• 締切済み
  • 困ってます

雪を考慮した屋根の方向

 雪を考慮した屋根の方向について悩んでいます。北陸なので、雪は毎年必ず降るのですが、積雪は通常10~30cm(年2~3回)、多くて50~80cm(年に1回あるかどうか)の地域です。  北東角地で南側は空き地です。プランでは北側を駐車場に、南側を大きくあけてテラスにする予定です。北側を正面と考えていて、平側にしたいと考えていますが、その場合切妻だと南側にも雪が落ちることになり、設置予定のウッドデッキに雪が積もるので問題があると考えています。ただ、北勾配の片流れでは積もった雪が解けないのでそれも問題だと思います。  外観上、南北勾配がよいと思っていますが、上記のことを考えるとどの方向に屋根をかけるのがいいのでしょうか?それとも雪止めである程度落雪は防げるからどの方向でも問題ないと考えればいいのでしょうか?来年家を新築する予定で、現在は設計段階です。よいアドバイスをお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.4

我が家の場合、北側が玄関と道路になるので、南側に雪用のスペースを作りました。 リビングなど、生活の中心は2階にあるので、1階の南側は埋まっても問題ないような間取りにしています。 落雪屋根にする場合、敷地内に雪専用のスペースを設けることになります。道路に落とすのはもってのほかです。タイミング次第では最悪死人が出ます。昔からあるお宅ならともかく、新築でそれをやるとご近所の目が非常に厳しいことになるでしょう。 雪止めも効果はあると思いますが、万一止まらなかった場合に、かなりの被害が出ることが予想されます。敷地内にスペースが取れないのなら、#3さんのおっしゃる無落雪屋根がいいかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。南側テラスにはウッドデッキを設ける予定ですが、そこに雪が落ちるのは木の耐久性を考えると良くないかと思っています。かといって、デッキ全面に屋根を付けるのもコスト的につらいので・・・。 雪止めで止まらない場合というのは、積雪量が多いからでしょうか。それとも折れてしまうかもしれないからでしょうか。詳しく教えていただけると有難いです。よろしくお願いします。

  • 回答No.3
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

北国の設計屋さんです。 北国には、雪を落とさない無落雪屋根の住宅も建てられています。 敷地に余裕のない場合に備えての参考資料です。 参考URL 無落雪屋根の仕組みについて http://www2.jan.ne.jp/~k-katou/murakusetu.htm 無落雪屋根の設計・施行基準 https://www.hownes.com/reg_manual/files/s_s_1-02hokaido.pdf 屋根の形態を決める場合、敷地の条件、最深積雪、風の通り等を考えて決める必要があります。 私の家の場合の例 北側に前面道路の敷地で駐車場と玄関があります。 冬の期間は、北から南に風が走ります。 東西の間隔を広めに空けて雪は東西に落とす切妻を採用しています。 むろん雪止めは付けていません。 ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。風の通りまでは考えていませんでした。考えてみたいと思います。今のところ無落雪屋根は考えていません。 雪止めは業者からは必要だと言われています。私も、住んでいる所が何週間も雪が積もっている地域ではないことを考えると、雪止めはあっても支障はないかなとは思っています。 雪のことを考えた場合、屋根の急勾配と緩勾配のメリット・デメリットもわからないので、もしご見識があれば教えてください。

  • 回答No.2

家内の実家は、山形県の豪雪地域にあります とはいっても最近は地球温暖化の影響か以前ほどは降らないようですが その家は、切妻造りですが、西側の屋根を長く取った棟が家の中心にない少し変形した切妻です 西側の屋根を長く取った理由は屋根の積雪を考慮したためで、冬場はあまり利用価値のない西側の空いた土地に多くの雪を落とすためです 屋根傾斜もかなりきつく造ってあります もう一つの例は、叔母の家です 富山県にあり、かなりの積雪があります 叔母の家は、古い町並みの中にあり、かなり長い距離で家々は長屋のようにつながっています 道路側の屋根に積もった雪は道路に落とすと、市の除雪車がかたずけてくれます 家の奥側の屋根に積もった雪は、結構広い中庭に落としています 中庭の植木なども落とした雪による被害が出ないような配置になっていました 大きな家なので屋根に積もる雪の量も多く 冬場は、中庭が雪の山になっているとのことです 当然ですが、雪国であれば、冬の状態も考慮して家の設計をしなければならないと思います 雪の量から雪をどこにためるためるかも良く考えてお宅の家の配置をお決めになったらどうでしょうか 親類の家の事例を紹介しましたが、参考になりましたでしょうか

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。なるほど、やはり雪を落とす充分なスペースが確保できる方向がいいですね。 土地の西側は小さな神社で、普段人は詰めていないので、本当は西勾配で雪を落とすのが理想だとは思うのです。もしくは東側の道路(4m道路でほとんど人が通らない)でもいいのですが、外観上妻側が正面になるのが気に入らないという理由で何とかならないものかと悩んでいます。

  • 回答No.1
  • mamanZ
  • ベストアンサー率9% (10/110)

高さは半端なくなると思うが上辺の角度が30度(垂直15度)くらいの円錐の屋根にしたら屋根の向きを気にする事はなくなるな、積もってもせいぜい1cm弱だろうね よろしくお願いします

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。円錐の屋根というのは考えたこともありませんでした。和風住宅を想定しているので難しいかもしれませんが、参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 屋根上の積雪と雪止め:天窓に優しい方法

    積雪量60cm程度の寒冷地に住んでおります。2.5/10の水勾配の片流れ屋根にどのように雪止めを付けようかと考えております。西向きに落雪する方向に勾配が付いているのですが、屋根の北寄りに天窓があります。天窓への積雪を避けるよう、北寄りには雪止めを設置しないのが良いものでしょうか。ご意見やご経験をお聞かせください。

  • 北海道で無落雪屋根(フラット)は危険?

    北海道でハウスメーカーによる立替予定中です。 無落雪屋根で陸屋根(フラット)を勧められていますが、今年のような大雪の場合大丈夫でしょうか。 先日このカテで似たようなご質問を拝見して、雪を落とすスペースがあるのなら落雪屋根の方が理想なのかと思っているところです。 家は北半分が2階建て。南半分が1階建ての予定です。 北側と東側が一般道路に面していて、屋根をそちらに傾斜させることはないと思います。 南側は隣家との距離が4~5メートルあります。 西側は境界ギリギリまで隣家の駐車場の柵があり、距離が90cmほどしかありません。 質問1:西側に傾斜させて落雪屋根(片流れ)にした場合、90cmの幅を超えて隣家駐車場に雪が落下する可能性はどのぐらいあるでしょうか。 質問2:南側に傾斜させて落雪屋根(片流れ)にした場合、2階からの落雪によって1階の屋根がダメージを受けることはないでしょうか。 質問3:無落雪屋根(フラット)と、落雪屋根(片流れ)では施工費用に差が生じるものでしょうか。 また、他に何かアドバイスございましたら是非教えていただきたいと思います。

  • 北海道です。屋根からの落雪、雪止めについて教えて下さい

    5年前の新築以来、 一部の屋根から歩道に雪が落雪してしまい悩んでいました。 屋根は三角屋根の落雪タイプです。 北側は隣家があるためにスノーストッパールーフになっていますが、 南側は庭に雪が落ちるようになっています。 ところが、南側と東側が道路なのですが、土地が角地で角の部分が欠けているため 南東のちょうど家の角の部分からの落雪が歩道に落ちてしまうのです。 角地なので歩道から1メートルの距離しかとってないようです。 図面では庭に落ちるように見えたのですが、 屋根の形と土地の形のせいもあって歩道に落ちてしまうようです。 施工業者に相談したところ、施工業者の設計ミスなのかどうかは不明ですが、 雪止めを取り付けてもらえる話にはなりました。 ただ、雪止めをとりつけることにとても不安があります。 当初スノーストッパールーフを取り付ける際に、 雪止めは錆びるし屋根によくないと聞いていたからです。 その点について聞いてみると、今はプラスチックタイプのものがあるので、 その心配はないと言われ、スノーストッパールーフだとつららができる 可能性があるので、雪止めのほうがいいと言われました。 雪止めをつけることは本当に大丈夫なものなのか・・・ 雪が多い時で50センチくらいは屋根につもることもあるので心配しています。 アドバイスをいただけるとありがたいです。よろしくおねがいいたします。

  • 急勾配の無落雪屋根について

    北東北の豪雪地帯に住む者です。 今、不安でいっぱいです。 先日、自宅を新築しました。正面は北向きですが南面は採光のことや自宅の裏庭として来春に植栽等を考え、隣地から5メートル以上離して広めにとってあります。 最近、その南側の隣地に住宅の建築が始まりました。先日屋根が付いたのですが、なんと南北に急こう配の切り妻屋根であることが分かりました。 落雪防止のツバがついた無落雪屋根となっているようですが、隣家の基礎は我が家との境界から最低限(法定)の1.5メートル距離を取っただけで、北側の屋根はそこから突き出しているので先端は1メートルちょっとしか離れていません。 ただでさえ南西の強風が吹き、家の北東には怖いくらいの雪庇ができるこの地域では、無落雪屋根でも耐え切れず落雪したという話を何度か聞いたことがあります。 この地域では隣家との雪のトラブルを避けるためにほとんどがフラットの無落雪屋根で、三角屋根の家もありますが、落雪のスペースを確保した上で立てているようです。 来春には大事な樹木を移植する予定ですが、そこに落雪があればいくら雪囲いしても被害が出るのではと落雪への不安でいっぱいです。 快適な暮らしの為に高いお金を出して買った土地で、隣家の雪捨て場にするために買った訳じゃない、と思ったりもします。 ちなみに隣家と同じ建築会社が建てたお宅で、大丈夫だと言われたにも関わらず落雪が隣家になだれ込んで大変だったという話も聞いたので(詳しくは言えませんが事実です)、人を通してその建築会社の方に落雪は大丈夫なのか聞いてもらいましたが、「落雪はしません」「雪庇はこまめに落とすように施主に言います。」との回答でした。 しかし施工の状況を見ていると、敷地にフェンスもしていないのに新品のサッシを外に立てかけたままブルーシートもせず翌日まで野ざらしにしたり、ちょっと「?」と思うことも多く、信用できません。 急こう配(5寸勾配)の無落雪屋根とは本当に落雪がないものなのでしょうか? また、1.5メートルしか距離をとっていない現状では、落雪すると我が家の庭に落ちてくるのではないでしょうか? もう一度、直接その建築会社の方に話を聞いてみたいとも思いますが、無駄でしょうか? 無落雪屋根に詳しい方、同じような経験をお持ちの方がいらっしゃいましたらアドバイスをよろしくお願いします。

  • 片流れ屋根の傾斜方向

    ただ今、一戸建て新築計画中です。 建築場所は南面傾斜地で、南側北側とも隣地に建物は建っておりません。 屋根を、片流れ屋根(ガルバリウム)、2Fリビング、傾斜天井で計画中です。 (2F南側にバルコニー設置します) その屋根の傾斜方向ですが、南側を低くした方が良いか、 北側を低くした方が良いかわかりません。 (建築地は静岡県東部と比較的温暖な地域だと思います。) 何卒よろしくお願いします。

  • 屋根からの落雪による被害

    自宅屋根からの落雪による対物および対人被害を与えた場合の法的責任と賠償についてお聞きします。まだ被害を与えたわけではありませんが、自宅の北側の私道路に2階から直接落雪が1シーズン3回ほど(積雪量は5~10Cm)あり万一通行中の人、車等に当たり被害を与えないかと心配しており質問します 尚今回屋根の雪止め金具によるたいさくはしようと現在見積もり中です。が完全に落雪が無くなら無いとも思いますので、よろしくお願いします。

  • カーポートの屋根の勾配はどっち?

    当方は東北雪国です。多い時で、積雪30cm位です。(少々季節外れの話ですが…) ヨドのカーポートを購入予定です。 http://www.shimaicom.jp/KFCG-5450.html このカーポートは、屋根の勾配が後→前か、前→後のどちらかを選択できます。 近所でのこのカーポートの設置状況を見てみると、勾配の取り方は、後→前、前→後とで半々くらいです。 明らかに、カーポートと建物の間に余裕がない場合は、後→前の勾配が多い用です。(屋根に積もった雪を前(道路)に落とすためと思います) しかし、前に落とすということは、落ちた雪を寄せないと出庫できないと思います。それとも、このカーポートの勾配では、そんなに屋根に積もった雪は落ちてこないのでしょうか?(できれば落ちてこないことを望みますが・・・) その辺で勾配の選択に迷っています。 落雪等の経験のある方、アドバイスを宜しくお願いいたします。

  • 屋根瓦の雪止め

    現在、新築工事中ですが、隣の家から「雪止めは付いてないんですね」と言われました。 これは、暗に雪止めを付けてくれと言われている気がしますが、雪止めを付けることは、 どの程度効果があるのか良く理解できていません。 拙宅の地域は、雪が降るのは年に2、3回で、積雪は最大でも10cmまではいきません。 屋根は切妻の5寸勾配の平瓦で、最長5m程度勾配が続く場所があります。 また、拙宅と隣の家の境界までは1.2m程度ですが、軒先からだと50cm程度です。 そこで、質問なのですが、この条件で雪止めを付けると、雪は屋根で溶けて殆ど落ちていきませんか? それとも、雪止めを付けることで、かえって雪を堰き止めてしまって、 落ちるときは大量に纏まって落ちてしまうことは無いでしょうか? 経験者の方や、事情に明るい方のご意見をお聞かせ下さい。

  • 勾配天井の傾斜方向について

    南北に細長い総2階建で、7m×13mの長方形の建物です。 2Fの南西がリビング 南東がダイニング  北西が風呂、 真北がトイレ。 北東がスタディールーム 中央の東ががキッチン 中央の西が階段です。 真ん中に南北に長いホールがあります。 勾配天井で、天井高のメリットを出す為に、寄棟屋根ではなくて、切妻にする予定です。 その場合、 (1)南側の夏場の日差しの緩和、 (2)北側の屋根に、北向きの天窓が欲しい。 (3)東側の高い位置に ハイサイド窓が欲しい。 (4)北屋根と南屋根の接合面をずらして、南のリビングに対して北向きのハイサイド窓が欲しい。 ■上記の理由で、切妻屋根を、南北に細長い長方形の屋根を2枚合わせするのではなく、北側の正方形の屋根と南側の正方形の屋根を家の中央で2枚合わせにしたいのですが、コストに対してにメリットが薄いでしょうか? もしくはそれほどコストは違いませんか? 

  • 切妻屋根の落雪対策

     我家は切妻屋根で雪止めが2段ついています。急勾配の為溜まった雪は勢いよく下に落ちてきます。しかもお隣の敷地に入ってしまいます。お隣の敷地に雪が落ちないようにと言うよりは勢いよく落ちない(窓にあたって割れないか心配でしたので)方法がないものかと考えております。そこでお聞きしたいのですが、急勾配の屋根には雪止めは付けない方がいいでしょうか?現在、雪止めをそのままにした他に“落雪ネット”という物を付けようかとも考えております。  実際このような事でいい方法を知っている方、または建築関係の方でも構いません。何かいい対策等ありましたら教えて頂きたいです。