• 締切済み
  • 困ってます

酸を脱着する吸着剤

アルコールとカルボン酸のエステル化反応で硫酸を触媒にして反応を行っています。 後処理は、濃縮、アルカリ水添加後、メチレンクロライド抽出していますが、生成物の水溶性が高いため、層分離に数日必要で、抽出効率もかなり低くなっています。 反応率、残原料の問題もありますが、次ステップでの使いこなし上、酸だけでも抜きたいと考えています。反応後、pH 3-4程度は示しています。 酸を除去するだけなら、なにか吸着剤がありそうなものなのですが、試薬メーカーカタログにそれを目的としたものはないようです。 なにか効果のありそうなものをご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授願います。

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数137
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359

酸を除去する方法としては 一般的には中和処理しかありません。 電気化学的に処理する方法としては、1.イオン吸着性電極に陽イオンを電気化学的に吸着させておいて、そのイオンを放出しながら、対極で水を電気分解し水酸基イオンを作り中和する方法と、2.イオン吸着静電極で陰イオンを採りながら対極で水を電気分解し水酸基イオンを作り中和する方法が考えられます。 1の方法は、中和と同じでイオン濃度は増加します。しかし増加させるイオン種を選定できます。 2の方法は陰イオンを採りながら中性にするので、イオン量は減少します。この場合、採れるイオンを限定するのは困難です。しかし、イオンのモル伝導率が大きいものほど早く取れるので、カルボン酸イオンより硫酸イオンが採れやすいです。

参考URL:
http://www.tanap.jp/tech/pH-01.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 有機化合物:酸触媒について

    有機化学を勉強しておりまして エーテルの製法やエステルの製法で 「アルコールを”酸触媒”にて脱水」や 「アルコールとカルボン酸を”酸触媒”の元で反応」 とあるのですが,酸触媒と言ってもどこにも濃硫酸の記載しか ないのですが,その他の酸はなんでもいいのでしょうか? 硝酸は酸化力があるのでダメだと思うのですが・・・

  • カルボン酸について。

    答えがいまひとつ自信がないので、教えていただけないでしょうか。 1.カルボン酸はアルカリ触媒の存在下にアルコールと反応してエステルを与える。 2.エステル化反応は水の存在下では効率が悪い。 3.カルボン酸に塩化チオニルを反応させるとヒドロキシ部分は酸素で置換される。 4.一個のカルボキシル基から水一分子が取れた状態を酸無水物という。 5.アルデヒドを酸化するとカルボン酸が得られる。 自分の考え 1.アルカリ触媒ではなく酸(濃硫酸)の触媒を使うため、間違い。 2.エステル化反応は反応は脱水反応なので水があると反応が悪くなると思うので、正解。 3.カルボン酸のヒドロキシ部分はは酸素ではなく塩素で置換されると思うので、間違い。 4.二個のカルボン酸から水一分子が取れるので間違い。 5.その通りなので正解。 私の考えは正しいでしょうか? どうぞ宜しくお願い致します。

  • Grignard試薬と含水エステルの反応について

    Grignard試薬にエステルを加えた後、酸触媒下で水を加えると三級アルコールが生成しますよね。 このとき加えたエステルに水が含まれていた場合、副生成物として何が得られるか、という課題が出ました。 Grignard試薬の水による分解でアルカンが生成することの他に、エステルの加水分解が進行するんではないかと考えたのですが…酸触媒も塩基触媒も存在しない状況で加水分解が進行するのでしょうか。 それとも含水エステルを加えた時点ではGrignard試薬の分解反応しか進行せず、その後の酸触媒下での水との反応により、そのまま残っていたエステルが加水分解されるのでしょうか。 どなたか回答をよろしくお願いします。 他にも考えられる反応があればそちらもどうかよろしくお願いします。

  • 塩化チオニルによる酸塩化物の合成について

    カルボン酸を塩化チオニルと反応させて酸塩化物を合成する反応の際、 生成してきた酸塩化物が系内に残存しているカルボン酸と反応して、 酸無水物が出来るのではないかと疑問に思う事があります。 基本的にDMFを触媒にして反応させれば、ほぼ問題なく酸塩化物に 変換される事は分かっているのですが、ふと上記のように 酸無水物が生成される事はないのかという考えもあります。 カルボン酸と塩化チオニル(DMF触媒)の反応と、酸塩化物とカルボン酸の反応が 協奏的に起こるものの、結果的に前者の反応が優先的に進行する理由について 何かご存知の方がおられれば、ご教授頂ければ幸いです。

  • 反応液の濃縮

    酸無水物とエタノールで、酸触媒中でエステル化を行った後、トルエンを加えてからエバポレータで濃縮、と実験書に書いてあったのですが、トルエンを加える理由がわかりません。原料であるエタノールを取り除きやすくするためなのでしょうか? お願いします。

  • カルボン酸エステルの加水分解について

    酸条件が可逆反応で、酸が触媒として反応して、塩基性では不可逆的にアルカリがエステルと藤モル必要みたいです。塩基性条件では、OH-が求核剤としてカルボン酸のCを攻撃して反応が進むのはわかるのですが、なぜ不可逆的なのでしょうか。また、酸条件の触媒としてというのは、具体的にどういう意味なのでしょうか。なくてもいいけど、あったほうがさらにいいということでしょうか。本当に馬鹿な質問でごめんなさい。 補足:今まで「化学」の投稿をさせていただきましたが、答えてくださったみなさん、本当にありがとうございました。みなさんすごく分かりやすいし、感謝しています。一人一人に丁寧なお礼ができなく、評価のみになってしまうことをとても見苦しく思いますが、許してください><

  • エステル化反応の触媒について

    水酸基とカルボン酸のエステル化反応触媒として酸触媒が知られていますが、他にどのような触媒があるのでしょうか?一般的に金属触媒が知られていますが、他にはないのでしょうか?また、金属触媒であれば、どのような触媒が良いのでしょうか?さらには金属触媒の毒性は問題にならないのでしょうか?

  • ホルムアルデヒドによる架橋ポリマーの製法について

    水溶性のカルボン酸やアミノ酸をホルムアルデヒド(ホルマリン)を用いて架橋、不溶化したような樹脂を作ろうと思うのですが、この反応をさせる場合、何か触媒みたいなものは必要でしょうか?また、反応温度はどのくらいで行えばよろしいでしょうか? ご経験者の方居られましたら、アドバイスをお願いいたします。

  • エステル化におけるH+の選択性?

    カルボン酸からエステルを合成する反応において、触媒である酸のH+に対してO原子が求核しますが、 R-C-OH    ||  (2)    O(1) (1)のO原子しか求核しないのはなぜですか?

  • 天然物中香気成分の合成について

    天然物中香気成分の合成について質問さ せていただきます。 天然物中香気成分の合成という実験をし たのですが、実験後に疑問にかんじた点 があるので質問させていただきます。 1、原料でアルコ ール、カルボン酸を過 剰に用いたのですが、なぜ過剰に使用す る必要があるのか? 2、炭酸水素ナトリウム水溶液がアルカリ 性である理由 3、抽出において炭酸水素ナトリウム水溶 液を用いた理由 4、抽出において飽和食塩水を用いた理由 5、シリカゲルによるカラムクロマトグラ フィーにおいては、エステルよりもカル ボン酸、アルコールの方が移動速度は一 般に遅くなるが、これはカルボン酸とア ルコールの極性が大きいからだそうで す。カルボン酸とアルコールの極性が大 きいのはなぜか? 6、エステルの収率=(エステルの物質量÷ カルボン酸とアルコールのうち、過剰で ない方の物量)×100(%) の式によりエステル収率の計算と過程を 求める お手数おかけしますが回答よろしくお願 いいたします。