• 締切済み
  • 困ってます

水質の排水処理プロセスについて(SSとは何か?)

はじめまして、お世話になります^^ 現在水質の勉強をしています 公害防止管理者【水質】が資格取得の名称です その中での処理プロセスで 「有機性排水」と「無機性排水」の 一番初めの試験で「浮遊物質がある場合」 有機性排水では「ろ紙でろ過」 無機性排水では「沈降試験」となってます 何故違うのでしょう?有機性排水と無機性排水での 「浮遊物質」の定義が違うためではと思いますが 何と何を言っているのかがとても気になります。 顕濁物質=SS=浮遊物質では間違ってますでしょうか?^^; 色々難しいのですが、精一杯頑張らさせていただきますので、 ご助言よろしくお願い致します。 叱咤は大変有難く受けとらさせていただきます! では。

noname#16191

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2665
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.3

その質問たぶん説明ぶそくですね 「その中での処理プロセス」どこの何のプロセス? 「有機性排水」と「無機性排水」の一番初めの試験」 意味不明です 「有機性排水ではろ紙でろ過 無機性排水では沈降試験となってます」 そんなことはありません SSは有機性にしろ無機性にしろそのときの特性によっ て処理プロセスがきまります有機性であっても沈降試験はしますし無機性でもろ紙でろ過試験はします又無機物質の比重が大きく有機物質の比重が小さいと云うことも ありません SSの測定方法なら決められた方法でしますので有機性・無機性関係ありません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 公害防止管理者(水質)の参考書について

    はじめまして 現在、公害防止管理者(水質)の 勉強をしています。 学校では「公害防止管理者試験・よくでる水質」を 使用していますがかなり不十分で何か参考になる本を 購入しようと考えています。 教科書では「~の薬品を入れる」「~のは~を使う」 とは書いてあっても「理由」が一切書かれていません。理由無しに覚える事は出来ませんので とても難航しております。 何故入れるのか、その薬品を入れる訳 原理を書かれた本を探しております。 どなたかご存知の方はよろしくお願い致します。

  • 公害防止管理者 水質4種

    公害防止管理者の水質4種を受験する高校生です。 そこで質問です。 公害防止管理者の試験を受け、合格した人に聞きたいのですが どのような勉強をして合格しましたか? また、どのような参考書を使いましたか? オススメの参考書などがあれば教えて下さい。 今回の試験は独学での勉強なのでとても不安です。 いろいろとアドバイスお願いします。。

  • 公害防止管理者の資格試験・水質・解答速報あり?10月2日(日)受験

    はじめまして^^; 先日、公害防止管理者の資格試験を受けました。 知人の話では、解答を載せたサイトがあるとの事 (公式なのではないかもしれません)、 が・探したのですが見つからず… ご存知の方お助けくださいTT ちなみに受けたのは水質2種です。

  • 回答No.2
  • kikero
  • ベストアンサー率33% (174/517)

 SS:Suspended Solid---「懸濁物質」は水が動いている場合の状態を想定していると思います。  水の流れが止まると、無機物質の密度は一般に大きいので沈降しますが、有機物質の密度は水に近いためいつまでも浮遊状態を保ったり容器内壁に付着したりして挙動が違います。  SS捕集処理操作が異なるのは、SSの密度の違いに基づくものと考えています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#21649

>故違うのでしょう? 汚泥は.県規制で発行。だから「砂ろ過」。(ろ紙というかフィルタープレスを使うということでしょうか。フィルタープレスは高価なので砂の上にまいてたまったらば重機等で掘ると覚えています) 無機はけんきせいでも発行しないから.そのまま沈降分離。 >間違ってますでしょうか?^ 私は「固形分」の略号で使っていましたが.正確な定義はわかりません。「けんだくぶしつ」の意味がわからないのです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 公害防止管理者試験(水質)のためのテキストは?

    こんばんは! 公害防止管理者試験(水質)の受験を考えています…というか、先ほどネットで申し込みました。4種です。 現在、テキスト・参考書・問題集などを1冊も持っていないので購入しようと思っているのですが、 (1)どんな参考書がオススメですか?ネットで調べてもよくわかりません。昨年から試験が変わったようなので、ますます分かりません。 (2)『新・公害防止の技術と法規』は必須でしょうか?高額なので購入に踏み切れません。 (3)『新・公害防止の技術と法規』には例題や過去問も載ってますか? 以上の3点、どうぞよろしくお願い致します。

  • 公害防止管理者(水質関係)

    公害防止管理者試験(水質関係)の問題集をみると、凝集沈殿についての問題が良く乗っているのですが、この凝集沈殿を行う目的とは一体何なんでしょうか?また、ジャーテストの原理についてもあまり良く分からないので、詳しい方教えて頂けないでしょうか?(出来ればジャーテストをする際の凝集沈殿目的を教えて頂きたいです)

  • 排水や土壌汚染など

    自分の考えが合っているかどうか確かめたいので皆さんの意見を聞かせてください。 (1)湖沼でのアオコ、海洋での赤潮は、工場からの排水が主な原因であり、今後有害物質の排出に対する基準を厳しくするなどの対策が必要である。 (2)土壌汚染の度合いの指標の1つとしてBODがあり、腐敗性有機物質の分解に要する窒素量で定義される。 (3)土壌や水質汚染物質としてカドミニウムがあげられ、これによる公害病としては、水俣病が有名である。微量でも極めて有害であるため、人体への接種並びに蓄積量は、理想的に0にすべきである。 (4)半導体洗浄用の溶媒として使われるPCBは、タンクの漏洩による地下水への混入で問題となり、現在、水質汚濁防止法に基づいて監視対象となっている。この物質の問題点は、発ガン性と催奇形性である。 どうか、よろしくお願いします。

  • 公害防止管理者試験について

    はじめまして。 公害防止管理者の試験を予定しているものです。 テキストとして、  公害防止管理者 正解とヒント(24回 H6~26回 H8)  よく出る水質問題 (平成10年 発行) を安く入手したので使っているのですが、 試験対策としては問題ないでしょうか? 最新版を購入して見ておく必要はあるものでしょうか? 試験の傾向をご存じの方、書き込みをお願いします。

  • 公害防止管理者で…

    公害防止管理者(水質)を勉強中の者です。 化審法にある「第1種特定化学物質」とは、いわゆる特化物のことでいいのでしょうか? 第1種特化物ですと、ジクロロベンジジンやアルファ-ナフチルアミンなどを言うと思うのですが、 同じと考えてしまって良いのでしょうか?

  • PAC凝集剤を使った時の排水処理

    お世話になります。 件名の件ですが、有機系化学工業の排水処理について質問があります。 通常は、工場排水を廃水処理場に入れて活性汚泥法で脱窒し、凝集沈殿法で脱リンするという工程で処理しています。無機凝集剤には「ポリ鉄」とアニオン高分子剤を使用しています。 通常はそれでよいのですが、工場での生産品目の変更で「ポリ鉄」が使えなくなってしまいました。そこで、PACに切り替えて処理を行ったところ、汚泥の沈みが悪くなってしまいました(アルミニウムイオンなので軽いのでしょうか?) そのため、フロックを大きくするためにアニオン高分子剤を通常の3倍近く投入しました。その結果、汚泥の沈降性は通常通りに戻ったのですが、同時に系内汚泥がものすごく増えてしまいました。ちなみにPACをやめると元に戻りました。 この「系内汚泥の増加」について、メカニズムをご教授していただける方はみえますでしょうか。 どうかよろしくお願いいたします。

  • 公害防止主任管理者について

    大気、騒音、水質などの質問は過去に質問されておりましたが、改めて質問させていただきます。 主任管理者の問題集も「五訂 公害防止の技術と 法規 ○○編」などがよろしいのでしょうか? また、公害防止管理者の試験の難易度的には、他の大気編、水質編などと比較して主任管理者は総括的な試験なのでしょうか。内容的には他の範囲と異なる気がするのですが。 教えてください。よろしくお願いします。

  • 文系出身者の公害防止管理者(水質)勉強法について

    業務の都合で公害防止管理者(水質)の試験を受けなければならない状況になりました。 一種衛生管理者、乙種危険物取扱者は丸暗記で資格だけは取得しています。 といっても、私は事務一筋で高校の化学以来15年近く化学にはほとんど関わっていません。 文系出身者がこの資格を取るにあたって化学の知識はどの程度必要でしょうか? また、公害防止管理者に関わる過去の質問を見ると、過去に出題された問題をやると良いようなことが書いてあったので買ってきたのですが初心者が勉強するにはあまりに単発的な内容のため頭に入りません。 一種衛生管理者、乙種危険物取扱者の時のように参考書も選べるほど種類がないためどのように勉強したら良いかわからず困っています。 体系的に勉強できる良い方法(参考書)はありますでしょうか? よろしくお願いします。

  • 平成19年度の公害防止管理者試験について。

    皆さんこんばんは。今日10月7日(日)広島で公害防止管理者水質第1種試験を受けてきました。自己採点の結果、下記の通りになりました。 1.公害総論   10/15 67% 2. 水質概論   5/10 50% 3. 汚水処理特論 14/25 56% 4. 有害物質特論 12/15 80% 5. 大規模特論  7/10 70%  全科目平均 65点 昨年までの基準であれば合格なのですが平成19年度から、合格基準が変わったみたいで合格の可否がわかりません。産業協会のホームページを見ても理解できませんでした。詳しい方いらっしゃいましたら教えて欲しいです。

  • 製造元の義務でしょうか?排水処理性調査の実施

    製造元の義務でしょうか?排水処理性調査の実施 長文で申し訳ありませんが教えてください。 研磨液を製造販売しておりますが、先日ユーザーより排水処理性調査回答書なるものを提出してくださいと依頼がきました。試験の概要は以下です。 (1)資料調整(水で希釈)→(2)凝集剤添加(PACまたは硫酸バンド)→(3)PH調整(硫酸・苛性ソーダ)→(4)凝集(助剤は任意)→(5)ろ過(5種Aろ紙)→(6)処理水質確認 ※(1)希釈倍率は10倍と100倍で実施。(2)添加量は、それぞれ1000ppmと300ppm。(3)PHは7に調整。(4)添加量はともに2ppm。出来上がった(6)のCODと全窒素と全燐を調べなさいとのこと。 調べた中ではこれ((1)~(6))を実施するには数十万円かかるとのこと。 (6)の処理水のみの検査であれば、県の試験所で2万円弱で実施できるとのことでした。 検査製品(研磨液)のMSDSはすでに提出済みです。ここまでが製造元の義務と考えてております。 まずは、会社の義務であるかないか?ということを教えてください。 また、義務でなかった場合でも、おそらくですが、ユーザーはこの試験を実施しなさいとゴリ押ししてくると思います。その際、試験を実施してくれそうなところがあれば参考までに教えてください。県の試験所は(6)以外は不可でした。 会社としてやらなければならない事案であれば費用を負担してでも実施しますが、そうでなければ丸投げされ、また費用もこちら持ちというのでは納得がいきません。