• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

水処理の吸着剤、接触ろ過剤。

私は、工場内の水処理施設で働いており工場の排水の処理を担当しています。 排水の種類は主に工場の洗浄排水でパックと高分子で処理しています。処理水の水質は工場排水の基準を満たしています。 ただ、日によって濃度が違う為平均月に3回は、基準を超えてしまう為、安定させるのに調べたところ前処理として吸着剤の添加が好ましいと思い、簡易テストで細かい石膏や砂利などを添加後、高分子で処理したところ良好な結果でした。 ただ現状の設備上の問題で水溶性の吸着剤しか使用が出来ませんので、水溶性の吸着剤や接触ろ過剤の種類について教えて頂きたいのですが・・・。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数427
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

「吸着剤」とは「高分子系の分散剤」のことでしょうか? ポリアクリル酸(PAA),ポリビニルアルコール(PVA),ポリエチレンイミン(PEI)などは水溶性の高分子電解質であり,フロックをよく分散させます.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

稚拙な質問にお答え頂きありがとう御座いました。 水処理に関しては、経験年数が少なく非常に難しく感じています。 大きなアドバイス本当にありがとうございました。

質問者からの補足

ありがとうございます。 ご回答頂いたポリアクリル酸(PAA)にて、前処理を行った ところ非常に良好な結果になりました。 ご丁寧に本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 放射能汚染による、ペットボトル飲料水等の水処理。。

    放射能汚染による、ペットボトル飲料水等の水処理がどのようになされているかがきになっています。 各メーカーが地域により工場を設け、そこで生産するのはわかりますが(違えばすみません。)一体どう水処理されてるのでしょうか? 素人の私が考える節ではろ過装置を経て水質検査があり。。。といった感じです。 もし普通の原水などを簡易的に処理しているのであれば一部の方々のように買占める程、安心できるものではないとおもいます。 むしろ自宅の浄水器を使用した水とさほど相違ないのではないかともおもいます。 実際、私自身は気にしないで飲んでますが、乳幼児には幼児用のペットボトル飲料水(ポカリやイオンウォーター等)を以前から飲ませています。 どうか、お知恵を頂きたくおもいます。宜しくおねがいいたします。 また、不謹慎にとらわれる方がいらしたらすみません。

  • 食品工場の廃水処理について

     当方、食品工場の排水処理に関わっている者です。排水や河川の水質試験の指標としてBOD、COD、TODがありますが、食品工場の熱水殺菌工程直後や洗浄後の排水の水質評価はどれが適しているのでしょうか?各製造工程における水処理への負荷を測定するのが目的です。  BODでは菌がほとんどいないため数値がでないものもあり、かといってCODでは数値の信頼性がイマイチなような気がするのです。TODはやったことがありません。  水処理を通していない工場内排水では結構栄養成分が豊富なので、ケールダール法で全窒素を測定するのが良いのでしょうか?何かいい方法があれば教えてください。贅沢かもしれませんが既存の測定法と相関性が高い方法がよいのですが。  よろしくご教授下さい。

  • 酸を脱着する吸着剤

    アルコールとカルボン酸のエステル化反応で硫酸を触媒にして反応を行っています。 後処理は、濃縮、アルカリ水添加後、メチレンクロライド抽出していますが、生成物の水溶性が高いため、層分離に数日必要で、抽出効率もかなり低くなっています。 反応率、残原料の問題もありますが、次ステップでの使いこなし上、酸だけでも抜きたいと考えています。反応後、pH 3-4程度は示しています。 酸を除去するだけなら、なにか吸着剤がありそうなものなのですが、試薬メーカーカタログにそれを目的としたものはないようです。 なにか効果のありそうなものをご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授願います。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#160321

>水溶性の吸着剤しか使用が出来ませんので… 「接触ろ過剤」は分かりますが「水溶性の吸着剤」をどうやって「水溶液」から分離するおつもりなのですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 すみません。私の質問の内容が矛盾しておりすみませんでした。 ポリアクリル酸(PAA)の添加によって非常に良好な結果が出ましたので報告しておきます。 稚拙な質問内容になってしまいすみませんでした。

関連するQ&A

  • 汚水について素朴な質問

    汚水について質問します。 家庭排水+工場排水が汚水で、汚水は下水道管を通って終末処理施設 に繋がっていると理解しています。 だた、工場排水については下水道法で排出する水質基準が細かく決めら れているのですが、家庭排水にはそんな水質基準はありません。 工場からの排出水に油などが混入していないか水質処理、水質チェックを行っている中、家庭排水への食用油の廃棄は問題にならないのでしょうかね。  同じ下水に流すのに家庭排水は食用油垂れ流しOKで、工場排水では 油分を含む排水はNGというのに何か矛盾を感じます。  また同じ工場内でも油まみれの作業服を洗濯した排水は下水にながし てもOKなの?って素朴に感じます。  その辺にお詳しい方いましたら、教えてください。

  • 下水処理センターから出る水に関する法律

    都道府県にある下水処理センターでは 有機物や窒素リンの除去を行っていると思いますが 下水処理センター出る処理した水は 水質汚濁防止法や県・市の条例(独自の排水基準?)とかにしたがってやっているのですか? 例えば自分が住んでいる川崎市なんかもそうなのかなって思ってます。

  • 工場から出る石鹸水の処理について 大至急!

    知人の工場からの廃水処理についてです。 主に工場の人たちが使うお風呂の排水で、あとは少し洗濯の排水もあるそうです。 知人からの話によりますと、川にそれらの排水を直で流していたところ近所の人から苦情がきたそうです(おそらく大量の泡を見て)。何かいい廃水処理の方法はないでしょうか?水質を改善できればベストですがとりあえずは泡を消す方法のみでもかまいません。 できれば急いで回答が欲しいです。よろしくお願いいたします。

  • 水の変色について

    海水系排水の水処理の実験をしています。 排水に酸化剤を添加して、CODを落としてやろうとしたところ、ほぼ無色透明であった(やや黄色)水が酸化開始直後から、赤褐色に変色してしまいました。 そのまま、1日おいたところ水は透明になっており茶色い沈殿ができていました。 おそらく排水中に鉄が含有していたのが原因だろうとおもい全鉄および溶解性鉄を計測したところ、 全鉄0.28mg/L 溶解性鉄0.04mg/Lでした。 酸化後の溶解性鉄は0.01mg/L以下となっていて酸化により析出したものと考えています。 このような場合、酸化前の排水中にはどんな状態で鉄は存在しているのでしょうか?いろいろ調べていますがしっくりくる説明がないので、よろしくお願いします。

  • 水質の排水処理プロセスについて(SSとは何か?)

    はじめまして、お世話になります^^ 現在水質の勉強をしています 公害防止管理者【水質】が資格取得の名称です その中での処理プロセスで 「有機性排水」と「無機性排水」の 一番初めの試験で「浮遊物質がある場合」 有機性排水では「ろ紙でろ過」 無機性排水では「沈降試験」となってます 何故違うのでしょう?有機性排水と無機性排水での 「浮遊物質」の定義が違うためではと思いますが 何と何を言っているのかがとても気になります。 顕濁物質=SS=浮遊物質では間違ってますでしょうか?^^; 色々難しいのですが、精一杯頑張らさせていただきますので、 ご助言よろしくお願い致します。 叱咤は大変有難く受けとらさせていただきます! では。

  • 活性炭汚泥処理

    工場で塗装排水・トイレ浄化槽排水・手洗い排水を活性炭に吸着させ、濾過器にかけた活性炭が汚泥として出ます。今は廃棄物(汚泥)として埋め立て、廃棄物処理業者に出してます。道路工事でアスファルトに混ぜて使えるとも聞きましたが、有価物としてリサイクル・リユース出来ますか?また出来る業者さんを知りませんか?

    • 締切済み
    • ISO
  • ★★★家庭・工場廃水はどうやって処理してる?★★★

    こんばんは:-) ふと思ったのですが、家庭や工場などから出ている排水は、塩素などで殺菌後、そのまま家庭用水などとして循環しているのでしょうか?またこの規定なども県や地域によって異なるのでしょうか? また、生活用水で海が汚れていると聞きますが、海・川に流れ出る水は、どの程度のレベルで処理・洗浄されるのでしょうか?以前、近所の小さな工場から、泡だった排水が川に流れ込んでいるのを見たことがあります。こんな無責任なこと、許されるんでしょうか? 日本に限らず、海外の水質汚染・管理なども教えていただけたらありがたいです:-)

  • PAC凝集剤を使った時の排水処理

    お世話になります。 件名の件ですが、有機系化学工業の排水処理について質問があります。 通常は、工場排水を廃水処理場に入れて活性汚泥法で脱窒し、凝集沈殿法で脱リンするという工程で処理しています。無機凝集剤には「ポリ鉄」とアニオン高分子剤を使用しています。 通常はそれでよいのですが、工場での生産品目の変更で「ポリ鉄」が使えなくなってしまいました。そこで、PACに切り替えて処理を行ったところ、汚泥の沈みが悪くなってしまいました(アルミニウムイオンなので軽いのでしょうか?) そのため、フロックを大きくするためにアニオン高分子剤を通常の3倍近く投入しました。その結果、汚泥の沈降性は通常通りに戻ったのですが、同時に系内汚泥がものすごく増えてしまいました。ちなみにPACをやめると元に戻りました。 この「系内汚泥の増加」について、メカニズムをご教授していただける方はみえますでしょうか。 どうかよろしくお願いいたします。

  • クロメート処理の危険性について

    現在、メッキ工場で勤務しています。 そこではクロムの塗装を六価クロメート処理という方法で塗装→洗浄→塗装→洗浄といった工程で製品を大きなタンクの中に漬ける様な形で行っているのですが、全て自動で行っているので水がかかったりすることはありません。しかし、自動とはいえ塗装、洗浄の際に発生する蒸気がすごいです。又、工場は局所排気設備等の設置がなされています。 私が心配するのは塗装された製品を運ぶ作業があるのですが、その際に、もし雨や雪などが降っていた場合の事です。クロム他、有害物質の中には水溶性の物質も存在するとの事。 それらが溶けて顔に付かないか? 又、作業を行っていると小さい塵が舞うのですが・・これはクロム等のメッキが剥がれてうすー舞っているという事ですよね? 実際、勤務しだしてから口の中がべた付いたり、薬品みたいな変な味がします(翌日まで変な味が残ります)。 調べたら、六価クロムは水溶性の物質との事。しかも、発がん性もあり、有害、危険と知りました。 果たして、あの大量の蒸気の中で勤務しても大丈夫なのでしょうか?

  • 水処理のことで

    PAC(ポリ塩化アルミ)で凝集沈殿後脱窒処理をしてますが生物処理の濾材(ヘチマロン)に無機物がどんどん沈着してきてます 沈殿処理でのPH設定の問題と思いますが最適はいくらぐらいですか ちなみに今は8.4でコントロールしてますが・・・