• ベストアンサー
  • 困ってます

UV樹脂を硬化するための紫外線照射器なのですが

押し花手芸をしています。ペンダントトップやブローチに押し花をして表面にUV樹脂でコーティングします。樹脂は紫外線で硬化します。 でも、お天気の悪い日は上手く固まりません。そこで思いきって卓上の紫外線照射器なるものを買いたいと思っています。 インターネットで検索してみたのですが、探す事ができませんでした。 値段や販売しているお店をご存知の方教えてください。  よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1157
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • DASS
  • ベストアンサー率38% (116/304)

どの程度の紫外線が必要なのかわかりませんが、2つほどご紹介します。 どちらも、ちょっと大きめの電気店に行き、蛍光灯を売っている場所においてあると思います。 1)ブラックライト    紫色の蛍光灯です。 http://www.tlt.co.jp/tlt/new/black/black02.htm 2)殺菌ランプ    透明の蛍光灯です(絶対に光っているところを注視してはいけません)。 http://www.rakuten.co.jp/matsumoto/444339/444340/ お店の人に相談して、上記のライト(どちらか)と、それに合った卓上電気スタンドを買われればよろしいかと思います。 個人的には、ネオボール5ブラックライトが使いやすいかと思います。 つなげるソケットも安くてすみますし。

参考URL:
http://www.tlt.co.jp/tlt/new/black/black02.htm,http://www.rakuten.co.jp/matsumoto/444339/444340/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとう御座います。一度電気店に行って聞いて見ることにします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • inaken11
  • ベストアンサー率16% (1013/6244)

参考URLのようなイメージでしょうか・・・ 販売価格は判りませんし、販売店もわかりませんが。 お問い合わせしてみたらどうでしょうか。

参考URL:
http://www.senlights.co.jp/japanese/no_handy.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。カタログを送ってもらえるように申し込みました。

関連するQ&A

  • UV硬化する樹脂について

    今回この分野に業務に就いたばかりの初心者です。 金属上に樹脂のコーティングをし、その特性を評価する業務です。 樹脂としては、エポキシ・ウレタン・シリコン・アクリル・ポリイミドに関して調査する予定です。 評価特性としては、ある過酷な環境下での堅牢性を評価しようとしています。 質問は、初歩的なことなのですが、 (1)硬化に関して熱硬化樹脂とUV硬化樹脂を見かけます。  UV硬化の方が作業性がよさそうなのでこちらを評価対象としたいと思います。これは上記の全ての樹脂の架橋反応に適用できるのでしょうか。 (2)UV照射で硬化できる樹脂とできるない樹脂がある場合、その理由は何でしょうか。 (3)熱硬化の場合、VOCなどのコンタミが発生し、UVの場合には発生しないという記述を見かけました。この差は、熱硬化では蒸発するが、UVの場合には、蒸発しなかった成分が内部に存在しているだけということは無いのでしょうか。メカニズムそのものでVOCが発生しないのでしょうか。 (4)健全に樹脂が硬化した(架橋反応が終わった)ことをどのような方法で判断すれば良いでしょうか。 以上、もしご教示願えましたら幸いです。 これらが記述されている書籍の紹介のみでも結構です。 よろしくお願いします。

  • 紫外線硬化樹脂について

    御世話になります。初歩的な質問になりますが、ご回答をお願い致します。 私はプラスチックの表面加工の仕事を始めようと、樹脂について勉強を開始した所です。 質問なのですが、紫外線硬化樹脂の硬化の仕組みとはいったい何なのでしょうか?塗剤成分を見てみると合成樹脂が数十%、モノマー、オリゴマーが 数十%と、それに開始剤等が少量となっています。 紫外線を照射することでモノマー、オリゴマーがポリマーになり硬化することはわかるのですが、残りの合成樹脂はどうなるのでしょうか?それとも合成樹脂とモノマー、オリゴマーは同じ意味なのでしょうか?

  • UV樹脂の硬化条件

    UV樹脂に関して全くの素人です。 UV樹脂の硬化条件が知りたくて投稿しました。 現在使用しているUV樹脂がThree Bond 3052を使用しています。 これの仕様が200~400nmの波長で25SEC以内で硬化すると書いてありますが、 UV照射器から樹脂までの距離の違いで硬化時間は変わるんでしょうか? 条件の出し方などが記載されているサイトとかご存知でしたらご教授願いないでじょうか。

  • シリコーン系UV硬化性樹脂硬化時の発泡

    現在私は光硬化性のシリコーン系樹脂を、厚さ5mmほどの任意の形状に型取りして利用しようとしております。 型に硬化前の樹脂を注入した後に脱泡を行い、UV(60mJ/cm2)を照射することにより硬化させようと試みたのですが、硬化時に大きな気泡が発生してしまい、うまく型取りすることが出来ませんでした。その泡は脱気後の樹脂内部には明らかに見られなかったものです。 熱硬化性樹脂でしたら硬化温度を下げるなどしてゆっくり硬化させることで型取り精度を向上させることが出来ることは確認済みなのですが、光硬化性樹脂ではどのような対策を講じるべきなのでしょうか。 どなたかお分かりになる方がいらっしゃいましたらぜひとも教えてください。

  • 紫外線 UV-Cについて

    お詳しい方お願いいたします 仕事で紫外線硬化樹脂を扱っております 以前まで100v/35wほどのUVランプを使用していましたが 効率が悪いため200v電源でランプへの出力100v/1200w・600w切り替えのものに替えて現在使用しています ランプは水銀灯(無色の筒状15cmくらい)で、UV-Cのコーションプレートがあり、知識が薄い私でも危険を感じるくらいに 薄紫または白色の強い光を発します、また半端なく発熱もしますので、直視だけは避けています 先日、シルバーの部材に硬化樹脂を施工し、1分照射を10工程で、合計10分程の照射をしたところ 頬や口の周りがヒリヒリし始めてしまったため、顔面を覆う薄緑のポリカーボネート保護面をして もう10分ほどの仕事をしました 眼に関しては濃い色のゴーグルをしていましたので違和感は有りませんが 作業から3日たってやっと普通になった感じです やはり、1200wのUV-Cは反射波でも非常に危険なのでしょうか? または、もう使用してはいけないほど危険なものでしょか? 調べたら被曝という言葉にとても不安でたまらなくなりまして質問させていただきました わかる方がいらっしゃいましたら、どうか教えてください。

  • UV接着

    ポリカ(PC)製 樹脂部品にφ2.5塩ビチューブ(PVC)を差し込み、UV接着をしております。UV光は照射体に対して一方方向からの照射です。(製品が透明なので、照射側と反対側にも紫外線が当たり、硬化しています。) 照射後に接着部を確認すると、1%程度にチューブに亀裂が生じている事が確認されました。 亀裂は0.05~0.1mm程度と非常に小さいものです。 しかもこの亀裂は照射側からの亀裂ではなく、照射側から90~180度回転した付近に発生しているので、照射が強過ぎる為の亀裂ではないと考えております。 現在原因がわからなく、非常に困っております。原因若しくは要因など教えて頂けないでしょうか。 宜しくお願いします。 UV照射距離は20~40mm程度(照射ポイントを変更しても発生)。照射時間は7~9秒。 照度は300~400mw/cm2 となります。 光源は水銀キセノンランプオゾンレスタイプとなります。 追加質問です。 硬化についてわかる範囲で教えて頂きたいのですが、接着剤にUVを当てた時は、表面から固まっていくのでしょうか、それとも中側から固まるのでしょうか? またUV照射後に接着剤表面に薄っすらと濡れたような感じのものがあります。これは接着材に含んでいる溶剤なのでしょうか?(時間が経つと無くなります) またこの薄っすらと濡れたようなものが無くなるまでUV照射しなければならないのでしょうか?

  • 紫外線硬化反応による硫安析出

    ある生産設備でUV(紫外線ランプ)硬化により塗膜を反応させる工程があり、 そのUV照射部に硫安が析出し、照射ガラスを汚すトラブルが発生し対応を検討しております。上記ライン内は一般雰囲気化でベースはセルロール系樹脂フイルムにUV開始剤など有機溶剤で希釈した塗膜です。 この硫安はどこから来るのか? 通常空気中で何かと反応して析出するのか? 又は塗膜、ベースからの析出か?の切り分け検証テストが出来なくて頓挫してます。 皆様の知見を頂戴したく アドバイスをお願いします。   

  • 銀箔への紫外線照射について

    化学素人なんですが、仕事でこんな実験を行っています。 木の板に銀箔を施し、その後水銀ランプによる紫外線照射を行い、変色の様子を見る。といった内容です。 紫外線の波長はUV-A(具体的な数値は忘れました・・)で、まず3時間ほど照射してみたんですが、表面はすぐ黄色く変色していました。 http://okwave.jp/qa/q1654730.htmlの質問も閲覧してみましたが、黒っぽくなってはいないので、恐らく硫化が原因となる変色だと思います。根拠はこちらのサイトからです→http://www.nakagawa-tokyo.co.jp/japan/knowlages/0510_silver_discolor/index.htm 変色の原因が硫化である事を前提に質問しますが、なぜ紫外線を照射すると銀箔表面が硫化するんでしょうか?メカニズムがよく分かりません。他にも酸化や過熱によるものもありそうですが・・・。なにぶん化学素人なので想像がつきません。ご存知の方是非ご教授ください。(出来れば小学生レベルの言葉でお願いします・・・)

  • 紫外線の積算光量を測る方法を教えてください

    紫外線硬化のコーティング剤を使用するために、以下URLのような簡易的なホビー向けUV照射器を購入しました。 http://item.rakuten.co.jp/shugale/282235/ ただ、コーティング剤の硬化条件が『450mJ/cm^2』というのはわかるのですが、この照射器でどれぐらい照射してあげれば良いかわからず、無駄に半日ぐらい照射しています。 以下URLのような紫外線照度計を購入すれば問題解決なんでしょうが、予算が無く購入できません。 http://item.rakuten.co.jp/first23/sokutei-0135-108-3030?s-id=adm_bookmark_item02 上記のような高価な機器でなく、ルクスを測るような2000~3000円程度で購入できる簡単な照度計のようなもので測定あるいは、測定後変換計算で算出するような方法が無いものでしょうか? 当方このような方面に明るくなく困っています。 もしこういった方面に詳しい方がいらっしゃいましたらお教えください。 どうぞよろしくお願いします。

  • 紫外線を遮断する樹脂材料をご存知ないですか?

    UV硬化設備に用いる、カバー用の樹脂材料を探しています。 世間にはUVカットフィルムなどがありますが、これはどうも太陽光線に含まれる紫外線は遮断できますが、FA用ではないような気がします。 希望は4000mW/cm2の紫外線(光源はランプです)を遮断でき、カバー用途ですので、いくらかの透明性があって、曲げやすくて接着もできる材料であれば、言う事ありません。 厚みは5mm前後を考えています。 もし、そのような材料をご存知の方、おられましたら是非教えてください。