解決済み

PAC凝集剤を使った時の排水処理

  • 困ってます
  • 質問No.9353040
  • 閲覧数115
  • ありがとう数0
  • 気になる数1
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 50% (10/20)

お世話になります。
件名の件ですが、有機系化学工業の排水処理について質問があります。

通常は、工場排水を廃水処理場に入れて活性汚泥法で脱窒し、凝集沈殿法で脱リンするという工程で処理しています。無機凝集剤には「ポリ鉄」とアニオン高分子剤を使用しています。

通常はそれでよいのですが、工場での生産品目の変更で「ポリ鉄」が使えなくなってしまいました。そこで、PACに切り替えて処理を行ったところ、汚泥の沈みが悪くなってしまいました(アルミニウムイオンなので軽いのでしょうか?)

そのため、フロックを大きくするためにアニオン高分子剤を通常の3倍近く投入しました。その結果、汚泥の沈降性は通常通りに戻ったのですが、同時に系内汚泥がものすごく増えてしまいました。ちなみにPACをやめると元に戻りました。

この「系内汚泥の増加」について、メカニズムをご教授していただける方はみえますでしょうか。

どうかよろしくお願いいたします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 28% (29/100)

2種類の凝集剤の注入量を算出する。
そこから汚泥の発生量を割り出せば、
汚泥の違いが知る事が出来ます。
PH値も考慮する必要ありです。

 汚泥の発生量は、凝集剤の比重値で求めるものではありません。

  以上

  jyousui
 
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ