• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

火打の省略

最近疑問に思っているのですが 火打材について、”国土交通大臣が定める基準に従った構造計算によって構造耐力上安全であることが確かめられた場合”のみ省略できるのですよね。 大工さんや地元の工務店さんが「床下地に厚合板を使用しているので火打はいらない」とよく言っているのですが、構造計算はしていないようです。 これってOKなのですか?又、床下地を厚合板にして床組みの四方のみ火打材を入れておけば計算しなくてもOKなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2798
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

北国の設計屋さんです。 木造の剛床構造の場合、火打ち梁は省略できます。 剛床構造の床剛性倍率を計算(品確法性能表示計算)する際、床板の構造用合板厚24mm以上と火打ち梁には、それぞれ係数が定められているため省略できます。 火打ち梁と床板の構造用合板厚24mm以上を併用するか各々単独で計算するかは、設計者の考え方にかかっています。 木造二階建ての場合は、構造計算が建築基準法では求められていません。 一応建物の安全確認の書類としては、建築基準法第46条の「構造耐力上必要な軸組計算」と品確法の「床倍率の検討計算」です。 質問文から察すると、上記の二つの計算書の提示を求められては如何ですか。 この二つの計算書で大よその安全確認ができます。 ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 床倍率(係数)があるということは実際は計算しているんですね。 仕様規定では火打材の本数まではうたっていないのでとりあえず入っていればOKで構造用合板を使用する場合は軸組計算をしておく。(火打材の省略は可) ということですね。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • fuji812
  • ベストアンサー率36% (40/110)

簡単に言います。 壁で柱に直接合板を張った場合、筋交(すじかい)がいらなくなります。 これは外力を合板が持つからです。 同様に、これを丸々床に置き換えると、火打梁がいらなくなりますよね。 火打梁の本数は、床倍率の計算などで出てきます。 火打ち梁を入れるより剛床(床梁直打ち合板)の方が強い外力に耐えられるようになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 私は構造に興味があり学習しています。(普段は積算しています) 合板張り(剛床)のほうが外力に耐えられる。しかし床倍率を使った計算が必要。(書類の提出は不要)ということですね。

関連するQ&A

  • 建築基準法 第46条第3項但し書き

    建築基準法第46条第3項の但し書きにある「国土交通大臣が定める基準」はどこに記載されてますか? もし、この但し書き基準の計算法が定められていないとすれば、火打ち剤を使用しないとか、小屋組みの振れ止めを設けない場合は、どうすればいいのでしょうか。設計者判断での構造計算は、条文に違反するものと思いますが、基準が定まっていないのであるから、条文自体の効力がないので、この規定は守らなくてもよいと考えていいのでしょうか。 黄色本を見ても何ら記載がありませんでした。 ご存じの方からの回答をお待ちしています。 (余談) 国土交通省に訊こうと思いましたが、以前別件で質問した時には、随分待たされたあげく、結局帰ってきた構造担当者の答えは、とてつもなく独善に満ちた回答にであったし、彼らは構造基準の法律構成に無知であったので、アテにできないなとおもいました。

  • 木造住宅の設計で、筋交いと合板どちらが多い?

    木造住宅の設計に関わる実務者の方や、大工さんにご回答頂ければ幸いです。 在来軸組工法の耐力壁として、「筋交い」と「構造用合板を釘打ちした壁」 が主なものであると思います。 近年の木造住宅では、どちらを使うことが多いでしょうか? 住宅の規模や構造計算法(壁量計算法?許容応力度計算法?)は 問いません。 宜しくお願い致します。

  • 構造計算適合性判定を要する建築物の根拠について

    構造計算適合性判定の対象となる建築物のなかで、建築物の構造、規模にかかわらず、 ・許容応力度等計算、保有水平耐力計算又は限界耐力計算を行ったもの ・上記の構造計算又は許容応力度計算で大臣認定プログラムによるもの については、構造計算適合性判定を要することになると聞いたのですが、その法的根拠が探しきれませんでした。 根拠を教えていただけないでしょうか? また、集合住宅(RC造地上7階建、建築面積1000m2、延べ床面積5500m2程度)の設計において、エントランス部分と住棟部分とをエキスパンションで分離したのですが、エントランス部分(平屋100m2程度)についても構造計算適合判定の対象になると言われました。 エントランス部分単体では、ルート1にて計算してますが、なぜ対象になってしまうのかご教示願います。 (エキスパンションでちょこっと分離しただけで、手数料が同じだけ取られるのが解せません(^_^;))

  • クライミングのできる家

    住宅会社で設計をしています。 今回、新しい試みとして「クライミングのできる家」を 建ててみたいと考えているのですが、壁の下地としては全面に 合板を貼る程度でいいのでしょうか。 木造軸組みの2階建ですが、構造計算をしており、 性能表示の「構造に関すること」の等級は全て最高ランクを 取得しなければなりません。 ちょっとしたことでも構いませんので、アドバイスお願いします。

  • 建築基準法施行令に準ずる風圧力の求め方

    度々申し訳ありません。 No.16772で質問させていただいたものです。 建築基準法施行令第87条にある風圧力の計算式は q=0.6・E・V02(V0の2乗)となっております。 ここでE及びV0が以下のように記載されております。 E:当該建築物の屋根・・・・国土交通大臣が定め  る方法により算出した数値 V0:その地方における・・・・国土交通大臣が定め  る風速 記載内容の詳細は以下を参照願います。 http://www.houko.com/00/02/S25/338.HTM#s3.8.2 ここでいうE及びV0ってどうやって求めればよいの でしょうか? どこかのサイトで一覧表等が公開されているので しょうか??

  • 施工令第22条 床下の防湿方法 大臣認定品とは

    二級建築士です。建築確認の必要な増築の設計をうけましたが既存住宅が基礎高330しかなく床下土間は土です。 増築の場合既存部分も全て適合させなければならないのですが、居室のみ床下防湿施工しないといけません。施主は炭を敷きたいと話されてましたが大臣認定の炭は私が知ってる限りないように思いますが何かありますか? 50mm程度のコンクリ敷き込みすればよいのですが既存部分は点検口もなく床下も狭くまた住みながらの工事施工が困難です。居室だけでも20坪はあります。 大臣認定を受けたものでよいものがあれば教えてください! 宜しくお願いします (22条 最下階の居室の床が木造である場合における床の高さ及び防湿方法は、次の各号に定めるところによらなければならない。ただし、床下をコンクリート、たたきその他これらに類する材料で覆う場合及び当該最下階の居室の床の構造が、地面から発生する水蒸気によつて腐食しないものとして、国土交通大臣の認定を受けたものである場合においては、この限りでない。)

  • 構造用合板の反りについて

    耐力壁に構造用合板(針葉樹合板,910mm×1820mm,特類厚9mm)をたて張りにした際に,910mmで波高30mm程反るという現象を目にしたのですが,そこまで構造用合板が反るということはあるのでしょうか。釘ピッチは基準法の規定どおりのピッチで打っています。建設地は湿気の多い土地ではありますが,構造用合板は含浸試験等を経て認定されているはずなので,少々の雨などでは反らないのではと思っているのですが… また,耐力的には問題はないのでしょうか。 よろしくお願いします。 (なお反った合板は交換し,今のところ反りは出てきていないので,反った合板自身の製造上の問題の可能性もあります)

  • 耐震補強

    先日、木造住宅のリフォームに伴い耐震補強の物件を担当しました。しかし大工の手があまり良くなく、金物が正しく取り付いているか、疑問に感じ、正しい取付方法を調べている所です。教えて頂きたい事は、柱・横架材に新たに筋交いを入れましたが、少しすいている状態(2mm~10mmまで)で筋交い金物(2倍)を取り付けているのですが、それでも正規の耐力は期待できるのでしょうか?あと構造用合板で耐力を出す壁がありますが、その壁に給水・給湯配管の穴を2箇所あけてあるのですが、それでも正規の耐力が出るのか疑問に感じています。色々と調べましたが、筋交いの隙間・構造用合板の欠損について書いてある資料がなく、何か資料があれば教えていただけますでしょうか?細かいことですが宜しくお願いいたします。

  • 耐震補強

    先日から、木造住宅のリフォームに伴い耐震補強の物件を担当しています。しかし大工の手があまり良くなく、金物が正しく取り付いているか、疑問に感じ、正しい取付方法を調べている所です。教えて頂きたい事は、柱・横架材に新たに筋交いを入れましたが、少しすいている状態(2mm~10mmまで)で筋交い金物(2倍)を取り付けているのですが、それでも正規の耐力は期待できるのでしょうか?あと構造用合板で耐力を出す壁がありますが、その壁に給水・給湯配管の穴を2箇所あけてあるのですが、それでも正規の耐力が出るのか疑問に感じています。色々と調べましたが、筋交いの隙間・構造用合板の欠損について書いてある資料がなく、何か資料があれば教えていただけますでしょうか?細かいことですが宜しくお願いいたします。

  • 木造と鉄骨造の混造について教えてください。

    最近では法改正等で構造計算関係が厳しきなっていると聞きますが、35年以上前の鉄骨造の20坪平屋建て店舗で理容店をやってきました。この建物の裏につなげて木造2階建て40坪の住宅を建てたいのですが、この店舗も厳しきなった構造計算をして建築確認を申請しないとならいのでしょうか?大工さんは過去の経験で大丈夫と言っていますが、白紙撤回になっては、振り出しに戻ってしますのでよろしくお願いします。