• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

生成する開基の証明問題で示す事は?

[補題] Xを位相空間とせよ。CをXの任意の開集合Uで∀x∈Uに対し,∃c∈C;x∈c⊂UとなるようなXの開集合の族とする。この時,CはXの開基となる。 [定義] Bが{(a,b);a,b∈R,a<x<b}ならばBによって生成される位相をstandard topologyという。 [定義] Bが{[a,b);a,b∈R,a<x<b}ならばBによって生成される位相をlower limit topologyという。 [定義] 位相空間Xのある開集合の族Bが次の条件を満たす時,BはXの開基という。 任意の開集合が与えられた時,∀x∈G,∃b∈B;x∈b⊂G. [定義] BをXの開基とする。T={U∈2^X;∀x∈U,∃b∈B;x∈b⊂U}の時,TはBから生成される位相である。 [問] 上記の補題を使って (1) 可算族B_Q={(a,b);a,b∈Q,a<b}はR上のstandard topologyを生成する開基である事を証明せよ。 (2) 族L={[a,b);a,b∈Q,a<b}はR上のlower limit topologyを生成する開基である事を証明せよ。 が解けずに困っています。 (1)の証明は,可算族B_QがR上のstandard topologyを生成する開基である事を示せばいいのだからstandard topologyの定義から {U∈2^R;∀x∈U,∃b∈B_Q;x∈b⊂U}={U∈2^R;∀x∈U,∃b∈B;x∈b⊂U} (但しB={(a,b);a,b∈R,a<x<b})となる事を示せばいいのでしょうか? (2)の証明も {U∈2^R;∀x∈U,∃b∈L;x∈b⊂U}={U∈2^R;∀x∈U,∃b∈B;x∈b⊂U} (但しB={[a,b);a,b∈R,a<x<b})となる事を示せばいいのでしょうか? こんがらがってきました。とりあえず何を示せばいいのかお教え下さい。すいません。お願いします。m(_ _)m

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数539
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • ojisan7
  • ベストアンサー率47% (489/1029)

>>(1)の証明 >>B_QがRの開基になる事。B_Qによって生成された位相S'が標準位相S >>と等しくなる事。を示せばいいですね。B_QがRの開基・・・ なんか証明が非常にごちゃごちゃしているので分かりにくいですが、証明の基本的な方向性はだいたいそんな感じでよいと思います。(アバウトないい方ですが・・・) >>B_QがRの開基になる事は∀U∈T(TはRの位相(開集合の族))に対し, >>U=(r,s) (r,s∈R∪{±∞})と書ける。 Uは標準位相Sの任意の開集合としたほうがよいですね。そうすると、 ∀x∈U,∃(r,s)⊂U (r,s∈R∪{±∞})となりますね。そのあとは、 質問者さんが書いたような感じでいいと思います。 >>S⊃S'は明らかなのでS⊂S'を示す。 そうですね。S⊃S'は明らかですが、S⊂S'の証明はだめです。この部分の証明がこの問題の核心になっているところです。じっくり考えて下さい。 (2)はsorgenfrey直線に関する位相ですが、証明は(1)と同じように考えればよいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。分かってきました。 > そうですね。S⊃S'は明らかですが、S⊂S'の証明はだめです。 > この部分の証明がこの問題の核心になっているところです。じっくり考えて下さい。 S⊂S'を示します。任意のSの元Uをとると任意のUの元xに対しx∈(r,s)なるr,s∈Rが存在する(∵Sの定義)。 この時,r<p<x<q<sなるQの元p,qがとれる。即ち,x∈(p,q)(⊂(r,s))⊂Uとなっている。 従ってU∈S' よってS=S'となったのでB_QはR上のstandard topologyを生成する開基である。 (終) > (2)はsorgenfrey直線に関する位相ですが、証明は(1)と同じように考えればよいでしょう。 すいません。(2)の問題文が間違ってました。 (2) 族L_Q={[a,b);a,b∈Q,a<b}はR上のlower limit topologyとは異なる位相を生成する開基である事を証明せよ。 でした。 (2)の証明 示す事はL_Q:={[a,b);a,b∈Q,a<b}が開基になっている事とL_Qによって生成される位相とlower limit topologyが等しくない事です。 L_Qが開基になる事は まずRの任意の開集合Uをとる。任意のx∈Uに対し,x∈(r,s)⊂Uなるr,s∈Rが存在する(∵Uは開区間からなる集合)。 この時,r<a≦x<b<sなるQの元a,bが存在する。よってx∈[a,b)⊂(r,s)⊂U. よって補題からL_QはRの開基である。 次にL_Qによって生成される位相L'は{U∈2^R;∀x∈U,∃b∈L_Q;x∈b⊂U}と書ける(∵開基によって生成される位相の定義)。 また,lower limit topology Lは{U∈2^R;∀x∈U,∃b∈L_R;x∈b⊂U}(但しL_R={[a,b);a,b∈R,a<b})と書ける(∵lower limit topologyの定義)。 あとはL≠L'を言えばよい。 L⊂L'であるか確かめてみると 任意のLの元Uをとると任意のUの元xに対し,x∈b⊂UなるL_Rの元bがとれる。このbを[r,s)(r,s∈R,r<s)と書く事にすると もし,rがQの元でなく,しかもx=rの時,x∈[p,q)⊂Uなる有理数pがとれない。 従って,LはL'に含まれない。 ∴L≠L'。 よってL_QはR上のlower limit topologyとは異なる位相を生成する開基である。(終)

関連するQ&A

  • 第2可算公理

    X,Yが第2可算性を持つ位相空間のとき、X×Yも第2可算性を持つことを示せ。 という問題です。 第2可算性を持つ⇔位相空間が可算集合からなる基を持つ で定義されています。 更に、 位相空間において、β⊂Oは、任意の開集合がβの要素の和集合で書けるとき、位相Oの基と言います。 証明の方針がいまいち分からないので、どなたかアドバイスもしくは証明をお願いします。

  • 離散位相、密着位相はなぜそう呼ばれる?

    X を集合とするとき、X のすべての部分集合からなる位相 を考えることができる。この位相を離散位相(りさんいそう、discrete topology)といい、それを開集合系とする位相空間を離散空間(りさんくうかん、discrete space)という。また、空集合と X 自身のみからなる族 {&Oslash; , X} も位相となる。この位相を密着位相(みっちゃくいそう、indiscrete topology)または自明位相 (trivial topology) といい、それを開集合系とする位相空間を密着空間という。 なぜ、離散、密着という言葉が使われるのですか?

  • 直積位相

    X、Yを位相空間とする。 『W⊂X×YがX×Yの開集合⇔任意の(x,y)∈Wに対して、x∈XのXにおける開近傍U⊂X、y∈YのYにおける開近傍V⊂YでU×V⊂Wとなるものが取れる』 と定義することにより、X×Yは位相空間になる事を示せ。 という問題です。 X、Yが位相空間なので、それぞれの位相をO(X)、O(Y)としてX×Yの位相をO(X×Y)={Uλ×Vλ;Uλ∈O(X)、Vλ∈O(Y)}とおいて証明しようとしたのですが、これでは上記の定義が満たされていないと注意され詰まってしましました。 どなたかアドバイス(もしくは証明)していただけませんでしょうか?

その他の回答 (6)

  • 回答No.6
  • koko_u_
  • ベストアンサー率18% (459/2509)

>「rからsの開区間の任意の元xに対し,r<q<x<p<sなるQの元p,qが存在する」となると思います。 じゃあ、その証明も付けといて。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。 とても勉強になりました。

  • 回答No.5

>>∀U∈T(TはRの位相(開集合の族))に対し,U=(r,s) (r,s∈R∪{±∞})と書ける。 >位相空間Rの開集合は開区間(a,b)と思ってましたが だめ。。全然わかってないです.自分で =========== [定義] Bが{(a,b);a,b∈R,a<x<b}ならばBによって生成される位相をstandard topologyという。 ======== って書いてるでしょう? Rの標準位相はBで生成されるっていってるが Bそのものが位相だなんてひとことも書いてない. Rの開集合で開区間ではないものなんて, たとえば(0,1)と(2,3)の和集合なんてどうなる? >それ以外での位相の場合ででも考えないといけないのですね。 それ以外の位相なんてのはありません. Rには標準位相が入れてあるのでしょう? 整理: ・Rには「標準位相」が入っている. ・Rの標準位相とは開区間の集合で生成された位相である ・Rの部分集合族として,両端が有理数であるものを集めB_Qとする ・B_Qが標準位相をいれたRの開基であることを示す まあ,内容的にはほとんど正解なんだけど,入り口部分, この問題の本質である「定義の理解」ができてないのですよ. (2)の方は(1)ができればほとんど同じです. これをソージェンフリー直線といいます.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。 とても勉強になりました。

  • 回答No.4
  • koko_u_
  • ベストアンサー率18% (459/2509)

>∀U∈T(TはRの位相(開集合の族))に対し,U=(r,s) (r,s∈R∪{±∞})と書ける。 補題では、U は「一般の」開集合であることを要求されているので、 そんな単純な場合だけを考えてもダメです。 何度も言いますが、記号論理式を使うのを止めて、日本語で回答を書いて下さい。 例えば「それで∀x∈(r,s),∃p,q∈Q;r<q<x<p<s. 」と書いていますが、意味を理解できていますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 > 補題では、U は「一般の」開集合であることを要求されているので、 > そんな単純な場合だけを考えてもダメです。 位相空間Rの開集合は開区間(a,b)と思ってましたがそれ以外での位相の場合ででも考えないといけないのですね。 うーん,それではどのようにして示せばいいのでしょうか? すいません。お教え下さい。m(_ _)m > 何度も言いますが、記号論理式を使うのを止めて、日本語で回答を書いて下さい。 > 例えば「それで∀x∈(r,s),∃p,q∈Q;r<q<x<p<s. 」と書いていますが、意味を理解できていますか? はい一応、、、 「rからsの開区間の任意の元xに対し,r<q<x<p<sなるQの元p,qが存在する」となると思います。

  • 回答No.3
  • ojisan7
  • ベストアンサー率47% (489/1029)

(1)と(2)はせっかく補題が与えられているのですから、補題の条件が成り立っていることを確認するだけでいいんです。そのこと自体は簡単に解決しますよね。しかし、その先のことが気がかりになりませんか。たとえば、Bの生成する位相と、B_Qの生成する位相は同じ位相でしょうか。実際、2つの基は同じ位相を誘導しますが、そのことを考える(証明する)方が面白いですよね。 No1さん、No2さんのアドバイスにもあるように数学は記号の記述よりもその、内容(本質)を理解することが大切ですし、本質を理解することにより数学の学習に、さらに興味を持って臨むことが出来るのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答誠にありがとうございます。 なんとか考えてみました。 (1)の証明 B_QがRの開基になる事。B_Qによって生成された位相S'が標準位相Sと等しくなる事。 を示せばいいですね。 B_QがRの開基になる事は∀U∈T(TはRの位相(開集合の族))に対し,U=(r,s) (r,s∈R∪{±∞})と書ける。 それで∀x∈(r,s),∃p,q∈Q;r<q<x<p<s. 従ってx∈(p,q)⊂(r,s)なので補題が使えて,B_QはRの開基となる。 B_Qによって生成される位相S'は{U∈T;∀x∈U,∃b∈B_Q such that x∈b⊂U} 標準位相Sは標準位相の定義から{U∈T;∀x∈U,∃b∈B_R such that x∈b⊂U} (B_R={(a,b);a,b∈R,a<b}) S⊃S'は明らかなのでS⊂S'を示す。 ∀(r,s)∈S,∀x∈(r,s),∃p,q∈Q;r<p<x<q<sなのでx∈(p,q). よって(r,s)∈S' ∴ S=S' (2)の証明 示す事はL_Q:={[a,b);a,b∈Q,a<b}が開基になっている事とL_Qによって生成される位相とlower limit topologyが等しくない事です。 L_Qが開基になる事は∀(a,b)∈T,∀x∈(a,b),∃p,q∈Q;a<p<x<q<bなのでx∈(p,q)⊂(r,s). よって補題からL_QはRの開基になる。 L_Qによって生成される位相L'は{U∈T;∀x∈U,∃b∈L_Q;x∈b⊂U}と書ける。 また,lower limit topology Lは{U∈T;∀x∈U,∃b∈L_R;x∈b⊂U} (L_R={[a,b);a,b∈R,a<b})と書ける。 あとはL≠L'を言えばおしまいなのですが ∀(r,s)∈L,∀x∈(r,s),∃p,q∈Q;r<p<x<q<sなのでx∈(p,q)⊂(s,t). でL⊂L'. L⊃L'も同様に言えてしまいます。 どうすればL≠L'が示せるのでしょうか?

  • 回答No.2

>とりあえず何を示せばいいのかお教え下さい。 定義を示せばよい. 記号で書いてるから意味不明になるってだけ. きっちり「自分の言葉」で書き下して「理解」すること. 位相は記号演算だけで理解できるようなものではなく 絵を書いたり,例を作ったりしてイメージを身に付けないとだめ. 逆に適切な直観を養えれば,見ただけで証明が分かる. この(1)と(2)もそういう種類の問題.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答誠にありがとうございます。 なんとか考えてみました。 (1)の証明 B_QがRの開基になる事。B_Qによって生成された位相S'が標準位相Sと等しくなる事。 を示せばいいですね。 B_QがRの開基になる事は∀U∈T(TはRの位相(開集合の族))に対し,U=(r,s) (r,s∈R∪{±∞})と書ける。 それで∀x∈(r,s),∃p,q∈Q;r<q<x<p<s. 従ってx∈(p,q)⊂(r,s)なので補題が使えて,B_QはRの開基となる。 B_Qによって生成される位相S'は{U∈T;∀x∈U,∃b∈B_Q such that x∈b⊂U} 標準位相Sは標準位相の定義から{U∈T;∀x∈U,∃b∈B_R such that x∈b⊂U} (B_R={(a,b);a,b∈R,a<b}) S⊃S'は明らかなのでS⊂S'を示す。 ∀(r,s)∈S,∀x∈(r,s),∃p,q∈Q;r<p<x<q<sなのでx∈(p,q). よって(r,s)∈S' ∴ S=S' (2)の証明 示す事はL_Q:={[a,b);a,b∈Q,a<b}が開基になっている事とL_Qによって生成される位相とlower limit topologyが等しくない事です。 L_Qが開基になる事は∀(a,b)∈T,∀x∈(a,b),∃p,q∈Q;a<p<x<q<bなのでx∈(p,q)⊂(r,s). よって補題からL_QはRの開基になる。 L_Qによって生成される位相L'は{U∈T;∀x∈U,∃b∈L_Q;x∈b⊂U}と書ける。 また,lower limit topology Lは{U∈T;∀x∈U,∃b∈L_R;x∈b⊂U} (L_R={[a,b);a,b∈R,a<b})と書ける。 あとはL≠L'を言えばおしまいなのですが ∀(r,s)∈L,∀x∈(r,s),∃p,q∈Q;r<p<x<q<sなのでx∈(p,q)⊂(s,t). でL⊂L'. L⊃L'も同様に言えてしまいます。 どうすればL≠L'が示せるのでしょうか?

  • 回答No.1
  • koko_u_
  • ベストアンサー率18% (459/2509)

記号論理式をいじくりまわすのを止めて、日本語で考えましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答誠にありがとうございます。 なんとか考えてみました。 (1)の証明 B_QがRの開基になる事。B_Qによって生成された位相S'が標準位相Sと等しくなる事。 を示せばいいですね。 B_QがRの開基になる事は∀U∈T(TはRの位相(開集合の族))に対し,U=(r,s) (r,s∈R∪{±∞})と書ける。 それで∀x∈(r,s),∃p,q∈Q;r<q<x<p<s. 従ってx∈(p,q)⊂(r,s)なので補題が使えて,B_QはRの開基となる。 B_Qによって生成される位相S'は{U∈T;∀x∈U,∃b∈B_Q such that x∈b⊂U} 標準位相Sは標準位相の定義から{U∈T;∀x∈U,∃b∈B_R such that x∈b⊂U} (B_R={(a,b);a,b∈R,a<b}) S⊃S'は明らかなのでS⊂S'を示す。 ∀(r,s)∈S,∀x∈(r,s),∃p,q∈Q;r<p<x<q<sなのでx∈(p,q). よって(r,s)∈S' ∴ S=S' (2)の証明 示す事はL_Q:={[a,b);a,b∈Q,a<b}が開基になっている事とL_Qによって生成される位相とlower limit topologyが等しくない事です。 L_Qが開基になる事は∀(a,b)∈T,∀x∈(a,b),∃p,q∈Q;a<p<x<q<bなのでx∈(p,q)⊂(r,s). よって補題からL_QはRの開基になる。 L_Qによって生成される位相L'は{U∈T;∀x∈U,∃b∈L_Q;x∈b⊂U}と書ける。 また,lower limit topology Lは{U∈T;∀x∈U,∃b∈L_R;x∈b⊂U} (L_R={[a,b);a,b∈R,a<b})と書ける。 あとはL≠L'を言えばおしまいなのですが ∀(r,s)∈L,∀x∈(r,s),∃p,q∈Q;r<p<x<q<sなのでx∈(p,q)⊂(s,t). でL⊂L'. L⊃L'も同様に言えてしまいます。 どうすればL≠L'が示せるのでしょうか?

関連するQ&A

  • 位相 初心者です。

    「AとBが位相空間Xの開集合ならば、A×Bは直積位相空間X^2の 開集合である。」 上記の内容は、定義ですか、それとも定理ですか。 定理であれば、証明の考え方を教えてください。

  • 有限集合からなる位相空間における写像の連続性

    ある位相空間Xから別の位相空間Yへの写像fが連続であるとは、Yの任意の開集合Oの逆像f^-1(O)が開集合であると定義されていると思いますが、この定義に従うと、有限集合に位相を入れた位相空間Xからの別の位相空間Yへの写像は、位相空間Xの集合が全部開集合となり、必ず連続になるのでしょうか。

  • 集合と位相

    (1)X,Yは位相空間とする。A,BがそれぞれX,Yの開集合であるときA×Bは直積位相X×Yの閉集合であることを示せ。 (2){Xλ}λ∈Λを位相空間の族としてAλ⊂Xλ(λ∈Λ)とする。 この時直積位相空間Πλ∈ΛXλにおいて以下を示せ。 (閉包のバーの書き方がわからないのでclと表記します) (a)cl(Πλ∈ΛAλ)=Πλ∈ΛclAλを示せ。 (b)Λは無限集合であるとき、Int(Πλ∈ΛAλ)≠φであるための必要十分条件は有限個のIntAλ≠φであり、かつその他のλについてはAλ=Xλであることを示せ。 (1)は以下のように考えたのですがわかりません。 Aの補集合、Bの補集合はそれぞれX,Yの開集合となる。 よってA^c×B^cは直積位相X×Yの開集合となる。 また(A×B)^c=(A^c×Y)∪(X×B^c) ここで詰まってしまいました。友人に聞いてみたら、 「生成する」位相という言葉の定義がわかってないと言われました。これはどのような意味なのでしょうか? 例えは直積位相の定義にもありました。 X,Yが位相空間でそれぞれの位相をЦx、Цyとした時に Цx×Цy={O1×O2|O1∈Цx,O2∈Цy}が生成する位相を直積位相という。 また位相を「入れる」ということはどういう意味なのでしょうか? (2)(a)は次のように考えてみましたがどうでしょうか? (⊃) ∀x∈Πλ∈ΛclAλを取る。∃λ∈Λ s.t. x∈clAλであるから xの任意の近傍はAλと交わる。したがってxの近傍はAλよりも大きい集合Π(λ∈Λ)Aλとも交わるので、 xはcl(Π(λ∈Λ) Aλ)の点になる。 (⊂) ∀x∈cl(Π(λ∈Λ) Aλ)を取る。 xの任意の近傍とΠ(λ∈Λ)Aλは交わるから、 あるAλと任意の近傍は交わる。これよりx∈clAλ よってx∈Πλ∈ΛclAλ (b)はわかりませんでした。アドバイスお願いします。

  • X:n次ユークリッド空間 R^n

    X:n次ユークリッド空間 R^n U:密着位相,離散位相でない位相 とします. このとき,∀x∈Xに対し,{x}を考えたとき,{x}は(X,U)内で開集合になりますか? 開集合の定義は,(X,U)が位相空間であるとき,Uの元のことを言うのだと思うのですが,これは位相Uの作り方によって変わってきますよね? xをXから任意に選んできても,{x}を含むように位相Uを作れば,そのUを位相とする位相空間(X,U)内であれば{x}は開集合ですか? もし離散空間であれば明らかに{x}は開集合ですし,密着空間であれば{x}は開集合でないと言えます.しかし上記のような位相の場合は,一概には言えないという解釈でいいのですか?というより,先にある位相空間が与えられていて,それに対して{x}が開集合かどうかという話でしょうか? 長々とすいませんが,よろしくお願いいたします.

  • 位相

    X を位相空間,Y をコンパクト位相空間とする.このとき, (1) U を直積位相空間X × Y の開集合としたとき, A = { x | {x} ×Y ⊂ U } はX の開集合であることを示せ. これを解くためのヒントをください。 Aに含まれる任意の点 x1のある近傍がAに含まれることをしめすんですね。そのような近傍をどうとればいいんでしょうか。

  • 位相と連続の証明問題で質問です。

    識者の皆様よろしくお願い致します。下記の問題について質問です。 Let A be a set;let {X_α}_α∈J be an indexed family of spaces;and let {f_α}_α∈J be an indexed family of functions f_α:A→X_α. (1) Show there is a unique coarsest topology T on A relative to which each of the fuctions f_α is continuous. (2) Let S_β:={f_β^-1(U_β); U_β is open in X_β},and let S=∪S_β. Show that S is a subbasis for T. (3) Show that a map g:Y→A is continuous relative to T if and only if each composite map f_α。g is continuous. (4) Let f:A→ΠX_α be defined by the equation f(a)=(f_α(a))_α∈J ;let Z denote the subapace f(A) of the product space ΠX_α.Show that the image under f of each element of T is an open set of Z. 「Aを集合とし,{X_α}_α∈Jを添数付けられた(位相?)空間の族とし,{f_α}_α∈Jを添数付けられた写像f_α:A→X_αの族とせよ。 (1) 各f_αが連続となる事に関連したA上の最強位相Tが一意的に存在する事を示せ。 (2) S_β:={f_β^-1(U_β);U_βはXでの開集合},そしてS=∪S_β…(*)とする時,SはTの準開基となる事を示せ。 (3) 写像g:Y→AがTに関して連続⇔各合成写像f_α。gは連続。 (4) f:A→ΠX_αをf(a)=(f_α(a))_α∈J; Zは直積空間ΠX_αのf(A)の部分空間を表す。Tの各元のfの像はZの開集合になる事を示せ。」 (1)については各f_αが連続だというのだから∀t_α∈T_α(但しT_αはX_αの位相),f_α^-1(t_α)はAの開集合(…という事はAは何らかの位相を持っている?その位相をTとしておく)。f_α^-1(T_α)⊂Tになっていなければならない(∵連続の定義)。 よってT=∪[α∈J]{f_α^-1(t_α)∈2^A;t_α∈T_α}…(ア)と書け、TはAの最強の位相だというのだからAの任意の位相は全てTより弱い。 よってTは離散位相にならねばならない? それでT=2^Aを示せばいいのかと思いました。T⊂2^Aは明らかなのでT⊃2^Aを示します。 ∀G∈2^Aを採ると、、、ここからどのように書けますでしょうか? (2)については今,S=∪[β∈J]S_β={s∈2^A;∃β∈J such that s∈S_β}…(**)となっていて, ∪[s∈S]s=Tとなる事を示せばよい(∵準開基の定義)。 ∪[s∈S]s⊂Tを示す。 ∀s∈Sを採ると(*)より,∃β∈J;s=f_β^-1(U_β).よってこれは(1)でのTの元になっているのでs∈T. ∪[s∈S]s⊃Tを示す。 ∀t∈Tを採ると∃β∈J;t=f_β^-1(t_β) (但し,t_β∈T_β)(∵(ア)) よってS_βの定義(S_β:={f_β^-1(U_β);U_βはXでの開集合})からf_β^-1(t_β)∈S_β. よって(*)よりf_β^-1(t_β)∈∪[s∈S]s(∵(**)). 以上より T=∪[s∈S]s. で大丈夫でしょうか? (3)については "⇒"は連続写像同士の合成はまた連続なので明らか。 よって逆を示す。 まずf_α。g:Y→X_αは連続だと言うのだから∀t_α∈T_α,(f_α。g)^-1(t_α)∈T_y (但し,T_yはYの位相)…(***)と書ける。 そしてこれは(f_α。g)^-1(t_α)=g^-1(f_α^-1(t_α)) (∵逆写像の定義)と変形でき, f_α^-1(t_α)∈T_α⊂Tだったので纏めると,,(***)から ∀f_α^-1(t_α)∈T,g^-1(f_α^-1(t_α))∈T_yと書け、gは連続。 (4)についてはf(a)=(f_1(a),f_2(a),…)となっていて Z(⊂f(A))の位相はT_z:={f(A)∩t_p∈2^ΠX_α;t_p∈T_p} (但しT_p:={U[u∈U];U⊂ΠT_α}) と書ける(∵相対位相の定義)。 それで示す事は∀t∈T,t∈T_zである。 ∀t∈Tを採ると∃α∈J;t∈T_αそして,f(t)=(f_1(t),f_2(t),…)となり,今f(t)∈f(A)なので f(t)∈T_zである事を示すにはf(t)∈t_pである事を示せばよい。 でこれらも大丈夫でしょうか?

  • 正則かつ非正規である位相空間

    正則空間であり正規空間でないような位相空間の例を教えてください。 (証明は書かなくても構わないです。ただできれば、位相を開集合系、閉集合系、 近傍系、基本近傍系、開集合系の基底のどれか一つのみで定めてください)

  • 証明:疎な集合の結合が疎

    位相空間において、E,Fが疎な集合とする。 E∪Fも疎なことの証明。 定義:Eが疎な集合とは、Eの閉包の内点がφ

  • 多様体の問題です。

    (X,Q):位相空間 Y=集合 写像f:X→Y(全射) Q_f={v⊂Y|f^-1(v)∈Q}とする。 (Y,Q_f)が位相空間であることを示せ。 定義に当てはめるだけだと思うのですがうまく証明できません。 わかる方いましたら教えて頂けると幸いです。

  • 大学数学の次の問題がわかりません。わかる方、教えてください。

    大学数学の次の問題がわかりません。わかる方、教えてください。 位相空間Xにおいて、次の二つは同値となることを示せ。 (1)Xの可算個の閉集合F_n(n=1,2,3,...)に対してA=∪(n=1~∞)F_nが内点をもてば、少なくとも一つのF_nは内点を持つ。 (2)Xの可算個の開集合G_nがXで稠密ならばA=∩(n=1~∞)G_nもXで稠密である。 お願いします。