• 締切済み
  • 困ってます

従業員退職金

従業員が60才になったので退職金を支払おうと思うのですが,退職はせず引き続き勤めていただく事になっています。この場合の退職金は損金として認められますか?宜しく願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数301
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#77758
noname#77758

引き続き勤めていただく場合は退職金は支払わなくてよいのです。今まで通りでよいのです。「説明すると退職とは会社を辞めて出勤しないことを言います。」 ※経験者です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

質問者からの補足

私が知りたいのは、退職はしないが定年をむかえた従業員に対して支払う退職金が、退職金として税務上経費として認められるか?ということです。決算対策のため経費として認められるのであれば、いまのうちに支払ってしまいたいのです。宜しくお願いします。

関連するQ&A

  • 従業員の退職金について

    皆様こんにちは。 中退共に加入している会社では、本来、従業員が退職をした場合、退職金請求書を中退共に送付して、後日、中退共から退職金が支払われます。 しかし、以前、この仕組みを理解しておらず、従業員が退職をした際に、会社が従業員に退職金を支払っておりました。このことは、今回、中退共から退職金が支払われていない旨の通知が来たことで判ったことです。 このため、中退共に請求書を再発行してもらい、従業員の方に請求書を渡し、退職金が振り込まれたら、その退職金相当額を会社に返還してもらおうということで、従業員の方と合意しました。会社に返還してもらうのは、既に会社が退職金を支払っているという理由からです。 しかし、一人の従業員の方が、なかなかこれに応じようとしません。この場合、会社は、どのような措置がとれるのでしょうか。 退職金を支払った事につき、会社に非はあるのですが、その従業員の方に今回、中退共から退職金が振り込まれた場合、自分のものにしてしまい、会社にお金が返還されない可能性が大です。 何か良い策がございましたら、ご教示下さい。 よろしくお願い致します。

  • 従業員の退職金

    従業員の退職金を長期平準定期という生命保険で加入しようと考えています。 従業員全員が加入しなくても大丈夫と聞いていますが、一部の従業員が加入させた場合に他の従業員にどのように説明したらいいでしょうか? また、加入していない従業員が辞めた場合に加入している従業員の保険を解約して充当しようと考えていますが、その場合の退職金ファンドの管理方法はどうすればいいでしょうか?またその場合どういう基準で解約する保険を決定したらいいでしょうか? 何人かの保険営業マンに質問しましたが明確な回答がありませんでした。 よろしくお願いします。

  • 従業員への退職金

     従業員(役員ではありません。)が病気になり働けなくなってしまったため、会社でかけていた退職金共済を退職手続きをして、共済から従業員本人へ退職一時金が支払われました。  その1か月後、その従業員が少しなら働けるようになり、アルバイトで再度働いてもらっていました。  前述の退職金共済のほかにも、会社でその従業員を被保険者として生命保険をかけており、その保険は継続して入っていました。  その半年後、その従業員が病気のため、死亡し、生命保険金が会社に入金されたので、遺族に対して死亡退職金を払ってあげたいのですが、税務上、この退職金は損金にはできないのでしょうか?  一度、退職金共済から本人へ退職金が支払われおり、その1年ぐらい後に、会社から退職金を支払うことの税務上の問題点を教えてください。      

  • 従業員への退職金

    従業員への退職金はいつの時点で計上するべきなのでしょうか? (1)退職することが確定した日 (2)退職日 (3)退職金の支給日 従業員の退職所得の帰属年度も上記のうち法人が計上した時期と同じになると考えてよいのでしょうか? また、従業員に対する退職金で未払計上は認められるのでしょうか?

  • 従業員の退職金準備について

    従業員(全員)の退職金準備で生命保険を活用しようと思います。 長期平準定期保険か養老保険を利用しようと思うのですが、どちらが良いのかわかりません。 契約形態は、以下のように考えています。 【長期平準定期保険】  契約者=法人、被保険者=従業員、死亡保険金受取人=法人 【養老保険】  契約者=法人、被保険者=従業員、死亡保険金受取人=被保険者の遺族、満期保険金受取人=法人 どちらの保険が従業員の退職金準備に適しているのでしょうか。 それぞれのメリット・デメリットを教えてください。

  • 従業員退職金向け生保提案について教えてください

    私は生命保険代理店です。今回ある企業に対して、従業員の退職金向けの保険を提案しようと企画しています。一般的には養老保険(ハーフタックス)かと思われますが、企業としては特に損金性は重視していないようです。そこでですが、いわゆる利率変動型終身や低解約返戻型定期などで退職年齢(例えば60歳)を払込年齢に設定することで提案できないでしょうか?また、仮に提案できそうな場合に想定されるデメリット等などありましたらアドバイスお願い致します。 養老はCVが良いですが、利率変動終身や低解約定期の方が退職金代わりに現物支給することで金融資産としての効果が大きい(年金移行特約、減額ができる)と感じるからです。

  • 従業員の退職金について

    個人事業主です。 従業員(生計別の家族)が半年弱で退職いたしますが、利益が出たのと、月給が少なかったため、 400万円ほど支払いたいと思います。 このような金額ですと、税務署から妥当な金額と認められない可能性があるのでしょうか。

  • 退職金について

    60歳定年の従業員に一度退職金(800万)を渡し、その後継続雇用で65歳まで雇い65歳時に再度退職金を渡すのは問題ないのでしょうか?(150万ぐらい) 2度とも、退職所得控除は該当するのでしょうか? 以上、よろしくお願いします。

  • 白い巨塔で「退職金を勝手に金庫から従業員が持ちだした」は違法では???

    昨日の白い巨塔で、 お弁当やささやんの従業員が、 辞めるといって、勝手に金庫のお金を、 「退職金だ」 といって持ち出すシーンがありましたが、 これって刑事事件では(^_^;)と思いました。 医療過誤よりももっと具体的な犯罪が・・・(^_^;) と思ったのですが、もしかして合法?? とも思いました。 つまるところどうなのでしょうか??

  • 従業員退職金向け生保提案について教えてください

    一般的に従業員向け生保といえばハーフタックスですが、最近では全損ガン保険、長期傷害等が流行りかと思います。 損金性、CV等を総合的に考慮しますと、逓増や長期定期等 は不向きなのでしょうか?何か良い商品があれば教えてください。