• ベストアンサー
  • 困ってます

微分演算子でわからないんですが・・・

つまずいているのですが (1)逆演算子で、[x^2 +3]/D を解くということは積分すればいいのでx^3/3 +3xという答えになるのですがなんで積分定数Cはつけないのでしょうか? (2)わからない問題があるのですが、 (D+1)^2 y=x という微分演算子の微分方程式の問題なのですが、 D=-1(重解)より、同次方程式の基本解は{e^-x ,xe^-x}となる。 特殊解をv(x)とし、(D+1)^2 [v(x)]=x よりv(x)を求める。  v(x)=1・[x]/(D+1)^2 ・・・というところまでしか解けません。逆演算子の公式に当てはまらない場合はどのように求めればいいのでしょうか?

noname#81393

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数551
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

(2)の特殊解を求める問題で「逆演算子の公式に当てはまらない」とありますが、逆演算子の展開はご存知ですか? 1/(1+aD)=1-(aD)^2+(aD)^3-(aD)^4+ … 1/(1-aD)=1+(aD)^2+(aD)^3+(aD)^4+ … という感じです。これより、 [1/(1+D)]・[1/(1+D)]x =[1/(1+D)]・(1-D+D^2-…)x =[1/(1+D)]・(x-Dx+D^2x-…) =[1/(1+D)]・(x-1) =(1-D+D^2-…)(x-1) =x-1-1 =x-1 (D+1)^2 y=xの一般解は y=(A+Bx)e^-x +(x-1)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 微分演算子の応用

    微分演算子の応用で、ある線形微分方程式を解こうと思ったのですが、解けませんでした。 y”-2y'+y=x*sin(x)、y(2)-2y(1)+y=x*sin(x)です。()内は微分回数。未定係数法では、y=axsinx+bxcosx+csinx+dcosxでひとつの解を求められました。 y=(C1+c2)e^xが同次m¥の答えだとおもいます。 演算子Dでは1/(D-i)(D+2)になって、部分分数に分けたんですが、分子にx*e^-ixがきてしまい、お手上げな状態です。 参考になるURLなどでもいいのでよろしくお願いします。

  • 未定係数法は一階の線形微分方程式にも使えるのでしょうか? 

    未定係数法は一階の線形微分方程式にも使えるのでしょうか? 一階の線形微分方程式の解き方は dy/dt + p(t)y = g(t) のとき e^∫p(t)dt を両辺にかけて そのあとで両辺を積分してyについて解く と習いました。 そして、未定係数法は2階の線形微分方程式を解く方法の一つとして、 習いました。 ここで疑問に思ったのが、 この未定係数法は一階の線形微分方程式にも使えるのでしょうか? だとしたら下のような手順でよいのでしょうか? 同次式: dy/dt + p(t)y = 0 の一般解を求める (積分定数が残る) 非同次式: dy/dt + p(t)y = g(t) の特殊解を求める (積分定数はない) yの一般解 = 同次式の一般解 + 特殊解 よろしくお願いします。

  • 微分積分について

    以下の問題について解き方、できれば 式の過程も教えて下さい。 1.微分方程式の解を求めよ。 y" = y y' (x=0のときy=1、y' = 1) (答えは、tan((x/2) + (π/4)) 2.一般解を求めよ。 xy"=y' - 1 (答えは y = Ax^2 + x +B A,Bは積分定数) よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

(1) は簡単にするために書いていないだけだと思う. (2) の方は... [1/(D+α)]f(x) が計算できればいいだけですね. これは指数関数とか積分を使って書けたはずです. とはいえ (簡単な) 多項式ならそんなことするよりがんばって展開する方が楽で, [1/(D+1)^2] x = (1-2D) x = x-2 だけど.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 微分方程式

    問題を解いていて少し疑問に思ったので質問させてください。 u=u(t)を未知関数として A(du/dt) + B*u = E*sin(ωt) について、一般解を求め、その後初期条件u(0)=u0のもとで解け。 ただし、A,B,E,ωは正定数とする。 上記のような問題なんですけど、これは一階微分方程式ですよね? 一般解は、二階微分方程式では特性方程式によって求めた基本解と、未定係数法で求めた特殊解を重ね合わせて作るという印象があります。 このような一階微分方程式の場合はどのように解けばいいですか? 二階の時と同じように解いてよいならば、特性方程式の解から基本解を作る時など、二階微分方程式の時と同じようにやってよいものか疑問です。 特殊解も未定係数法もつかってよいのでしょうか。 詳しい方いましたら教えてください。

  • 2階非同次微分方程式の問題

    2階線形非同次微分方程式 y"-9y=3x^(3) 基本解y1=e^(3x),y2=e^(-3x) 基本解の定数係数の線形結合を u1(x)=a11*y1(x)+a12*y2(x) u2(x)=a21*y1(x)+a22*y2(x) とするとき、u1(x),u2(x)が2階定数係数同次微分方程式y"-9y=0の基本解となる条件を述べ、理由を説明せよ。 という問題があり、どこから手をつけたら良いかわからない状況です。どなたか教えて頂けたらと思い、質問しました。宜しくお願いします。

  • 微分方程式の演算子を用いた解法

    微分方程式の演算子を用いる解法は知っているのですが、いつもそれを使わずに別の方法で解きます。演算子を用いると他の解法よりすこぶる楽に解ける問題などはあるのでしょうか。演算子法の位置づけを教えてください。

  • 微分方程式

    y1(x),y2(x)が2階線形微分方程式 y''+p(x)*y'+q(x)*y=0の基本解ならば、 a^2≠1とするとき y1(x)+a*y2(x),a*y1(x)+y2(x) もこの微分方程式の基本解となることを証明したいのですが、どうすればいいのか分かりません どなたかお願いします。

  • 逆演算子による微分方程式の特殊解について

    逆演算子を用いて特殊解を求める問題です。 何度やっても答えが合わないので、解答のプロセスを確認したいです。 (基礎解析学コース 微分方程式 矢野健太郎、石原 繁 共著)の問題です。 (1) (D^2+D-2)y = xexp(-2x) (2)(D^2-5D+6)y =exp(x)cos(x) 答えは、(1)-1/18 (3x^2 + 2x) exp(-2x) (2)1/10 (cos(x)-3sin(x))exp(x) です。 どうしても解けないので、よろしくお願いします。

  • 2階微分方程式の問題について

    下記の微分方程式についての質問です。 k * (d^2 y/dx^2) = a * y^2 …(1) ここで、k, a は定数、(d^2 y/dx^2)はyの2階微分(つまりy'')を表しています。また、* は積を表しています。 この2階微分方程式の一般解を求めたいのですが、詰まっています。 私のやり方は、まず(d^2 y/dx^2)=y'' として k * y'' = a * y^2 …(2) (2)の両辺に2y'をかけて k*y''*2y' = a * y^2 * 2y' これより ( k * (y')^2 )' = ( 2a* (y^3/3) )' 両辺を積分して k * (y')^2 = (2a/3) * y^3 + C1 …(3) (ただしC1は積分定数) このあと、変数分離すればとけるはずなのですが、 その先が詰まっています。 C1があるせいで積分できないのです。 これは一般解が求められないのでしょうか? また、初期条件は x=0でy=y0、x→∞でy=0 なので、x→∞でy'=0 と考えて、(3)よりC1=0 として考えると、 うまく変数分離できて y^(-3/2) dy = √(2a/3k) * dx ∴ y^(-1/2) = (-1/2) * √(2a/3k) *x + C2 (C2は積分定数) ∴ y = ((-1/2) * √(2a/3k) *x + C2)^(-2) …(4) 初期条件より C2 = y0^(-1/2) という感じで解いていったのですが、 どうやら解答は y = p * (x + q)^(-2) ただし、p = 6k/a, q = (a*y0/6k)^(-1/2) となるようです。。。 何度見直してもこうならないのですが、 私の計算ミスでしょうか。。。? (i) 式(3)の一般解 (ii) 式(4)が合っているか に関して、どなたか知恵をお貸しいただければ幸いです。 数式見づらくて恐縮です。

  • 逆演算子の公式は、暗記しなければならない?

    微分方程式を勉強しています。 逆演算子の公式が大量に出てきたのですが、これらは暗記しなければいけないのでしょうか? 一番基本的な 1/D-a[f(x)]=e^ax 1/D[e^-ax f(x)] だけ覚えれば、全て導ける…となれば楽なのですが、例えば 1/D^2+B^2[sinBx] = -1/2B xcosBx などはかなり導くのが(手元の参考書によると)難しそうで、やはり暗記しなければいけないのかなと思ったのですが、やはり、その必要があるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 微分方程式の問題です。

    微分方程式の逆演算子の問題なんですが、 (D^2+D+1)y=x^3-2 という問題なんですが、まず特性方程式でひとつの特殊解をみつけて 次にもうひとつの特殊解を見つけるわけなんですが y=(x^2-2)/(D^2+D+1) と変形したんですが因数分解も出来なくどうすればいいのかわかりません。 y=e^(-x/2) (Asin(3^1/2*x /2)+Bcos(3^1/2*x /2))+x^3-3x^2+4 の答えになります。

  • 微分方程式

    xy'=y+√(x^2+y^2)という微分方程式を誰か解いてください。 たぶん変数分離形で解くと思うのですがどうしても答えと合わないんですよ。誰かお願いします。 ちなみに回答は y=(C^2*x^2-1)/2C  (C:積分定数) です。

  • 微分方程式の問題です!!

    微分方程式の問題です。y'=(yの二乗-1)tan(x)という微分方程式を解きたいのですが、積分定数Cの使い方に困っています。下は解答なのですが、 (1) y'=(yの二乗-1)tan(x) (2) 1/(yの二乗-1)(dy/dx)=tan(x) (3) (1/2)log{(y-1)/(y+1)}=-log(cos(x))+c (4) (y-1)/(y+1)=1/(C×cos(x)の二乗) (5) y=(C×cos(x)の二乗+1)/(C×cos(x)の二乗-1) とあるのですが、(3)から(4)になるのがよく分かりません。積分定数Cの位置がおかしくないですか? (y-1)/(y+1)=C/(cos(x)の二乗)だと思う(というよりどっちでもいいと思う)のですが、これではダメでしょうか?回答よろしくお願いします。