• ベストアンサー
  • 困ってます

下水処理センターから出る水に関する法律

都道府県にある下水処理センターでは 有機物や窒素リンの除去を行っていると思いますが 下水処理センター出る処理した水は 水質汚濁防止法や県・市の条例(独自の排水基準?)とかにしたがってやっているのですか? 例えば自分が住んでいる川崎市なんかもそうなのかなって思ってます。

noname#223910

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数184
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • cactus48
  • ベストアンサー率43% (4475/10294)

基準値等の詳細に関しては回答しませんが、下水処理センターから排水する 処理水に関しては、下水道法第8条施行令第6条第3項に基づいて排水させ ているようです。また水質汚濁防止法第3条第1項(排水基準を定める総理 府令)と水質汚濁防止法第3条第3項(都道府県の排水基準を定める条例) に適合しないと排水は出来ないとされています。 つまり川崎市でも国の基準に従っていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど

関連するQ&A

  • 水濁法の排水規制における排水量について

    排水規制について質問です。 水質汚濁防止法では1日の排水量が50m3以上になると規制の対象になるかと思いますが、これは1日でも越えたらダメということなのでしょうか?平均50m3以下であればよいのでしょうか?また、平均といっても事業所の稼働日のみで計算するのか、稼動していない日も含めて平均してよいのか分かりません。都道府県によって異なるのかもしれませんが、どのように考えるべきか教えてください。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 排水基準について

    環境基本法で定められている水質環境基準「健康項目及び生活環境項目」と、水質汚濁防止法で定められている排水基準の一律基準「有害物質及び生活環境項目」とでは、それぞれの基準値の値が違いますが、どういう違いがあって、結局はどちらを見ておけばよいのでしょうか? 例えば、前者のカドミウムの基準値は0.01mg/Lで後者は0.1mg/Lと、一桁値が違っています。 後者に関しては、都道府県によって上乗せ基準があるそうなのですが。 よろしければ、教えてください。

  • 水質汚濁防止法に該当する物質について

    こんばんは。お世話になります。 現在、各資料をまとめて適用法令の表(該当したら○をつけるような表)を作成しているのですが、 下記の物質について、水質汚濁防止法に該当するかどうか教えてください。 先輩(会社の20年以上先輩)が途中まで作成した表を引き継いで私が作成しているのですが、下記の物質を、水質汚濁防止法に該当するという意味の○をつけているのですが、なぜ該当するのかわからず、困ってます。 (1)水酸化カリウム、酸化マグネシウム、水酸化カルシウム、水酸化マグネシウム、硫酸加里 (2)尿素 (1)(2)いずれも、MSDS(ネットで検索できる、昭和化学やナカライテスク、安全衛生情報センターのGHSモデルなどのMSDSの適用法令の欄を見ても、水質汚濁防止法に該当することは記載されてません。 排水基準を見ると、ひょっとしたら、(1)は、生活環境項目の水素イオン濃度に該当するからという意味で、水質汚濁防止法に該当、(2)は生活環境項目の窒素含有量に該当するという意味で、水質汚濁防止法に該当、ということなのでしょうか? 私は、化学はいままで勉強したことがなく、おそらく、化学の入門者の教育の一環で今回こういう仕事が来たのだと思いますが、何も知らぬまま先輩に聞く前に、こちらで、予備知識を得たいとおもいます。 どうかご回答よろしくお願いします。

  • 特定施設について

    電子部品製造業で水質汚濁防止法施行令別表1の特定施設に該当が無く有害物質のカドミウムを扱い洗浄排水を排出している事業場は水質汚濁防止法に基づく届け出は必要ないのでしょうか?また、排水規制はどうなるのでしょうか?

  • 下水汚泥焼却灰の中にケイ素?

    下水汚泥の焼却灰について調べています。 下水汚泥の焼却灰というと、自分のイメージでは微生物に下水の有機物、他窒素やリンなどを食べさせて出来た微生物の余剰汚泥を、焼却によって有機物と水分を除去したものという感じなのですが、 下水汚泥焼却灰の成分を見るとどの場合もケイ素がSiO2ベースで20%程度、ものによっては最も多く含まれています。 他のものは何となく分かるのですが、なぜ下水汚泥の焼却灰にケイ素がこれほど多量に含まれているのでしょうか? 何由来のケイ素なのでしょうか? 自分の知識だと石や稲わらといったあまり下水汚泥とは縁のありそうにないものしか思いつきません。 ご教授お願いいたします。

  • 下水処理センターの水質関係のリン除去

    微生物の全リンを過剰摂取率が下がる or 過剰摂取率は変動しないが、微生物が一度過剰摂取したリンを吐き出す どちらかの理由で冬期は全リンの除去率が低くなり易いです。 しかし 今いる下水処理センターでは 嫌気好気法は年間を通して全リンの除去率は変動無し、 しかし擬似嫌気好気法では全リンの除去率は冬場に低下する。 という傾向があります。 嫌気好気法と擬似嫌気好気法 上記の理屈なら状況が似る筈なのにどうして違いが出るのでしょうか?

  • 工場から出る汚水の処理について

    繊維メーカーに勤めております。 工場から出る汚水の処理方法についてお尋ねします。 汚水処理担当者は汚水処理を、会社及び行政機関の許可なく、下水へそのまま 未処理の状態で流しています。 汚水の状態は、白く濁っていたり、茶色い色をしていたり、ドブ臭のような腐敗した 匂いがします。 成分は鉱物油を乳化させたものや、シリコンエマルジョンなどで、濃度はだいたい 10%未満、一日3000kgほど下水に流しています。 処理担当者に「業者に回収してもらったりしたほうがいいのでは」と注意しましたが、 「コスト削減のためだから」と自分で判断して処理しています。 上司にも相談しましたが、見て見ぬふりです。 水質汚濁防止法違反となり、会社や社会、他の社員に迷惑を蒙るおそれがあり 心配しております。 どうかアドバイスをお願いできませんでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 水環境学という学問を勉強しています。

    以下のような論述問題を解かなければいけなくなったのですが、恥ずかしながら全く分かりません。 ネットなどで調べようとしても、基礎知識があいまいなため、何をどこから調べても良いのかも分かりません。 どなたか解いて頂けないでしょうか・・・。 よろしくお願いします。 【1】水質を測定したところ、全窒素(T-N)は1.5mg/l、全りん(T-P)は0.3mg/lであった。 これらの値および普段あなたが見る状況から次の問に答えよ。 調整池の水環境はどのような状況と考えるか。理由とともに述べよ。 【2】日本の閉鎖性水域ではなぜ栄養塩類による水質汚濁が問題となっているか、窒素とリンの収支の状況をもとに説明しろ。 【3】次の地域から想定される年間の流失負荷量及び負荷量の削減策を述べよ。 (1)畑地100haからの全窒素流失負荷量。 (2)人口5000人の集落から排出される生活排水のCOD負荷量。 【4】湖沼の富栄養化について、(1)富栄養化水域の特徴、(2)窒素・リンの役割、(3)内部生産のプロセスを述べよ。 【5】畑地からの地下水への窒素汚染では硝酸態窒素が他の窒素形態と比べて問題になる場合が殆どであるが、この理由を説明せよ。また、水田からの窒素流出は畑地からの流出と比べてどのように違うのか説明せよ。

  • 標準活性汚泥法でリンや窒素も処理できますか?

    排水処理の方法として標準活性汚泥法というのを知りましたが、環境問題につながる排水中のリンや窒素もこの活性汚泥法で取り除くことができるのでしょうか? 環境素人で済みませんがわかりやすくお教えいただけるとありがたいです。

  • 脱窒促進

    下水処理センターの水質関係で 窒素除去の過程で硝酸性窒素の脱窒があまり上手くいきません。 処理方法は、嫌気好気法・擬似嫌気好気法2パターンで処理を行っています。 脱窒促進の為に良い方法はないでしょうか?