• 締切済み
  • 暇なときにでも

八百長

プロの格闘技なら、どんなものでも、多かれ少なかれ八百長があると思っていいでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数113
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2

格闘技といっても色々でしょうが・・・。素人なりに考えるに。 例えば演劇を見ていて、人を殺す(切る)場面や殴る場面があったとき、実際に殺したり殴ったりはしませんよね。その時に「あれは八百長だ」とは誰も言いません。演技力の素晴らしさに感心するのが普通です。 それと同じことで、鍛え上げた肉体で、普通の人なら死んでしまうような技を出したり受けたりしながらショーを見せているのが、プロレスだと思えば良いのではないでしょうか? だからプロレスに関しては八百長という言葉は適切ではないと思います。 次に実際にガチンコが前提の相撲ですが。これは相撲協会も「無気力相撲」という言葉で実際には八百長を認めていますから、あるのでしょう。 ボクシングは、最近はあまり聞きません。人気がないですから、八百長をやるだけの経済的なメリットが無いのかもしれません。ボクシングの場合はその代わり?ホームタウンディジションというのがありますよね。 ある競技に八百長があるかどうかを判別する、簡単な方法は「賭博」が存在するかどうかです。よく高校野球やプロ野球の賭博で暴力団が逮捕される、なんて話がありますよね。逆に言えば、野球には八百長がないから賭が成立するんです(だいぶ前にプロでこの関係で永久追放になった人がいます)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 八百長?

    プロの格闘技で、試合前に勝敗を決めておいて、その通りの結果になって、 そのことを試合前に公表してない場合は、八百長ということになりますか?

  • 八百長問題

    プロ野球も八百長だと昔から言われてますが(Jリーグも?) たしかに、プロは商売だから八百長してても不思議じゃないですよね。 早く優勝チームが決定しても経営的にいけないし…。

  • 八百長について

    プライドやK-1において果たして八百長は存在するのでしょうか。 ファンの気持として常に八百長なしのガチンコ勝負であってほしいのですが、実際のところ憶測ナシで八百長、もしくはガチンコだといえる根拠はどこかにあるのでしょうか。

  • 回答No.1
  • point_F
  • ベストアンサー率30% (13/43)

その世界の人間ではないので、当然事情に通じているわけではありません。 ですから、こういう考え方の人もいるのだな程度に聞いていただければ幸いです。 プロの格闘技はある種のショービジネスに分類されます。よって観客に観ていただかなければお話になりません。 しかし残念ながら、真摯に格闘技にむかう姿や格闘技のセンスだけで常に観客を喜ばせられるとは考えられません。 そうなるとドラマティックな展開を盛り込んだ脚本が必要になってきます。 すべてが脚本に埋まった試合とは思いませんが、全体を盛り上げるためにその体系の一部は脚本による着色をされた試合が含まれていると思います。 自分の名誉のために勝利を買う類の八百長は汚いと思いますが、あくまでショービジネスですから観客を喜ばせるための仕組みであれば特に悪いこととは思いません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 八百長

    相撲の八百長がとりざたされています、この八百長という言葉がきになって語源をしらべてみました ”八百長は明治時代の八百屋の店主「長兵衛(ちょうべえ)」に由来するといわれる。八百屋の長兵衛は通称を「八百長(やおちょう)」といい、大相撲の年寄・伊勢ノ海五太夫と囲碁仲間であった。囲碁の実力は長兵衛が優っていたが、八百屋の商品を買ってもらう商売上の打算から、わざと負けたりして伊勢ノ海五太夫の機嫌をとっていた。 しかし、その後、回向院近くの碁会所開きの来賓として招かれていた本因坊秀元と互角の勝負をしたため、周囲に長兵衛の本当の実力が知れわたり、以来、真剣に争っているようにみせながら、事前に示し合わせた通りに勝負をつけることを八百長と呼ぶようになった。 そもそも語源自体に相撲の年寄が関係しているあたり面白いのですが、  暗に相撲といはそうゆうもんだという”裏の意味”もあるように思えます。 語源の成立が明治期ですが、それ以前の江戸時代では八百長のことはなんと 呼んでいたのでしょうか?

  • これだって、八百長じゃないの?

    これだって、八百長じゃないの?  ・・・と言いたくなるのは、何についてですか?

  • 八百長相撲 不思議に感じること

    今、八百長問題がニュースで取り上げられています。 でも、八百長相撲なんてのは随分昔から話題になっていた筈。 誰もが八百長があること当たり前って認識しているというか知ってた筈。 何故に今、八百長相撲が云々なんて大きくニュースで取り上げられるのでしょうか?

  • なぜプロレスは、八百長をやっても良いのか?

    日本では相撲が、韓国ではバレーボールが八百長でそれぞれ大問題になりましたが、 なぜ、八百長の代名詞といわれるプロレスは、問題にならないのでしょうか?

  • 「八百長」・・・新しい用語を作るなら?

    大相撲の八百長疑惑が騒がれており、裁判沙汰になりそうで、その行方が非常に興味深いです。 ところで、この「八百長」という言葉の語源が、奇しくも相撲と関係があるんですね。 相撲の年寄り(親方)と囲碁仲間だった八百屋の長兵衛が、ご機嫌を取って便宜を図ってもらうために、自分の方が強いのにわざと囲碁で負けたことからきているということです。 まあ、相撲界の八百長の真偽はともかくとして、いまさら八百屋の長兵衛さんを引き合いに出すのもどうかな、と思いますので、もし「八百長」に変わる新たな表現を考えるとしたら、どんな言葉になりそうでしょうか。 例えば、本気で与党と争っているのかと疑いたくなる、「野党風民○党」とか・・・ う~ん、いまいち・・・(汗) やはり、皆さんのご協力をお願いします。

  • 八百長について素朴な疑問

    こんにちは。 相撲に限らず、八百長はスポーツ業界で問題になります。 私はスポーツ観戦に全く興味の無い人間で、そもそもこうした問題について考えた事がないのですが、昨日のサンデル教授がテレビに出演していた際に例題として取り上げていたので少し考えてみました。 ところが、普段スポーツを見る事の無い私は基本的な知識が欠けている事に気がつきました。 例えば、草野球でも少年野球でも何でも良いのですが、そのスポーツが好きでやっている人たち、別に誰が見ていても見ていなくてもそのスポーツが好きだからやっています。 そしてそんな選手たちを外から見ているのが好きでフェンスの外の芝生で見ているおっさん。 この草野球の選手たちと外で見ているおっさんの関係と、プロ野球選手と観客の関係の違いは何でしょうか。 なぜ野球が好きでやっているのにそれを見ている赤の他人のおっさんにとやかく言われなければならないのか。 好きでやってるのなら八百長なんてする必要が無い等と言わないでください。 テレビで視聴者を盛り上げるために接戦を演出する事はいくらでもあります。 それが選手たち同士の間で起こっても良い訳です。野球が好きなのと同時に、接戦をしているんだという状態の雰囲気があればそれで気分が盛り上がって楽しいんだという選手だっているかもしれませんから。 草野球選手とそれを見ているおっさん、プロ野球選手(力士でも良い)と観戦者の関係の違いはなんでしょうか。 もしかしたら質問文があまりにも言葉足らずかもしれませんが、はじめに断り書きばかり並べるのもなんなので、まずはこの位からお伺いし始めてみたいと思います。 おつきあい頂けますとうれしいです。 よろしくお願い致します。

  • K-1は八百長?

    大の格闘技ファン、K-1の大ファンでもあります 子供のときから猪木の大ファンでプロレスを見ていましたが、つい最近ミスター高橋(当時のレフェリー)が出した本によると数々の名勝負がほとんどやる前から勝負は決まっているという事です、八百長じゃない、エンターテイメントだとのことです 今流行のプライド、K-1などはどうなんででしょう そう言えばK-1も最近はエンターテイメント化してますが

  • 八百長問題に御意見を

    八百長問題でマスコミの対応について疑問いっぱいです。 大新聞、テレビ局の記者さんは、八百長はないんだと本当に思っていないんでしょうか。 目の前の事実を報道すれば「よいしょ」を含め大騒ぎ、50年相撲を見てきましたが、子供のころから 八百長は感じてましたよ。それもあってもいいんじゃないかと、只優勝がかかっているときは、 若・貴戦以外は腹立たしく思っていましたが。解説、アナウンサー、NHK、政治家、財界、一般の フアン、皆さんあるんじゃないかなと思いつつ楽しく見守っていたんじゃ無いんですかね。 マスコミの専門記者さんは昔から八百長の現実を現場で見聞きしていたと推察します。が問題にせず、今回の表面に出た時は正義の味方を装い。断罪、断罪と大騒ぎ。たしかにこのままでは、済まないと思いますが、収まるようにリードしてほしいと思います。 政治の世界でも似たような感じがします。 こんな考え方の人間もいると思いますが、どう思いますかお聞かせ下さい。

  • 八百長力士

    今回の大相撲の八百長問題でかなりの力士に引退勧告がされましたが、 法的根拠についてうかがいます。 そもそも今回の八百長問題では認めている力士も居る一方、 否認している人もおり難しい舵取りになることは予想されていました。 僕個人としては八百長なんかずっと昔から行われていたことはほぼ間違いないと思っていました。 でも、証拠はありません。今回の事件の発端になった携帯メールにしても決定的なのは何人かだけだと思われます。 そんな中どこまでも否認を続ける力士に対して引退勧告をしたところで効力はあるんでしょうか。 また、一度勧告を受け入れて引退したあと訴訟を起こされて相撲協会は勝てますか。

  • 【大相撲】八百長を許す。

    下記のケースを八百長と呼ぶのかどうかは置いておくとして。。。 【ケース1】 例えば、 千秋楽の対戦相手が7勝7敗で勝ち越しがかかっていたとして 自分は既に勝ち越しが決まっていた場合、 相手側から八百長をもちかけられたり金銭を受け取ったわけではないが 手を抜いて負けてあげた。 という八百長相撲。 あなたは許せますか、許せませんか? 【ケース2】 昔、ロサンゼルスオリンピックの柔道で、山下が準決勝で足を怪我しましたが、決勝では対戦相手のエジプトのラシュワンが、山下の怪我した足を攻めず、結果としてラシュワンは負け、山下が金メダルを取りました。ラシュワンは相手に気を使って勝負に手心を加えたわけです。 という八百長柔道。 あなたは許せますか、許せませんか? 【ケース3】 柔道家・谷亮子は「相手の怪我をしているところを攻めてあげるのが、相手に対する優しさです」と名言を残しています。 要するに、対戦相手が求めているものは「真剣勝負=本気」であって「同情」などではない。だからこそ、弱点を攻めなければならないし、それが、勝負に臨む者としての礼儀であり、本当の優しさなのだ。 という意味だと思いますが、 あなたはこの言葉に共感できますか、できませんか?