• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

代表取締役の氏名変更登記について

登記に詳しい方よろしくお願いします。 今回、有限会社(特例有限会社)の解散と清算人の就任登記を申請したいのですが、次のような事実関係がある場合にどうすればよいのか教えてください。 事実1)10年前から登記簿上では、代表取締役Aと登記しています。 事実2)5年前、代取Aが結婚して氏名がBに変わりました。 事実3)今回の解散および清算人選任をした議事録には、当然、代取Bで署名捺印をしました。 という事実の中で上記の登記申請をする場合、代取A→Bへの「氏名変更登記」を前提として必ず申請しなければならないのでしょうか? 氏名が変わってからすでに5年も経過しているため、いまさら氏名変更登記をすると高額の罰金がかかると知人に脅かされたものですから、やらなくても特に問題ないならあえて申請したくないと考えています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数882
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>という事実の中で上記の登記申請をする場合、代取A→Bへの「氏名変更登記」を前提として必ず申請しなければならないのでしょうか?  する必要があります。 >氏名が変わってからすでに5年も経過しているため、いまさら氏名変更登記をすると高額の罰金がかかると知人に脅かされたものですから、やらなくても特に問題ないならあえて申請したくないと考えています。  確かに過料が科される可能性はあります。しかし、変更登記をするのは旧有限会社法上の義務ですから、ばれなければしなくても良いですかという質問に対しては、「ばれるばれないにかかわらず、してください。」としか回答しようがありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 代表取締役の変更登記についての質問です。

    代表取締役の変更登記についての質問です。 株主総会議事録、辞任届、欠席者の就任承諾書、取締役会議事録への出席者の実印での押印及び印鑑証明書の添付等、代表取締役の変更登記に必要と思われる一通りの準備はできましたが、一つ疑問がでてきました。 株式会社変更登記申請書は新代表取締役名となりますが、そこに押印する印鑑は、これまで使用していた代表者印(代表取締役之印)でよいのでしょうか。 もしかして、代表者の個人の実印等となるのでしょうか。 なお、今回代表者は変わりますが、引き続きこれまでと同じ代表者員を使用する予定です。

  • 代表取締役変更について

    すみません。過去の質問も見たのですがどうしてもわからなかったので質問させていただきます。 この度、夫が夫親より会社を引き継ぐことになりました。現在、夫親が代表取締役、夫は取締役、会社は特例有限会社です。 これを夫が代表取締役になり、夫親が代表取締役のみを辞任し取締役になるようにしたいのです。 この時、登記申請に必要なものは何になりますでしょうか。 有限会社変更登記申請書 臨時株主総会議事録 取締役会議事録 代表取締役辞任届け 定款 夫の実印&印鑑証明 でよいのでしょうか。 司法書士さんにお願いすればよいのでしょうが、なにぶん財政難で出来る限り自分達でしたいと思っております。 よろしくお願いいたします。

  • 取締役(同一人)の氏名変更登記について

    弊社は取締役会非設置会社で、取締役の互選で代表取締役を1名選定します。 弊社ではこのたび、代表取締役を変更することになりました。 印鑑届書に添付のため、 新代表取締役の印鑑証明書を本日入手いたしましたが、 印鑑証明書記載の氏名と、登記上の氏名が異なっていました。 新代表取締役は外国人で、 登記上の氏名は、●●●●・■■■ 印鑑証明書の氏名は、●●●● ■■■ ▲▲▲▲ 【質問1】 この場合、印鑑証明書記載の氏名と登記上の氏名の統一を図るため、再度この取締役を選任する株主総会決議が必要なのでしょうか? 【質問2】 臨時株主総会議事録は下記でよろしいでしょうか? ----------------------------------------------------- 議案  取締役1名選任の件 議長は、取締役●●●●・■■■の名前の表記について、 印鑑登録証明書との統一を図るため、改めて、同人を選任する必要がある旨を説明し、満場一致を持って次のとおり選任し、被選任者は即時就任を承諾した。  取締役  ●●●● ■■■ ▲▲▲▲ ----------------------------------------------------- 【質問3】 登記すべき事項(OCR用紙)は下記のとおりでよろしいでしょうか? ----------------------------------------------------- 「役員に関する事項」 「資格」取締役 「住所」東京都~ 「氏名」●●●● ■■■ ▲▲▲▲ 「原因年月日」平成20年6月1日氏名変更 「役員に関する事項」 「資格」代表取締役 「住所」東京都~ 「氏名」●●●● ■■■ ▲▲▲▲ 「原因年月日」平成20年6月1日就任 ----------------------------------------------------- それとも、、、株主総会決議なんかいらなくて、 代表の住所変更登記みたいに簡単にできるものなのでしょうか。。 すみませんが、どなたかご回答いただけますよう、 何卒宜しくお願いいたします。

  • 代表取締役変更登記

    会社の外部の方が代表取締役へ就任します。現代表取締役は取締役へ。 代表取締役変更登記をする時の手続きの流れ、必要書類を教えてください。 また、1月1日で就任予定ですが、法務局をお休みですし、可能でしょうか。

  • 役員変更登記について

    取締役の任期満了による重任登記をしないまま約1年経ってしまっています。(今回は監査役は任期満了ではありません) 事情があり先日監査役を解任し新たな監査役が就任いたしました。 この場合、取締役重任の定時株主総会議事録、代表取締役重任の取締役会議事録、監査役解任と新しい監査役就任の臨時株主総会議事録を添付すれば、取締役・代表取締役の重任と監査役の解任就任の役員変更登記をまとめて一回で申請することができるのでしょうか?

  • 商業登記法 解散の登記・清算人の登記

    解散の登記の後に清算人の登記をする場合について質問です。 清算人の選任方法として  (1) 定款で定めた者が就任  (2) 株主総会で選任  (3) 解散時の取締役が法定清算人として就任 ( (1)(2)の者がない場合 )  (4) (1)~(3)の者がない場合、利害関係人の申立てにより裁判所が選任 があります。 「最初」の清算人については、その就任・選任年月日とその旨は[登記すべき事項]とされていませんが、2週間以内の登記期間という規定があるため、その起算日を明確にするため[登記の事由]にその就任・選任年月日を記載することになります。 その理由として某テキストには 『「最初」の清算人は、法定清算人もそれ以外の清算人も解散と同時に就任するため、就任の年月日は登記簿上明らかであるから』 との解説がありました。つまり、解散の登記がされており、その解散の年月日が就任の年月日と同じであるからということです。 (1)について 定款に前もって決めてある者がいるのだから、その者が解散と同時に清算人となります。 (2)について 解散の事由が株主総会の特別決議によるものであり、その株主総会で清算人の選任もされているのならば、その者が解散と同時に清算人となります。 例外的に、解散後の株主総会でAが選任された場合、Aは「最初」の清算人ではありません。なぜなら、解散後自動的に清算人となっている(3)に当たるBは、株主総会でAが選任されるまでの間にも存在しているからです。そのため、Bの就任・退任の登記申請も必要となります。この場合、株主総会で選任されたAは「最初」の清算人Bから変更されて選任されたことになります。 (3)について 解散時に(1)(2)の者がいなければ自動的に解散と同時に取締役であった者が清算人となります。 このように、(1)(2)(3)については、(2)の例外的な場合も含めて、解散と同時に清算人となる者が存在しています。つまり解散した瞬間に「最初」の清算人は必ず存在しており、解散と同時に清算人に就任・選任することになり、その就任・選任年月日は解散の年月日と同じになります。 ここまでのところ問題ないでしょうか?なにかあればご指摘くださいませ。 しかしながら、(4)の場合には、(1)(2)に当たる者がおらず、加えて(3)に当たる取締役もいません。この場合、解散の登記の前に利害関係人が申立てをして裁判所が清算人の選任をしていれば、解散と同時にその者が清算人となることができますが、そうでなければ解散した瞬間に清算人が存在しないこともあるわけです。つまり、解散の登記の後に清算人が選任されることもあり、この場合には解散の年月日と「最初」の清算人の選任年月日は異なることになります。 そうなると、(4)の場合には某テキストにある 『「最初」の清算人は、法定清算人もそれ以外の清算人も解散と同時に就任するため、就任の年月日は登記簿上明らかであるから』 という理由が当てはまらないこともあるように思うのですが…? (4)の裁判所が選任する場合には、登記申請書の記載の例として  [登記の事由] ”年月日”清算人の選任  [登記すべき事項] 清算人 A ではなく、 Aが「最初」の清算人であったとしても  [登記の事由] 清算人の選任  [登記すべき事項] ”年月日”清算人A選任 のように記載することもあるのですか? それとも(4)の裁判所による清算人の選任は解散の登記の前にやっておくべきことなのですか? ご回答・ご教授お願いいたします。

  • 会社の変更登記申請について

    お尋ねします。 有限会社の変更登記をしなくてはなりません。 そこで (1) 役員の住所変更 (2) 資本金の増資 (3) 取締役を一名追加 (4) 事業の目的変更(追加) を届け出る場合、一枚の変更登記申請書+添付書類 という形で宜しいのでしょうか? 議事録などは添付することは調べて分かったのですが、 変更登記申請書を分けるべきなのかは分かりません。 枚数が増えると手数料も高くなりそうなので、 一度で決着つけたいのですが。。。 アドバイス宜しくお願いします。

  • 代表取締役の交代(有限会社)の登記について

    有限会社で現在A氏が取締役兼代表取締役でB氏が取締役です。(以上2名)この度B氏がA氏と代わって代表取締役を引き受けることになりました(A氏は引き続き取締役に残る)が,登記の際必要なものを教えてください。ちなみに代取の選任方法は取締役の互選です。こちらで考えているものは,Aが議長を務めた取締役会で辞任の旨を伝えBの選任をし,議長Aの印(今までの会社届印)+Bの認印をおした議事録を使おうと思っています。(印鑑に関してはこれでいいのでしょうか?)申請書には,今回は代取の辞任,選任だけなので就任及び辞任を証する書面と記載しなくてもよいのでしょうか?すみませんがよろしくお願いいたします。

  • 会社変更登記、代表者の住所変更

    株式会社の変更登記に依る代表者の住所を変更登記する事になり、書式を探しています。 単純に株式会社変更登記申請書に; (1)「代表者住所変更の申請」として何らかの添付資料が必要でしょうか (2)本変更に付きましては、取締役会議事録などに依る変更の手続きは要りますか (3)現住所を証明する住民票の添付 (4)変更登記申請のOCR用の申請用紙は普通のコピー用紙でかまいませんか 以上お願いします

  • 役員の変更登記について

    役員の変更登記について教えてください。 会社が昨年12月31日に第3期を終え、これに伴い役員の変更があります。具体的には、以下のような感じです。 (これまで)   ・取締役A   ・取締役B   ・取締役C(任期満了で退任)  (今後)   ・取締役A   ・取締役B   ・取締役D(新任) この場合、登記関連の書類について教えて欲しいのですが。 ■1点目 任期満了で退任する場合には、退任届は必要なのでしょうか? ■2点目 新任の取締役は、就任承諾書は必要なのでしょうか? これについては、株主総会議事録の記載で援用してよいのか、それとも別途作成した方がよいのでしょうか? ■3点目 登記の場合の書類は、以下でよいのでしょうか? ・変更登記申請書、登録免許税納付用台紙 ・登記OCR ・株主総会議事録 ・取締役会議事録 ■4点目 株主総会議事録の中で、任期満了の退任の記載は必要なのでしょうか?(作成例では記載してません) 第2号議案 取締役及び監査役任期満了による改選に関する件 議長は、取締役及び監査役の全員が本定時株主総会の終結と同時に任期満了し退任することになるので、その改選の必要がある旨を述べ、その選任方法を諮ったところ、出席株主中から議長の指名に一任したいとの発言があり、一同これを承認したので、議長は下記の者をそれぞれ指名し、これらの者につきその可否を議場に諮ったところ、満場一致をもってこれを承認可決した。 取締役 A 同 B 同 D なお、被選任者は、いずれもその就任を承諾した。 ■5点目 OCRの登記事項で、満期退任の場合は、記載は必要ないのでしょうか? あと、新規取締役の場合は、「就任」という文言でよいのでしょうか? 非常に一般的なケースなのですが、よく分からなかったので教えて頂ければ幸いです。