• 締切済み
  • すぐに回答を!

パリ条約優先権主張 出願人の名称変更

パリ条約に基づく優先権主張について教えてください。 米国における出願を基礎として、パリ条約の優先権を主張して日本に特許出願する場合であって、基礎出願の出願人(企業)の名称が変更となった場合、変更後の名称で日本に出願しても優先権は主張できるのでしょうか? 一応、基礎出願の出願人名称変更手続きを米国特許庁にしてはいるのですが、日本での出願までに手続きが間に合わない可能性があります。 パリ条約に関する本を何冊か読んでみたのですが、明確な回答を得ることが出来ませんでした。 どなたかご存知の方、教えていただけますでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数994
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.2

No.1さんもいわれているように、米国出願の出願人は発明者ですので、譲渡を受ける企業の名称変更は日本へ出願することについては無関係です。 日本でも発明者を出願人として優先権を主張し、出願後に名称変更後の企業に出願譲渡すれば良いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 変更出願に伴うパリ条約上の優先権主張について

    質問1 日本で特許出願Aをし、その11ヶ月後に当該特許出願Aを実用新案登録出願Bに変更したとします。当該実用新案登録出願Bを基礎出願として、パリ条約上の優先権を主張してパリ条約同盟国へ特許出願Cをする場合、優先期間はいつまででしょうか。 (1)特許出願Aから12ヶ月 (2)実用新案登録出願Bから12ヶ月 質問2 質問1の実用新案登録出願Bへの変更出願が特許出願Aから13ヶ月後であった場合、優先期間はいつまででしょうか。 (1)実用新案登録出願Bから12ヶ月 (2)優先権主張することはできない 根拠とともにご教示いただければ幸いです。

  • パリ条約に基づく米国優先権主張

    日本に対して出願した後、この日本出願を基礎として パリ条約に基づく優先権主張をして 1年以内に米国に対して有効に出願した場合であっても、 この米国出願は、優先権主張の効果を得ることはできないと聞きました。 新規性、非自明性(進歩性)の判断が 本来の米国出願の時点でなされると聞きました。 つまり、日本出願した後、パリ優先権主張して米国に出願する場合には、 一刻も早く出願しなければならないということです。 理由は、他の国は先願主義を採用しているが、 米国は先発明主義を採用しているから、、、、 とのことですが、どうも理解できません。 米国特許法102条、119条などが問題になるということを聞きましたが、 なかなか理解できません。これは本当のことなのでしょうか??。 実は「米国特許法や米国手続実務を知っているものであれば常識」 と言われました。 実際に米国特許法や米国手続実務に携わっている方の 回答があればありがたいのですが、よろしくお願いします。

  • PCT出願と優先権について

    PCT出願(受理官庁は日本で、日本語で提出)を基礎として、一年以内にパリ条約の優先権を主張してさらにPCT出願をすることは可能でしょうか? この場合、先願のPCT出願の取り扱いはどのようになりますか? 分かる方がいましたら、教えてください。 なお、PCT出願をして、この出願を基礎として一年以内にパリ条約の優先権を主張して台湾に出願するということは可能でしょうか?

  • 回答No.1

私の場合は、日本国内でPCT出願し、新規性、進歩性又は産業上の 利用可能性ありとの審査結果に基づいてアメリカに出願中ですが、 ご承知のようにアメリカの場合は日本と違つて出願の権利は個人であつて企業ではありません。 その為に出願人は私個人ですが、私の発明を出願する企業に対して譲渡証を添付し、分割請求を致しました。 貴方の場合は逆のケースでしょうが、発明は何処の国でも出願日が優先されますが、日本の場合は 審査請求しないと(3年以内)公知になることはご存じと思います。 問題は全ての事務はその国の代理人を通して行われるので、その良し悪しにかかることが往々にしてあるようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • パリ条約優先権について

    平成19年の弁理士試験特許・実用新案法 問題Iの中で、 パリ条約の優先権が使われています。 簡略化して書きますと、 出願B1の明細書に発明イを記載してパリ同盟国に出願後、 発明ロを「明細書」に追加してパリ条約優先権を主張して日本国に特許出願B2をした。 とあります。 私が理解できないのは、出願B2には、発明イを「明細書」にしか記載していないのに、パリ条約の優先権は有効ととらえられている点です。 国内優先権の場合は、41条1項の条文から先の出願全体を基礎として、特許請求の範囲に記載する発明が優先権主張の効果を得られると読み取れます。 パリ条約の優先権も当然同じだと思っていましたが、違うのでしょうか? それとも、国内優先権もパリ優先権も、特許請求の範囲でなく明細書のみの記載にも有効なのでしょうか? この判断は、その後にさらにB2を基礎として優先権を主張する際に累積的主張になるかならないかの判断に影響するので、はっきりさせておきたいのですが。 どなたかご教授お願い致します。

  • 優先期間が過ぎてしまった出願のパリ優先権主張について

     「A」出願を基礎として正規に国内優先権主張出願「B」をしました。  その後このA,Bを基礎としてパリ優先権を主張してアメリカに特許出願しようと考えています。  しかし、B出願からは1年たっていませんが、A出願からは1年を経過してしまっています。この場合、A及びBの優先権を主張して(Aの優先権の効果が及ばないのを承知で)出願するか、Bの優先権を主張して出願するか、どうすべきでしょうか?

  • 優先権主張出願の審査請求期間

    国内で基礎となる出願を元に、優先権主張して新たに特許出願をしましたが、その場合審査請求の期限は基礎となる出願日から3年だと思っていたのですが、あとから出願した特許の出願日より3年と電話で特許庁の人に言われました。これは本当でしょうか?だとしたらどんどん伸ばせるように思えますが何故でしょうか?

  • 優先権の効果についての質問です。

    優先権の効果についての質問です。 日本で発明Aについて特許出願(出願Xといいます)を行った後、特許法第41条の国内優先権主張をして発明A、Bについて特許出願(出願Yといいます)を行いました。 出願Xの出願日からは既に1年以上を経過していますが、出願Yの出願日からは未だ1年を経過していません。 上記の場合に、出願Yを優先権主張の基礎とするPCT出願を行った場合、発明Bについての優先権の効果は認められるのでしょうか? 宜しくご教示下さい。

  • パリ優先権に基づく海外出願時の、出願人同一について、

     パリ条約4条A(1)に、優先権の発生の条件が規定されています。ここに言う、特許出願をした者の指す意味をお教え願えるでしょうか。  国内において、3者の共同出願が在った場合、パリ条約の優先権に基づき同盟国に出願する際の出願人は、完全同一(3者)でなければならないのでしょうか。それとも、第一の出願をした三者がそれぞれ優先権を有しているとして、単独で出願することが可能なのでしょうか。  日本で3社で行なった共同出願を、アメリカに出そうとしているのですが、足並みが揃いそうにありません。その場合、諦めるしかないのでしょうか。それとも、出願意思がある者だけで出願をすることが可能なのでしょうか。  パリ条約講話(11版)で探したのですが、相当する解説を見つけることができませんでした。  ご存じの方がおられましたら、お教え願えるでしょうか。

  • 優先権主張出願と先願について

    特許関連の勉強をしているものです。 優先権主張と先願の関係について疑問があり ご意見頂けたら幸いです。 先願と優先権主張をした出願(後願)、先願と後願の間にいわゆる拡大先願の範囲になる出願aがあった場合の先願の考え方についてです。 この場合、優先権出願の条文から考えると後願は拡大された先願の出願基準日は先願の日とみなされ、出願aに対して拡大先願の主張ができ、出願aには無効理由があると考えたのですが、この考えは正しいものでしょうか。 至らない事ばかり恐縮ですが、どなたかご教示頂けませんでしょうか。

  • 国内優先権主張について

    国内優先権の効果について質問があります。 優先権主張出願は、先の出願時を基準として、いわゆる新規性、進歩性、先後願等の判断がされますが、その他の出願に、優先権主張出願を引用する場合にも、先の出願時を基準に判断されると書籍に記載してありました。その根拠となる条文は、どこなのでしょうか?また、その条文のどの部分(文言)から読めるのでしょうか? 特許法第41条第2項(特許出願等に基づく優先権主張)あたりでしょうか? お忙しいところ済みませんが、宜しくお願い致します。

  • 外国へ優先権主張出願をする場合、1年以内であれば、基礎出願は登録済の特

    外国へ優先権主張出願をする場合、1年以内であれば、基礎出願は登録済の特許でもいいのでしょうか? つまり、コストのかかる外国出願の登録可能性を少しでも高めるために、国内特許の審査を早期審査等を活用して1年以内に登録し、登録可能であることを見極めたうえで、登録した特許を基に優先権を主張して外国に出願するのはいいのでしょうか?

  • 特許法 優先権の主張について

     弁理士試験に向けて勉強中の者です。  特許権の国内優先権の措置についてどうしても分からないところがあるので質問させてください。  「先の出願」について優先権を主張して「後の出願」をしたとします。この場合に優先日から1年3ヶ月以内に「後の出願」について審査請求がなされた場合は39条2項(同日に同一の発明があった場合)の適用がなされて「先の出願」と「後の出願」に対して協議命令が出るのでしょうか?  また、最初から審査請求がなされていた「先の出願」について優先権を主張して「後の出願」を主張した場合も同様の協議命令が出るのでしょうか?  まだ、勉強を始めて3ヶ月ですので的はずれの質問をしていたらすいません。分かる方、ご教授願います。  

  • 米国での優先権の認定は日本より厳しいか

    日本特許出願の図面がかなりいい加減な手書きで出願、公開されている場合、それに基づく優先権を主張して米国に特許出願するとき、「日本での手書きの図面」をパソコンでトレースした図面として提出する(その際、手書きの線をパソコンの線に変換しているので、かなりイメージは違っています。ただ、内容・意味は全く変わりません)場合、米国で優先権の効果は認められるでしょうか? 日本ではまず問題なく優先権の効果は認められるケースと思います。 ただ米国では、日本と違うのか、そのあたりをお教えください。