-PR-
締切済み

------------ --→  自殺

  • 困ってます
  • 質問No.35688
  • 閲覧数83
  • ありがとう数37
  • 気になる数1
  • 回答数26
  • コメント数0

お礼率 97% (537/550)

何を質問するというよりも、少し、自殺について知りたいのです。なんでもいいですので。そのとき人には何が起こっているのでしょう?生物に書き込むか迷ったくらいなので、科学的な見方でもどんどん書いてください。お願いします。
通報する
  • 回答数26
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全26件)

  • 回答No.11
レベル10

ベストアンサー率 46% (71/152)

カミュという文学者が『シジフォスの神話』の冒頭で、「本当に重大な哲学の問題は、自殺だ」と書いたらしいですね。これは、「人生が本当に生きるに値するかどうか」を考えるのが哲学だってことのようです。そう言えば、タレスの昔から、「世界とは?」という問いや「存在とは?」という問いを哲学者は繰り返してきたけれど、結局は、人間の存在意義を見出そうとしていた気がします。19世紀の終わりにはニーチェという退職大学教授が、「神は死んだ」と宣言して、ヨーロッパの人々が必死に信じようとしていた、存在意義であるところの「神」を消してしまった…。その「ニーチェ」はドイツの片田舎の牧師館の生まれだそうで、哲学って、「自殺」の歴史なのかもしれないと、徒然に思います。

ところで、精神分析の創始者で有名なフロイトが「死の本能(タナトス)」というのを提唱したのはご存知ですか? 僕も正確には知らないのですが、「有機体を本来の無機的状態に還元しようとする基本傾向」(「フロイト」小此木啓吾著、講談社学術文庫、78頁)なのだそうです。逆に「無機体を有機体に構成し、発展・成長させる基本傾向」は「性の本能(エロス)」の働きです。エロスの働きが行き詰まったとき、一度、その構成された有機的なものを解体しなければなりませんよね。人間の生き方って、結局、作っては壊し、作っては壊し、なんだってことなんですかね…。

「自殺」というと社会学者のエミール・デュルケムの自殺論が有名ですね。それから、生物学の「アポトーシス」とかもありますよね。僕は、この辺詳しくないので、詳しい方がいたら、書き込みしていただけると嬉しいです。(なんか便乗しているみたいですね。ごめんなさい)
お礼コメント
caballero

お礼率 97% (537/550)

ご回答ありがとうございます。参考になります。
タナトスですか、、、初めて聞きました。しかし、いつにも人間は本能にそぐわない行動をする事もあります。ほんとは食べたいけど我慢しよう等。タナトスは、おなか減ったとか、眠たい、といったような強大な力で我々を圧倒しようという類なのでしょうか?それなら、我慢する人もいると思いますが、きっとそうではないのでしょう。なぜなら、フロイトが新たに当時、提唱することがあったほどですから、一般の人たちが日常で意識する事がなかった証拠でしょう。ということは、日常では、エロスなるものがでっぱっており、エロスが引っ込んだ、あるいは我慢しとおした、ある非日常の瞬間にタナトスが訪れるということになるのでしょうか?
難解です。
 「アポトーシス」とは少し聞いたことがあります。細胞自殺という現象でしょう。興味深い事です。元気な細胞が突如消滅するのですから。
投稿日時 - 2001-02-07 01:52:54
  • 回答No.12
レベル7

ベストアンサー率 29% (5/17)

自殺ですか……。
ふと不思議に思うのは、「すべてに落胆し、失敗した。もう死ぬしかない」と覚悟を決めて、いざナイフを手首に。そのとき、たとえば同居していた家族、または友人が、その人に向かって灰皿を思いっ切り投げつけたとします。瞬間、間違いなくその人は飛んできた灰皿を避けようとします。
あるいは、いざ手首を切ったけれども、失敗をした。気がついたら病院。今度こそは間違いなく、と思っているのに、あら不思議、傷口はどんどん塞がり、肉体はその意思に反し、どんどん治ろう、よくなろう、生き続けようとする。

もちろん、これは生理学か何かはわからないけれども、学問的にその行動(避けようとする)は説明できるのでしょう。しかし、その肉体は確実にキズ付けられるのを嫌がっているわけですよね。自分という存在は死にたいと思っているのに、肉体という存在はそれとは全く正反対の行動をする。不思議ですよね。
言い換えれば、キズ付けてほしくない、殺してほしくないと思っている肉体を、いや、必死に生きようとしている肉体を、どこから湧き出てきたのかしらん、わが意思によって殺そうとする。まるで、助けくださいと懇願している町人を、「無礼打ちじゃ」と斬り捨てる武士のようです。極端な言い方をすれば、殺人ですよね。過激な発言のように取られると困りますが。

話の方向性が少し違っていましたね。すみません。
お礼コメント
caballero

お礼率 97% (537/550)

すみませんなど、とんでもないことです。回答ありがとうございます。
難しい所ですね、あたかも肉体に自分とは別の人格が宿っているかのように書かれましたが、個人的には機械のように反応しているだけだと思います(誤作動もあると思いますが)。だから、我々の欲求、背をもっと高くしてと頼んでも聞き入れてくれないし、思うように走ってくれなかったり、あまつさえ「ミートボールを食え」だの「涼しい所に連れて行け」などと、ついには、頼んでもないのにガンになったりします(あとアレルギーもありますね)。ですから、「無礼うち」は、お互い様でしょう、なんていうのはありでしょうか?なんて、以上は冗談ですので、笑っておいてください。
投稿日時 - 2001-02-07 02:18:37
  • 回答No.13

mamasです。
いわゆるうつ病による自殺とは他人との比較における劣等感にさいなまれて、といったものではないのです。
自分だけの世界に入ると楽になるのではなく、自分は社会にとって必要のない人間であるという感覚で「死」を選ぶことで楽になるのです。つまり生きていることに何の価値も感じなくなってしまうわけです。
お礼コメント
caballero

お礼率 97% (537/550)

なるほど、その人にとっては、その人のいる社会にとって必要とされることが、生きることの価値になるわけですね。その満たされない思いを消すために、社会から消えようとするのですか。少し分かったような気がします。二回目のご登場ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-02-08 02:11:25
  • 回答No.26
レベル9

ベストアンサー率 27% (23/85)

>なぜ「死」がでてくるのか?「生きる」の反対は「生きない」であって、
>「死ぬ」ではありません。何故、「死ぬ」という行為が、
>決まって脳裏に浮かんでくるのでしょうか?

実にそのとおりであり、死ぬ必要などないのです。
先の回答にも書きましたが、結局、「視野が狭まる」のでそれしかないように
思えてくるのです。
人間追い詰められると、とんでもない発想をしたりしますが、その方向が、
「死」のみに向いた人が自殺するとも云えるでしょう。
補足コメント
caballero

お礼率 97% (537/550)

とても、私には価値のあるたくさんの回答、全てのコミュニケーションでした。皆さん本当に感謝しています。まだ、話半ばですが、回答を締め切らせていただきます。皆さん本当にありがとうございました。

追申:nekoucchaliさん、ここに総じたお礼を書かせていただき感謝してます。
投稿日時 - 2001-05-21 04:47:50
お礼コメント
caballero

お礼率 97% (537/550)

すいません。御礼が遅くなりました。実はお礼をすぐには思いつかなかったのです。申し訳ありません。
>人間追い詰められると、とんでもない発想をしたりしますが、その方向が、
「死」のみに向いた人が自殺するとも云えるでしょう。
なるほど・・・死のう!という・・・・いやいや、やはりもう少し考えさせてください。すみません。
投稿日時 - 2001-04-23 05:33:08
  • 回答No.10
レベル8

ベストアンサー率 32% (10/31)

自分では、健康的な普通の人間だと思います。このスレッドの中では。
 
 自殺は何回も考えますが、行動に至ったことは1度もありません。
何故?
一番は【後悔】【嫉妬】【羨ましさ】です。16才でドロップアウトしたものの理想の自分に近づいていなく、このままではごく普通に日本社会生活を送ってしまう。電卓の上ではじかれた先の暗い経済、文化環境でしか夢がなくドラマティックな生き方ができていない、その為に何もしていない、だから“人は生まれ変われる”そう思って自殺すればいいのではないか。と考えます。

二番目に【深酒】です。飲み始めたら自分で抑制できません。その為何回も次の日会社に行けず遅刻、休みました。その為に会社をクビになってきました。
ダメ人間です。直そうとしない自分に諦めてしまいました。

三番目に【自殺】そのものの行動。
殺されるくらいなら自害する。自決。切腹。武士道と言ふと聞こえが良いですが、
憧れみたいなものでしょうか。

幼稚、甘えん坊、無責任、あまのじゃく、社会不適応主義、常識破壊、自己中心、
自意識過剰、目立ちたがりや、生意気、未熟者、快楽主義、夢想家、などなど
きりがないですが自分のことを嫌いなことが重なると嫌気が差します。
だから、リッセトボタンがいつも用意されてるのかもしれません。
ホントにそうかまだ疑問ですけど。
お礼コメント
caballero

お礼率 97% (537/550)

たまたま、ある社会が、自分に合わなかったというのは面倒くさい事ですネ。
 古い話になりますが、ファミコンのリセットボタンは、押すとまたはじめから自動的にすぐに始まりますが、人生の場合、客観的にそれが新たに再開されるのを確認することはできないので、そういうリセットボタン的発想によって自殺する人は、よっぽどの自信と確信が必要になります。リセットと電源を切る(ファミコンの話)のではえらい違いですからね。人生の場合、自ら電源を切るとこまではいいのですが、つぎに電源を入れる人がいないとゲームを再開する事は無理です。自動と手動はえらい違いです。ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-02-07 01:31:01
  • 回答No.8
レベル13

ベストアンサー率 14% (98/698)

自分が今おかれている状況から抜け出す近道と考えます。(現実逃避)
それが、個人にとって良いか悪いかは一概には言えないとおもいます。病魔の苦痛にもがき苦しむ患者(たとえば、ガン末期患者)がいるとしたら、その人が自分の意思で自らの命をどうするか選択すること(安楽死・尊厳死)は、私自身悪いことだとは考えていません。しかしながら、それとは別に現実の暮らしに悲観して安易に死・自殺を選んでしまうことは容認しがたいこととも考えております。生活しているなかで『どん底』を経験したことのあるものこそどんな人よりも強くまた人に優しくできる人になっていると考えるからです。本人は、気づいていなくとも自然と身に備わっているはずです。『災い転じて福となす』自分の身におこった不幸を不幸と思えば、暗く悲観的になります、しかし、その不幸を経験することによって人の優しさにふれることもあります。日頃気づかずにいたことを知るチャンスでもあるのです。人の一生なにがおこるかわかりません。時ににげだしたくなることもあるでしょ~、命を落として自殺するとそのあとにはなにがあるのでしょ-?残されたものに哀しみを与えるだけそれ以外になにもないようにおもえるのですが。
お礼コメント
caballero

お礼率 97% (537/550)

ご回答ありがとうございます。意見の分かれるところですが、様々な苦しみから逃れるための自殺ならば、倫理の許容範囲だと言う人もいますね。
>安易に死・自殺を選んでしまうことは容認しがたいこととも考えております。
安易だからこそ、自殺しちゃった、という場合があるのではないでしょうか。普段は、生命維持を最も重要な活動の一つとして捉えていても、状態によってあっさりと、それを自ら絶つことがある。不思議ですね。
投稿日時 - 2001-02-07 00:39:39
  • 回答No.2

うつ病期に生じる自殺衝動というのは、体験者でないとなかなか分かりにくいものです。中には、餓死してしまう人がいるくらい生命力が低下します。うつ病の最中には、気力も萎えていますので、実行に移されるのは、治りかけて元気が出てきたときが多いものです。自殺念慮が薬などによってなかなか取れないときは、電気ショックも有効とされています。死ぬ勇気があるくらないならと表現されますが、勇気などではありません。現実意識が希薄になるため、ふらっと、落ちてしまうのです。
お礼コメント
caballero

お礼率 97% (537/550)

回答ありがとうございます。
>ふらっと、落ちてしまうのです。
いかにもそのような感じがしますね。興味深いことです。
投稿日時 - 2001-02-03 00:06:49
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 33% (34/103)

鬱病の療養中の者です。ちょうど今日自殺を想像したのでこの質問に反応しました。chihiさんが書いているように、死にたいくらい抑うつ的な時は死に移る行動すら億劫になります。ただどうしようもなく不安定で、この世の居心地の悪さがどうにもならなくてリセットボタンを押したいような気分でした。

おそらく自殺にはいくつかのパターンがあって、具体的な苦しみ逃避、原因の特定しがたい漠然とした人生からの逃避、生きていることを確認するための手段などに分類されたりするのではないでしょうか?この辺りは専門の方にお任せします。

ただ、「自殺は絶対してはいけない」という言葉を平気で発する方が多いのですが、自殺を考えている方はそう言う言葉を気軽に発する方の何百倍も考えて苦しんで、当事者にとっては実に無力な言葉です。

ところで夏目漱石が自殺するする瞬間について短編小説で書いています。「夢十夜」という小作品の第七夜です。面白く短いので本屋で5分くらい割いて立ち読みでもしてみてはいかが?
お礼コメント
caballero

お礼率 97% (537/550)

当事者の貴重なご意見ありがとうございます。鬱状態は、気分が悪いのですか?
下記のURLで試聴できます。ビートルズの「The Beatles」にはいっている「Black Bird」です。
http://www.cdnow.com/cgi-bin/mserver/SID=589888148/pagename=/RP/CDN/FIND/album.html/artistid=BEATLES/itemid=327632
私の友達にもうつ病の人がいますが、この曲をギターを弾いていたら少し喜んでいました。また、鬱を超えた?というか「え?おれってやる気ないん?」というような哲学的に面白い人もいますが、彼も音楽には何かを感じているようです。「ふらっと音楽にはまることがあればいいですね?」あなたか素晴らしい音楽と出会うことを期待しています。
投稿日時 - 2001-02-03 08:29:20
  • 回答No.5
レベル12

ベストアンサー率 22% (107/466)

何でも良いと言うことですので方法論を。
と思ったのですが、調子に乗ってこんな事を書くと
又削除されてしまいますので、(僕は削除常習者)
角度を変えて書きます。

かつて大問題になったマニュアル本、「完全自殺マニュアル」。
僕は持っているのですが、その本を読んで考えますと、
死にたがる人は、実は本当は死にたくないので、
死ににくい方法を自然と選ぶ物ですね。
手首を切るなどは死なない方法の代表です。
薬を大量に飲むことも、身体が拒絶するので吐いてしまいます。

結局「生」へのリアリティーを喪失しているから「死」に対してもリアリティーが無いのですね。
chihiさんの「ふらっと、落ちてしまう」は見事な表現ですね。
リアリティーが無いから適切な行動がとれないのでしょう。

色々と嫌なことや辛いことが多いのに、可哀想な私のことを誰も可哀想だと思ってくれない。
もう、もう、死んでしまいそうな位可哀想なのに。
しかし、心の奥底ではやっぱり死にたくない。
生きるって事が本能としてプログラムされているんです。
生き物は生きることが自然なのですね。

所で一番楽で速くて確実なのは首を吊ることだそうです。
ああ。これを書いたら又削除されちゃうよ。
お礼コメント
caballero

お礼率 97% (537/550)

崖に落ちても這い上がるのは簡単なのですか?そんなことで削除されるとは知りませんでした。ご意見ありがとうございます。
確かに、鬱状態の人をかわいそうと思う人は余りいないでしょう。「まあ、そんな奴がいてもおかしくないんちゃうん?」とおもうのでしょうか。私はそんな友達のうちにに行ったときに「おしゃれな事しとんな」というような事しかいえませんでしたが、私は彼のその状態に興味津々でしたので、いろいろと話を聴きましたが、どうやら、暇らしいのです。私などは、逆にやりたい事が多いので、不老不死を望みますが、彼らについては「本当に暇だけが理由なのか?」と思いますね。それはそれでかまわないのですが、、、、
投稿日時 - 2001-02-03 08:49:36
  • 回答No.15
レベル10

ベストアンサー率 46% (71/152)

>日常では、エロスなるものがでっぱっており、
>エロスが引っ込んだ、あるいは我慢しとおした、
>ある非日常の瞬間にタナトスが訪れるということに
>なるのでしょうか?

ダイレクトに「死にたい」と思わなくても、人って「あれがしたい」とか「これがしたい」という、いわゆるエロス的な欲望を現実世界との折り合いでしばしば殺していますよね。「ご飯が食べたい。でも、会議中だから、そんなことを言い出すのは失礼だ」みたいに。あと、よく分からないけど「お金持ちは、心がすさんでいる」みたいな価値基準が勧善懲悪の時代劇にあったりしますが、あれなんかも欲望を殺している気がします。つまり「お金持ちに、なれるものならなりたい」でも「お金持ちになるのは難しい」「なれない」だから「お金持ちはズルイ」。ちょっと飛躍してますが、勧善懲悪の敵役って何らかの「力」を持っていますよね。「力」を持つ者は、必ず「悪」に走るかのような価値体系を捏造している気がします。「正義」を自称するものは、その力を妬んでいるかのようです。
つまり、「力」があるのなら、それを有効利用する方法があるのに、時々、人はそれをせず、妬んだり、羨んだりして「力」あるものの足を引っ張ろうとする。これがタナトスっぽいなと思うんです。建設的じゃないですよね。
ちなみにタナトスもエロスもギリシアの神様の名前です。エロスはキューピッド:愛の神(人格化)でタナトスはニュクス(夜)の子どもでヒュプノス(眠り)とは兄弟の関係にあるそうです。
お礼コメント
caballero

お礼率 97% (537/550)

なるほど、そういう解釈ですか。わかりやすいです。ところで、「タナトス」がギリシャ神話の『夜の子』なのですか。なかなか叙情的ですね。二回目のご登場ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-02-08 02:03:30
26件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ