• 締切済み
  • 困ってます

擁壁の基礎部分が隣地の敷地に侵入している

隣家との境界は、当方が1メートルほど高くなっています。もともと大谷石で土留めがしてあったのですが、当方で20年以上前、長さ10メートルほど、高さ1メートルほどをブロックを使って擁壁を作り土留めをしました。 このほど隣家より、その擁壁の地中の基礎部分が、隣家の敷地を侵犯しているので作り直せと言ってきました。 かつての施工業者に聞くと、ブロックの基礎部分はコンクリートが打ってあり若干出ているかもしれないが、大幅に出ているとは常識的には考えられないとしています。 実際に掘り返して見てはいませんが、仮に業者の言うとおりのコンクリートのはみ出し部分がある場合、作り直す必要があるのでしょうか。 最近では、相手方に1ミリでもはみ出すなと言われているようですが、20年以上前の法律でも、そのような厳しい規則があったのでしょうか。 時効になることはないでしょうか。 また、改修する場合、境界線をまたいで費用折半で行うことを要求することはできないでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.6

> 土留めの大谷石(旧地主のもの)が2センチはみ出しているとの抗議で改修したもので、このほど、さらに文句を言ってきたものです。 20年前の工事の時に境界の確認をお願いするべきでしたね。 穏便に済ませられるのであれば、越境を認めて次に施工する折控える(境界立会確認)をすると一筆いれて終わらせられないのでしょうか? 我家は20センチ以上入り込まれてますが一筆(改修時に相手費用で直す)で終わらせてますけどね。余談です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考にさせていただきます。ありがとうございました。

  • 回答No.5

埋設部分のはみ出しであればその部分だけをハツリ、削れ込んでみればよいのではないでしょうか? 意地になる話でもないと思いますし、何かこじれる原因が別にあったのでしょうか? 質問者さんの書き込みからは、ちょっと攻撃的な面があるのかなって感じますが。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

削り込むことができるか、施工業者にも相談してみます。 おっしゃるように、隣家とはうまく行っておらず、20年前の工事も、土留めの大谷石(旧地主のもの)が2センチはみ出しているとの抗議で改修したもので、このほど、さらに文句を言ってきたものです。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.4
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3794)

見方を変えた意見です。 そもそもCB造の擁壁で1Mの高さに問題があります。60cmぐらいなら 許せるらしいですが、1Mの高さの土留め擁壁をCB造では危なすぎます。この機会に、是非RC造の擁壁に作り替えてください。 境界の問題も解決します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

1メートルは、ありませんでした。60~70センチでした。 ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • junkg7
  • ベストアンサー率26% (90/342)

現時点で基礎砕石・基礎コンクリートが越境しているのであれば、その越境部分を取り壊す必要かあります。 この場合、越境部分を取り壊した事により構造物自体に影響を及ぼさなければそれで問題は解決するでしょう。 境界の協議などは、20年前も現在も隣地との話し合いで決めるのが原則で規則等はお互いに決めるだけで任意です。 隣地所有者が厳しければ必然的に厳しくなるだけで法的な物はありません。 時効が取得時効の事を意味するのであれば、このケースでは無理です。 費用折半の意味が良くわかりませんが、擁壁の所有者が一部取り壊しに関する費用を負担すべきと考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございました。 境界線については、境界杭もあり、問題はありません。地下に隠れた基礎砕石が越境しているということですので、取り壊す必要がある・・・ということになるわけですね。 費用折半の意味は、敷地の高い方が常に擁壁を作らなければならいものか、そうでなければ折半で作ることを要求できるのではないかと考えたわけです。

  • 回答No.2
  • momoko3
  • ベストアンサー率50% (58/114)

法律的な解釈はよく分かりませんが、不動産業20年の経験で参考意見になればと思い書かせていただきます。 地上に見えている部分だけ境界の内側に、ベース部分は、隣地へ1センチ~15センチほど入ってしまっている場所は、よく見かけます。現在ではこういったトラブルが多いので、枠をきちんと組んで越境しないように工事をしますが、10年ほど前までは、多い工事方法だったと思います。私の経験では、20年ほど前に、工事をする前、間違えなく挨拶も言っているし、現場での確認をしていただいてブロックが出なければベースが出てもよいと口答で承諾をいただいておりました。しかし、忘れてしまったのか、今になって壊せと言ってきましたので、めんどくさいのでどのくらい費用がかかるか見積もりし、処分費入れて、10万円で壊しました。 しかし、腹が立つので、なぜ今さらと聞くと「排水管をやり変えるので、じゃまになる」ということでした。わざわざ境界ぎりぎりまで、排水管を持ってこなくとも良い現場だったので、境界を再度確認して、壊す代わりにいくらか支払って(5万円ほど)、文書で承諾をとると言う方法も可能かと思いました。 その隣の人は多分、工事当時は現場を見ていて、確認しているはずです。(住んでいるのであれば)また、世代が変わってしまって、分からないケースもあります。中には、当時お金がないから、境界線上にブロックは工事しても良いが、金は一切出せないといっておきながら、ブロックが越境していると文句を言う人もいましたし、確か金は支払ったと思う。と言う人もいるくらいです。言った言わないで、越境している事実だけが残っていますので、確かに分が悪いのは、こちらの方です。関われば関わるほど、腹が立つので、私の場合は、授業料だと思って支払ってしまいました。 20年前も今も法律は変わっていませんが、時効は成立しないと思います。 また、折半で工事費半分出すくらいなら、壊せなどと言ってこないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございました。 20年前の施工時に立ち会わせたことはなかったと思いますが、20年も経って、今さらと言うことです。こういう例があることが分かり、大変参考になりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • upple
  • ベストアンサー率25% (266/1032)

 コンクリート基礎の立ち上がりが境界を侵犯していなければ問題ないですよ。   隣地境にコンクリート擁壁を施工する場合、基礎砕石や捨てコンが隣地へはみ出す事は施工上やむを得ませんので確か法律では許可されています。  ただ今回の場合立ち上がりが?のようですのでそれが境界を侵犯していれば法律上は違反行為ですが20年間もそれを放置していたということは「黙認した」と判断されますね。  ところで工事をしたときは当然境界の確認に立ち会ってもらっていますね。   それを怠っていた場合はあなたにも非がありますので再度境界の確認を役所と土地家屋調査士にお願いして判断を仰ぐことですね。  当然結果が境界を侵していたとなればその後どうするかは弁護士さんとのご相談です。  まづは境界確認が先決です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 「隣地境にコンクリート擁壁を施工する場合、基礎砕石や捨てコンが隣地へはみ出す事は施工上やむを得ませんので確か法律では許可されています。」を心強く感じました。早速、調べてみます。

関連するQ&A

  • 隣地側の擁壁に土を接するなと言われた。

     以前に、分譲宅地を購入し、家を建築しましたが、最近になって、「敷地境界の擁壁は私側の費用でつくったものなのに、お宅の敷地の擁壁代わりにされているから、お宅側で擁壁を作って、一切の土をこちら側に接することのないようにして欲しい。」と、隣人Aさんから要求されました。  擁壁の高さはブロック3段で、土地の購入時には、我が家の方は50cmほどの盛り土になっていました。そして、お隣は駐車スペースとしての空き地となっていますが、隣人Aさんの言い分によると、境界の区切りとして、幅12cmのブロックを3段積んだそうです。しかし、そのブロック積みはどう見ても、ただの境界の仕切りではなく、この盛り土の土留めとして作られた擁壁にしか見えません。  そして、この盛り土や擁壁の工事を知っている人によると、隣人Aさんが、自分の土地の表土が邪魔で、その捨て場として、擁壁を自分側に作り、我が家である隣の土地にその表土を移動させた結果、盛り土になったのだそうです。この擁壁や盛り土を工事した業者と、我が家に土地を売った業者は同一です。  盛り土をしたのは我が家に土地を売った業者であり、我が家はそういう現状の土地を買って家を建てただけです。こちらの土が隣家のブロック積みに接していけないのなら、この土地の盛り土をした業者に責任があるのではないでしょうか。このような場合、隣家の言い分は正当なのでしょうか。また、隣人Aさんのブロック積みを擁壁として盛り土工事をし、こちら側に擁壁工事をせずに土をお隣に接したままにして、土地を販売した業者には問題ないのでしょうか。長い間隣家は何も言ってきませんでしたから、青天の霹靂という感じです。

  • 隣地境界トラブル

    現在新築(建替)中の境界の件で相談させてください。 (1)隣家が20年ほど前に施工したコンクリート擁壁が5センチほど当方の敷地に越境している(施工時に当方との調整は無く、また越境に気が付いたのはつい最近) (2)擁壁の越境部分に接していた当方のコンクリートブロック(CB)を建替のために撤去した 以上の状況で、先日隣家より「家を建てるときは境界線を挟んでお互いに擁壁を作るのが常識だ」との理由でCBを新設するよう要求されました。こちらとしてはCBを新設するつもりは無く、また越境部分の擁壁に塗装をして使用することを考えています。 先方はかなり感情的になっているため、まず法律(民法?)上ではどのように扱うことになっているかを把握した上で、話し合いに望みたいと考えています。以下の3点について御教授下さい。 1、CBを新設する義務はあるのか? 2、隣家に対して越境している部分の撤去を要求できるか? 3、擁壁を取り壊さない場合に、越境部分に塗装等を行なうことは可能か?(越境部分の所有権はどちらにあるのか) 以上よろしくお願い致します。

  • 擁壁の基礎が境界から出ている

     50cmほどの高低差のあるひな段型の分譲地を購入しました。購入時すでに高低差の土留めとして擁壁が造成されていました。擁壁の地表部はすべて隣家の境界内にあります。  後々分かったのですが、その擁壁の基礎が私の土地に境界を10cmほど侵入していることが分かりました。土地購入時に、特にそのことに関して説明はありませんでした。 質問です。 1 土地購入時の重要事項説明で、このことの説明義務は業者にあるのか。 2 このような状況の場合、私は保証を受けられるのか。 すでに造成された分譲地ということで受け入れざるを得ないかとも思いますが、子供の代までわだかまりは残したくないので質問してみました。よろしくお願いします。

  • 土留め擁壁の重量CB7段積みは大丈夫?

    土留め擁壁の重量CB7段積みは大丈夫? 隣家が重量化粧CB7段積んで土留め擁壁を作りました。 ブロックの土留めは3段までだと思っていましたのでビックリしました。 業者は有名メーカー(パXホーム、旧ナショXル)ですので、ヘンなものは造らないと思っていますが、工事はものすごく下手です。 何だか心配なので、大丈夫かどうか教えてください。 コンクリートブロックサイズ:19×19×39 コンクリを詰める穴は幅12です。 7段積み、高さ約1.4メーター 長さ10メーター。 基礎はコンクリートで作っている。 土質は岩石混じりの粘土質で切り土です。 家(総2階建て坪20坪、延べ40坪、軽量鉄骨) 家と擁壁の距離5メーター。

  • 擁壁と基礎の亀裂

    2年前に新築しました。1年後の点検で住宅の基礎に1箇所だけヘアクラックが見つかりましたが わずかな範囲で小さいため、その後経過を観察するといわれ、その後、別段問題なく過ごしていました。 その半年後、住宅と同じ業者に庭の造成を依頼して、もとからあった擁壁の上にコンクリートブロックを3段敷きフェンスを取り付けました。 その直後、元から土留めの擁壁(20年ほど前につくられたもの)にあった亀裂が幅2センチに開き縦に貫通するくらいの大きさになりました。 しかし工事中のミスだと証明できず泣き寝入りで放置していました。 それから1年後(先月)、擁壁の上に積んだコンクリートブロックに亀裂が発生していました。 上2段はブロックのつなぎ目のモルタルが完全に割れていて3段目(擁壁と接する一番下のもの)のブロックはつなぎ目ではなく、ブロック自体に亀裂が入っています。 ブロックの亀裂は擁壁の亀裂(住宅から4Mほど離れた距離)から、住宅寄りに60センチほどしか離れていないところです。 更にそこから1mほど住宅寄りにある排水枡が住宅側に向かって1センチほど斜めに下がって傾いていました。 心配になり業者を呼び住宅の基礎で亀裂のあった場所を内側から見てもらうと、同じような亀裂が内側にもあるということ。 土地自体は20年ほど前に造成したものを2年前に表層だけ土を入れ替えて販売したもので、地盤調査(SS)では5点とも30センチしか貫入していないにも関わらず、10年の地盤保証と住宅の瑕疵保証には加入しています。(義務化になる前の保険)業者は無知で10年の保険でOKが出たからと言って住宅を建てる際には地盤改良も杭もしていません。 ブロックの亀裂から始まって、住宅の基礎の亀裂までの原因と対策を業者からの返答もまだ無い状態で、これからどのように業者と話をしていけばよいでしょうか?

  • 隣地との境界際における施工

    ホテルの外構をやっています。 状況としては隣の敷地の境界にはフェンスの基礎となるコンクリートブロックが建ててあり、それとこちらで施工する境界ブロックの計画高さとの差が、10センチから60センチありこちらの境界ブロックが低くなります。 また、境界の位置が途中からこちら側にずれてフェンス自体も作り直すそうですが、施工は未定でこちらの境界ブロックが先に施工を行うという形になり境界際に土留めが必要になるのですが、作る物が境界際に出来るものなのでどういう土留めをしたらいいかが分かりません。 ちなみに、元請けは(1)相手方の土がこちらの敷地に入らないように土留めをする (2)こちらの境界ブロックの基礎砕石や基礎コンが入らないように土留めをして施工を行えとのことです。 この上で、聞きたいのは、相手方の境界が高く土留め代わりになるコンクリートブロックがあるのですが、 それをこちら側で土留めとして使用してはいけないのでしょうか。 また、境界際に土留めをする場合どんな施工方法があるでしょうか。

  • 擁壁の値段

    今土地を購入したいのですが、その土地は1.5m位高台なので道路側が崖状になってます。物件の東西南側は問題ないのですが道路付けしている北側11m程に擁壁が必要です。隣家はやはりコンクリート擁壁になっているので同じようにしたいのですが、コストが分かりません、有る業者に聞くところ200万円位という話なのですが、相場と言うものがどれくらいなのか分からないのでそのあたりの相場など詳しい方教えていただけないでしょうか?お願いします。ちなみに、住宅を建てる場合と、立てない場合の簡単な土留め的な場合の違いなども教えていただけると助かります。

  • 敷地境界の目の前に擁壁

    自宅(戸建)の隣は畑だったのですが、地主が土地を売却し戸建の宅地造成が始まりました。 畑のころは土がうちのGLより1mくらい高く盛ってあり、敷地境界より50cm位向こうに鉄パイプと鉄板で高さ50cmくらいの簡単な土留めがしてあり、そこから傾斜で土が盛られていました。 最近宅地造成工事で、うちとの敷地境界のすぐ向こうに高さ1.6mくらいの鉄筋が立てられたので、事業主に何の鉄筋か問い合わせたところ、今回宅地造成をするため土留めを撤去し、擁壁を造るそうです。敷地境界から数cm向こうに、うちのGLから1.6mくらいの高さの擁壁をつくり、更にその上に家を建築するとのことです。 このような話は、今回こちらから問い合わせて初めて聞きました。 (1)民法上敷地境界から50cm以内の建築は隣家に承諾を得る必要があるそうですが、擁壁造成は適用されるのでしょうか。 (2)この擁壁ができると防犯上及び景観上支障があり困っています。どう対処したらよろしいでしょうか。 ご教授のほどよろしくお願いいたします。

  • 擁壁と基礎があ!

    教えてください。 今、建築中の建物の基礎と、敷地のGL?から1mぐらいの高さのある私道の擁壁がくっ付いてます! すでにベタ基礎のベース部分はコンクリが打説されていますが、 その、くっ付いているところだけ鉄製の型枠がなく(その他の部分はグルリと囲われています)、私道の擁壁が、型枠の外側の代わりになった形です。  このまま立ち上がりのコンクリートが打説されたら、この家は擁壁と家の基礎が一体化してしまいます。 こんなことってありえますか?? 擁壁に対して、基礎が(家の角にあたる部分)斜めの角度で 突き刺さっているというか、接触してますおよそ、20cmぐらい。 この状態で、もし地震が起きたらどうなるのでしょう?  擁壁に支えられて、強くなるのか(それならいいのですが)? それとも、擁壁と基礎が互いに違う動きをして、ぶつかり合ったりして、亀裂が入ったりしてしまうのか?   ちなみに擁壁は、基礎のベースが打説されるよりも3、4ヶ月ぐらい前にセットバックした時に、作られたようです。

  • 擁壁の作りなおし

    現在住んでいます家の南側に高さ1.8m長さ20mの擁壁があります。 家はその上に建っています。擁壁の一番下の部分から8~10センチ先までは当方の土地ですが、その先は隣人の持ち物になります(道路ではありません)擁壁上部から家まで一番狭いところで1.6mほどです。 現在の擁壁は大谷石で出来ており、かなり風化していますので、作りなおしを検討しています。 既存の建物を残したまま、RC構造の擁壁は無理だと思われますが、間知ブロックは可能でしょうか?また他に良い方法はありますでしょうか?作りなおしor補修工事、また予算など教えて頂けたら助かります。