• 締切済み

丸棒の高周波焼入について

会社で重機関係の部品を作っています。 その工程の中に高周波焼入があり、弊社ではS43CHB-CRという機械構造用炭素鋼を使用しています。 焼入条件は 表面硬度HRC57以上 硬化層深さは6mmで硬度HRC50以上。10mmで硬度HRC30以上。 焼入終わり部分が縮みます。 どうしてこのような現象が起こるのでしょうか? 初心者の質問のため、詳しく教えて頂けたらと思います。 宜しくお願いします。

みんなの回答

  • mackid
  • ベストアンサー率33% (2688/8094)
回答No.1

そういう質問はここでは無理でしょう。 こちらで質問してみてください。 技術の森 http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?&event=TE0001

NR1-7
質問者

お礼

ありがとうございました。 早速そちらで質問してみます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 丸棒の高周波焼入について

    会社で重機関係の部品を作っています。 その工程の中に高周波焼入があり、弊社ではS43CHB-CRという機械構造用炭素鋼を使用しています。 焼入条件は 表面硬度HRC57以上 硬化層深さは6mmで硬度HRC50以上。10mmで硬度HRC30以上。 焼入終わり部分が縮みます。 どうしてこのような現象が起こるのでしょうか? 初心者の質問のため、詳しく教えて頂けたらと思います。 宜しくお願いします。

  • 高周波焼き入れできる材質

    高周波焼き入れで硬度HRC55以上で硬化層0.51.5満足できる材質を教えて頂けませんか。

  • レーザー焼き入れの焼き入れ深さについて

    従来は高周波焼き入れ焼き戻しをすることで金属表面の硬度を硬くしその後に仕上げ加工をしていました。近年レーザー焼き入れが世間で導入されてきているようですが焼き入れ深さは1mm以下とされています。熱処理歪みを抑えつつ焼き入れ深さを高周波並にすることは可能なのでしょうか? (SUS420J2調質材の表面硬度HRC50以上深さ2mm以上) 不可能であるならばその理由もご教授お願いいたします。

  • 高周波焼入れについて

     S45Cの太径(QT済)材料の中抜きした内径にギアの刃が加工しており、その刃面および刃底に高周波焼入れを行った材料の刃底だけ(刃面にはない)に焼割れが発生しました。現在の所、素材に問題があったか、もしくは焼入れ方法に問題があったかわからない状況です。  しかし、私自身の考えは刃底の有効硬化層が1.1mm(HRC45以上部分)しかないため高周波焼入れに問題があり割れたのではないかと思います。(硬化層の圧縮応力が十分に働かず、薄い硬化層の中では引っ張り応力が働くという文献があったため)  このような考え方におかしな部分はないでしょうか?ご意見よろしくお願いします

  • 最小歪みの高周波焼入れ方法

    鉄鋳物FC700材の高周波焼入れを 実施していますが、焼入れ歪みを出来るだけ 押え、後工程の仕上工程を簡素化したい。 焼入れ自体は、現状の硬化深さは、規格0.5mm に対し2mm程度で余裕があり、もっと浅い硬化層 で、歪みを減らす方法はありませんか お願いします。

  • 高周波焼き入れに関しての質問です。

    一般に、丸棒(例えばS45C)に高周波焼き入れした場合、『硬化層の厚さ』は少しのブレもなく均一になるのでしょうか? また、『硬化層の硬度』も全て均一になるのでしょうか? 例えば、硬化層の表面と厚さ○mmの任意の箇所での硬度が少し違う、など。 自分のイメージとしては、金属パイプ(中空丸棒)に異なる硬度の金属丸棒を入れた様な、内径と外径が長さ方向に一様、かつ、内側と外側の性質もそれぞれの部材内では一様な『完全な二層構造』を想像してしまいます。 やはり熱処理ということもあって、実際はイメージと違い、内径に多少のブレや、硬化層内での硬度の違いというものは出来てしまうのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 歯車の高周波焼入れ

    炭素鋼の歯車を高周波焼入れしたいのですが、 どうしても歯底表面の硬度が上がりません(500Hvくらい)。 ですが、表面から1mmくらいの深さのところでは 700Hvくらい入っているので加熱が不足している、 ということはないと思っていて、 冷却不足によるセルフテンパがかかっているのかなと考えています。 とはいえ、素人考えでは表面から冷えていくのは当たり前では? と思ってしまうのですが・・・ 何か考えられるべき原因や、調べるべき内容があれば教えてください。 (金属組織は今調べているところです)

  • 高周波焼入れの影響

    SK4材のロット(φ8mm、L510mm・435mm)に高周波焼き入れしたら、実長が数ミリ変化した。 焼き入れ硬度は、HRC55°です。原因と対策を御教示願いたい。 実長の公差は、0・+0.2で変化量は公差範囲を超えています。   宜しくお願いします。

  • 高周波焼入れの硬度について(鋳鉄・鋳鋼)

    歯車の歯先の硬度を高める為に、高周波焼入れがよく使われますが、 どの程度までの硬度が得られるのでしょうか。 具体的には、ねずみ鋳鉄(FC250)、鋳鋼(SC480)、高張力炭素鋼(SCC5)の 高周波焼入れによる最大硬度(HRC)が知りたく・・・。 他の方の質問で、S43Cであれば、HRC53程度まで上げられる、というお答えがありましたが、 上記のような鋼材については、 JIS B 6912にて、高周波焼入れが可能であるとは記載されていますが、 どの程度までかはわかりませんでした。 尚、現在設計中の歯車の計算では、 HRC40~50程度の硬度を必要としています。 材料に関しては知識不足で申し訳ないのですが、 御存知の方がおられましたら、御教授お願い致します。

  • 中周波焼き入れについて

    高周波焼き入れは良く耳にしますが、中周波焼き入れというのをご存知の方は教えてください。表面硬化処理だと思うのですが、高周波との違い、使い分けについて知りたいです。よろしくお願いします。