• 締切済み
  • すぐに回答を!

カイ2乗検定の使い方とp値について

アンケートを行いました。 結果の考察を行うにあたり、カイ2乗検定で優位差が認められるかを知りたいと思っています。 SPSSやエクセルでカイ2乗検定をしたところ、spssの場合「漸次有意確率(両側)」に「8.89E-13」や「5.964E-27」、エクセルの場合「p値」に「7.15688E-05」などアルファベットの入った数値が出てくることが多かったです。5%や1%水準で有意差が認められるかどうかを知りたかったのですが、この数値の意味が分かりません。 この様な数値が出てくるということは、どこかがおかしいのでしょうか? p値がおかしいこともあって、そもそもカイ2乗検定でよいのかが不安になりました。 「成績」と「開始時期」で、「開始時期が早いほど成績がよい」といったようなことが見たいと思っています。 成績は11項目、開始時期は12項目あります。SPSSで集計結果のクロス集計表を作るときにカイ2乗検定も行ったところ、値が350.994、自由度が110、確率(両側)が5.964E-27でした。 「開始時期が早いほど成績がよい」という結論を導き出したいのですが、この場合「カイ2乗検定で5%水準で有意差が認められた」となったらこの結論を導き出せるのでしょうか?例えば2つの項目の比較ではなく、11×12項目のカイ2乗検定で有意差が認められた場合、何に有意な差が認められたのかがよく分かりません。 クロス集計表を作成し、グラフにしたところ、開始時期によって差がありそうなのですが、単純なパーセントの数値の大小でしか分かりません。調査結果ではなく、卒業論文なので、ただ「これは何パーセントでこれは何パーセントだった。この時期以前に始めた人の方が高い成績を回答している割合が高い」のようなことだけでいいのか…と悩んでいます。 まとまりのない文章で、質問内容も多九手申し訳ありませんが困っています。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数10000
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.2

基本的な方向性は間違っていませんよ。 要するに,開始時期の違いによって,成績に有意差が出るかどうかを統計的に検討するということですね。ちなみに「優位差」ではなく,「有意差」です。χ二乗検定する場合,χ二乗値よりもp値が重要だということもその通りです。もっともχ二乗値が350あれば,それだけで有意差有りと分かりますけれど。 出てきた数字の意味ですが,これは#1の方がおっしゃる通りで,十分に小さいものです。5%,1%(α=0.01)を下回っていますから,あなたの出した結論「開始時期が早いほど成績がよい」は言えるはずです。 ただし,もう少し詳しく検討するならば,クロス集計で11項目×12項目だとすると,「どの成績と,どの要因」という,あなたの考える >11×12項目のカイ2乗検定で有意差が認められた場合、何に有意な差が認められたのかがよく分かりません。 という点を考慮する必要があります。このためには,まずセルごとのχ二乗値を算出してください。データ(調査した被験者の数)が十分にあるならば,セルごとのχ二乗値も有効なはずです。大雑把に言うならば,その中で一番χ二乗値が大きいセルが,影響を与えていると考えて結構です。それぞれのセルのχ二乗値を値の大きい順に並べてみると,分かってくるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

丁寧な回答ありがとうございます! これから細かなカイ2乗検定を行いたいと思います。 そこで1つ質問なのですが、 >まずセルごとのχ二乗値を算出してください。 とありますが、どういった意味なのでしょうか? 2列×2行以上でないと検定できないと思いますが、どの2項目を検定すればいいか分かりません。 上手く説明できているか不安なのですが、分かりましたら教えていただけないでしょうか?

関連するQ&A

  • SPSS McNemar検定

    SPSSの「McNemar検定」 検定統計量の見方について質問です。 McNemar検定を行った場合,検定統計量(表)では通常N,カイ2乗,漸近有意確率が算出されると思います。 私の行った項目の中で,Nと正確有意確率(両側)は算出されているものの,カイ2乗値と漸近有意確率が表示されていない項目がありました。ちなみにこのときのNは64,正確有意確率(両側)は .125b [b.使用された2項分布]でした。これは,McNemar検定では,有意差が見られなかったという捉え方で良いのでしょうか? SPSSに関する文献を拝見しましたが,McNemar検定について触れているものは少なく,さらに漸近有意確率以外の見方について書かれているものが見つけられませんでした。どうか教えていただけますようよろしくお願いいたします。

  • カイ2乗検定を使ってよいか?

    よろしくお願いいたします。 同一対象者にて、ある年と、その翌年の肥満者の割合を比較したいのですが(ある年には10%だったが、翌年は12%、有意に増加したかが知りたい)、その場合の検定方法はどのようにしたらよいのでしょうか。 自分で考えたのが、肥満の有無でクロス集計をかけてカイ2乗検定、なのですが、解釈のしかたがおかしいかな?と思い、質問させていただきました。 ソフトはSPSSを用いています。 教えていただけますと幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • カイ自乗検定について

    カイ自乗検定をする際、求めたカイ自乗値を有意水準によって判断するわけですが、 カイ自乗値>カイ自乗分布表(有意水準と自由度)から求めた値 と、なった場合、帰無仮説が否定されたということでよろしいのですよね? 授業でノートに書いたものと、ネットで調べたものが異なっていたので、混乱して分からなくなってしまいました。 よろしくおねがいいたします。

  • 回答No.1
  • tnishi
  • ベストアンサー率0% (0/0)

カイ2乗検定の細かいことはわかりませんが、出てきた数値の、たとえば「8.89E-13」というのは、「有効数字8.89×(10のマイナス13乗)」の意味です。例えば、1.23E-2は1.23×0.01です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • カイ2乗検定って何??;;

    タイトルのとおりですが…大学で統計の基礎な授業を一般教養で受けています。だけど知らない&説明のない言葉がいっぱぃで、全くついていけません(>_<)) 「人が一番選ばなさそうな数字」を何度か投票した結果があって、その数字は無作為に選ばれてるかどうか、有意水準1%としてカイ2乗検定をして判断する、という問題があるのですが、カイ2乗検定自体、授業でちらっと言葉は使ったものの、計算の仕方、使い方の説明等はなく、まったく手がつかずにいます;;ネットでも調べてみましたが、どう使っていいのかまでは分かりませんでした。 知識の無い私でもわかるようなものがあれば教えて下さいっっ!お願いします。

  • SPSS t検定 結果の解釈

    SPSSの扱いにおいては、全くの初心者です。 修士論文のために、SPSSのt検定(対応のあるt検定)をしました。 その結果として、有意水準(両側)が 5.28485671377832E-09 1.14115799842934E-06 などと表示されました。 このEはベキ数で…と言うところまでは調べたのですが、 結局、この結果が何を示すのかがわかりません。 上のような結果が出た時は、つまり、結果大きい数字だから、 有意差はないということなのでしょうか。 全くの初心者で、訳の分からない質問になっているかもしれませんが どうか どなたか 簡単に教えていただければと思います。

  • χ2(カイ2乗)検定とフィッシャーの直接確率検定

    統計学の素人です。 医学の臨床試験のデータに、p値についてχ2(カイ2乗)検定とフィッシャーの直接確率検定のふたつが記載してありました。 p値<0.05で有意差がある、と聞いていますが、上記のふたつの検定方法では、ともにp値<0.05で有意差あり、と考えてよいのでしょうか? それとも検定方法によって異なるのでしょうか。 ネットで調べてみたのですが、難しくてわかりませんでした。 上記のふたつにつきまして、どのような値で有意差ありになるのか教えていただけますとたいへん助かります。よろしくお願いいたします。

  • spssで独立サンプルのt検定を行ったが・・・

    spssで独立サンプルのt検定を行ったところ、等分散性のためのleveneの検定の下の「有意確率」が「.058」と出て、2つの母平均の差の検定の下の「有意確率(両側)」が「.135」と出たが、これは有意差がないということですか?

  • 統計学 漸近有意確率について

    あるデータをSPSSでχ2乗検定を行ったところ漸近有意確率(両側)が0.958と出ました。 漸近有意確率が0.05未満のときは有意差があるということは分かっているのですが、0.95以上の場合でも有意差があるといえるのでしょうか?

  • SPSSでウィルコクソンの符号順位検定

    SPSSでウィルコクソンの符号順位検定を行いました。 その結果、 Z -1.279 漸近有意確率 (両側)  0.20 と表示されたのですが、これでいうとP値は0.20になるのでしょうか? そうするとp-value of <0.05は満たさないと考え検定は意味がないと考えてよろしいのですか? 基本的なことだとは思うのですがよく調べてもよくわからなかったためお願い致します。

  • 仮説の検定です。助けてください。

    「ある硬貨を7回投げたところ、表が6回、裏が1回でた。 この硬貨について「表が出る確率が1/2である」という仮説を 有意水準5%で検定せよ。」 という問題があります。 この以下の解答でいいのかどうかわかりません。お願いします。 帰無仮説「表が出る確率が1/2である」とし、 対立仮説「表が出る確率が1/2でない」とする。 ここで、両側検定を行う。 表が6回以上出る確率は、 7C6(1/2)*7+7C7(1/2)*7 =1/16 =0.0625 また、表が1回以下出る確率は、表が6回以上出る確率と同じなので、 合計すると、 確率は、0.125 となる。 これは、有意水準が5%なので、帰無仮説は、棄却されないことがわかる。 よって、「表が出る確率は1/2でないとはいいきれない。」 どうでしょうか。よろしくお願いします。

  • 検定方法どちらがいいのですか?

    ある硬貨を8回投げたところ、表が6回、裏が2回でた。 この硬貨について「表が出る確率が1/2である」という仮説を 有意水準10%で検定せよ。」 という問題があります。 帰無仮説「表が出る確率が1/2である」とし、 対立仮説「表が出る確率が1/2より大きい」とし、片側検定を行うか、 対立仮説「表が出る確率が1/2でない」とし、両側検定を行うのか どちらが正しいのかわかりません。よろしくお願いします。

  • 統計解析、検定手法(Cochran-Mantel-Haenszel法)について

    統計解析の素人なため、質問自体が根本的に問題かも知れませんが、 ご教授いただけますでしょうか。 ----------------------------------------------------- 7年間の観察期間で、2群に分けて特定の検査を実施しました。 それらのデータを集計して算出した例数を用いて それぞれ差を検定したいのですが、 Cochran-Mantel-Haenszel法が適していると聞きました。 ある部門で計算をしてもらい、結果を算出してもらいました。 漸近有意確率 (両側検定)にて、ある特定の検査項目のp値に 「*:p≦0.05」が出現したのですが、どのような説明ができるのか 教えていただけますでしょうか。 結果------------------------+ カイ2乗 5.621 自由度 1 漸近有意確率 (両側検定) 0.021 +---------------------------- 質問方法と、情報の提示に問題があるかもしれませんが、 ご協力お願い申し上げます。

  • 【統計】T検定の有意確率

    SPSSを用いてデータの男女差を見るためにT検定を行いました。 結果,有意確立(両側)が「.000」となったのですが, これは,男女差が有意でないと見てよいのでしょうか?