• 締切済み
  • すぐに回答を!

三角形の長さを求める問題

こんにちは AB=4, BC=3, CA=2 である△ABCにおいて、∠Aおよびその外角の二等分線がBCと交わる点を それぞれ、D, E, とする。線分DEの長さを求めよ。 自分で考えると AB:AC=BD:CDと式を立ててみるんですが 4:2=x:(3-x) となって前へ進めません。 このとき、外分点を求める(-nx+my)/m-n とかいうのはいらないんでしょうか? おしえてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数76
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1

図を書いていないので何とも言えませんが、 > 4:2=x:(3-x) となって前へ進めません。 これが正しいと仮定すれば、 2x = 4×(3-x) という方程式を解くだけですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本当ですね。。 どうして解けないと思い込んだんだろう・・。 すみません。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 三角形の辺

    AC=9,BC=6,CA==5の△ABCにおいて、∠Aの外角の二等分線と直線BCをCの方向に延長したものとの交点をDとし、∠Bの二等分線とADとの交点をF,ACとの交点をEとする。 このとき,線分ECとCDの長さ、“AE/FD”の値を求めなさい。 という問題で (ⅰ)AB:BC=AE:EC EC=2 (ⅱ)AB:AC=BD:CD 30=4CD CD=15/2 というところまでは解けたのですが、“AE/FD”がどうしても解けません。助けてください!!

  • 三角形

    △ABCの内心をIとして、BC=a、CA=b、AB=cとする このとき、角の二等分線よりBD:DC=AB:AC=c:bなのは分かりますが、 これよりBD=a×c/(b+c)となるらしいのです これは何故なのでしょうか?

  • 数学Aの問題

    数学Aの角と二等分線と比の利用の問題です。 AB=6、BC=5、CA=4である△ABCにおいて、∠Aおよび頂点Aにおける外角の二等分線が直線BCと交わる点を、それぞれD、Eとする。線分DEの長さを求めよ。 という問題で、解答が 定理1から BD:CE=AB:AC=6:4=3:2 よって2/3+2・BC=2/5・5=2 定理2からBE:CE=AB:AC=3:2よってCE=2/3-2・BC=2・5=10 とあるのですがCE=2/3-2・BCの式がよくわかりません。詳しく解説していただけるとありがたいです。

  • 2角の二等分線の長さが等しい三角形は二等辺三角形

    △ABCにおいて∠Bの二等分線と辺CAとの交点をD、∠Cの二等分線と辺ABとの交点をEとするとき、線分BDと線分CEの長さが等しければAB=ACとなる。 この証明を教えて下さい。 参考書には少し難しいけど考えてみてとだけあって解説がなかったので。 BA:BC=DA:DCなどから CD=ab/(c+a) AE=bc/(a+b) AD=bc/(c+a) BE=ca/(a+b) 後半の条件からBDとCEの交点をIとしたとき (a+b)IB=(c+a)IC BD=CE={(a+b+c)/(a+b)}IC までわかったのですがb=cをどうしても示せませんでした。 (AB=c,BC=a,CA=b)

  • 三角形と台形の問題

    △ABCの∠C, ∠Bの二等分線が辺AB, ACと交わる点を、それぞれ、D, Eとする。 DE//BCならば、AB=ACとなることを証明せよ。 教科書で 直線BEは∠Bの二等分線であるから BA:BC=AE:EC 直線CDは∠Cの二等分線であるから CA:CB=AD:DB DE//BCから AE:EC=AD:DB 以上から、BA:BC=CA:CB ←ここが解りません。 どうして上の3つの比の式から、上のような比の式ができるのでしょうか? AD//BCである台形ABCDにおいて、辺BC, DAを等しい比 m:n に内分する点を それぞれ P, Qとする。このとき、3直線AC, BD, PQ は1点で交わることを証明せよ。 ACとBDの交点をRとして、ACとPQの交点をR`とすると AR:RC=AD:BC AR`:R`C=AQ:PC AQ=AD*n/(m+n), PC=BC*n/(m+n)をAR`:R`C=AQ:PCの式に代入して AR`:R`C=AD*n/(m+n):BC*n/(m+n) とすると AR`:R`C=AD:BC ←こう変化するのがわかりません どうしてn/(m+n)は消えてしまったのでしょうか? またこういう問題を解くのは苦手なんですが、解く上での心構えなどないでしょうか? おねがいします。

  • 数学の問題です

    AB=4, BC=5, CA=6である△ABCにおいて、∠Aおよびその外角の二等分線が直線BCと交わる点を,それぞれD,Eとする。線分DEの長さを求めよ。 この問題についてですが、どちらの図が正しいですか。

  • 数学の問題です

    AB=4, BC=5, CA=6である△ABCにおいて、∠Aおよびその外角の二等分線が直線BCと交わる点を,それぞれD,Eとする。線分DEの長さを求めよ。 この問題の三角形の図を教えていただけませんか。よろしくお願いいたします。

  • 三角形の長さ

    三角形ABCにおいて角Aの外角の二等分線と辺BCとの交点をDとする。また角Bの内角の二等分線と辺CAとの交点をEとしADとBEとの交点をFとする。AB=9、BD=6、AF=3のとき、EDとAEをもとめろという問題で、AFとFDの比を出すとこまではできたんですがその先がわかりません。余弦定理を使っては解けたんですがほかのやり方をあるそうなんですがそれを教えてください。

  • 三角形 (1)

    円Oに内接する△ABCにおいて AB=5, AC=3, ∠A=120° ∠Aの二等分線がBC,円Oとの交点を それぞれD,Eとする。 ただしEはAと重ならない。 (1)BCの長さは  7 (2)DCの長さは  21/8 (3)ADの長さは  9/8 と15/8 (4)DEの長さを求めよ。 (1)(2)(3)は合っていますか? (4)を分かりやすく教えて頂けますか? 宜しくお願いします。

  • 定理「三角形の外角の二等分線と比」

    定理「AB≠ACである△ABCの∠Aの外角の二等分線と辺BCの延長線との交点は、辺BCをAB:ACに外分する」 の定理をAB>ACの場合で良いから証明しろ という基礎問題です。 一応先例に倣って、ADに平行且つ頂点Cを通る線ECを引き、「三角形の平行線と線分の比」を利用出来るようにし、 ∠AEC=∠ACEより、AE=AC、なので△AECは二等辺三角形 BC:CD=BE:EA BC:BD=BE:BA BC:BD=EC:AD が言えます。ですが、その先の証明に辿り着けません~ン。アドバイスだけでも良いので、ご協力お願いします!