• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ガラスのヤケについて

  • 質問No.4135
  • 閲覧数2551
  • ありがとう数31
  • 回答数2

お礼率 16% (1/6)

ガラスがアルカリなどで白や虹色(?)に変色する「ヤケ」という現象がありそうですが、化学的にはどうなっているのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 44% (81/181)

ここでいうガラスが普通のソーダ石灰ガラスとします。「やけ」は、下図のようにガラス表面にできた水和珪酸の膜だと思います。これは、ガラス表面付近のアルカリ成分(例えばNa+)がアルカリ水溶液中のH+と交換してできるものです。
なお、ガラスの化学的耐久性を試験するのに、試料表面の侵食の深さすなわち膜の厚さを干渉計を用いて測定する方法があります。

  OH-  OH-
  Na+  Na+   液相
---------------
   OH  OH
   |    |    ガラス相
-O-Si-O-Si-O-
   |    |
   O   O
   |    |
お礼コメント
4416

お礼率 16% (1/6)

わざわざ調べていただいてありがとうございます。大変ためになり、分かりやすかったです。
投稿日時:0000/00/00 00:00

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 3% (1/28)

ガラスが薄く皮がむけるように溶けているのではないでしょうか。
溶けたガラスの厚みが、波長レベルで変化すると虹色に反射するような
きがしますが。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ