• ベストアンサー
  • 困ってます

未払い金と法人税の相殺ができない?

教えてください。合資会社を経営していて、経理も自分でやっていますが、簿記は資格など持っておらず「弥生会計」というソフトで何とかやっている感じです。 それで、困っているのが法人税の扱いなのですが、外部のライターさんに報酬を支払う際に、源泉徴収として 10%を差し引いています。そして「預かり金」として帳簿に記載しています。 同時に、税務署からもらった払い込み用紙にその金額を書き込んで郵便局に納めています。 で、そちらは「法人税等」として帳簿に記載しました。 しかし、月次決算を作ると預かり金がそのまま流動負債として残ってしまい、相殺できていないのです。 仕分けの仕方が間違えているようなのですが、どうしたらいいんでしょうか・・ 恐れ入りますが、教えていただければ幸いです

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数274
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

私は「弥生会計」ソフトを知らないので、そのシステムでの回答はできませんが、通常の仕訳の考え方でお答えします。 ライターさんへの支払で源泉徴収した10%の処理はその通りでいいと思いますが、税務署に納付した源泉税は会社が負担すべき法人税ではありませんから、「法人税等」の記帳は間違いです。 報酬を支払った時の仕訳は、 経費(一般管理費など)100/現・預金90 ................./預り金10 となっているはずです。 源泉税を納付するというのは、一旦預かったものを、ライターに代わって納めるということですから、 預り金/現・預金 となり、この仕訳で先に計上した「預り金」が消しこまれます。 もっともこれは正しい仕訳の説明ですので、そのソフトの仕様が、この場合の処理で納付した時には「法人税等」に入力するようになっているのであれば、上記のような仕訳が改めて自動的に起こされるはずです。 そうならなかったということは、納付した時の入力を上記のような正しい仕訳でしないといけないのいかも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございました。 まさしくその通りでした。仕分けって難しいです。ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 弥生会計での未払法人税について

    はじめまして。 私、弥生会計(ソフト)を使って経理をしたばかりの者なんですが、今季、収めた法人税等を入力しても、前期決算時の未払法人税等(振替伝票をつかった)が、今期の決算書を出すとどうしても、流動負債の未払法人税等という項目の金額が消えません。なぜ、相殺されないのかいろいろ試しているのですが解りません。どなたか入力(仕訳)の仕方を教えていただけないでしょうか? 大変恐縮なのですが、どうかご教授お願いいたします。

  • 法人税等の会計上の設定について

    損益計算書の税引前当期純利益の下に計上する「法人税、住民税及び事業税」と流動負債に計上する「未払法人税等」の金額設定について質問します。 「法人税、住民税及び事業税」は申告書に記載されるそれぞれの税額の合計額を計上するはずですが、うちの会社では申告書計上額の合計額に対して百万円単位で切り上げた金額で法人税等の引当をするそうです。 具体的に申告書に記載される税額の合計額が123,456,700円の場合は124,000,000円を引き当てるといった具合です。 このように1円単位でなく、百万円単位で法人税等の引当をすることは認められるのでしょうか。それと、切り上げて計上する場合、流動負債の「未払法人税等」の残高が残ってしまう可能性がありますが、この場合、残高は残ったままでもいいのでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 法人税の計算につきまして

    最近、経理の勉強を始めて四苦八苦しているものです。実務には携わっておりません。 Q1. 法人所得を求めるにあたって、損金不算入項目に法人税・住民税等とありますが、 これは前期確定・当期支払となった法人税・住民税等のことなのでしょうか? Q2.B/Sの流動負債欄に未払法人税等がありますが、これは当期の法人税を計上することでよろしいでしょうか? Q3.計算順序は、 P/L・税引前当期利益→法人税計算(別表1・4・7)→B/S・未払法人税等への計上でよろしいのでしょうか? なんか、やってて頭ん中がモチャモチャしてきてます 誤りがあれば訂正もいただきたくよろしくお願いいたします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • sou99
  • ベストアンサー率60% (25/41)

弥生会計を以前に使用していました。 #1の回答の仕訳で行えば処理ができます。 源泉所得が関係するのは 会社が財産として保有している株式などの配当金の処理の時です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。以前ということは、今は弥生会計を使っていないのでしょうか? なんだか、会計ソフトも色々あって弥生会計でよいのかどうか迷っています。 アドバイスありがとうございました!

  • 回答No.2

源泉徴収は源泉所得税と言って法人税ではありません。通常は「源泉所得税預り金」などの負債科目として設定・使用し、他の預り金と区分して科目を設定し使用するのが通常です。故に支払い時、翌月10日に税金納付の時の仕訳は   支払報酬 100 現   金 90   源泉預り金 10 現金 10           源泉預り金 10  これで預かり金は消えます。法人税等の科目は、法人税や法人県市民税の納税の時に使う科目で、会計上は費用の科目です。やはり、簿記の基本だけでも勉強をするとよろしいと思います。実務もやられているのですから早く習得できるとおもいますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。簿記もきちんと勉強したいと思っているのですが、まだまだ会社自体立ち上げたばかりで、勉強することだらけです。(T^T 少しずつ勉強させていただきます! ありがとうございました!

関連するQ&A

  • NPOの未払法人税の仕訳

    NPOの決算処理をはじめて担当する初心者ですが、未払法人税の計上方法が分からず、困っています。 当方のNPOでは税法上の収益事業を行っており、法人税等が発生します。当期分の法人税等を未払法人税として負債に計上したいのですが、その際に相手方の勘定科目は何を使用して仕訳を行うのがよいのでしょうか。一般企業の場合ですと 法人税住民税及び事業税(税引前当期純利益の前)●●円/未払法人税(流動負債)●●円 となるかと思いますが、借方の法人税住民税及び事業税に当たる勘定科目が分かりません。 なお、会計ソフトは「会計王NPO Limited」を使用しているので、このソフトを使用を前提として、ご回答をいただけると大変助かります。 よろしくお願いいたします。

  • 法人税の仕訳について

    基本的なことですが教えてください。 会社で当期末の決算で多少なりとも利益がでたとします。 利益が出るので、当然ながら法人税なども納税することになると思いますが、実際に法人税の支払いは決算後から2ヶ月以内となるので、それまでは「未払い法人税」で仕訳をしておくという話を聞きました。 決算になると帳簿を締め切り、翌期へ繰越しますが(弥生会計ソフトなどで「繰越処理」を行う)、「未払い法人税」の仕訳は繰越後に行うのでしょうか? 基本的なことですみませんが、教えてください。 よろしくお願いします。

  • 未払法人税について

    私は銀行員をやっております。 会社の決算書でわからないことがあったので、税理士に確認してみました。ちなみに平成20年11月期がら新しい税理士になっております。 今期から流動資産に仮払法人税等という勘定科目で9,542,900円計上されておりました。不明であったため、質問いたしました。すると「過去に未払法人税等を計上していなかったため、過去の分も含めて未払法人税に計上するとマイナス計上となってしまうため、流動資産に計上しました。特別利益等で計上すると益金になってしまい、税金がかかってしまうため、今後は未払法人税等で計上した分と相殺していくつもりです。」との回答がありました。要は仮払法人税等には資産性があるということです。こういうことはあるのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 決算書作成の際、未払法人税は計上しなければダメ?

    決算書を作成する際、未払法人税は計上しなくてはいけないのでしょうか? 22年度の決算書を作成しています。 法人税等を計算したところ合計で40万程度となりました。 これを未払法人税として22年度分に計上をすると 負債の部が増え、 資産-負債-資本金をするとマイナスになってしまいます。 (未払法人税を計上しなければぎりぎりプラスです) 利益余剰金がマイナスになると赤字というふうにきいているのですが 上記のような場合、赤字を回避するにはどうしたらいいでしょうか? ■未払法人税は必ず仕分けしなくてはいけないのか ■未払法人税を計上した上で、利益余剰金がマイナスになってしまったら 赤字なのか ご教授いただければ幸いです。

  • 法人税の還付と別表処理

    法人税の還付の別表処理について知りたいのですが、 (1)法人税等は期末に納税充当金を計上 (2)2ヶ月後に見込納付(充当金取り崩し) (3)その1ヶ月後に確定申告及び納付をしています。 この法人税に関して、 I.見込納付が充当金よりも減少した為、余った充当金は法人税(租税公課)と相殺して消去しました。 II.1ヶ月の確定申告をした所、見込納付が更に還付となったため、還付金は法人税(租税公課)を減少させました。 この場合において、別表5-1及び5-2に記載されている充当金を、どのように0にしたら良いのか、及び還付金は別表4において「過誤納に係る還付金」で減算すればよいのか、ということについて教えてください。

  • 弥生会計での「未収還付法人税等」の作成

    弥生会計11を使っております。 合同会社を経営しており、初めての決算です。 未収還付法人税についてよくわからないので教えていただけますでしょうか。 弥生会計には未収還付法人税等の勘定科目がデフォルトでは入っておりませんので 自分で作成する必要があるのですが、 その時の科目は「その他流動資産」でいいかとおもうのですが、 決算書項目は何にしたらいいでしょう? 適当に預け金あたりでいいのでしょうか?

  • 損益計算書での法人税の記載額について

    損益計算書末尾での法人税等の記載額について教えて下さい。 少し長くなりますが、具体的な例を挙げて説明してみます。 簡略化のため、次の条件を設定します。 ------------------------------------------------- ・会計上の利益=課税所得 ・法人税のみ考える(都道府県税等はなし) ・法人税率=50% ■第一期(事業開始年度) P/L税引前当期利益=500 法人税=250 ■第二期(事業開始2年目) P/L税引前当期利益=600 法人税=350 --------------------------------------------------- 上記のような状況で、各期のP/L末尾の記載は次の(1)(2)のうち、どちらが正しいのでしょうか? (1)のケース ^^^^^^^^^^^^ ・第一期 P/L 税引前当期利益 500 法人税     250 当期純利益   250 当期未処分利益 250 B/S負債の部に「未払法人税」250計上 ・第二期 期中に第一期の法人税を納付、未払法人税a/c残高はゼロになる。 P/L 税引前当期利益 600 法人税     300 当期純利益   300 前期繰越利益  250 税引前当期利益 550 B/S負債の部に「未払法人税」300計上 このケースでは、P/L末尾に計上される法人税には当期に発生した税額を記載する。すなわち、決算手続でP/L税引前利益を計算し、次に税額を計算、再度P/Lに戻って確定した税額を末尾に計上して決算が完了する。 ■結論 P/L法人税に計上する金額は当期に「発生した」税額である。 (2)のケース ^^^^^^^^^^^^ ・第一期 P/L 税引前当期利益 500 当期純利益   500 当期未処分利益 500 B/Sには法人税関連の勘定は計上されない。 ・第二期 P/L 税引前当期利益 600 法人税等 250 当期純利益 350 前期繰越利益 500 当期未処分利益 850 こちらの場合、P/L末尾にて計上する法人税は、当期に支払った法人税=前期分の金額を記載する。 つまり、税引前当期利益が確定した時点でP/Lは完成しており、第二期分の法人税は第三期のP/L末尾で法人税として記載される。 ■結論 P/L法人税に計上する金額は当期に「支払った」税額(=前年度分)である。 自分のイメージとしては(1)の方が正しいように思えるのですが、税理士試験の勉強をしている知人に尋ねてみたら(2)の方法を教えてもらいました。 決して疑っているわけではないのですが、何となく納得がいかないので他の方のご意見もお伺いしたく質問させて頂きます。 よろしくお願いします。

  • 合資会社設立から個人自営業へ変更手続き

    教えて下さい。合資会社で飲食店経営をしていますが、 思うように経営が悪く、黒字になっていません。 何とか当面やりくりできそうですが、合資会社から個人自営業に 変更することは可能ですか? 4月下旬に設立したばかりなんですが、年内中でしたら、申告とか 帳簿とか決算とかややこしいでしょうか? 法人税は、赤字でも支払わなくてはならないので、考えています。

  • 地方公営企業の貸借対照表上の企業債の取扱い

    地方公営企業年鑑で地方公営企業の貸借対象表を見ていると、地方債が流動負債と借入資本金に分けて記載されています。 流動負債の地方債と、借入資本金の地方債は、何が違うのか教えてください。

  • 未納法人税等と納税充当金の違いについて。税金税務

    お世話になっております。 標題の件について、おおしえいただきたく。 法人税の申告書を作った事がない初心者です。 税務上の、納税充当金(資本計上)は、会計上の未払い法人税(負債計上)と同じものと理解しております。 ただ、未納法人税の意味が全くわかりません。 説明をみても、実額の未払税金については未納法人税等(純資産から控除)と記載されております。 (1)そもそも「実額の未払い税金」とは何なのでしょうか? サイトで検索すると、納付期限の過ぎた税金等と記載されていますが、どういう意味か分りますでしょうか? (2)納税充当金と未納法人税は同じではないのでしょうか?(違うみたいですが、なにがどう違うのかわかりません。) また、私の頭の中では、同じものと思っているので、なぜ未納法人税等は純資産から控除されるのかが全くわかりません。 ぴんとはずれな質問で申し訳ございませんが、わかりやすく説明していただければありがたいです。 何卒、よろしくお願いいたします。