-PR-
解決済み

血圧がたぶん、ほんのすこし高いらしいのですが、

  • 暇なときにでも
  • 質問No.47894
  • 閲覧数41
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 3% (32/870)

20代です。学校の健康診断によると、ほんのすこし血圧が高いらしいのですが、どう気をつければいいのでしょうか。やっぱり減塩でしょうか。それ以外には? 運動?
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ほんの少し高いということですから、それ程気にすることはありませんが、今のうちから気をつければ、酷くはならないでしょう。
こんなことにき気をつけましょう。

お酒とたばこは、何といっても血圧を上げるもと。
アルコールをよく飲む人が、アルコールを控えると血圧が下がることは、さまざまな調査で証明されています。
どうしても飲みたい人は、毎日飲まず、1回の量を減らしてください。

料理法で無理なく減塩
無理なく、おいしく減塩するのは料理法しだい! 新鮮な材料を酸味や香辛料を上手に使って、料理してみませんか

日本人の1日の平均塩分摂取量は、13g くらい。高血圧の人は、この半分にすることになります。
塩分は、塩・しょうゆ・ソースといった調味料だけでなく、加工食品にも多く含まれています。塩分の多い食品を、日頃からチェックしておきたいものです。

野菜や果物、牛乳には、血圧を下げる効果があるといわれます。また、動脈硬化を予防するために、肉より魚がおすすめ。そして、もちろん、食べすぎや肥満は、血圧の敵!
食事はバランスよく、食べすぎないことが高血圧の予防に大切です。

野菜や果物には、血圧を下げる作用があるといわれるカリウムが豊富。野菜は毎食、果物は毎日1個とるようにします。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5
レベル6

ベストアンサー率 10% (1/10)

スイカにはカリウムが多く含まれていて、体内の塩分を排出させる機能があります。
これは腎臓で行なわれるのですが、腎臓は血液のろ過装置です。この働きを高めることにより、身体の調節機能が促進され、高血圧にも効果があります。
このスイカの成分を凝縮したものに『スイカ糖』があります。
スイカ糖は漢方では腎臓病の妙薬として昔から用いられてきました。

  • 回答No.4
レベル7

ベストアンサー率 44% (8/18)

検診会場での健康診断は、そのときの状況によって高く出る方も多いです。
例えば走ってきたとか、階段を上がってきた、また仕事の最中などです。
また、白衣を見ると条件反射のように高くなる方もいます。
機会があれば、気を付けて血圧を測るようにしたほうがよろしいと思います。
また、ご家族の方で高血圧の方がいらしいましたら、なりやすいライフスタイル(食事も含めて)とも思います。

食事については、先によいページの紹介がありましたのでぜひ参考になさってください。
20代ということですが外食やコンビニなどで加工食品、スナック類などを買って食べる機会が多いのではないでしょうか?
これらの味付けはかなり塩分が高いので注意が必要です。
一度、塩分ガイドブックなどで確認されることをお薦めします。
  • 回答No.2

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「高血圧」
コノページで、特に
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/Sick/sick22.html
(日常生活の留意点)
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/Sick/buhin2.html
(食事について)

ご参考まで。
  • 回答No.3
レベル6

ベストアンサー率 0% (0/2)

人から聞いた話ですが、小松菜っていいらしいですよ。血圧を下げるらしいです。味噌汁や、おひたしにしてもおいしいので、食べてみてはどうでしょうか?なんか、あやふやな情報ですいませんが、参考までに。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
美容・健康に関する悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ