• 締切済み
  • すぐに回答を!

SPSSのカイ二乗検定について

初歩的な質問になりますがもうしわけありません。 卒論で分析をしているのですが知識がありません。 ある尺度によって分けた高群と低群の間に、質問に対する回答(質問が4つで回答が5つの選択肢からひとつを選ぶもの、のそれぞれについて)に有意な差があるかどうかを調べるために、SPSSを使ってカイ二乗検定を行いました。 結果で有意な差があるかどうかはどこを見ればよいのでしょうか。 統計の授業など取っておらず、大変初歩的な質問かと思うのですが申し訳ありません。 超文系人間で数字が苦手なので優しく教えていただけるとありがたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2250
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
  • backs
  • ベストアンサー率50% (410/818)

> p値というのは出力されたpersonのカイ二乗というところの漸近有意確率というところに表示されている値のことでしょうか。 はい、その通りです(^_^)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • カイ二乗検定の多重比較について

    SPSSで4×4の名義尺度のカイ二乗検定を行ったところ、Pearsonのカイ二乗検定で5%水準で有意差が出たと出力されました。 そこで質問です。 1.この結果は4×4のデータのどこかの組み合わせに差があるということを表している、と解釈していいのでしょうか? 2.差があるとすれば、どれとどれのデータの間の差なのか知りたいので、分散分析のように多重比較をする方法があるのでしょうか? ご指導お願いします。

  • カイ二乗検定を教えてください。

    卒論のため、統計の本でカイ二乗検定を勉強しています。 しかし、途中でどうすれば良いのか分からなくなりました。     A  B  合計 C   46 57 103 D   20 24  44 合計 66 81 147 上記を計算したところ、0.00786328となりました。 この数字は、合っていますか? 有意水準を0.05として、差があるのでしょうか? また、統計の分かりやすい本があれば、教えてください。 宜しくお願いします。

  • 卒論の分析方法に関して

    心理学の卒論について質問です。データは揃ったのですが、どんな分析をするのが適切なのかよく分かりません。 尺度Aと尺度Bの尺度Cへの影響を調べたいです。 それぞれの尺度の合計得点を高低群別に分け、調べようと思っているのですが…。 分散分析の方法を教えてください。SPSSも可能ですが、できればanova4でやりたいです。 統計のことがよく分かっていないので、どなたか教えてください。 よろしくお願いします。

  • 回答No.1
  • backs
  • ベストアンサー率50% (410/818)

とにかく、、、 > 結果で有意な差があるかどうかはどこを見ればよいのでしょうか。 についてですが、コンピュータを使用して分析した場合は必ずp値(英語ではp-valueなどと表記される)を見ればよいです(^_^;) もし求められたp値が0.05よりも小さければ「帰無仮説を棄却」することができます。 「帰無仮説を棄却ってナンですか?」という場合は流石にフォローしきれないので、例えば、森・吉田「心理学のためのデータ解析テクニカルブック」北大路書房などを参照してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご親切にありがとうございました。 p値というのは出力されたpersonのカイ二乗というところの漸近有意確率というところに表示されている値のことでしょうか。 いくつか本を読んだりネットで調べてみたのですが、そこの値のことでよいのかな‥?と思いました。 理解力なく、申し訳ありません。

関連するQ&A

  • カイ二乗検定と下位検定 SPSS

    質問文が長く、そして多く大変恐縮ですが、自分でいろいろ調べていてもなかなか解答が見つかりません。どなたかアドバイスをお願いしますm(_ _)m 回答パターンが4つある質問(例えばア・イ・ウ・エ)をして、それぞれに対して得られた回答数が期待度数を有意に上回っているかを検定するのはカイ二乗ですよね? では下位検定としてア・イ・ウ・エのどれがどれを(有意に)上回っているかを調べるためには、観測度数を目で見るだけはダメですか?竹原卓真(2007)「SPSSのススメ」(p.202)には「ライアンの方法」や「ボンフェローニの方法」が下位検定の方法として紹介されています(確立した手法ではないようですが)。 ボンフェローニは分散分析の下位検定で多重比較をする際などに有意確率の補正をする方法だと思っていました。SPSSで上記のようなデータを用いてカイ二乗検定を行った後にボンフェローニ法を使った下位検定をするにはどうしたらいいのでしょうか?どこのタブをクリックしてもボンフェローニの「ボ」の字も出てきません。シンタックスの入力が必要ですか?またテューキーは使えますか? よろしくお願いしますm(_ _)m

  • SPSSでの統計方法について

    各グループに高低2群がある3つのグループ間(名義尺度)の差を見る為に,SPSSで何か方法がありますでしょうか?SASでは,2×3のχ2検定があると書いてあるのですが。SPSS(v.16)では何か方法がありますか?順序尺度ならカテゴリーでも分散分析が使えると言うことですが,単なる名義尺度です。3つのグループ一緒でなくても,2つのグループ間の違いが見れる方法でも良いのですが,何かありますでしょうか。

  • spssについて

    卒論で困っている心理学専攻大学4回生の者です。 よろしくお願いします。 早速なのですがSPSSについて質問させてください。 自分は運動が及ぼす気分の高揚の効果を調べるために被験者にエアロバイク運動をさせ、それを行わせながら各時間(運動前、10分、運動終了後、終了5分後)に運動専用の質問紙に答えさせました。 データは全てそろったのでSPSSにより一要因(日にち)四水準(時間)、被験者内要因の分散分析を行いましたが、その後出てくる 結果表示のどの部分を見ればいいのか全く分かりません。 確か球面体の~という箇所を見ればOKだったと思いますが定かではありません。 後、分散分析で有意差が見られる場合にどの部分に有意な差が出たのか 時間ごとの下位検定を行いたいと思っているのですが、いまいちやり方 が分かりません。今度院生の方に質問しに行く予定ですが、出来れば聞かずに卒論を仕上げたいと思っています。 どたなかお分かりの方おられればよろしくお願いします。

  • 統計分析をした卒論において、SPSSを使わずExcelのみを使用して、

    統計分析をした卒論において、SPSSを使わずExcelのみを使用して、作成することは可能でしょうか? 技術的な面(Excelの性能)、学問的な面(Excelのみの統計分析は専門的見地から認められるのか)などから、疑問に思ったので質問しました。

  • SPSS 卒論

    現在大学の卒論中です、冬休みに入り教授と連絡もとれず大変困っておりますのでお力をお貸し下さい。 心理学専攻しております。 仮説『結婚願望が高いと、充実感が高い』という仮説を検証してます。 SPSSで、充実感尺度について因子分析をおこない、4因子抽出しました。このなかの1つに、充実感因子があります。 結婚願望については、『絶対結婚したい』から『やや結婚したい』『ややしたくない』『絶対結婚したくない』の、自己判断で、4段階あります。 そこで、質問なのですが 上記の仮説、 『結婚願望が高いと、充実感が高い』という仮説を検証するには、SPSSでどのような分析をすればよいのでしょうか。 大変困っております。 お手数ですがよろしくお願い申しあげます。

  • SPSS17で二項ロジスティック回帰分析を行うには

    SPSS統計に関する基礎的な質問です。 SPSSを使って二項ロジスティック回帰分析を行う方法として、「分析」→「回帰」→「二項ロジスティック」を選択するとネットで調べました。 以前使っていたSPSS12ではこのやり方で二項ロジスティックの変数増加法、尤度比で解析していたのですが、SPSS17でやってみたところ、同じようにできず困っています。 SPSS17では「分析」→「回帰」を開くと、「線形」、「曲線推定」、「偏相関最少2乗法」、「順序」の4つしかなく、あちこち探ってみたのですが結局分からずじまいでした。 急いで解析しなければいけないデータがあり、また、SPSS12はもう使えない状況であるため、なんとかSPSS17で対応していかねばと思っております。 どうぞ具体的なやり方をご存じの方がいましたら、ご指南いただけないでしょうか。 宜しくお願いいたします。

  • 心理学のレポートの分析の仕方

    心理学のレポートについて質問です。調査をとったものの、どんな分析をするのが適切なのかよく分かりません。 ・A尺度とB尺度を使って、A感情とB感情の関連性を調べたい ・性差によって違いがあるか調べたい 目的はこの2つです。 得点を足して高低群別に分けようかと思ってましたが・・・ A尺度に明らかに逆転項目と思われる質問項目があるのに、特にそのようなことが書いていなかったので、勝手に配点を変えたり、単純に得点を足したらまずいかなと思い困っています。 このような場合どうすればいいのでしょうか? (1)どの分析法が必要か (2)なぜそれが必要か を教えて頂きたいです。ちなみにSPSSを使います。 統計のことがよく分かっていないので、初歩的な質問ですいません。どなたか教えてください。よろしくお願いします。

  • SPSSソフトを活用した統計分析方法について

    私は、院生で修士論文執筆中です。 量的調査を行い、オリジナルの尺度開発を行い、SPSSソフトを活用した統計分析を学びながら、論文執筆しています。 その際、指導教官が、私に自分の持っている統計テクニックを叩き込むため、私にSPSSソフトを使った様々な分析方法を伝授してくれます。 そして、私がきちんとその技をマスターし、正しい分析が行えているか、指導教官がマスターのデータを使って、全ての統計分析を私と同じように再現試験(検査)を行い、指導教官が導き出した内容と、私が導き出した内容が完全一致するかどうか、検算してくれます。 そこまで、指導教官が自分の労力を惜しまず、職人技である、統計分析のノウハウを叩き込んでくれることに対し、私は、感謝した方が良いでしょうか? とても恵まれていることでしょうか?

  • カイ二乗検定で処理したいのですがデータのとり方がわからず困っています。

    左利き手と右利き手の被験者における、左右の耳の聴力低下度を調べています。 目的は、左と右の利き手の被験者で利き手の違いに意味があるかどうかどうかを知りたいので、統計はカイ二乗検定を用いています。 聴力低下度の指標は、高音域、低音域の2項目あり、さらに左右の耳があるので、計4項目からなります。データは順位尺度です。 データ入力は、被験者が重複するいわゆる複数回答形式です。 統計処理するデータの扱い方をお教えいただけないでしょうか。 統計に用いるデータは生データを処理するのでしょうか? 順位尺度の生データ(例数)の統計結果は、 自由度   3 カイ二乗値 23.33 危険率   p=0.0001 生データのカイ二乗検定を行うと、検定は棄却され両グループ間で有意差が見られました。 表にして示す場合、生データはn(総例数)が異なるため両グループ間の比較にならないので、構成比率(例数/n*100)で示します。 構成比率のデータで検定すると 自由度   3 カイ二乗値 6.15 危険率   p=0.150 構成比率のデータを用いカイ二乗検定を行うと、検定は採択され両グループ間は差がありません。 統計処理は、生データ比較でしょうか? それとも表にあらわすような構成比率の比較でしょうか? どちらが適切なのでしょうか? どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

  • 2要因の分散分析

    初めまして。 心理学専攻の学生です。 卒論で統計をやっています。 どうしても分からないことがあり、投稿させてもらいました。 2つの尺度(仮にA尺度とB尺度とします)を使って、質問紙を取っています。 性別(男・女)×A尺度(高・中・低)の分散分析をして、 B尺度の得点の差を調べたいと考えています。 色々と調べてみたのですが、 独立変数に設定しているものは、 性別×学年だとか、尺度×尺度、の場合ばかりです。 性別×尺度の分散分析は、しても問題ないのでしょうか? そういう分析をしている人がいないようなので、 とても不安になり、質問させてもらいました。