と思う)こともあり、むしろ雪止め金具を全くつけない方が、雪が積もらず、落雪を回避できるのでは?という考えは甘いでしょうか?地域は埼玉県南部です。どうぞよろしくお願いします。

  • 雪止め金具の設置費用

    いつもお世話になっております。 地域は千葉で、雪は年に数回降る程度でして、大して積もらない時もあります。 しかし雪が積もった時、雪がお隣さんの屋根から落ちてきて、軒下(ちょうど敷地の境界あたり)にずらっと雪の塊が出来てしまいます。 屋根に雪止めという金具をつければこの状況は改善されるでしょうか? 実はちょうどその軒下の境界付近にどうしてもフェンスをつけたいと思っておりまして(何のフェンスもなしに2mの距離でちょうど掃き出し窓がお隣と向かい合わせなので、目隠しも兼ねて)、しかし落雪の衝撃でフェンスが壊れる可能性があるのが心配なのですが、雪止めをつければそれは防げるのでしょうか。 また、つけるとしたらだいたいどのくらいの費用がかかるのでしょうか。 昔からある一般的な木造家屋で、屋根は昔ながらの瓦で勾配も普通だと思います。地面から軒先までの高さは目測で大体3.5~4m位かな?と思います。 設置したい長さは4m程です。 費用によっては、こちらで金額負担してお隣の屋根につけさせてもらおうかなと思っています。 (落雪の衝撃で壊れないフェンスをつくる方が費用がかかりそうと思いまして…) どなたかアドバイスいただけましたらありがたいです。よろしくお願いします。

  • 東北の雪事情について

    東北でも、「雪の降らない地域」又は「雪は積もるけど、屋根の雪下ろしをするほどは積もらない」地域はあるのでしょうか。日本海側と太平洋側とでは違いますか? 今年の積雪は猛烈で、死傷者も出ているというニュースを見て、いつか東北地方(できれば山形県)に住みたいと思っていた気持ちが、無理かも‥と徐々に諦め気分に変わってきています。 (「屋根の雪下ろし」が自分でできるのか、婆になってからでもできるのか、と考えると、やっぱり無理と思ってしまいます。) よろしくお願いします。

  • 切妻屋根の落雪対策

     我家は切妻屋根で雪止めが2段ついています。急勾配の為溜まった雪は勢いよく下に落ちてきます。しかもお隣の敷地に入ってしまいます。お隣の敷地に雪が落ちないようにと言うよりは勢いよく落ちない(窓にあたって割れないか心配でしたので)方法がないものかと考えております。そこでお聞きしたいのですが、急勾配の屋根には雪止めは付けない方がいいでしょうか?現在、雪止めをそのままにした他に“落雪ネット”という物を付けようかとも考えております。  実際このような事でいい方法を知っている方、または建築関係の方でも構いません。何かいい対策等ありましたら教えて頂きたいです。

  • 北海道で無落雪屋根(フラット)は危険?

    北海道でハウスメーカーによる立替予定中です。 無落雪屋根で陸屋根(フラット)を勧められていますが、今年のような大雪の場合大丈夫でしょうか。 先日このカテで似たようなご質問を拝見して、雪を落とすスペースがあるのなら落雪屋根の方が理想なのかと思っているところです。 家は北半分が2階建て。南半分が1階建ての予定です。 北側と東側が一般道路に面していて、屋根をそちらに傾斜させることはないと思います。 南側は隣家との距離が4~5メートルあります。 西側は境界ギリギリまで隣家の駐車場の柵があり、距離が90cmほどしかありません。 質問1:西側に傾斜させて落雪屋根(片流れ)にした場合、90cmの幅を超えて隣家駐車場に雪が落下する可能性はどのぐらいあるでしょうか。 質問2:南側に傾斜させて落雪屋根(片流れ)にした場合、2階からの落雪によって1階の屋根がダメージを受けることはないでしょうか。 質問3:無落雪屋根(フラット)と、落雪屋根(片流れ)では施工費用に差が生じるものでしょうか。 また、他に何かアドバイスございましたら是非教えていただきたいと思います。

  • 屋根に雪止め金具を取り付けたいのですが、瓦が浮きません。

    瓦屋さんのホームページを見ると、瓦を浮かせて簡単に取り付けできますと書いてありました。屋根に上がって瓦をさわってみたところ、少しはガタガタ動きますが、雪止め金具を差し込むほどの隙間(3cm位かな?)は開きません。また瓦も割れそうな気がします。どうやって瓦を割らずに浮かすのでしょうか。なを、築16年、建売住宅で超安物と思われる(オレンジ色)波型の瓦です。よろしくー