• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

このthatの品詞は・・

Manual labor was highly valued. Later it was the man who worked with his head to achieve success in business and industry that was looked up to. この最後のthat was looked~のthatの品詞は何でしょうか?それとlooked up toは一つの動詞として見るのでしょうか? よろしくおねがいます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数743
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

(1)この文は、it thatの強調構文です。 (2)強調される語とthat以下の動詞が一致するので関係代名詞と考えるのが一般的です。ただし、副詞的要素が強調されている場合は接続詞とみなすことが多いそうです。 (3)was looked up toは、句動詞look up to~(=~を尊敬する)の受身形です。 つまり、「のちに尊敬されるようになったのは頭を使って実業界や工業界で成功した人間であった」という意味になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 強調構文とは見抜けませんでした。 最初関係代名詞と疑ったのですが先行詞がわからなくて・・  look up toも納得できました。

関連するQ&A

  • 英文の訳で質問です

    It was the matn who worked with his head to achieve success in business and industry who was looked up to. 尊敬されたのは商工業で成功するのに頭脳を働かす人だった。 「強調構文で、最初のwhoは、manを先行詞とする関係代名詞、 あとのwhoが、It~that~のthatがwhoに置き換わった形」 と解説に書いてありましたが・・・ his head to achieve のtoは、不定詞ですか?? もし。不定詞なら、副詞的用法の目的ですか? 「頭脳を働かす人だった」この訳を、私は、「頭脳をもって働いた男だった」と訳したのですが この訳でも、いいですか?(試験で減点されたりしませんか??) お願いします。

  • これは【S is such 形容詞 that S V】【Sはとても形容詞なのでVする】 構文でしょうか?

    His strength was such that he was equal to the labor (彼は力持ちなので、その仕事に適している) ←という英文があったのですが、これは【S is such 形容詞 that S V】構文なのでしょうか? だとしたら形容詞はどこに??

  • hopingの品詞を教えてください。

    Because he was desperate to make friends, the new student behaved like a clown hoping that the others would accept him. この文でhopingの品詞となぜここにhipingが必要なのかわかりません。よろしくお願いいたします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • trgovec
  • ベストアンサー率52% (2538/4879)

これは強調構文の it..that ですが本当のところは分からないのではないでしょうか。 しかし文法上 was に対する主語という役割、言い換えると that 節における主語の役割をしているので関係代名詞と考えることはできます。 そうは言っても that がかかるもの(先行詞?)は it で、強調構文ではこのように it と that は離して置き、さらに人に関して言うとき that が who になることはあっても it は it のままでこれが he や she になることはありません。ですから関係代名詞としてもかなり特殊なものです。 この構文は昔、フランス語の構文をまねて作られたものらしいのでこういう理屈で説明しにくいことが起こったようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 確かに自分も最初関係代名詞だと思いました。 この構文なかなか難しいようですね・・ 出てくるたびに注意して考えたいと思います。

関連するQ&A

  • 意味とthatの用法について教えて下さい。

    The X-ray treatments were given daily up to the time that he was dismissed from the hospital.意味がよくわかりません。この中のthatの用法は何になるのですか?

  • log in toと前置詞を並べていいのか?

    All staff members should log in to their time and labor accounts daily to record their hours work ed. 1, 品詞と文の要素について All staff members  S  should log in V  to their time and labor accounts 前置詞句? O?目的語? daily  副詞?  to record their hours worked. ←よくわからない。。。 2, 前置詞句は目的語(O)にはならない? 3, Log in toと前置詞を並べていいんですか? 4, To record their hours worked    hours workedというのは何かが省略されているんですかね?

  • 不定詞の副詞的用法についての疑問

    He looked up to observe that she was taking down all the details. という文章のtoは「目的用法」と考えれば、「見るために」と訳せるようですし、「結果」を意味すると思えば「目を上げたら×××のを見つけた」とも訳せそうです。 いずれが適訳なのかお教え下さいませ。

  • 英語の和訳

    1:He looked a little too pleased with his success. 2:It was disappointing that so few people showed up. 3:I am convinced that hewill pass the entrance examination. 4:There was a road leading to the town on the other side of the river. 5:This is an important notice. The people concerned should study it carefully. 訳をお願いします

  • thatとandについて

    同時に二つの質問をさせていただきたいと思います。 一つ目はthatについてです。 高校の教科書を読んでいて次の文章が出てきました。 Every October, hundreds of thousands of albatrosses returned to the island to breed. There were so many of them "that" at a distance they looked like fallen snow. このような文章なのですが、この文章の"that"の意味が分からず、後半の文章が訳せません。 二つ目はandについてです。 こちらも文章を例に挙げます。 I "was" surrounded by nature and "was" always fascinated by birds and fish. こちらの文章は I "was" surrounded by nature and I"was" always fascinated by birds and fish. ということだと思っていて、納得がいきます。 もう一つの文章を例に挙げます。 Japanese researcher like you "to" study and protect it. こちらの文章ではなぜ Japanese researcher like you "to" study and "to" protect it. にはならないのでしょうか。 もし省略するが普通なのであればなぜ最初のwasが省略されないのでしょうか? すごい初心者な質問かもしれませんが、教えてください

  • 接続詞thatの繰り返し

    以下の文の中で、thatが二回出てくるのと、thatを一度しか使わないのとの意味上の違いはどうなるのでしょうか。 1・1   The player told me that Mr.Akiyama was a good coach and that he took good care of their team. 1・2  The player told me that Mr.Akiyama was a good coach and I can see he takes good care of their team. 2・1 He said that he had sat up very late wathing TV and that now he was tired. 2・2 He said that he had sat up very late wathing TV and now he was tired.

  • asと howの品詞とはたらきについて

    "If the truth was known I shoudn't be suprised to hear as how you'd had half a dozen black wives in your day. 1:上記の文章の中のto hear asのasは関係代名詞ですか?  だとすれば先行詞はどれでしょうか。asの代わりにthatを使っても良いですか。    2:howはどういう風に訳したらよいでしょう、また品詞は何でしょう。

  • 次の英文のthatをどう訳しますか?

    The hedgehogs had eaten so much on the streets of Ramat Gan, in Israel’s Tel Aviv District, that it was hard for them to curl up into a ball. thatは関係代名詞か接続詞だと思いますが。

  • 何故"that that"?

    接続詞that+代名詞that文で、接続詞thatが省略されない、または出来ないのは何故? NHK実践ビジネス英語2017年9月号までお休みして、過去のテキストを整理中です。 その中で、例文中に”that that”と続く文がいくつか見つかりました。 下記(1)から(8)中で、さすがに(4)の”Not that that’s a bad thing”の”Not that”は、”I don’t say that”の省略形かな。その省略を表す接続詞thatの省略は不可でしょうが、それ以外は何故、省略しない、または、できないのでしょうか? 例文(7)(8)の2番目のthatは、指示形容詞かな。その例文(7)のI am glad [that]…は、参考書で「thatが省略されるのが普通である」という事例にもなっています。 (1) Recent surveys tell us that that's far from the truth. (2) Some doctors admit that that's not why they're discouraging their offspring from medical careers. (3) I've read that that's not an option for a growing number of Americans,… (4) Not that that's a bad thing, mind you. (5) ultimately the company gave him a new computer in the hope that that would create a more positive impression in the public’s mind. (6) they'd have realized that that would have a much worse effect than any bad online review. (7) I'm just glad that that internal memo was circulated to all headquarters employees… (8) mental-health experts say that that kind of activity stimulates the reward centers in the brain. 同様に省略の事例としては、今年度6月号で、McMillanさんの台詞に、”That they will.”が出てきますが、この”That”も、その直前のGraceさんの発言を受けて、 (I agreeかな?) that they will (stand them in good stead later in life). の省略形だと思いますが、いかがでしょうか? Grace: …Those skills will stand them in good stead later in life. McMillan: That they will. …@ 2017年6月L5(3) ※OKWAVEより補足:テーマ「実践ビジネス英語」から投稿された質問です。

  • 翻訳をお願い致します!

    Pretend you're an aspiring rocker for a minute. Pretend also you're in a band. You and your bandmates are working hard to break through in a highly competitive industry where success is a fleeting illusion perpetually inches out of your reach. Then pretend you get your big break. You ride the wave of success all the way onto the beach of fame and fortune. You've made it. You've succeeded. The world is now yours to secure or ruin. I'm guessing that nearly any musician who has attained the level of success that the members of let's say, Stone Temple Pilots, has attained can relate to the scenario depicted in the opening paragraph. Success is like that. You work hard to get there. You arrive. Then it's your choice to perpetuate your success or throw it away. Unfortunately in the recording industry that choice is not always yours. Unfortunately, sometimes your own band mates are the biggest threat to your future success.