• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ヘンリーの法則だと思います…。。

一般に水に対する気体の溶解度は、1atm(=1.013×10^5)のもとで水1cm3に溶解しうる気体の体積(cm3)を標準状態に換算した値で示され、20℃において1atmの空気が水1m3に溶解する質量はいくらか。 ただし、それぞれの気体の溶解はヘンリーの法則に従い、空気は窒素(分子量28)80%と酸素(分子量32)20%の混合気体とする。 という問題がわかりません…。。誰か解答お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数728
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • nious
  • ベストアンサー率60% (369/605)

#3です。 まず、1atmの空気に含まれる各気体の分圧は、 pO2=1*(20/100)=0.2atm、pN2=1*(80/100)=0.8atm にそれぞれなると思います。 標準状態で1molの気体は22.4Lの体積を占めますよね。 また1atmのO2は水1cm^3に対して標準状態に換算して0.031cm^3溶けるので 単位を合わせて比例計算から、 0.031*10^(-3)/22.4(mol)が溶ける事になります。 ヘンリー則より、0.2atmで溶ける質量は分圧と分子量を乗じて、 (0.2*0.031*10^(-3)*32)/22.4(g)となります。 最後に、1m^3=(100cm)^3=10^6(cm^3)だから、1m^3の場合に換算するため10^6を乗じて、 10^3*(0.2*0.031*32)/22.4(g) N2についてもこれと全く同様にして求めて、足しておしまい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やっと理解できました。 とても分かりやすい解説ありがとうございました。 また機会があればお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • nious
  • ベストアンサー率60% (369/605)

20℃、1atmの空気は、水1m^3=10^6cm^3 に対して、 10^3*(0.2*0.031*32+0.8*0.016*28)/22.4(g) 溶けると思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

答えはあってそうなんですが、もう少しわかりやすく解説してもらえないでしょうか?(0.2*0.031*32+0.8*0.016*28)の部分で何を出しているのかいまいち分からなくて…。。あとなぜ10^3をかけるのかもいまいち分かりません。すいません。

  • 回答No.2
noname#160321
noname#160321

この問題に与えられている条件だけでは,答えは求まりません。 気体の溶解度(gas)mL/(liquidH2O)mL 25℃1atm:N2:0.01470、O2:0.02850 出典は↓(以前炭酸カルシウムでひどい目にあったのであまり使いたくないが…) 標準状態の定義は25℃と0℃とあうるし、温度が上がると気体の溶解度は下がる。 それを無視して、 標準状態とは0℃だとすると、N2:0.01347、O2:0.02611mL/mL また25℃に戻して、N2:0.01445、O2:0.02802mL/mL このどれを質量になおしたらいいか分からないが、0℃のものだとして、N2:14.45mL/L 14.45/22400=6.45×10^-4(mol) 6.45×10^-4×28=18.1(mg/L) 分圧1/5atmなので3.61(mg) O2:26.11mL/L 26.11÷22400=1.17×10^-3(mol) 1.17×10^-3×32=37.3(mg/L) 分圧4/5atmなので29.8(4) (mg) でしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • akinee
  • ベストアンサー率50% (4/8)

こんにちは。まずヘンリーの法則を確認しておきたいと思います。 ヘンリーの法則は、 1、溶解した各成分気体の体積は、各気体の分圧下で量れば常に一定である。 2、一定量の溶媒に溶ける気体の物質量(質量)は、その気体の圧力、分圧に比例する。 という事です。この問題の場合、溶解する質量を問うているので2、を考えましょう。 しかし、この場合、比例関係の式は何よりも標準状態で水1リットルにどのくらいの体積を溶けるかが解っていないと、作る事ができません。なので、この問題自体情報量不足だと思われるのですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

すいません。 補足します。 …標準状態に換算した値で示され、の後に 「20℃における酸素、窒素の水への溶解度はそれぞれ0.031、0.016である」 が抜けていました。。

関連するQ&A

  • ヘンリーの法則について

    新高2です。教科書の予習をしています。初歩的な質問ですいません。 0°で2.0×10^5Paの窒素が水に接しているとき、水1.00L中に溶けている窒素の体積は、標準状態に換算すると何mLか。ただし窒素の溶解度は0.0231mL/水1mL(0°、1.0×10^5Paに換算)とする。 という問題で、解答は46.2mLとなっています。 溶解する気体の体積は圧力によらず一定なので、0.0231mL×1L/1mLで23.1mLではないのでしょうか?

  • 気体の溶解度

    次の問題の(2)を教えてください。(1)と(3)は大丈夫です。 標準状態(0℃、1.0×105Pa)で、水1.0Lに窒素は1.0×10-3mol、酸素は2.0×10-3molが溶解するとして、次の問いに答えなさい。 (1) 0℃で、水5.0Lに3.0×10-3molの窒素が溶解しているとき、この水に接している気体の窒素の圧力 は何Paか。 (2) 0℃で、水10.0Lに3.0×10-3molの窒素が溶解しているとき、水に溶解している窒素は何gか。 (3) 0℃で、水5.0Lに1.0×105Paの空気(体積比N2:O2=4:1の混合気体とする)が接しているとき、水に溶解している窒素の物質量は、水に溶解している酸素の物質量の何倍か。 私の解答は、3.0×10-3mol×28=8.4×10^-2(g)が溶けている量と考えたのですが、どうでしょうか。ヘンリーの法則をどこで使っていいのかがわかりません。

  • 気体の溶解

    20℃,1MPaのもとで,水1ℓに溶ける酸素と窒素の体積は,標準状態に換算して,それぞれ32ml,16mlであり空気は窒素と酸素が体積比で4:1の割合で混合した気体とし分子量をN2=28,O2=32とする。 この文の標準状態に換算してという意味がよくわからないのですが、 酸素の分圧が0.2MPaで20℃のときの溶解する気体の体積を0.2MPaの圧力下で測りその気体を0℃、1MPaの圧力下で測ると32mlであったということなんですか?それとも0℃、1MPaの酸素が溶解する体積を1MPaの圧力下で測ると32mlであったということなんですか?

  • ヘンリーの法則について…

    よくわからないので教えてください。 二酸化炭素は標準状態で水1Lに7.58*10^-2mol溶解する 空気中には1Lの空気(理想気体)に0.75mgの二酸化炭素が含まれている。 標準状態で空気に接している液体の水1Lに溶解している二酸化炭素の質量は? という問題なんですが、      7.58*10^-2 * 44 としたら間違いでした。なぜか知りませんが百分率をかけていました。 いったいどういうことですか? ヘンリーの法則もよくわからないのでわかれば教えてください。

  • わからないので教えてください(´・ω・`)

    I)27℃、1.01×10^5Paの気体を、体積を一定のまま、4.04×10^5Paにするためには、温度を何度にすればいか。 II)147gの純硫酸を水に溶かして500mLとした。この希硫酸の密度は1.2(g/立方cm)であった。次の濃度を答えよ。 (1)モル濃度 (2)質量モル濃度 III)空気を窒素と酸素が体積比で4:1で混合した気体と考えて、空気の見かけの分子量を計算せよ。 IV)0℃で水1Lに、1.01×10^5Paの窒素ガスは22mL溶ける。 0℃、6.06×10^5Paの窒素ガスで飽和した水20L溶けている窒素は何gになるか。 V)ある気体の2.0gは、57℃、1.2×10^5Paで960mLの体積を占めた。この気体の分子量を求めよ。 VI)温度を一定で、3.03×10^5Pa、6.0Lの気体は、容積を9.0Lにすると圧力は何Paか? VII)27℃3.03×10^6Paで750mLの気体を標準状態に保つと、何Lになるか。 VIII)0℃、3.03×10^6Paで空気が10Lの水と接する時、水に溶ける酸素と窒素の量を標準状態に換算した、 (1)体積、(2)および質量を求めよ。 ただし、空気は酸素と窒素の体積比が1:4の混合気体と仮定し、0℃1.01×10^5Paで水1Lに酸素は0.049L、 窒素は0.023L溶けるものとする。

  • ヘンリーの法則

    ヘンリーの法則についてなんですが、この法則って、 「温度が一定なら気体の溶ける量(モル数)はその気体の分圧に比例する」 ということだけですよね? 気体の溶解度は温度が低い方が大きいですけど、 このこととヘンリーの法則は関係あるのですか? 僕は無関係だと思ってましたが、 それもヘンリーの法則の一部だと言っている知り合いがいまして…どっちなんでしょうか?

  • 気体の体積をその圧力のもとでの体積で表すときは、気

    気体の体積をその圧力のもとでの体積で表すときは、気体の溶解度(体積)は圧力に関係なく一定。だが気体の体積を標準状態の体積に換算して表すものだと気体の溶解度(体積)は溶解度と同じく気体の圧力に比例する と書いてあったのですが、これはどういう意味か教えてください

  • 分圧。

    酸素と窒素がそれぞれ21%、79%の体積比で混合した0℃、1atmの空気がある。0℃、1atmのもとで1Lのもとで1Lの水に酸素は49ml、窒素は23mlとける。 この空気と接している水1Lに溶けている酸素の体積(ml)を標準状態に加算した値は? という問いで、解答で『酸素の分圧は0.21atmなので・・・以下省略』というところがありました。でも、疑問があります。物質比が21%、79%ならわかります。でも体積比でなぜ0.21atmが出せるかがわかりません。どうやったらだせるのですか?

  • 化学の質問(難)

    気体の溶解度は、1気圧の気体が溶媒1lに溶けるときの気体の体積lを標準状態に換算した数値で表される。 1気圧の空気と接している水2lの温度を10℃から60℃に上げたとき,溶けきれずに出てくる気体に含まれる酸素の質量は何gか。 ただし、空気は窒素:酸素=4:1(体積比)の混合気体とし、原子量は=16とする。 (グラフは省略) 解説 グラフより、酸素は10℃で水1.0lに対して0.04l溶ける。これは標準状態に換算した体積なので,物質量は0.04/22.4 酸素の分圧は全圧(1気圧=1.0×10^5Pa)の1/5で2.0×10^4Paである。よって,水2.0lに溶けている酸素は 0.04/22.4×2.0×10^4/1.0×10^5×2.0/1.0(mol) 教えてほしいところ 0.04/22.4×2.0×10^4/1.0×10^5×2.0/1.0(mol) この式をどういうふうに考えて式を作ったのか教えてください

  • 高I科学/気体の分子量/密度に関する問題

    高校Iの化学での問題で気体の分子量の分野の中の 一つの問題なのですが、求め方が正しいかどうかと 答えの出し方がわからない問題があり、お聞きしたいと思います。お時間があれば、回答をしてもらえると助かります。 ---- 問題:空気をN2とO2の体積比が4:1の混合気体として、次の問に答えよ。N=14.0 O=16.0とする。 (1)空気の平均分子量(みかけの分子量)を求めよ。 (2)空気の標準状態での密度は何g/lか。   (密度[g/l]=質量[g]/体積[l]) (3)H2Oが気体の時、空気より軽いか、重いか。 ---- (1)については (Nの分子量+Oの分子量)/(4+1) と考え、    (4*16.0*2 + 1*16.0*2)/5=28.8 というような値が出たのですが、このような求め方でよいのでしょうか。 (2)については答えの出し方も分からず、困っています。 (3)についても(2)の答えを求めないと出てこないと考えています。 回答にはお手数かけるかと思いますが、 どうかよろしくお願いします。