-PR-
解決済み

『遺体』と『死体』の言葉の使い分け

  • 暇なときにでも
  • 質問No.39920
  • 閲覧数301
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 82% (205/248)

『遺体』と『死体』の使われ方の違いについて教えて下さい。

ニュースなどでは『死体』とは殆ど使われていないですよね。

やっぱり『人の時には使わない』とかなのでしょうか?
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 31% (14/45)

身近に警察の人がいるんで、その人に聞いてみたところ、人間の「死体」は証拠物件として扱い、検死にかけるそうです。この段階では、「死体」は物なのだそうです。このとき、刑事たちはその「死体」にはまだ人間の「遺体」として接しないため、手を合わさないんだそうです。よく刑事ドラマなんかで、「死体」を見つけてすぐに刑事が手を合わすシーンがありますが、あんな事はまず無いそうです。
そして、検死の結果その「死体」が人間のものだとわかったときに、初めて「遺体」として扱われ、現場の刑事たちはそのときに初めて「遺体」に手を合わすそうです。
聞き書きなんで、自分もよくわかりませんが、参考にしてください。
お礼コメント
clown

お礼率 82% (205/248)

ほえ~、なーんかリアルですねぇ。

『遺体』は人間に対して使うというのは大体意見が揃うところでしたが、
その過程が、これまたクールというか、冷静というか・・・

a24さん、どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-08-09 22:39:42
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1

参考URLによると 遺体:身元がはっきりしている時に使用 死体:身元がわからない時に使用 とありました。 ...続きを読む
参考URLによると
遺体:身元がはっきりしている時に使用
死体:身元がわからない時に使用
とありました。
お礼コメント
clown

お礼率 82% (205/248)

そうなんですか。
けっこうはっきりとした違いなんですね。

しかし、このサイトは為になります。
この機にしっかり言葉について勉強しよーっと。

neiさん、どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-02-14 22:00:13
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 24% (612/2465)

広辞苑によると 遺体  (「父母ののこした身体」の意から) 自分の身体。 死体  死んだ人や動物のからだ。死者の肉体。死骸。 ...続きを読む
広辞苑によると
遺体
 (「父母ののこした身体」の意から) 自分の身体。
死体
 死んだ人や動物のからだ。死者の肉体。死骸。
お礼コメント
clown

お礼率 82% (205/248)

そうですね、辞書的な説明も参考になりますね。

でも、なんかこう一般的に使用されているニュアンスも
知りたいなーって思ったもので、、、

madmanさん、どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-03-02 18:11:48
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 29% (40/136)

すごく前のテレビ番組で、「遺体と死体、女性の場合はどちらを使う?」 というクイズがありました。答えは女性だったのですが・・・・・・なんか意味分かりませんよね。  回答と関係なくてすみません。 ...続きを読む
すごく前のテレビ番組で、「遺体と死体、女性の場合はどちらを使う?」
というクイズがありました。答えは女性だったのですが・・・・・・なんか意味分かりませんよね。
 回答と関係なくてすみません。
お礼コメント
clown

お礼率 82% (205/248)

う~ん・・・
難しいですね。(^^;)

どうなんでしょう???

確かに謎ですが、tudukiさん、どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-07-14 01:38:48
  • 回答No.5
レベル9

ベストアンサー率 36% (39/107)

 広辞苑を参考にしてます。  遺体は「人の」なきがら、つまり人の場合にしか使わない。いくら愛犬であっても「犬の遺体」とは言わない。  もう一つは、おそらく気持ちの問題。「死」は生物学的な「死」生命維持のための気候が働かなくなった状態をいう語。それに対して「遺」は「のこる」「のこす」と読むことから、「遺体」は「のこされた体」、つまり、「魂」が昇天し「肉体だけが残った状態。人の死を「死」ととらえるのではな ...続きを読む
 広辞苑を参考にしてます。
 遺体は「人の」なきがら、つまり人の場合にしか使わない。いくら愛犬であっても「犬の遺体」とは言わない。
 もう一つは、おそらく気持ちの問題。「死」は生物学的な「死」生命維持のための気候が働かなくなった状態をいう語。それに対して「遺」は「のこる」「のこす」と読むことから、「遺体」は「のこされた体」、つまり、「魂」が昇天し「肉体だけが残った状態。人の死を「死」ととらえるのではなく「魂」の抜けた肉体で、魂は天国でまだ生きているということ。これはおそらく日本人の死生観に基づくものではないでしょうか。
 このようなことだと思うのですが、いかがでしょうか?
お礼コメント
clown

お礼率 82% (205/248)

そうですね、『人かそうでないか&魂という概念』って言われると実際的には
そんな感じですね。

『死体』というのはなんだか冷たい感じがしますし。

gonta-11さん、どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-08-09 22:36:02
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ