• 締切済み
  • 困ってます

所得税控除の内訳と金額について

新しくパート勤務に出ることになりました。 今まで健康保険も主人の扶養で、年金もサラリーマンの妻(3号?)でしたが今回長時間労働なので健康保険・厚生年金は自分で入ることになります。その場合、去年までと主人の所得税はどのように変わるのでしょうか? 家族は配偶者の私以外に小学生の子供2人です。 去年までの控除は基礎控除38万・扶養者控除38万×2・配偶者特別控除が年収によって16万でした。(その他生命保険等) 今年は3月に仕事を辞めたのでそれまでの所得と9月に再就職したので年末までを合計すると65万を超えませんが、そうすると今年は基礎控除38万・扶養者控除38万×2・配偶者控除38万の控除が受けられると考えていいのですか?(その他生命保険等変更なし) 自分で年金・健康保険を掛けるだけで給料からの引かれる分が増え今までのパートより収入的にかなり少なくなるので、これでもし主人の税金がグンと増えるようなら今回の就職は考え直したほうがいいかと思案しています。年収的に去年までの仕事でも127万今回の新しい仕事でも127万ほどになる計算です。 健康保険・年金をまだ払っていないので金額がわかりませんがかなり損でしょうか・・・。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数290
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2

>そうすると今年は基礎控除38万・扶養者控除38万×2・配偶者控除38万の控除が受けられると考えていいのですか… はい。 >今回の新しい仕事でも127万ほどになる計算です… 源泉税も社保も引かれる前の、支払総額が 127万ですね。 それなら (127 - 65) = 62 万円の「所得」ですから、配偶者特別控除は 16万円で間違いありません。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm >これでもし主人の税金がグンと増えるようなら今回の就職は考え直したほうがいいかと… 配偶者控除に収まるときとの差額は (38 - 16) = 22万円。 これに夫の所得額に応じた「税率」をかけ算した数字が、夫の「所得税」増税分です。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm ほかに住民税もおおむね 10% 増税となります。 >健康保険・年金をまだ払っていないので金額が… これはその会社で試算してもらわないと、他人には分かりません。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 所得税控除の計算について

    現在、ライフプランの見直しをするにあたり、過去の給与情報から今までの生活の反省点を探しています。 そこで、実際の手取り収入が過去にいくらあったかのを計算するのに、下記の点を教えて下さい。 私は平成2年入社、平成6年結婚、長男平成10年生、次男平成13年出生、妻専業主婦、親同居なしです。 「所得控除の額の合計額」の計算は下記を控除するのだと思いますが、  ・社会保険料  ・生命保険料(MAX10万)  ・基礎控除  ・配偶者控除  ・配偶者特別控除  ・年少扶養控除 配偶者特別控除がなくなったり、15才以下の年少扶養控除がなくなったり、変遷がややこしくて分かりません。 そこで、下記の理解で良いのでしょうか。また間違っているなら、間違っているところをご指摘下さい。 1)基礎控除とは入社したH2年から、現在に至るまで私に対して38万円の控除がある 2)配偶者控除は結婚したH6年から、現在に至るまで38万円の控除がある 3)配偶者特別控除は結婚したH6年から、廃止になるH15年まで38万円の控除があり、H16年からはゼロ 4)年少扶養控除は第一子出生のH10年から廃止になるH22年4月まで38万円/一人の控除がある つまり 1)H2年~H6年(結婚前)まで  基礎控除38万円のみ 2)H6年(結婚)~H10年(長男誕生前)まで  基礎控除38万+配偶者38万+配偶者特別38万=114万の控除 3)H10年(長男誕生)~H12年(次男誕生前)まで  基礎控除38万+配偶者38万+配偶者特別38万+年少扶養(長男)38万=152万の控除 4)H13年(次男誕生)~H15年(配偶者特別控除廃止)まで  基礎控除38万円+配偶者38万+配偶者特別38万+年少扶養(長男次男)38万×2=190万の控除 5)H16年(配偶者特別控除廃止)~H22(15才未満年少扶養控除廃止)まで  基礎控除38万円+配偶者38万+年少扶養(長男次男)38万×2=152万の控除 6)H22.4(15才未満年少扶養控除廃止)以後  基礎控除38万+配偶者38万=76万の控除 これであっていますでしょうか。御指南下さい。

  • 給与所得より所得控除のほうが多かった場合

    20代独身です。 2ヶ月前にパートを辞め、前年度の給与収入が年収140万円程度でした。今月からアルバイトをすることになり、給与収入が年収110万くらいになりそうです。 所得控除分の国民健康保険と国民年金(前年が140万なので半額免除申請できると思うのですが)全額分と、生命保険と基礎控除を足すと63万くらいで、給与所得の45万を超えます。その場合、どのように課税されるのでしょうか。 それから、一か所でのアルバイトですが、来年から所得控除分の確定申告をしたほうが良いのですよね? パートの時は厚生年金と健康保険に加入してもらっていたのですが、国民健康保険の金額の高さに驚いてます。 ご回答よろしくお願いします。

  • 所得税上の扶養について

    お世話になります。 以下の場合、父親を所得税上の扶養に入れれるか質問です。 父は今年の10月で60歳です。今年の4月で退職し 11月から公的年金をもらっています。 私は会社員で会社で年末調整をしてもらってます。 父の情報です。 給与収入:120万 雑収入:19万(公的年金) 合計:170万 給与所得控除:65万 公的年金控除:70万 給与所得が120万-65万で55万円 雑所得が19万-70万で0円 基礎控除:38万 生命保険料控除:5万 以上を合わせて 55万(給与所得)+0(雑所得)-38万(基礎控除)-5万(生命保険料控除) から父の所得は12万円となるのでしょうか? またそれを私が会社に提出する 平成21年分 給与所得者の扶養控除等(異動届)の扶養親族に 記載して見積額を12万円とするのでしょうか? 所得税上の扶養とは全て適用できる控除を行った額が38万以下だったら 出来るのでしょうか? それとも例えば給与所得者については 給与所得控除と基礎控除のみ適用とし それを超えたら扶養には出来ないのでしょうか? また来年ですが父は公的年金だけ受け取るとすると年間で 115万ぐらいになりそうです。 この場合は私が提出する平成22年分 給与所得者の扶養控除等(異動届) の扶養親族欄に父の名前と平成22年中の所得の見積額を 115万x75%-37.5万で48.75万とするのでしょうか? それとも基礎控除も含めるのでしょうか? 以上、よろしくお願いいたします。

  • 回答No.1
  • hinode11
  • ベストアンサー率55% (2062/3741)

サラリーマンの妻がパート勤務する時の損得勘定の目安が分かります。↓ ◆パート「扶養内がお得」は本当か http://allabout.co.jp/gs/lifeeventmoney/closeup/CU20070905A/index.htm 一般的には、 いちばん良いのは、150万円以上ジャンジャン稼ぐこと。 二番目に良いのは、103万円以下に抑えること。 103万円~130万円はマアマア。 いちばん悪いのは、130万円~150万円・・ ・・と言えるようですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 所得税と健康保険の扶養控除について

    現在パート勤めをしております主婦です。 皆様よろしくお願いいたします。 所得税と健康保険の扶養控除について教えてください。 今年の3月まで契約社員として主人の扶養から外れ勤めていました。 1月、2月、3月、ボーナスの総収入が65万です。(総支給額) 退職してすぐに主人の扶養になり、パートとして現在勤めています。 4月から現在までの収入が43万です。 65万+43万=108万で、103万を超えています。 このまま通常のペースで働き続けると、月に9万程度の収入を見込んでいるので年収が135万程度かと思われます。 (1)所得税、住民税については103万超えなので主人、私共に税金がかかってくると思うのですが、どの位の金額になるのでしょうか。 主人の今年度の年収は約600万程度と思われます。 (2)また、この税金は来年のそれぞれの給与から引かれるという考え方でよろしいのでしょうか。 (3)健康保険の控除についてですが、『一年間の所得見込み』を基準にすると聞きました。 とすれば、実質年間130万を超えますが、10月11月12月がそれぞれ9万程度の収入見込みですので、 今後三ヶ月については9万×12ヶ月=年収108万見込み・・ということで健康保険、年金については扶養のままで大丈夫ということでしょうか。 (4)135万の年間所得があったと仮定して、配偶者特別控除が適用になるかと思います。 135-65=70なので、6万円の控除となるかと思いますが、これはいつ、どこの部分から控除されるのですか? 説明がわかりにくかったら申し訳ありません。 今後三ヶ月をどのように働くべきか悩んでおります。 よろしくお願いいたします。

  • 103万超えてないのに所得税?

    こんにちは確定申告の時期になって疑問に思うことがありましたので、質問をしてみようと思いました。どうかわかりやすく教えてください。 (1)今、2件の掛け持ちパートとしているのですが、メインの会社では雇用保険に加入していて月の収入が約5万円あります。勤め始めは去年の3月からで「扶養控除等申告書」と「生命保険控除」も書いて確定申告して(500円ほど戻ってきました)もらいましたが、勤めてもうすぐ1年経ちますのでこれから何か税金とかかかってくるのでしょうか?教えてください。こちらの会社は他でバイトしていることは知りません。 (2)もうひとつのバイトは、勤めは去年の7月からで月6万円、毎月所得税が引かれています。年に20万円超えていますので確定申告しようと思うのですが、何か注意することがありますでしょうか?また、所得税は少しは戻ってくるのでしょうか?教えてください。こちらのバイトの方は昼間仕事しているのは知っています。 (3)主人の扶養に入っているのですが、すぐに抜いてもらったほうがいいのでしょうか?ぬいた場合の健康保険と国民年金の保険料はどのぐらいになるのでしょうか?教えてください。 (4)扶養から外れていることを2件のパート先にも報告したほうがいいのでしょうか?ぬけた場合の私と主人の扱いはどうなるのでしょうか?教えてください。初めてなのにいろいろ質問してすいませんがよいアドバイスをお願いします。

  • 所得税控除について教えていただけませんか?

    私は現在会社員です。妻は扶養の範囲内(年収103万内)で働いています。最近、今の職場でパートではなく契約社員にならないかと話がありました。社会保険なども面倒をみてくれるとの事です。そこで質問なのですが ・妻が私の扶養からはずれた場合、私が今払っている健康保険や住民税などは安くなるのでしょうか?また安くなるのであればいくらぐらい安くなるのでしょうか? ・妻が私の扶養からはずれた場合、今受けている所得税控除が受けられないと聞いたのですが、私は今よりいくらぐらい多く所得税を支払わなければならないのでしょうか?ちなみに私の年収は約650万円です。 税金について全くの無知ですが、どうかお答えよろしくお願い致します。

  • 扶養範囲での所得と住民税・所得税100万・103万の違いについて

    こんにちは。今、2社でパートとして夫の扶養の範囲内で働いております。昨年は995000円の年収だったのですが、自分名義の生命保険が年間10万以上あり、生命保険控除を5万分受けました。 (1)この場合昨年の所得は9450000円という事になるのでしょうか。 (2)また今年は100万か103万円ギリギリまで働くつもりですが、生命保険控除の5万分を考えると年収105万(控除されて100万)もしくは108万円(控除されて103万)まで働いても大丈夫なのでしょうか。 (3)あと住民税のことですが、100万未満でも今年は2000円支払いました。年収103万円の場合はどのくらい住民税が変わるのか教えてください。 書き方がわかりにくくて申し訳ないです・・・ よろしくお願いします。

  • 個人事業主とサラリーマンの所得税の差

    例えばあるサラリーマンの給与が月に145000円だったとすると、甲欄での源泉徴収額は扶養0人で、 4470×12=53640円となります。これを個人事業主が145000×12=1740000の収入として確定申告すると、基礎控除38万?と、健康保険費10万(およそ)、国民年金17万を差し引き、109万に関して課税されますよね。(他に生命保険などがないとします)そうするとその1割が税金ですから、約11万の所得税となり、サラリーマンの方がずっとお得ということになりますが、この考え方合っていますか?

  • 所得税の金額

    年収360万円、夫妻子供2人、毎月健康保険24000、生命保険23000、この場合、確定申告したら所得税、住民税は何円くらいになりますか? 計算式調べても私には全然理解できませんでした 一括で支払うんですか? 毎月いくら貯めてたら良いのでしょうか?

  • 今年の所得税がいくらになるか知りたいです

    いくつかのサイトを見て、簡易計算してみたのですが、今までの給与明細と比較すると、ちょっと矛盾があるのです。そこで1~6月の給与明細があるので、それを使って、計算する方法が知りたいです。今年あと金額が不明なのは冬ボーナスだけなので、計算方法が分かれば、かなり正確な数字が出ます。 支給内訳は、基本給+出向手当+通勤手当です。(残業はありません。) 控除内訳は、健康保険+厚生年金+雇用保険+所得税+住民税+その他(社宅費など個人的なことに関する天引き) となっています。 次のようでいいでしょうか。(所得税が10%になる収入です) 〔(基本給-健康保険-厚生年金-雇用保険)×12+(ボーナス-健康保険-厚生年金-雇用保険)-103-38×3-A〕×10%でしょうか。 103→本人の基礎控除+サラリーマン控除?(名前忘れました) 38×3→妻+子2人の基礎控除 A→扶養の妻がいるのでいくらか控除? 今年はありましたっけ? なかったような気がするので、なければ0

  • 所得税を教えてください

    保育料を調べるために知りたいのでお願いします。 源泉徴収票を見ても住宅取得控除があってよくわからなかったので・・・ 年収 5,430,000 給与所得控除後の金額 3,802,400 所得控除の額の合計額 1,340,096 社会保険保険料等の金額 527,096 生命保険料の控除額 50,000 損害保険料の控除額 3,000 子供 1人 扶養 また、上記にプラス母親を1人扶養した時の金額もできたらお願いします。 (年末調整後に母親が扶養に入ったので)

  • 配偶者の合計所得金額 について

    主人がサラリーマンで、私は昨年個人事業主となって今回はじめての青色申告をします。 私の所得金額は経費を引いて45万ほどです。主人の申告書の配偶者の合計所得金額に記入する額ですが、45万を記入するのか、それとも、基礎控除や生命保険などの控除を引いた分(マイナスになるので0ですよね)でよいのでしょうか? また将来的に所得が増えた場合ですが、青色申告特別控除額65万も引けるのでしょうか?

  • 所得税と住民税について

     所得が38万円以下という扶養の条件についてお聞きします。  たとえば、私が35万円の所得がある場合は、夫の扶養控除に該当し、私の所得税の基礎控除38万円以下であるため、所得税はかからないと思うのですが、私の住民税の所得割は基礎控除33万円以上なのでかかると思います。  このような場合、夫の確定申告書には控除対象配偶者欄に私の名前をかけばよいと思いますが、私についても確定申告または住民税申告は必ず必要なのでしょうか?それとも特に行わなくていいのでしょうか?