• ベストアンサー
  • 困ってます

前置詞について(for to)おしえてください

この前の授業で先生にある生徒から This book is too difficult for me、 という文で、forの変わりにtoでも良いのではという質問がありました。 そしたら、先生から「for me」と「to me」の違いを調べてきなさいと言われました。forは方向、toは到達点を表すと有りましたが、良くわかりません。教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数5
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

前の形容詞によって動揺が見られるようです 1toの「方向」forの「利益」という本来の意味による差が明瞭に現れる場合。 he is good to the poor. 「彼は貧乏人に親切だ(彼の行為は貧乏人に向かう)」 Sunshine is good for the tubercular patients. 「日光は結核患者にはよい(日光は患者の治療に役立つ)」 2 普通はtoだが「利益」の観念が強く働く場合forが用いられる。ただし意味はほとんど変わらない Drinking is necessary/essential/indispensable to me(悪いとはわかっているが飲まなきゃやってかれないよ)      This medicine ~~ for me.   (飲まないと体によくない) やはり「酒」ならto, 「常備薬」ならforでしょう 3 明らかに「利益」に関係する形容詞はforが好んで用いられる  good(健康によい *1参照)  suitable(適している)、pleasant(心地よい)    4 「利益」と結びつかない形容詞はtoが普通のようです cruel(残酷な), stern(厳しい), hard(困難な) difficult(難しい)もこの仲間に入る   This book is too difficult to(/for) me. しかし、to,for本来の意味が希薄になってほとんど区別されなくなっており、決定的なことは言えません。 やはり慣用が優先されるようです ただし、後にto不定詞を伴って意味上の主語となる場合は普通forを用います。 This book is too difficult for(*to) me to understand. このforには「利益、恩恵」の意味はないでしょう。 (参考「続、英語語法辞典」p389 大修館)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

例文も交えて説明いただき、大変良くわかりました。 丁寧に有難うございます。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

ハイ、年寄りです。 forでもtoでもそんなに変わらないと言う事です。 horusさんとpaninixxさんの説明でいいと思いますよ。 for me to doとなる場合は、doするのが誰だと言う事をはっきりさせるためにforを使うのが普通とされています。 「私の為に」と特に言いたいときにforがよく使われます。 For me?といえば、「私の為?」それで「私に?」となるんですね。 To me? ただ単に「私に?」となります。 to meは「私が思うには」と言うニュアンスがあります。 To me, it is difficult(It is difficult to me)と言えば「私が思うには難しい」となり「私には難しい」となるんですね。 ですから、It is difficult for meはto doが省略されたと考えればいいのです。 つまり、私がやるには難しい。となるわけですね。 助詞の使いかたはすべて動詞か状況から、意味あいが変わってきますので、助詞の意味を覚えるより、一かたまりにして(日本語では熟語と言いましたって)、自分の興味にあわせて例文を作り、その状況を頭に浮かべながら、覚える事が肝心だと思います。 ですから、この場合でも、アメリカ人でも、toとforを一緒くたにして使っていると言ったほうがいい世代になってきてますね。  ただ、例外的にtoとforを使い分けて、全く違ったフィーリングを出す場合がありますので、注意してくださいね。 Do it to me Do it for me  to meの方は普通悪い事をやられたと言うフィーリングでfor meのほうは私の為になる事をすると言ういいフィーリングなんですね。 ですから、詐欺に遭った時は、He did it to me. 何か良い事をしてくれた時な She did it for me. (なぜ、悪い方がHeでいい方がSheになるんだ?などと、聞かないで下さいね。 <g>) かえって、混乱させてしまったようで、恐縮です。 補足質問してください。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足説明いただき、またまた良くわかりました。 有難うございます。

  • 回答No.3

不明な点はありますが、Horusさんのおっしゃる通りかと。ポイントはtooで、ある基準にてらして「あまりに難しい」。だからto readとか何かが略されています。とすれば、for であるべきでしょう。すみませんが、私には先生の意図がよくわかりません。生徒さんが混乱してしまうだけでは?はっきり言って、先生もよくわかってない気がします(ごめんなさい。でも先生にもわからない質問がたまにあって、そんなときに限ってよく「調べておいで」っていうんです。なぜわかるって?それは...)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。

  • 回答No.2
  • Horus
  • ベストアンサー率14% (78/528)

 (^^; (先生もよく分かってないんじゃ?) This book is difficult for me、 This book is difficult to me、  どちらの文も正しいです。  また、両方とも方向を表しています。ただ、for は目的地を to は到達地を示します。言わば for は意志を to は無意志を意味します。  今のところこの程度の理解で良いでしょう。したがって、  difficult for me は、私の方に向かう目的のためには難解=(特に)私にとっては難しい  difficult to me は、単に私に対しても難しい=別に特に私にとってではなく結果としてたまたま難しい でも、  This book is too difficult for me. 私にとって難しすぎる。  これ何かしようとして難しいんですね。つまり、  This book is too difficult for me to read (or to study, etc) あまりに難しいので読めないのです。 すると、  This book is too difficult to me. これおかしいですね。たまたま難しいのに、難し過ぎるってのは?  でも、言えないことは無いですよ。私が悪いんじゃない。本がたまたま難し過ぎただけなんだ。って感じですかね?((^^; 先生はユーモアが分からないから、間違いにされるだろうね。)  This book is too difficult to me to read. こうすると、いよいよわざとらしい。  前置詞の意味はこうゆう基本的な意味から派生していろいろの意味になり、外人でも間違うことがあるから(しかも何でこれを使うのかを説明できない。)、日本人の先生で上手に説明できる人はほとんど居ないと思うけど、なるべく基本的な意味を憶えて、応用していく以外ない。  (^^; (理論的にこうなると思うんだけど、Mr.G! できれば実際に使ったときのニュアンスを教えて!)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

説明が分かりやすく理解できました。 有難うございました。

  • 回答No.1

辞書で調べれば、toもforも、たくさんの項目がありますが、これは、それだけ多様な使われ方をするということです。大まかなな言い方をしますと、toは、「~まで」「~へ」という意味を表し、forは、「~を求めて」「~のために」という意味を表します。  This book is difficult for me. この表現は、このまま覚えてしまった方がいいでしょう。日本語で考えれば、他の前置詞でもいいような気がしますが、実際に、英語で、そういう言い方はしません。初学者にあり勝ちなことですが、外国語を勉強しているときに、自国語をベースとして考えてしまいます。外国語は外国語なのですから、当然、日本語の感覚を、直接生かすことはできないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧に有難うございました

関連するQ&A

  • なぜ can't がないと too to にならないのですか?

    This book is so difficult that I can't read it. は、This book is too difficult for me to read. となりますが、 This book is so difficult that I don't read it. は、too to にはならないような気がします。また、他の助動詞でも、shouldn't とかでもならないと思います。 これはどうしてですか?

  • 並べ替えです

    This is too(a/to read/book/for me/difficult)without a dictionary. という問題なんですけど Thisが先頭にきた場合は This is too difficult a book for me to read~ と This is too difficult for me to read a book~ のどちらになるんでしょうか? 教えてください。

  • 教科書などに It is ~ for === to --. ⇔ To

    教科書などに It is ~ for === to --. ⇔ To -- is for ===. という公式?が載ったりしていますが、これはたとえば、 It is difficult for me to read the book. To read the book is difficult for me. という書き換えには使えますが、 It is possible for me to pass the test. To pass the test is possible for John.  という書き換えには使えないらしいのですが、 なぜですか? お力をお貸しいただける方、よろしくお願いします。

  • too to

    This question is so difficult that I cannot easily solve it. を too to で書きなおしたら、どうなりますか? This question is too difficult for me to easily solve. というのはちょっとへんな感じがします。

  • 私にとって “for me ”と“to me”

    for me とto me の違いを教えてください。 両方とも日本語では、“私にとって”だと思うのですが。 でもこんな日本語→英語なんて考えているからいつまでたっても だめなんですよね・・・情けない・・・。 eg) This information is of no value to me It is difficult for me to learn English. 教えてください。検索してもどうにもならなかったので・・・。 it is ~ of someone it is ~ for someone という文は探せたのですが・・・。

  • この場合のfor meとto me

    He gave this book to me. He gave this book for me. この2つの文のニュアンスは変わりますよね? 変わるとしたら 1はただ、私にくれた 2は私のためにわざわざくれた。 しかしこの2つの文を He gave me this book.という文にするとfor me to meが表せなくなりますよね? ということは2つのニュアンス変わらない事になってしまうのでしょうか?? お願いします

  • to不定詞について

    This Spanish book is difficult to read (このスペイン語の本は読むのが難しい) という文があるのですが、このto不定詞は主語+be動詞+形容詞+to不定詞という構文らしいのですが、文の主語のThis Spanish bookは、不定詞句 to read の意味上の目的語に当たり・・・・・という説明があったのですが、よくわからなく困っています It is difficult to read this Spanish bookに書き換えが可能と書いてあり、read this Spanish book の this Spanish book が主語の位置に移動した文が、This Spanish book is difficult to read なのですと書いてあるのですが、問題を解くときはIt is・・・・みたいに書き換えてto 不定詞の目的語?かな、それを文頭のitと書き換えて完成みたいな感じでやったらいいのでしょうか? それとも「主語+be動詞+形容詞+to不定詞」という構文を覚えて 問題で、主語+be動詞+形容詞が来て次が空欄になっていたら、次はto不定詞だなという風に解いていったほうがいいのでしょうか? 大学受験の勉強で困っているので助言お願いします

  • for me と to me

    forとtoの使い分けがよくわかりません。 「私の宝物は家族です。」 という場合に My treasure is my family はOKだと思うのですが、 The treasure for me is my family. The treasure to me is my family. はどちらもOKなのでしょうか。 あと、「この本は易しい」と言う場合に This book is easy for me. This book is easy to me. どちらが正しいのでしょうか。 教えていただけますと助かります。 よろしくお願いします。

  • too ~ to...の用法について

    以下の3つの英文についてお尋ねします。 1) This math question is too difficult to solve. 2) This math question is too difficult for me (またはus) to solve. 3) This math question is too difficult to be solved. 上の1) は一般によく見かける形ですが、よく考えますとsolveの意味上の主語が曖昧とも言えます。2)はsolveの意味上の主語をfor~を用いて明確にした形ですが、常に「for+人」は必要なのだろうかとも思います。3)は文の主語と意味上の主語を一致させた形(=This math question is so difficult that it cannot be solved.「この数学の問題はとても難しいのでそれは解かれ得ない。」)となりますが、一般にこうした形はあまり見かけません。通常1)の形で通用するように思いますが、2)や3)の形も含めてどれが文法的に妥当もしくは一般的に通用する言い方となるのでしょうか。どなたかご存じの方がおられましたら宜しくご教示の程お願い申し上げます。

  • 移動の前置詞 for と to

    移動の前置詞 for と to 文法書には、 to : ~へ到達している、というニュアンス for : ~の方向へ到達しているか分からない、というニュアンス というような解説を見掛けましたが、 Our flight was on the runway waiting for take off to London. というような目的地に未到達の場合に「to」を用いている文章を 時々見掛け混乱しています。 解説をお願いします。