• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

法人税の仕訳について

基本的なことですが教えてください。 会社で当期末の決算で多少なりとも利益がでたとします。 利益が出るので、当然ながら法人税なども納税することになると思いますが、実際に法人税の支払いは決算後から2ヶ月以内となるので、それまでは「未払い法人税」で仕訳をしておくという話を聞きました。 決算になると帳簿を締め切り、翌期へ繰越しますが(弥生会計ソフトなどで「繰越処理」を行う)、「未払い法人税」の仕訳は繰越後に行うのでしょうか? 基本的なことですみませんが、教えてください。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数419
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • kaichoo
  • ベストアンサー率63% (272/431)

決算月を迎えて翌期のデータを作成するために繰越をする時点では未払法人税がいくらになるか把握するのは不可能ですので、申告月において確定した仕訳を当期のデータに入れて、残高のみを再移送することになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 そうですよね、繰越後ですよね。

関連するQ&A

  • 法人税の仕訳について教えて下さい。

    法人税の仕訳について教えて下さい。 小さな会社で、経理の仕事をすることになりました。 元々、社長自身が1人で確定申告までやっていました。 3月末決算で、現在3期目の決算報告書を作成しているところです。 色々と調べてみたのですが、法人税の仕訳を理解できないでいます。 他の質問欄で下記のような答えを見つけ、なるほどと思いました。 「決算で、確定納付額分を「未払法人税等」などで未払い処理をしていれば、 未払法人税等 ××× / 現金 ××× 未払処理をしていなければ 法人税等 ××× / 現金 ×××」 2期目の決算では、1期目で未払法人税等の未払い処理をしていないにも関わらず、 未払法人税等 ××× / 未払金 ××× (社長自身のお金で支払っているので、未払金処理となっていますが、後に未払金の支払いをしていますので、会社として法人税は納めています) という仕訳をしているので、未払法人税がマイナス金額で貸借対照表に表示されてしまう状態です。 3期目の決算(現在取り掛かっているものですが)では、2期目で未払法人税等の未払い処理をしていませんので、法人税 ×××/ 未払金 ××× で仕訳をすれば良いと思うのですが、どうしても2期目の決算で誤って仕訳している未払法人税等(マイナス表記)が繰越されてくるのです。 実際、法人税はきちんと納め終わっているのですが、決算報告上では仕訳が間違っている状態です。 どのように処理するのが正しいのでしょうか? また、この他にも気になる仕訳(過去の決算のもの)を発見してしまい、どうしても決算報告書に繰越として金額が上がってきてしまいます。 もちろん、誤った仕訳をしないことが1番ですが、社長自身も勉強しながら手探り状態であったため、気になってはいたんだけど...というような状態です。 私自身も経理の経験がなく、どのような処理が正しいのかわかりません。 教えていただけるとありがたいです。 長文の質問で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

  • 納税充当金/未払法人税の仕訳

    初歩的な質問で恐縮ですが、決算で納税充当金/未払法人税の仕訳を計上しない申告の仕方はあるのでしょうか。 あるのであれば、別表五(一)の繰越損益金、利益積立金額は納税充当金の分だけ増えていくことになるのでしょうか。 どなたか教えてください。

  • 法人税を決算書に反映させますか?

    10月決算の株式会社の決算にあたり当期の法人税額をどのタイミングで決算書に織り込めばよいのかがよくわかりません。 次のように理解しましたが正しいでしょうか? 1.決算仕訳を入れる 2.試算表作成 3.税務申告書作成、法人税額算出 4.法人税額の仕訳(法人税/未払法人税)を入れる 5.決算書完成 6.税務申告 実は前任者は当期の法人税額を翌期に計上していたのです。どちらが正しいのでしょうか? よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)

繰越時に行います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。繰越後、、ですよね?

関連するQ&A

  • 未払い法人税について

    素人です。宜しくお願いいたします。 昨年の決算は赤字の為、法人税は発生しないと思いますが、 決算書仕訳に未払い法人税が計上されてます。 税務署からは消費税の還付等もあり、昨年未払いだった税金に関しては その還付より相殺されて、残金が振り込みありました。 もし、未払い法人税がある場合は一緒に相殺になっていると 思うのですが・・・。  昨年の決算書の別表5(二)に損金の額に算入した納税充当金に 未払い法人税と同額が記載されてます。 このままだと未払い法人税がそのまま残ってしまいますが 今期にしなければいけない仕訳はありますか?

  • 法人税▲

    税前利益:▲100 法人税:▲40(税率:40%) ーーーーーーーーーーーーーー 税後利益:▲60 となった場合、B/S上の変化は 未払法人税40減 利益剰余金60減 となるのでしょうか? また、例えば未払法人税がなく、過去法人税を支払っている場合、過去の税前利益と当期の損失を合算することで、上記40分の還付を受ける事などできるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 決算時の法人税仕訳

    決算処理時に未払法人税として仕訳計上したいと思っています。 前期9月決算で法人税を今期の11月に支払い、そのまま今期11月で法人税が計上されています。 今期分の法人税を9月に未払法人税として計上しても良いのでしょうか? わかりづらくてすみません。 簡単に説明すると今期の法人税科目に「前期分の法人税」と「今期分の未払法人税」を計上し決算を行って良いものかという事です。 当然、当期純損益額が変わってきます。

  • 法人税の計算はどうやるんでしょう?

    今後経理の仕事をやるので、知っておきたいと思い質問させていただきます。 決算で法人税を計算すると思いますが、どのようにして計算をするのでしょうか?一般的な計算式などが存在するのでしょうか?(会社の資本金とか規模によって異なると思いますが) 決算後に税務署から送付されてくる書類を書くときに法人税額を計算すると思いますが、そのときの計算と違うのでしょうか? 例えば決算時の仕訳は、 法人税 1,000,000  未払法人税等 1,000,000 としました。 このあと翌期になり、税務署から申告書類が送られてくるとそこで 法人税を計算して納税をすると思うのですが、 このときの法人税額(つまり申告書に記載したもの)と決算時に未払法人税が同じはずだと思うのですが、もし違ってたら修正が必要ですよね。 質問内容は、 1.決算時に「未払法人税等」として法人税を計算し計上しますが、計算方法はどこかで公開されているのか? 2.決算後、税務署から書類が送られてきて、そこで法人税額等を計算し申告すると思うのですが、この計算は1.と同じでしょうか? 3.1と2で計算結果が違う場合、仕訳の修正が必要でしょうか? わかりづらい質問かと思いますがよろしくお願いします。

  • 法人税

    法人税の問題で下記のようなものが出題されました。本をみて調べてはいるのですが、よく 分かりません。宜しくお願いします。 A社(資本金1000万円、当期純利益12,907,000円)の税額計算。  前期に未払計上した法人税の納付額   4,822,000円  前期に未払計上した住民税の納付額     463,640円  前期に未払計上した事業税の納付額     500,000円  当期に中間納付した法人税(予定納税分)2,530,000円  当期に中間納付した住民税(予定納税分)  438,000円  当期に中間納付した事業税(予定納税分)  475,000円  源泉所得税の期限後納付にかかる延滞税    50,000円 上記の時の 1.損金の額に算入した法人税 2.損金の額に算入した住民税 3.損金の額に算入した納税充当金 4.損金の額に算入した附帯税 5.納税充当金から支出した事業税

  • 未払法人税の仕訳について困っています

    前年度の決算時に未払法人税が計上されています。その未払法人税を5月に納付しました。この場合、今期の決算時の仕訳がよく理解できません。 前年度3/31   法人税等/未払法人税 今年度5/30   未払法人税/預金 だと思うのですが、今期最初の仕訳は? 残高試算表に転記すると上手く相殺できなくて困っています。 一人事務の上、税理士さんもいなく経理の実務経験もなく、質問内容も的確にできているのか自信がありませんが、よろしくお願いいたします。

  • 法人税

    今年法人税の申告書を書く事になったんですが、 どこから始めていいものなのかわからず、多少重複する内容もあるのですがお返事頂けると幸いです。 私の会社では決算に伴い1次締め・2次締め・最終締め と3段階にわけて損益計算書を作成します。 2次締めは1次締めの漏れ分の追加後の損益計算書です。最終締めの損益計算書に法人税等は載ります。 別表四の当期利益が税抜後当期利益であり、損金に算入した納税充当金を記入することで税引後当期利益になるという事も皆さんからの質問・回答で理解したんですが、私の会社の場合で考えると税抜前当期利益 は2次締め後の損益計算書の当期利益で考えていいもの なんでしょうか?税引の税は法人税・住民税・事業税の事だと思うのですが、2次締め後当期利益(税込) から差引くものは決算計上税額だけでいいのでしょうか?前回の申告書と決算書を照らし合わせても単純に税額を差引いたのでは数字が合いません。。また別表四の書き方はどこから数字を入れていけばいいのでしょうか?いきなり当期利益(税抜)の金額は通常わかるものなんでしょうか?法人税を決算計上するにあたり別表を使い法人税を計算する流れもいまいちつかめません。。お返事お待ちしております。

  • 法人税申告の問題

    弥生会計ソフトを使って会社決算書を作ったけど、法人税の申告はすごい大変そうだ。そして法人税の申告だけを税理士に頼むかなと考えいる。そこで、私は何を税理士に渡すのかな? 決算書はもちろん、ほうかの何が必要でしょうか?お願いします。

  • 法人税の計算の仕方を教えてください。

    現在 第2期の確定申告書を作成しています。 昨年、第1期の申告をした際、未払法人税等の仕訳をしていません。 税引前当期純損益=当期純損益 で決算書を作成してしまいました。 ・第2期に支払った、第1期分の法人税についての仕訳は   法人税、住民税及び事業税 60000 / 現金 60000 としました。 ・第2期の法人税についてですが、税額が○○○だとして   法人税、住民税及び事業税 ○○○ / 未払法人税等 ○○○ とすると、 PL上は、法人税等 60000+○○○ と2期分の税額が引かれることになります。 この税額○○○の計算をどのようにしたら良いのかわかりません・・・。 決算が先なのに、確定した税額を決算書に書き入れる、申告書は税引後の当期純損益の記入から始まる、という、理解しにくい仕組みなので、どこから計算を始めていいのか困っています。前期の税額も入っているので、よけいに混乱しています。 あちこちのサイトを調べてまわりましたが、どうも理解できなくて・・・。 法人税の計算の順序というか、手順を、わかりやすくご説明いただけませんか?よろしくお願いいたします。

  • 未払法人税について

    税額の処理の仕方についてどなたか教えて下さい。 通年は未払法人税を計上するのですが、平成17年度の決算で税理士が未払法人税を 計上していませんでした。 ので、当期利益と課税所得金額はほぼ同額の5,700万円です。 17年度の税額は約2,000万円です。 通年であれば納税充当金の取り崩しの処理で損益には影響はありませんが、 18年度には税金を租税公課で処理し、決算で別表四に加算しています。 18年の利益は800万円。 別表四の加算2,000万。 18年の納税充当金1500万。決算で法人税等/未払法人税の計上あります。 18年の課税所得金額が4,300万円になっています。 税金約1,500万円→これは未払税金の取り崩しです。 17年の税金2,000万が18年で加算され税金に対して課税されているような感じを受けます。 税理士に話しを聞きましたが、納得がいかなかったので どなたかわかりやすく教えて頂けませんか? 宜しくお願いいたします。