解決済み

利休道歌

  • 困ってます
  • 質問No.4171343
  • 閲覧数526
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 87% (41/47)

利休道歌の「規矩作法守りつくして破るともはなるるとても本を忘るな」の意味を教えてください。
              

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 27% (219/796)

「規矩」(きく)というのは大工道具のことで、人の行動規範をさし、「守」は基本を学び、師匠の模倣をする段階、「破」は元の形にとらわれることなく発展をさせ、「離」は独自の得意分野を開拓したとしても、基本を忘れることなく再創造し磨き上げる ことといわれています。

いつも定められた通りに事が運ぶことは ありえない、むしろ積極的に規矩作法を破っていくべき。ただし、本質を忘れないように。 
ということだと思います。
お礼コメント
suifuyou

お礼率 87% (41/47)

守、破、離ということですね。利休道歌はお茶の道だけでなく、人の道の基本に通じる歌ですね。ありがとうございました。
投稿日時 - 2008-07-13 05:10:11
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
このQ&Aのテーマ

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ