• 締切済み
  • すぐに回答を!

株式会社を新設したい。

近々株式会社を立ち上げると言う友人から、相談を持ちかけられ 答えに困っています。 質問の内容は、株式会社を設立した後に 必要になってくると予想される経費と、 株式会社へ法人成した事による、新設後必要だと予想される追加業務 について、思いつく限りで助かりますので、ご教授下さいませ。 具体的には、今自営業をしていて 3人の少数で事業をしています 資本金は300万円を予定 設立時、取締役は代表取締役と取締役の二人 以下は今のところ、普通職員です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数74
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.3
  • anji55
  • ベストアンサー率59% (25/42)

法人成りですとやはりまず、税理士が必要になるかと思います。税理士の報酬は当然事務所によって違いますが、年間トータル50~70万円程度が相場かと思います(売り上げでも違いますが・・・) 社員3人ですと、当面社会保険労務士との顧問契約は不要でしょう。もちろん、仕事が忙しくて手続する時間が取れないのであれば別ですが。社会保険労務士の顧問料は社員3人だと1~2万円/月といったところでしょうか。助成金の相談や単発手続等の必要が生じたらスポットで依頼する方が年間トータルで見たら安上がりかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

anji55さん 回答ありがとうございます。 お礼半日遅れですいません(._.) 参考になりました、本当にありがとうございます。 顧問料ってトータルするとこんなに高いんですね。。。 経理は、自分で仕分けして会計ソフトで P/L、B/Sを作成し 勘定科目明細書と入力済みの領収書と共に、年一で一括して 税理士へ提出して頼むそうなので経理上の費用は、 目先の数年、年額8万~11万位になりそうです。 それと本業へかけられる時間も仕分けの仕事で、削られるので お金に換算して、不可視費用を明確にするとも大切なんだなって話を昨日していました。

  • 回答No.2
  • shippo
  • ベストアンサー率38% (1216/3175)

お礼ありがとうございます。 株式会社といっても個人事業から法人になる状況で、事業を拡大するのでなければ大きな出費は伴わないような気がします。 もちろん、今まで個人と仕事でなぁなぁにしていた部分が、法人として別格の扱いになるため、きちんとした管理などが必要になりますがね。 税理士などにお願いする部分も、今まで青色などをしていたのであれば、多少の手間は増えるかもしれませんが、税理士によっては気軽に面倒を見てくれるかもしれませんよ。 弁護士は特に必要ないと思いますが、社会保険労務士などは就業規則作成から労務全般に渡りお世話になる部分が多くなるかもしれないですね。 助成金などがもらえる場合もありますので、知らないで助成金がもらえないよりも、専門家にお金を払ってお得な情報をもらった方がいい場合もあります。 金額に関しては報酬が一律料金ではないため、また、事業規模や経営場所などによっても変動があるかもしれませんので、知り合いか、知り合いがいなければ登記をお願いする時の司法書士に紹介してもらうなどして聞いてみるといいかと思いますよ。 的確な回答ではないですが、ご了承ください。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再び回答ありがとうございます。 shippoさんは、自分の気付かなかった点も 回答に上げて下さったので、とても参考になりました。 この件での、社会保険労働士の事すっかり忘れてました。 助成金のことも、、、 友人には、詳しい法律上の必要経費などは、 各専門家に問い合わるように伝えます。

  • 回答No.1
  • shippo
  • ベストアンサー率38% (1216/3175)

株式会社といっても業種がいろいろありますので、何が必要なものかは仕事をする内容によってかわります。 このため、漠然と増える経費といわれても答えようがないと思いますよ。 単純に名刺の印刷代とか看板代、登記費用などはありますがね。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

shippoさん お忙しい中の回答有難うございます。 そうですよね、情報不足ですいません。 ちなみに事業内容は、ブライダルのムービー作成当、とWebデベロッパーの二つの連結運営と言ったごくごく単純な物です。 要点は法人を新設してその登記手続きの司法書士への報酬を精算した後の、 近い将来の費用に付いてです。 さらに詳しく言うと、 事業内容異なる経費は置いといて、ある程度 どの業種にでも発生する 個人では作成の困難な書類(税務関係、会社法関係、証券関係、経理) などの作成、会計士はまだ小規模なので関係ないとして、司法書士、弁護士、税理士、などに支払う報酬など、今までの個人事業には無い、法人としての共通する出費の内容に付いてなんです。 論点が広大なのでどうしても、漠然としてしまいますが、 もし何か一つでも思い当たる物が有ればで助かりますので、 どうか宜しくお願いします。

関連するQ&A

  • 株式会社について

    長くなり兼ねないため、背景、経緯は割愛させて頂きますこと、予めご理解下さい。 さて、知人が株式会社を運営しております。 私の知る限りでは、現在の会社法では資本金1円から株式会社が作れると理解してます。 知人の会社は発行可能株式数が200株、現在発行株式数が10株、1株5万円で資本金?50万で起業した形になってます。設立は2005年と伺ってます。 そこで、疑問となるのが、 1)2012年、7期目の現在も資本金というのかわかりませんが、50万円のまま。以前、1円で株式会社作っても、何年以内に1000万?にしないといけないというようなルールがある話しを聞いたことがあります。7期目にして設立当初のままで問題ないものでしょうか?これは合法?違法でしょうか? 2)さらに、設立とほぼ同時期に、第三者(以下、Aさん)に発行株式を全て譲渡しているようです。設立時は本人(現在の代表取締役)100%であったが、ある時点からはAさんに譲渡しAさんが100%株式を保有している状況ですが、代表取締役は現在も設立時も変わっていない状況です。 昨年取得した、登記簿謄本を見ても、Aさんは出てきませんし、このAさんと代表取締役の人との関係は雇われ社長みたいな位置付けになるのでしょうか?Aさんの位置付けもよくわからない状況です。 3)この会社の内容としては、地主が税金対策に法人化し資産を管理しているような会社ではあるのですが、営利目的の一般的な企業とことなるも、株式会社には変わりないのですが、そういった資産管理の目的であれば、何か特殊な優遇施策のようなものが法的に存在しているものでしょうか?

  • 株式会社に組織変更したいのですが…

    株式会社に組織変更したいのですが… 私は、約10年前に有限会社(資本金300万円、取締役は私1人)を設立し細々とやってきましたが、数年前から「有限会社」というものがなくなり、全て株式会社になった、と聞きました。そこで、株式会社に組織変更し、再出発しようと思うのですが、どのような手続きが必要でしょうか? 特に気なるのは、 1. 取締役1名のままで大丈夫でしょうか? 2. 資本金は300万円のままで大丈夫でしょうか? 取締役会の開催、定款の変更、議事録作製などは問題ありません。 初歩的な質問で申し訳ありませんが、アドバイスをお願いします。

  • 株式会社設立について

    株式会社を設立したいと考えています。 設立について2点質問がございます。 1.資本金を出資する際、どのような手続きが必要なのでしょうか? (銀行に設立する会社名義で普通口座を作って払い込みするのでしょうか?それとも、代表取締役となる者の名義で普通口座を作って、そこに払い込みするのでしょうか?) 2.会社が使う「実印」「銀行印」「代表取締役印」はどの時点で作れば良いのでしょうか?(必要となる印鑑はこの3点で良いのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 株式会社設立に関して

    株式会社を設立する予定ですが、設立時の資本金額が大きいほうが良いという前提で下記のことが気になります。 1)登記に必要な費用(24万~30万)は、資本金に含めないのでしょうか? 2)今まで、企業準備として車、PC、事務所賃貸などに使った費用は資本金として成り立つのでしょうか? 3)自分の家族または親族などに(経済的に独立している)に取締役としていくらか出資してもらって、資本金を増やすことができるのでしょうか?この場合、出資してくれた方と自分(代表取締役)との間には、どのような利害関係が生じて、また、どのような責任が双方に生じるのでしょうか? 4)設立時の資本金は、その後直ぐに出資者へ返却することはできるのでしょうか? 5)基本的な質問ですが、出資=株主ということなのでしょうか? 以上、無知なので質問内容におかしなところがあるかも知れませんが、どなたかご教授よろしくお願いします。

  • 株式会社の設立

    現在、株式会社を設立するには、1,000万円の資本金が必要ですが、 「期間5年以内で、資本金が1円でも株式会社を設立できる」ように 商法が改正されるとの記事を以前新聞で読んだことがあります。 この商法改正は、いつ行われるのかご存知の方教えてください。

  • 株式会社への商号変更

    似たような質問ですみません 新会社法を機会に有限会社から株式会社へ組織変更しようと考えています ”商号変更だけでお手軽”と聞きますが本当に”お手軽”なのでしょうか?商号変更の定款変更決議後、解散、株式会社の設立登記と言う一連の作業範囲で下記は可能ですか? 質問1 ○○有限会社→株式会社△△△ は可能ですか? 質問2 役員、代表取締役の変更は可能ですか? 質問3 資本金の変更は可能ですか 資本金は旧代表へ戻し、新代表が新たに出資する形を取りたい 以上教えて下さい PS.有限会社を解散して、全く新たな株式会社を設立した方がお得ですかね?

  • 有限会社を株式会社にしたいと考えています。

    有限会社を株式会社にしたいと考えておりますが、役員が数人必要みたいですが、最低何人で構成される必要がありますか?今は妻が代表取締役で私が取締役です。現在資本金800万円を1000万円に増資します。よろしくお願いします。

  • 株式会社と有限会社の違い

    就職活動をしている者です。 その際に会社を選ぶ基準として株式会社と有限会社の違いを教えて欲しいです。 ・最低資本金 300万円 1,000万円 ・取締役 1人以上 3人以上 ・監査役 おかなくてもよい 1人以上 ・代表取締役 おかなくてもよい 1人以上 などは調べましたが、よくわかりません。 ただ僕の漠然としたイメージでは、有限会社の方が個人経営等で会社の規模が小さく、将来が不安なのでは(倒産)? 給与面も少ない(賞与、退職金なし等)? と思ったりもしていますがどうなのでしょうか。。。

  • 新設分割株式会社の登録免許税について

    商業登記法の勉強中です。 登録免許税の別表を自分なりにまとめたいと思い、 見やすくまとめられた別表をダウンロードできるサイトはないかと 探していました。 http://www.houko.com/00/01/S42/035.HTM#sh や http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7191.htm http://www009.upp.so-net.ne.jp/law/menkyozei.html には、新設分割株式会社の設立登記の登録免許税は、 1000分の1.5だとあります。 しかし手元のテキストでは、1000分の7となっています。 「会社分割自体によって、(中略)新設分割株式会社の  資本金額は減少せず、分割直前の資本金の額から分割直後の  資本金の額を控除した額は0円となるため、(中略)  新設分割による株式会社の設立の登記の登録免許税は  常に、(中略)新設分割設立株式会社の資本金の額に1000分の7を  乗じた額になる。1000分の1.5の税率を適用する余地はない」 という解説です。 上記したサイトの解説では、 「新設分割した会社の分割直前における資本金の額から分割直後の資本金の額を  控除した額として財務省令で定めるものを超える部分について1000分の7」 とのことです。 そもそも、分割で新しくできる会社の「分割前の資本金」という意味が よく分かっていないのですが、 なんだかテキストとサイトでは逆?のことを言っているような気がします。 超えない=0円で、常に1000分の7? 超えた分だけが1000分の7で、超えない部分は1000分の1.5? さっぱりわからず混乱しております。 どなたか、ぜひ御指南下さい。

  • 既存の株式会社の役員を減らすことについて

    おはようございます。資本金1000万、従業員4人の株式会社で現在、何故か幽霊取締役が6人います。この不景気の世の中、無駄な取締役を減らし代表取締役一人だけにしたいのですが、「会社法でそんなこと出来ないとか渋っています」本当に不可能でしょうか?障害があるとしたらどんな物が考えられますか?よろしくご教授ください。